世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

大学受験に向けて教科を絞るリスクと勉強のコツ

2018.10.12

大学受験を目指し日々勉強に励んでいる学生も多いと思います。

受験する科目が国語、英語、世界史のように教科がある程度絞られている場合、その3教科に絞る方が勉強の効率が上がるのでは?と感じてしまいます。

大学受験の勉強で教科を絞るのはよくないのでしょうか。教科を絞るとどんなリスクがあるのでしょうか。

受験勉強に向けて頑張りましょう!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

中一の国語の中間テスト対策!まずは漢字から勉強を始めよう

小学校とは違い、中学生になると勉強内容も難しくなり、テストで高得点を取るためにはどんな勉強をすればい...

勉強がわからないとイライラする!そのストレスの根本にあるもの

勉強がわからないとイライラする! 誰でもそうです。 ものごとがうまくいかない時には、誰だって...

勉強をしていると眠くなるのはナゼ?原因と対処方法をご紹介

勉強していると眠くなるのにはこんなことが原因だった!?勉強をしなくてはいけないのに、眠くなってしまっ...

過去問は何年分前までするべき?大学受験の赤本の使い方

大学の過去問は何年分まで遡ってしたらいいのでしょうか?平均的には、このくらいの過去問を解いているよう...

テスト前日なのに勉強にやる気が出ない人に試してほしい方法

テスト前日なのに、全然勉強のやる気が出ない。 そんなことはありませんか? やらなきゃいけないこと...

面接の志望動機【高校受験】組み立て方や正しい答え方のポイント

面接では必ずというほど聞かれるのが志望動機ですよね。もちろん、高校受験の面接においても志望動機はほぼ...

テストの前日にやる気を出すためには?方法あります!

テストの前日なのにやる気が出ない…。 ぐだぐだと勉強しても、同じ時間が過ぎていきます。 ...

航空学生二次試験の内容とは?注意したいのが身体検査

航空学生の一次試験を突破した後、10月下旬頃に行われるのが二次試験です。 二次試験は筆記試験に...

高校の勉強がつらい。辛く感じる理由とやる気を出す方法

無事に高校に合格して、楽しい生活が始まると思いきや、「勉強がつらい…。」そう感じている人も多いのでは...

高校受験は冬休みの勉強で逆転!冬休みの勉強で目指せ志望校合格

高校受験受験を控えている中学生の皆さん、高校受験のことで頭がいっぱいになっているのではないでしょうか...

教習所の卒業検定での流れや卒業後の流れや傾向と対策

教習所に入校して卒業検定まで、どんな流れなのか気になることが多いかと思いますが免許をもらうまでに、ド...

英検の二次試験で緊張しないためには?合格する秘訣を教えます

英検の二次試験と言えば英語での面接。日本語での面接でも緊張するのに、英語となると誰でも緊張してしまい...

勉強法を教えて!ノートを使わない勉強法の効力と使う時のコツ

ノートを使わない勉強法で成績が上がることがあるってご存知ですか?テストを控えた学生さんや受験生の皆さ...

テスト勉強のやり方!苦手科目の勉強方法や進め方のコツ

高校受験に向けて日々勉強に励んでいる中学生は多いと思いますが、そのテスト勉強のやり方で本当に大丈夫で...

勉強にやる気でない時の対処法【高校編】勉強への取り組み方

高校生の皆さんの中には、どうしても勉強にやる気が出ないこともありますよね。勉強をしなくてはならないの...

スポンサーリンク

大学受験の勉強で教科を絞るのはよくない?

大学受験に向けて日々励んで勉強している人もいると思いますが、その時に受験する科目に絞って勉強する方が良いのでしょうか?それとも悪いのでしょうか?

