世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

中学生の勉強時間、理想は何時間?時間よりも効率が大切

2019.4.9

中学生の子供がいる親の悩み、それが子供の勉強時間です。
部活に忙しく、勉強時間が確保できないようだと、高校受験は大丈夫なのかと心配になります。
そこで、中学生の理想の勉強時間について調べてみました。ここでは具体的な勉強時間について述べていますが、これはあくまでも目安です。
目指す高校や部活との両立、普段の勉強時間と受験前とでは勉強時間が異なります。大切なのは、時間よりも集中して勉強すること!
効率よく勉強するよう、親としてもアドバイスしてあげましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

受験に失敗して立ち直れない時の対処法と失敗を引きずらない方法

一生懸命に勉強して挑んだ受験。自分のできるだけの力を振り絞って受験をしたけれど、志望校に合格できなか...

夜中に勉強しても集中できない!集中したいならオススメは朝!

夜中の勉強。誘惑も多く、勉強がすすみませんよね? 集中して勉強に取り組みたいのなら、夜はしっか...

高校の夏休みの宿題が終わらない時の対策、遊びと両立させる方法

高校の夏休みはたくさん遊ぶぞ!といきたいろころですが、宿題があると思うと憂鬱になってしまうものです。...

AO入試面接で失敗しがちな言動と失敗しないための面接対策

AO入試でもっとも重視されるのは入学意欲です。 そのためAO入試では、面接時にどう自分をアピー...

家での勉強はどうして眠くなるのかな?眠気を感じない勉強法

家で勉強すると眠くなるのは、みんなの悩み! どうして、眠たくなるのでしょうか? それは『...

志願理由書【高校入試】の書き方とは?コツやポイントをご紹介

志願理由書を高校に出すときにはどんな書き方が正解なのでしょうか?中身や内容は、違えども書き方はこのよ...

夜中に勉強をしてはかどるのはどんな教科?おすすめな勉強法

夜中の勉強がはかどるようにするにはどんなことをしたらいいのでしょうか? なかなか夜に勉強がはか...

テスト勉強全然してない!これはさすがに間に合わないな、時には

テスト勉強ってやろうやろうと思っていても、なかなか取りかかれないものなんだよね。 そんなふうに...

テスト前日の睡眠時間はどのくらい必要?ベストな睡眠時間とは

「テスト前日なんて睡眠を取ってる場合じゃない!」という声も上がりそうですが、テスト前日だからこそ睡眠...

高校の願書は親が書く?自分が書く?入学願書を書く時のポイント

高校入試の時は、入学したい高校に願書を提出しますが、この「願書」は誰が書くものなのでしょうか?親が書...

高校受験の面接でニュースについて聞かれたときの答え方

高校受験の面接で聞かれることの多いニュースについてですが、どのように答えるといいのでしょうか? ...

高校のテストがやばいときに直前でもなんとかする勉強法とは

高校のテスト直前でやばいとき、全然勉強していないし、もう時間もないしで余計に焦ってしまいますよね。 ...

江戸時代の農民は年貢を納めていた!年貢と税の仕組み

江戸時代の農民は年貢を収めることで現在で言う【税金】を支払っていました。農民は収穫した米を年貢として...

深夜に勉強する場所はどこがいいの?やっぱり○○!

深夜に勉強が出来る場所があるといいですよね。試験勉強、資格の勉強などをしている場合は、どうしても勉強...

家庭科の宿題にもおすすめ!着なくなった服で簡単リメイク

学校ではいろいろな宿題が出ますが、家庭科では着られなくなった服を使ってリメイクをするという宿題が出る...

スポンサーリンク

中学生の普段の勉強時間、平均的な数字を見ても理想は最低1時間~1時間半

子供はすくすく成長して行きます。小学校を卒業して中学に上がると、周りの中学生も含めてどの位の勉強時間が理想なのか、気になる所ですよね。

理想的な中学生の勉強時間は、1時間から1時間半位

中学生は毎日宿題が出ます。それにプラスしてその日の内に授業の復習をすると、成績もアップして来ると思います。

上記の時間は合計して、1時間から1時間半位になります。保護者としては、大体の目安が知りたい所だと思いますが、子供とのコミュニケーションでは、上記の様な時間を言ってあげると、中学生のお子さんからも理解され、円滑なコミュニケーションを取ることが出来ると思います。

また勉強時間としては、寝る前が自由時間として確保されている中学生が多いです。その時間を利用して勉強してみるのはいかがですか?

