世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

新幹線にある障害者用の個室【多目的室】利用や予約方法とは

2018.11.27

新幹線には障害者のための個室である「多目的室」があるのです。

この多目的室の利用は、障害者が最優先になるため、基本的には一般の方は予約できません。

そこで、新幹線にある障害者用の個室である多目的室の利用の仕方などについてご紹介致します。

障害者の方の利用がなく、空いている場合は授乳やお子様の世話にも利用することができるので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自転車が車道を通行するのは邪魔!でもお互い理解しよう!

自転車は軽車両のため、車道を走ることになっています。しかし、車を運転するドライバーにとっては邪魔だと...

車の割り込みは違反行為!違反点数や反則金について

車の運転はいくら自分が安全を心掛けていても急な割り込みをしてきたり迷惑行為をされてしまう可能性があり...

奨学金の面接マナー、髪型や服装、質問の答え方や審査内容とは

奨学金といっても様々な制度がありますが、奨学金には必ず審査があり、面接が実施されることもあります。 ...

友人に出産祝いのお返しなしと言われたときの対処法について

友人から出産祝いをいただいたけど、お返しなしと言われた場合本当に返さなくてもいいのでしょうか?また、...

インターホンをカメラ付きにすると防犯対策になります

「ピンポン♪」とインターホンが鳴っても誰が来たのかわからないと不安ですよね。 そんな時にインタ...

心付けを結婚式で渡す場合の相場と渡し方!

結婚式当日に感謝の気持ちを表すお礼として、会場スタッフに渡す心付け。心付けとはスタッフへの「チップ」...

校則で髪型がツーブロックはダメな理由と違反した場合の対処法

学校の校則で特に厳しいのが髪型です。 髪を明るく染めたり剃りこみを入れるは違反とするのは理解で...

箸の持ち方【子供】輪ゴムを使った箸の持ち方の練習方法

箸の持ち方って気をつけないと、自分が持ちやすくて使いやすく使ってしまうので、変な使い方になってしまう...

新幹線の座席は回転させてもいい?回転させる方法

新幹線の座席を回転させて4人で旅行を楽しみたい!とは思っているけれど回転させるときにはどんなことに気...

結婚式の宿泊費やお車代は全額負担するべき?お車代の相場!

結婚式を挙げる時、遠方から出席してくれるゲストの方々には宿泊費やお車代を負担するのが一般的です。 ...

義父の葬儀で忌引き休暇を取る時に日数は?マナーや注意点を解説

義父の葬儀で忌引き休暇を取ることになったとき、一体自分は何日の休暇を取ることができるのかわからないこ...

名前占いは当たるの!?姓名判断に振り回されない

人の名前でその人の運勢の占いをする姓名判断って、本当に当たるのか考えたことはありませんか? 人...

知らないと恥をかく!?心付けの袋の選び方と書き方について

結婚式の時に用意する心付け、袋の種類や書き方って知っていますか? そこには意外と知らないルール...

返信する際のマナー!「行」は「御中」に訂正しましょう

書類などを返信する際は、「行」となっているものは二重線で消して「御中」に訂正するのがマナーとなってい...

転出・転入する日は同日?その疑問についてお答えします!

引越しする際の転出・転入届けを出すときには、同日に行わないといけないものなのでしょうか? もし...

スポンサーリンク

新幹線の個室である多目的室の利用は障害者が最優先

新幹線には、障害者の方が利用するための個室である、多目的室が設けられています。

この多目的室は、基本的には身体の不自由な方が優先され、利用できるようになっています。

しかし、身体の不自由な方が利用していない場合には、健常者も利用することが可能です。

体調が優れない場合、授乳したい場合や着替えをしたい場合などで、利用することができますので、利用を希望したい場合には、車掌さんに声を掛けてみると良いでしょう。

また、子供が騒いでしまい他の乗客に迷惑をかけてしまう場合でも、利用することができる場合があります。

ですが、基本的には、身体の不自由な方が最優先となります。

自分が利用している間に、身体の不自由な方が来た場合には、快く譲ってあげるようにしなければいけません。

新幹線の障害者用の個室は誰でも予約できるわけではない

新幹線に設けられている、身体の不自由な障害者用の個室ですが、この個室は誰でも予約できるわけではありません。

予約できるのは、基本的に、介助が必要となる身体の不自由な方となります。

新幹線の多目的室の予約について

予約する際には、多目的室を利用したい旨とあわせて、以下の点を伝えるようにしましょう。

  • 乗車日時
  • 乗車区間
  • 人数
  • 車椅子を使用する場合には、そのサイズ等

新幹線にある障害者専用個室の設備や利用方法とは

新幹線に設けられている、障害者専用個室の設備や利用方法についてご紹介します。

障害者専用個室が設置されている車両について

障害者専用個室である多目的室は、基本的に、全ての新幹線に設置されています。

しかし、例外として、編成の短い列車の場合には設置されていない場合があります。
利用したい場合には、念のため、事前に確認しておくと良いかもしれません。

障害者専用個室の設備について

設備は、ベッド兼用シートとなっていて、シートをフラットにすることでベッドとして利用することができます。

また、ベッドの幅は大人1人が横になれる程度の広さがあり、介助者用の椅子も設置されているため、介助者も一緒に安心して利用することができます。

障害者専用個室の利用方法について

多目的室は、基本的に施錠されています。
そのため、利用したい場合には、車掌さんに伝え解錠してもらう必要があります。

また、上記でもご紹介したように、最優先されるのは身体の不自由な方です。

そういった方が利用していなく、空いている場合に限り、赤ちゃんに授乳する際や調子が悪い場合にも利用することが可能です。

新幹線の多目的室が空いているときは授乳や子どもの世話にも使える

新幹線に設けられている個室である多目的室ですが、最優先されるのは、身体の不自由な障害者となります。

利用を希望したい場合には、電話での事前予約が必要となり、健常者は予約することができません。

障害者が利用している場合には利用することはできませんが、利用していない場合には、赤ちゃんの授乳や子供のお世話に使うことができます。

そのような理由で利用したい場合には、車掌さんにその旨を伝え、解錠してもらうようにしましょう。

また、利用している最中に、身体の不自由な方が乗車した場合には、速やかに譲らなければいけません。

新幹線に設けられている障害者専用個室「多目的室」は、身体の不自由な障害者が優先ということをしっかりと認識しておくようにしましょう。

新幹線の多目的室が使えないときの対処法とは

身体の不自由な方のために作られた新幹線の多目的室ですが、先客が居て利用することができない場合があると思います。

先客が使っている理由は、障害者の場合だったり、体調不良の場合であったりなど様々な理由が考えられます。

また、多くの人が乗車している新幹線であれば、自分よりも大変な状況の方が居る可能性はおおいにあります。

しかし、自分も緊急性のある状況で、どうしても利用したい場合もあると思います。

そういった場合には、まずは車掌さんに相談してみましょう。

車掌さんが居ない場合には、車内で飲み物等を販売している販売員さんや乗務員さんに声を掛けることで対応してもらうことができます。

また、授乳が必要な赤ちゃんと一緒に乗車する場合には、予め、多目的室近くの座席で予約を取ったり、授乳ケープ用意しておくなどで対策をすることが大切です。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - マナーや一般常識に関する疑問