世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

中一の国語の中間テスト対策!まずは漢字から勉強を始めよう

2018.10.17

小学校とは違い、中学生になると勉強内容も難しくなり、テストで高得点を取るためにはどんな勉強をすればいいのかわからないという人も多いでしょう。

中でも暗記科目ではない国語は、どのように勉強すればいいのでしょう?中一で初めて受ける中間テストでに向けてできることは?

中一の国語の中間テストで高得点を取るための勉強方法について説明します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

高校のテストがやばいときに直前でもなんとかする勉強法とは

高校のテスト直前でやばいとき、全然勉強していないし、もう時間もないしで余計に焦ってしまいますよね。 ...

高校受験は冬休みの勉強で逆転!冬休みの勉強で目指せ志望校合格

高校受験受験を控えている中学生の皆さん、高校受験のことで頭がいっぱいになっているのではないでしょうか...

現代社会を攻略しよう!高校生のための効率よい勉強法とは

高校の社会の科目の中でも現代社会で点数が取れない場合、どのように勉強していいのかわからなくなってしま...

課題が終わらないから休むはアリ?嘘をついて休むことのリスク

課題が終わらないから学校に行きたくない!休むことにしたいと思っている人もいますよね。課題が終わってい...

自己推薦書の書き方【高校進学】合格へ導くコツと注意点

自己推薦書の書き方に悩む高校受験生もいるでしょう。 でも、自己推薦書によって自分をしっかりアピ...

夜中に勉強をしてはかどるのはどんな教科?おすすめな勉強法

夜中の勉強がはかどるようにするにはどんなことをしたらいいのでしょうか? なかなか夜に勉強がはか...

大学受験があるのに夏休みを失敗した人が逆転するための方法とは

「大学受験に向けて夏休みが勝負だ。」と学校や塾でうるさいくらい言われたことでしょう。 しかし、...

勉強の仕方はノートの自分流の使い方ひとつで効率アップする

勉強の正しい仕方とは、ノートをどのように使うことで効率アップさせることができるのでしょうか? ...

志望理由書の書き方【高校編】高校受験の志望理由の書き方と例文

高校受験を控えている人の中には、その高校をどうして志望したのか、志望理由書の書き方について頭を悩ませ...

深夜に勉強する場所はどこがいいの?やっぱり○○!

深夜に勉強が出来る場所があるといいですよね。試験勉強、資格の勉強などをしている場合は、どうしても勉強...

大学受験に向けて教科を絞るリスクと勉強のコツ

大学受験を目指し日々勉強に励んでいる学生も多いと思います。 受験する科目が国語、英語、世界史の...

高校受験の面接マナー控え室から退室までの基本マナーを解説

高校受験では筆記試験の他に面接試験もありますが、面接で最も重視したいのが「マナー」です。 そこ...

大学受験のホテルは親も一緒に宿泊!親が付き添うことのメリット

お子さんの大学受験のとき、親も一緒に付き添ってホテルに宿泊したほうが良いのか悩んでいる人もいますよね...

朝型の勉強スケジュールの効果やメリットと目覚めさせるコツとは

朝型に勉強をするスケジュールを組むことは、受験生にとても効果的でありオススメです。 では、受験...

高校のテストでの赤点は何点?赤点の基準と留年・欠点・青点とは

高校のテストでの赤点の基準が知りたいという人もいますよね。テストで赤点を採ってしまったら、この先の自...

スポンサーリンク

中一の国語の中間テストの勉強は漢字から始めよう!

小学生と中学生の違いですが、それは、中学になると、より難易度が高くなって来るのだと思います。国語も難易度が違ってきます。
中一になると、その難易度で悩む時期が来るかもしれません。

ここでは、特に中学になってから、国語のテスト、中間テストでどうやったら、漢字を克服できるのか、その効果的な勉強方法をについてみていきたいと思います。

効果的な勉強方法ですが、漢字をよくチェックすることが大切になってきます。

具体的にどうやってチェックしていけば良いかというと、「漢字の読み取り、書き取り、意味をおさえること」「教科書の本文をチェックする」上記が大切になってきます。

教科書の本文をチェックする点ですが、教科書の手引きであったり、先生が黒板に書いたことが出題されやすいので、その点を重点に勉強していきましょう。

中一の国語の中間テスト対策は【音読】!