大体の人は、合格するために、教科を絞って勉強した方が良いと言うと思います。でも、答えは「状況によって違う」のではないでしょうか。

自分が行きたい大学に行けないから、自分の実力に似合ったところに行くのが良いと考えるのか、それとも、自分がやりたいことを成し遂げるために、浪人してでも行きたい大学にいくのか、そういう視点から考えた方が良いのではないでしょうか。

自分が目指しているゴールに向けて到達できるやり方が良いのではないでしょうか。それによって、勉強する科目を絞ってみたり、それとも苦手な科目を教化して、行きたい大学に進学を目指したり。人それぞれというのが、無難な解答なような気がします。状況にもよりますし、どれだけ自分がセットしているゴールに固着しているかも試されるかもしれませんよね。

大学受験で教科を絞るリスクとは?

大学受験のために勉強する教科を絞ると、どんなリスクが考えられるのでしょうか。

その分、失敗したときのリスクが高くなるかもしれません。例えばですが、5教科必要なテストで、自分が強い科目の傾向が変わって点数が落ちたとします。その場合ですが、他の科目でフォローしなくてはいけなくなります。

また、自分が得意としている科目で傾向が変わって点数が落ちるとなると、精神的にも追い込まれると思います。

そう考えると、得意な科目やある一定の科目ができるというよりは、どの科目も満遍なくできるほうが、保険をかけれることにつながると思います。

なので、大学受験で失敗しない方法ですが、どの科目も満遍なくできるほうが、合格しやすいのかもしれませんね。

大学受験で教科を絞るのはメリットに見えて実は危険もはらんでいる

大学受験の際に教科に絞って勉強する方が効率的である。そう思えたとしても、その対策には危険も潜んでいます。

リスクとして考えられるのは、その方法で失敗しなければよいのですが、成功しないときに、挽回のしようがない、フォローのしようがないということです。

全ての科目で失敗しない、全部高得点をとるというのも難しい話だと思います。一つの科目は失敗するかもしれない。そう考えておいた方が気が楽かもしれません。

なので、この科目とこの科目しかできないという風になってしまうと、その科目で高得点がとれないときに、かなりのリスクが伴うことになります。

なので、科目に絞って勉強するというよりは、苦手な科目も少し強化して、例え自分の苦手な科目ができないとしても、他の科目でフォローができるほうが良いのではないでしょうか。自分ができる科目だけ勝負するというのは、それで失敗したときのリスクもつきます。ある程度、苦手な科目もできるようにしておくことで、自分が狙っている志望校への合格ラインが見えてくるのではないでしょうか。

リスクを承知の上でなら教科を絞るのあり!その勉強方法とは?

受験に向けて、教科に絞って勉強するには、リスクが伴うことは理解できましたが、その危険性を理解したうえで、教科に絞って勉強していきたい。それなら、どんな勉強方法があるのでしょうか。

科目を絞って勉強してみる

人によっては、全部勉強するのも無理なので、やはり受験に必要な科目だけに絞って勉強したいと思う人もいると思います。だとしたら、具体的な目標とやる気が必要なのではないでしょうか。

スケジュールを設定し入試に備える

やるべきことを書き出して、全てを終らせていく。また、自分の弱い点を把握していって、入試に備えていく。

効率よく勉強するために、参考書を使う

その分野での勉強をできるだけ深くするために、教科書だけではなく、参考書にも手を出して勉強していく。そのことにより、その分野での専門知識を増やしていく、深くしていくことが鍵なのかもしれませんよね。

大学受験の計画!1年生で教科を絞って基礎を固め3年生の夏には全教科の基礎を仕上げるのが理想

大学受験に向けて、教科に絞って勉強をしていくのなら、基礎を固めて合格ラインに達していけばよいのではないでしょうか。

高校は3年間ありますが、その3年間をうまくつかって、大学受験に向けて準備をしていけばよいと思います。

「1年生」

この時期に英語や数学に取り組んで、しっかりと基礎をつけましょう。

「2年生」

暗記物をつぶすにはある程度の時間が必要なので、この時期から暗記が多い、歴史や地理などをつぶしていけばよいのではないでしょうか。

「3年生の春」

この時期は、苦手な科目を中心に勉強していきましょう。バランスをとることも大切になってきます。

「3年生の夏」

これまで作ってきた基礎作りを完成させて、行きたい大学の過去の問題集などを解いて、合格ラインまでに達成させていきましょう。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 勉強や学問に関する疑問