世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

大学受験に向けて教科を絞るリスクと勉強のコツ

2018.10.12

大学受験を目指し日々勉強に励んでいる学生も多いと思います。

受験する科目が国語、英語、世界史のように教科がある程度絞られている場合、その3教科に絞る方が勉強の効率が上がるのでは?と感じてしまいます。

大学受験の勉強で教科を絞るのはよくないのでしょうか。教科を絞るとどんなリスクがあるのでしょうか。

受験勉強に向けて頑張りましょう!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

志望理由書の書き方【高校編】高校受験の志望理由の書き方と例文

高校受験を控えている人の中には、その高校をどうして志望したのか、志望理由書の書き方について頭を悩ませ...

高校のテストでの赤点は何点?赤点の基準と留年・欠点・青点とは

高校のテストでの赤点の基準が知りたいという人もいますよね。テストで赤点を採ってしまったら、この先の自...

塾に行かないで大学受験をしてもいい人・よくない人の違い

塾に行かないで大学受験をして合格できる人とはどんな人なのでしょうか? もともと、頭が良いから?...

彼氏の勉強の邪魔はしたくない!受験生の彼氏との上手な付合い方

彼氏が受験を控え、一生懸命勉強をしている姿を見ると、「勉強の邪魔はしたくない」と思いますよね。彼氏を...

課題が終わらないから休むはアリ?嘘をついて休むことのリスク

課題が終わらないから学校に行きたくない!休むことにしたいと思っている人もいますよね。課題が終わってい...

勉強をすると眠気がする原因とは?眠気対策もご紹介

勉強を始めようと意気込んでも、すぐに眠気が襲ってくることはありませんか? 原因がわかれば対策もわか...

【願書の書き方】高校受験のための入学願書はこうやって書こう

高校受験のために初めて入学願書を書く場合、どんなふうに書けばいいのか全くわからない中学生の方が多いで...

塾の宿題の量が一番多い中学受験塾、宿題との向き合い方について

塾の宿題の中で一番量が多いと言われているのが、中学受験塾だと言います。 勉強の習慣を身に付ける...

夜中に勉強していて空腹になった場合の対処法

夜中まで受験勉強をしていると、どうしても空腹になってしまいます。 何か食べたい!とは思っても、食べ...

明日のテストノー勉だ。まだ時間はあります!できる事について

明日、テストなのにノー勉だ!なんて言いながらこれを読んでいないで早く勉強しましょう! 明日の試験科...

中一の国語の中間テスト対策!まずは漢字から勉強を始めよう

小学校とは違い、中学生になると勉強内容も難しくなり、テストで高得点を取るためにはどんな勉強をすればい...

大学受験の漢字の勉強法!始める時期とコツ・効果的な勉強方法

大学受験を控え、毎日勉強を頑張っている人もいますよね。大学受験では、漢字の勉強は大切なのでしょうか?...

夏休みの宿題がやばい!まずはドリルから取り掛かろう!

夏休みの宿題、やばい! わかるよ、わかる。 でも、やばいと言っていてもドリルや家庭学習、...

管理栄養士を目指す効果的な勉強法!社会人からの資格取得

社会人になってから管理栄養士の資格を取りたいという方もいると思います。 しかし、働きながら果た...

中学の実力テストの勉強法!実力テストの点数を上げる勉強方法

これから中学の実力テストがあるという皆さんの中には、良い勉強法がわからずに困っている人もいますよね。...

スポンサーリンク

大学受験の勉強で教科を絞るのはよくない?

大学受験に向けて日々励んで勉強している人もいると思いますが、その時に受験する科目に絞って勉強する方が良いのでしょうか?それとも悪いのでしょうか?