もっと言えば平日は2教科2時間が中学生の理想の勉強時間

中学生ともなると少し科目も専門的になり、深い所は深く勉強する事が求められて来ると思います。そうなると、理想的な勉強時間にも差が出てきます。

あくまでも「理想」なので、あなたの中学生のお子さんに押し付ける必要はありません。ただ小学校の頃とは違い、中学となるとより専門的な知識を身につける必要は少し出てくると思います。そのせいもあり平日は2科目勉強し、それぞれ1時間ずつ勉強する、合計2時間勉強するのが理想的ではあります。

ただ出来る中学生と出来ない中学生は出てくると思います。また得意分野と不得意分野も出てくると思いますので、あくまでも上記は目安にして下さい。

勉強する習慣が出来ているのであれば、それだけでも褒めるべき点だと思います。部活もする時期なのであまりガミガミ言わずに、勉強している姿を見守る姿勢も大切になって来ると思います。

高校受験を控えた中学生の勉強時間の理想

中学生を持つお子さんにとって厄介なのは迫ってくる「高校受験」だと思います。保護者としても、第一志望に合格してその後も自分の子供に飛躍して欲しいときっと望んでいますよね。

中学生は2年、3年頃には高校受験を意識した勉強方法も取り入れて来ると思います。

受験期の勉強時間は平日でも2時間程度

保護者の方から見ても、「それ位でいいの?」と思われる程の勉強時間かと思います。ただ、勉強は「長さ」というよりは、「集中力」が物を言います。

「これだけの長い時間勉強したから大丈夫」というよりは、それだけの勉強時間でどれだけの事を学んだか、の方が重要だと思います。

勉強も基礎が出来ていないと次の応用にはいけません。長さというよりは、効率よく勉強する事を重要視して勉強する。その方が、あなたのお子さんも楽に勉強していけると思います。

部活が忙しく勉強時間が確保できない中学生におすすめの勉強法

中学生になると体も頑丈になってきて、「部活」に費やす時間も増えてきます。中学生という青春時代に部活も良い思い出になるので、是非頑張って欲しい。でも、受験も控えています。

高校受験も部活も両方頑張らなくていけない。そんな忙しい中学生にお勧めなのは、覚えている内に復習する、またちょっとだけ予習することです。

誰でも一日は24時間しかありません。忙しい中どんな工夫が出来るかというと、一つはその日の内に授業の内容を復習する、また次の日の授業の内容を予習しておくことだと思います。

どうやって復習するのか。ノートを見る方法もありますし、少し教科書を開いて自分でメモをした箇所を読み直すのも方法だと思います。それ程時間がかかる事ではありませから、あなたの中学生のお子さんにも勧めてみて下さい。

また、教科書を少し読んでおくことで予習にもなります。そうやって少しの努力で、忙しい中でも基礎や応用を固めていけます。

ダラダラと勉強するのではなく、できないところを見つけることも大切

小学生、中学生、高校生を持つ親として気になるのは、「どの位の勉強時間が理想なの?私の子供はそれに似合った勉強をしているの?」という点だと思います。

けれど、少し立ち止まってみて下さい。中学生、高校生位になって来ると、あなたのお子さんも得意分野や不得意分野が出てきて、自分の強い所をもっと強くするというよりは、自分の弱点を克服するという作業が必要になって来ると思います。

学校のテストの結果を見たら、あなたのお子さんの不得意科目も理解って来ると思います。自分の弱点が理解っているのであれば、そこを強化する勉強方法が成績は上がっていきます。

不得意科目は理解できていないので、ダラダラと勉強しがちになります。そうではなく、自分が「ここが理解出来ていない」という部分を発見したら先生に質問をする、参考書をよりじっくり読むなどをして、理解していくプロセスが重要になります。

時間は掛けるべきだと思いますが、効率よく勉強することが鍵となってきます。上手く苦手な部分を強化出来るよう、助けてあげましょう。

中学生のお子さんがいる保護者の方に、どの位の勉強時間が理想なのか説明してきました。大体のアイディアは掴めましたか?それ程プレッシャーを感じなくては良いとは思いますが、苦手な部分を克服する時期に入っていると思います。弱点を克服する手助けを親としてもして行けると良い時期だと思います。

 - 勉強や学問に関する疑問