世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

トルコが親日国である理由とは?そこにはこんな歴史があった!

2018.4.4

親日国と言われているトルコですが、その理由を考えたことはありますか?

遠く離れた国なのに、どうしてトルコ人は日本が好きなのでしょうか。

歴史を見てみると、そこには深い理由があることがわかりました。

過去の日本人の善意が、今の日本とトルコの関係に繋がっているんですね・・・!

具体的に何があったのか、早速ご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

志望理由書の書き方【高校編】高校受験の志望理由の書き方と例文

高校受験を控えている人の中には、その高校をどうして志望したのか、志望理由書の書き方について頭を悩ませ...

受験に失敗して立ち直れない時の対処法と失敗を引きずらない方法

一生懸命に勉強して挑んだ受験。自分のできるだけの力を振り絞って受験をしたけれど、志望校に合格できなか...

センター試験一ヶ月前でも間に合う勉強法とやるべきこと

センター試験の一ヶ月前にもなると、できることも限られてきているのでこのままで間に合うのかと不安になり...

テストの前日にやる気を出すためには?方法あります!

テストの前日なのにやる気が出ない…。 ぐだぐだと勉強しても、同じ時間が過ぎていきます。 ...

高校は宿題が多い?それとも少ない?大量な課題の進め方とは

高校の宿題が多いときには、どのようにこなしていけばいのでしょうか? 宿題、課題が大量にでたけれ...

頭が働かないと感じるのはナゼ?勉強が苦痛にならない方法とは

頭が働かないから勉強が進まない。 一度読んだり書いたり計算しただけで、脳が色々とインプットして...

勉強がわからないとイライラする!そのストレスの根本にあるもの

勉強がわからないとイライラする! 誰でもそうです。 ものごとがうまくいかない時には、誰だって...

彼氏の勉強の邪魔はしたくない!受験生の彼氏との上手な付合い方

彼氏が受験を控え、一生懸命勉強をしている姿を見ると、「勉強の邪魔はしたくない」と思いますよね。彼氏を...

勉強の仕方はノートの自分流の使い方ひとつで効率アップする

勉強の正しい仕方とは、ノートをどのように使うことで効率アップさせることができるのでしょうか? ...

勉強すると眠気が。なぜ勉強しようとすると眠気が襲うのか

勉強を始めよう!と気合を入れて机に向かうのに、いざ始めると猛烈な眠気が…。 勉強しようとするとなぜ...

大学受験の漢字の勉強法!始める時期とコツ・効果的な勉強方法

大学受験を控え、毎日勉強を頑張っている人もいますよね。大学受験では、漢字の勉強は大切なのでしょうか?...

教習所の卒業検定での流れや卒業後の流れや傾向と対策

教習所に入校して卒業検定まで、どんな流れなのか気になることが多いかと思いますが免許をもらうまでに、ド...

大学受験に向けて教科を絞るリスクと勉強のコツ

大学受験を目指し日々勉強に励んでいる学生も多いと思います。 受験する科目が国語、英語、世界史の...

夜中に勉強しても集中できない!集中したいならオススメは朝!

夜中の勉強。誘惑も多く、勉強がすすみませんよね? 集中して勉強に取り組みたいのなら、夜はしっか...

高校で書いたノートや教科書は捨てる?捨てない?正解は〇〇!

高校時代、色々なことを一生懸命に勉強して、頑張ってノートを取っていましたよね。高校生の頃は後々ノート...

スポンサーリンク

トルコが親日国となった理由は、この事故がきっかけ!?

トルコが親日国となったのは「エルトゥールル号遭難事故」が背景にあるようです。

この事故は、和歌山県の串本町付近の海で発生しました。1890年9月のことなので、トルコはオスマン帝国の一部だったのです。

エルトゥールル号は、オスマン帝国と日本の友好のために横浜に入港しました。そして3ヶ月ほど日本に滞在した後横浜港を出港したのですが、その時期が9月でした。9月は台風が多いので、日本側は時期を考え直した方がよいのでは?と言ったそうです。しかし、そのまま帰国の途に出港しました。しかし、台風が近づいてきたため座礁してしまったようです。

この事故によって多くの人が亡くなりました。しかし、その時に駆けつけた串本町の人たちの献身的な介護により救出された人もいます。

串本町の人たちは、少ない自分たちの食料から救助した人に提供したと言われています。そしてこの事故のことが日本中に知れ渡ったことによってお見舞金も集まりました。

この話が当時のオスマン帝国でも知られたことで、トルコは親日国になったと伝えられているようです。

トルコが親日国になった理由は、この人のおかげかもしれない

トルコの小学校では、ある日本人について勉強すると言われています。その人の名前は「山田寅次郎」です。

1890年「エルトゥールル号遭難事故」が起こった時、山田寅次郎は24歳でした。トルコから親善使節団がきたことに驚いていたようですが、その船が沈没したことに大きく心を動かされたと言います。

「自分にできることはないか?」とトルコ使節団の遺族への寄付金を集め始めました。さらに新聞社に働きかけて全国で演説会を開き、義援金を集めたのです。その金額は、現在の価値に直すと約2700万円!そしてそのお金を持ってトルコに行ったのです。

その時のオスマン帝国皇帝はアブデュルハミト2世。義援金を渡すと大変感謝されたといいます。

山田寅次郎はその皇帝にトルコに滞在するように言われました。そしてトルコの士官学校で日本語と日本について教えるようになったのです。

山田寅次郎の存在もトルコが親日になった理由の一つと言えるでしょう。

トルコ人が親日な理由の一つの、兄弟伝説とは・・・

トルコは世界一の親日国家と世界中で言われているようです。

実際にトルコの人に「世界で一番好きな国は?」と質問すると、常に日本が1位になると言います、

先ほど考えられる理由について説明しましたが、ウクライナやキルギスと同じように「兄弟伝説」があるようです。「トルコと日本は兄弟。西へ来たのが僕たちトルコ人、東へ行ったのが君たち日本人だ。」と言った発言をする人もいると言います。

国旗が似ているというのも理由の一つかもしれません。日本の国旗は「明け方の白い空に昇る太陽」をモチーフとする日の丸、そしてトルコの国旗は「夕暮れの赤い空に傾く月」をモチーフとする新月旗なので、仲の良い兄弟がモンゴル高原で別れ、太陽を追いかけて東に行った方は日本を建国し、月を追いかけて西に行った方はトルコを建国した。」という説も存在するようです。

親日って本当?実際にトルコへ旅行へ行って感じたこととは

実際にトルコを旅行した人も、トルコ人が親日家ということを肌で感じたと言います。

ある人はトルコを旅行中、日本語で話しかけられたといいます。夜のイスタンブール旧市街を歩きながら、トルコ名物のおみやげを探している時だったそうです。

悪い人ではなさそうだったので、欲しいものを言ってみました。そうすると、一緒にお店を探してくれたといいます。

時間が遅かったので、ほとんどの店が閉店していました。結局買うことはできなかったそうですが、優しくしてくれたことが嬉しかったといいます。

「なぜここまでしてくれたのか?」そのトルコ人に聞いてみると、仕事で日本にいった時に同じように日本人が親切にしてくれるからだ、と答えてくれたそうです。

トルコ人が親日家だということは、ウソではないようですね。

 - 勉強や学問に関する疑問