大体の人は、合格するために、教科を絞って勉強した方が良いと言うと思います。でも、答えは「状況によって違う」のではないでしょうか。

自分が行きたい大学に行けないから、自分の実力に似合ったところに行くのが良いと考えるのか、それとも、自分がやりたいことを成し遂げるために、浪人してでも行きたい大学にいくのか、そういう視点から考えた方が良いのではないでしょうか。

自分が目指しているゴールに向けて到達できるやり方が良いのではないでしょうか。それによって、勉強する科目を絞ってみたり、それとも苦手な科目を教化して、行きたい大学に進学を目指したり。人それぞれというのが、無難な解答なような気がします。状況にもよりますし、どれだけ自分がセットしているゴールに固着しているかも試されるかもしれませんよね。

大学受験で教科を絞るリスクとは?

大学受験のために勉強する教科を絞ると、どんなリスクが考えられるのでしょうか。

その分、失敗したときのリスクが高くなるかもしれません。例えばですが、5教科必要なテストで、自分が強い科目の傾向が変わって点数が落ちたとします。その場合ですが、他の科目でフォローしなくてはいけなくなります。

また、自分が得意としている科目で傾向が変わって点数が落ちるとなると、精神的にも追い込まれると思います。

そう考えると、得意な科目やある一定の科目ができるというよりは、どの科目も満遍なくできるほうが、保険をかけれることにつながると思います。

なので、大学受験で失敗しない方法ですが、どの科目も満遍なくできるほうが、合格しやすいのかもしれませんね。

大学受験で教科を絞るのはメリットに見えて実は危険もはらんでいる

大学受験の際に教科に絞って勉強する方が効率的である。そう思えたとしても、その対策には危険も潜んでいます。

リスクとして考えられるのは、その方法で失敗しなければよいのですが、成功しないときに、挽回のしようがない、フォローのしようがないということです。

全ての科目で失敗しない、全部高得点をとるというのも難しい話だと思います。一つの科目は失敗するかもしれない。そう考えておいた方が気が楽かもしれません。

なので、この科目とこの科目しかできないという風になってしまうと、その科目で高得点がとれないときに、かなりのリスクが伴うことになります。

なので、科目に絞って勉強するというよりは、苦手な科目も少し強化して、例え自分の苦手な科目ができないとしても、他の科目でフォローができるほうが良いのではないでしょうか。自分ができる科目だけ勝負するというのは、それで失敗したときのリスクもつきます。ある程度、苦手な科目もできるようにしておくことで、自分が狙っている志望校への合格ラインが見えてくるのではないでしょうか。

リスクを承知の上でなら教科を絞るのあり!その勉強方法とは?

受験に向けて、教科に絞って勉強するには、リスクが伴うことは理解できましたが、その危険性を理解したうえで、教科に絞って勉強していきたい。それなら、どんな勉強方法があるのでしょうか。

科目を絞って勉強してみる

人によっては、全部勉強するのも無理なので、やはり受験に必要な科目だけに絞って勉強したいと思う人もいると思います。だとしたら、具体的な目標とやる気が必要なのではないでしょうか。

スケジュールを設定し入試に備える

やるべきことを書き出して、全てを終らせていく。また、自分の弱い点を把握していって、入試に備えていく。

効率よく勉強するために、参考書を使う

その分野での勉強をできるだけ深くするために、教科書だけではなく、参考書にも手を出して勉強していく。そのことにより、その分野での専門知識を増やしていく、深くしていくことが鍵なのかもしれませんよね。

大学受験の計画!1年生で教科を絞って基礎を固め3年生の夏には全教科の基礎を仕上げるのが理想

大学受験に向けて、教科に絞って勉強をしていくのなら、基礎を固めて合格ラインに達していけばよいのではないでしょうか。

高校は3年間ありますが、その3年間をうまくつかって、大学受験に向けて準備をしていけばよいと思います。

「1年生」

この時期に英語や数学に取り組んで、しっかりと基礎をつけましょう。

「2年生」

暗記物をつぶすにはある程度の時間が必要なので、この時期から暗記が多い、歴史や地理などをつぶしていけばよいのではないでしょうか。

「3年生の春」

この時期は、苦手な科目を中心に勉強していきましょう。バランスをとることも大切になってきます。

「3年生の夏」

これまで作ってきた基礎作りを完成させて、行きたい大学の過去の問題集などを解いて、合格ラインまでに達成させていきましょう。

 - 勉強や学問に関する疑問