世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

テスト前日の睡眠時間はどのくらい必要?ベストな睡眠時間とは

2018.10.4

「テスト前日なんて睡眠を取ってる場合じゃない!」という声も上がりそうですが、テスト前日だからこそ睡眠をしっかり取る方が良いようです。

テスト前日の過ごし方は?睡眠はやっぱり必要?最低何時間の睡眠が必要?ベストな睡眠時間は?徹夜をするなら睡眠は何時間必要?

テスト前日で焦る気持ちもわかりますが、前日の過ごし方によって点数にも影響が出てきます。ぜひ参考に!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

高校は宿題が多い?それとも少ない?大量な課題の進め方とは

高校の宿題が多いときには、どのようにこなしていけばいのでしょうか? 宿題、課題が大量にでたけれ...

夜に勉強した方がはかどる?夜にするべき勉強とその方法について

夜に勉強した方がはかどる?朝には朝の勉強法。夜には夜の勉強法があります。 夜にするべき勉強や、...

頭が働かないと感じるのはナゼ?勉強が苦痛にならない方法とは

頭が働かないから勉強が進まない。 一度読んだり書いたり計算しただけで、脳が色々とインプットして...

本のジャンルの種類とそれぞれの特徴について解説します

本と言えば主に小説を読んでいる人が多いかもしれませんが、小説がジャンルの一つだと思っているのではない...

受験生の恋愛事情【中学生】メリットや勉強と両立するコツ

受験生でも恋愛したいと思っている中学生は多いかもしれませんね。 では、受験生の中学生カップルは...

夜中に勉強していて空腹になった場合の対処法

夜中まで受験勉強をしていると、どうしても空腹になってしまいます。 何か食べたい!とは思っても、食べ...

受験に失敗して立ち直れない時の対処法と失敗を引きずらない方法

一生懸命に勉強して挑んだ受験。自分のできるだけの力を振り絞って受験をしたけれど、志望校に合格できなか...

高校で書いたノートや教科書は捨てる?捨てない?正解は〇〇!

高校時代、色々なことを一生懸命に勉強して、頑張ってノートを取っていましたよね。高校生の頃は後々ノート...

大学受験に向けて教科を絞るリスクと勉強のコツ

大学受験を目指し日々勉強に励んでいる学生も多いと思います。 受験する科目が国語、英語、世界史の...

夜中に勉強しても集中できない!集中したいならオススメは朝!

夜中の勉強。誘惑も多く、勉強がすすみませんよね? 集中して勉強に取り組みたいのなら、夜はしっか...

彼氏の勉強の邪魔はしたくない!受験生の彼氏との上手な付合い方

彼氏が受験を控え、一生懸命勉強をしている姿を見ると、「勉強の邪魔はしたくない」と思いますよね。彼氏を...

夏休みの宿題がやばい!まずはドリルから取り掛かろう!

夏休みの宿題、やばい! わかるよ、わかる。 でも、やばいと言っていてもドリルや家庭学習、...

勉強の集中力をアップさせる音楽の効果と活用するポイント

音楽を聴きながら勉強することで、集中力が長く保たれるといいます。 音楽を聴くと逆に気が散りそうに感...

高校へ行きたくない理由が『勉強』なら対処法はいくらでもある!

高校へ行きたくないという心に湧き上がる違和感を、なかったことにしてはいけません。 頑張って入学した...

テスト前日なのに勉強にやる気が出ない人に試してほしい方法

テスト前日なのに、全然勉強のやる気が出ない。 そんなことはありませんか? やらなきゃいけないこと...

スポンサーリンク

テスト前日の過ごし方は?睡眠はやっぱり必要?