中一の国語の中間テスト、漢字の勉強方法は、読み取り、書き取り、また教科書の手引きや先生が黒板に書いた事を重点に勉強するべきだというアドバイスをみてきました。

次に、中一の国語の中間テストですが、効果的な勉強方法として、「音読」を紹介していきたいと思います。

勉強はしているのに、中々成績が上がらなくて悩んでいる人もいると思います。そんな学生さんにお勧めなのが、「音読」をすることです。

中々教科書や参考書を見ているだけでは、頭に入ってこない人もいると思います。そういった場合ですが、五感を利用して、理解力を深めていきましょう。

音読をすることにより、脳にインプットするのが、より簡単になってきます。黙読より音読が効果的なのは、目だけではなく、口と耳を使っているからだと思います。五感を使うことによって、記憶力が増すのです。

この勉強法を取り入れることによって、ある程度の点数は上がってきます。是非試して見て下さい。予想以上の点数を獲得できると良いですね。

中一の国語の中間テストで高得点を取るために【学校ワーク】を早めに始めよう

中一の国語の勉強。中間テストに向けて効果的な勉強方法の一つは、音読になることを先程は紹介してきました。

次に、中一の国語の中間テストで高得点を取るために、別な効果的な勉強方法を紹介していきたいと思います。

それは、「学校ワーク」になります。具体的にどんな勉強方法かというと、「自分が自信がない所を重点的に勉強していく」ことになります。

でも、テスト前にそんな時間がない、そんな学生さんも多いと思います。

その答えとなる部分ですが、「なるべく早く、できれば2週間前からテスト勉強を始めましょう」が答えになっていきます。

得意科目から勉強して、勢いをつけて苦手な科目を勉強するという形式でも良いので、とにかく早めにテスト勉強を始めましょう。その方が精神的にも余裕が出てきます。

中一の国語の文法の攻略方法とは?

中一の国語の中間テストの勉強法ですが、学校ワークという勉強法を取り入れると、ある程度の点数を取ることができることを上記では見てきました。

次に、中一の国語の文法の攻略方法について学んでいきたいと思います。

国語の文法の効力方法ですが、2つあります。

1つ目:ことわざや慣用句は覚えること

覚えにくい!と感じるかもしれませんが、今の内から徐々に覚えていきましょう。その方が大人になってから困りません。

2つ目:敬語を理解する

謙譲語・尊敬語・丁寧語を理解していきましょう。

この3つですが、混合しやすいですし、間違えやすいです。ですが、今の時期に習得することによって、将来的にも、入試の面接であったり、就職する時にも役に立ちます。

また、上記の点ですが、高校入試にも出る傾向がありますので、今の内にマスターしていきましょう。

国語のテストの解答を「カン」で選ばないようにしよう!

中一の国語ですが、この時期にことわざであったり、丁寧語を理解して、将来困らないようにする、その大切さを上記では触れてきました。

最後に、中一の国語のテストの解答ですが、自分の「カン」では選ばないようにする、アドバイスで終わりたいと思います。

生徒に聞くと、よくありがちなのが、「どうしてその答えを選んだの?」と聞かれると、答えが「なんとなく」「特に理由はない」という解答がきます。

つまり、「カン」で問題を解いているのです。

でも、それでは、テストで高得点は望めません。

国語という分野でも、理由や根拠があって、正解があります。その為、自分のカンであったり、フィーリングで答えを書くことでは、本当の知識を得ることはできません。

国語では、読んで、書いてあることを理解する読解力が要求されます。その為、日頃から読解力を養う訓練を、日頃から養っていきましょう。今、習得しておくと、その後が楽になってきますよ。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 勉強や学問に関する疑問