中学生や高校生の時期って、テストが気になって、眠れないこともあると思います。テストの前日なんて、緊張して眠れないときもあると思いますが、どうやってうまく睡眠をとることができるのでしょうか。

確かに、学生としてテストは大切ですし、良い結果を残したいですよね。でも、自分が持っている実力を発揮するのには、準備も必要になってくると思います。どういった状況だったら、今まで自分が頑張って覚えたことであったり、自分の現在の実力を発揮することができるのでしょうか。

ある説によると、人間の集中力が高まるのは、起床後3時間後だそうです。その為、テストの当日ですが、その時間帯に合わせて起きて、テストを受けたほうがより効果的なのではないでしょうか。そのリズムを整えることによって、自分の実力を当日に発揮できるのではないでしょうか。

テスト前日は最低何時間の睡眠が必要?ベストな睡眠時間

テスト当日に自分の実力を発揮するには、起きる時間の調整が必要なのではないか?ということをみてきましたが、テスト前日ですが、どの位の睡眠が必要なのか、テストで最善を発揮できるよう、睡眠時間についてみていきたいと思います。

大体ではありますが、最低6時間、ベストは7時間30分なようです。

一般的には、平均睡眠時間は、7時間半、大体の人は、6-9時間睡眠を必要としているようです。

また、国は違いますが、アメリカでは、テスト前に7時間半寝た人は、テストの結果もよかったようです。

でも、かといって、「それじゃ寝よう」といって、寝すぎるのも逆効果です。9時間以上では、テストの結果は下がったようです。

睡眠にも眠りの浅い時間(レム睡眠)と眠りの深い時間(ノンレム睡眠)があり、レム睡眠のときは、すっきり起きれます。このサイクルをうまく利用して、頭がすっきりした状態で起きたら、テストにも良い結果が期待できるのではないでしょうか。

テスト前日に徹夜をするなら睡眠は何時間必要?

テストの前日にどれだけの睡眠が必要なのか、また睡眠のサイクルについても確認してきましたが、仮に、勉強が間に合わなかったり、少しテスト前に徹夜をしたい!と思っているのなら、テストの前日には睡眠はどの位必要になってくるのでしょうか。

ある方のアドバイスですが最低3時間は寝た方が良いと考えているようです。3時間以下だと、テストでも実力が発揮できない可能性があるので、最低でも3時間は寝ましょうと。

そして、熱いシャワーを浴びて、そのあと水を浴びるとよいのではないかと。

個人にも違うかと思いますが、ある程度の睡眠がないと、やはり脳は活発にはならないのではないでしょうか。

別の方の意見ですが、6時間は寝ていて、その分、しっかり勉強をしていたようです。あまり睡眠時間を減らして勉強をしたとしても、頭に入らない可能性もありますので、その辺のバランスが必要になってきますよね。

テスト前日は勉強よりも睡眠が大事

テスト前日に徹夜をするのなら、最低3時間は寝た方がよいことをみてきましたが、テスト前日は、勉強をするよりも、適切な量の睡眠をとることの方が大切なことをここでみていきたいと思います。

睡眠とどれだけ脳が活発になるかは関連していると思います。

睡眠がないと集中力も下がってしまいますし、集中力がないと、記憶力も下がってしまいますよね。

テストで重要な記憶力、どうしたらアップに繋がるのでしょうか。

一つの方法ですが、睡眠30分前に暗記することも良い方法なようです。

根拠となる理由ですが、ノンレム睡眠をすると記憶されやすいようなので、覚えたものが脳に記憶されやすいようです。

また、より良い睡眠をとるには、以下のようなことに注意してみたらよいと思います。

  • 寝る前にストレッチをする
  • 寝る前は体を冷やさないようにする
    試してみてくださいね。

テスト前日に行うべき勉強法とは

テストの前日は、ある程度睡眠をとっておいた方がよいこと、また記憶力をアップさせるには、ノンレム睡眠をうまく活用した方がよいことをみてきましたが、最後に、テスト前日にしておくべきことをみていきたいと思います。

テスト前日ですが、新しい問題を解くというよりは、今までやった問題をもう一度解いてみて、理解度を増すほうはよいのではないでしょうか。自分で再テストをしてみて、理解度を増すとよいと思います。

また、科目によっては、長文が出ることもあると思います。英語や古典などは、長文を読んで、話の内容が理解できているかどうか、わからない単語であったり、熟語のチェックを行うとよいと思います。

社会は、全体の流れを把握しておくとよいかもしれません。

声に出すと、記憶力が伸びる可能性もありますから、時間があれば、音読してみるのもよいかもしれませんね。

最善をつくして、良い結果が出せると良いですね。

 - 勉強や学問に関する疑問