世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

朝型の勉強スケジュールの効果やメリットと目覚めさせるコツとは

2018.10.7

朝型に勉強をするスケジュールを組むことは、受験生にとても効果的でありオススメです。

では、受験生にオススメな朝型勉強法では、どんなスケジュールで勉強をするといいのでしょうか?その効果とは?

また、勉強のスケジュールを朝型にするメリットとは?脳を目覚めさせるコツとはどうすればいいの?

そこで、朝型の勉強スケジュールの効果やメリットと目覚めさせるコツなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

部活の後の勉強は眠い!部活と勉強を両立する方法と眠気の対処法

部活でたくさん運動をして、家に帰ってきてから勉強をすると、どうしても睡魔に襲われてしまう瞬間がありま...

テスト勉強全然してない!これはさすがに間に合わないな、時には

テスト勉強ってやろうやろうと思っていても、なかなか取りかかれないものなんだよね。 そんなふうに...

勉強をしていると眠くなるのはナゼ?原因と対処方法をご紹介

勉強していると眠くなるのにはこんなことが原因だった!?勉強をしなくてはいけないのに、眠くなってしまっ...

英検の二次試験で緊張しないためには?合格する秘訣を教えます

英検の二次試験と言えば英語での面接。日本語での面接でも緊張するのに、英語となると誰でも緊張してしまい...

社会の勉強法、実力テストで高得点を取るために必要な勉強法

社会がとにかく苦手で、範囲の広い実力テストの勉強法に悩んでいる中学生も多いのではないでしょうか。 ...

高校の勉強がつらい。辛く感じる理由とやる気を出す方法

無事に高校に合格して、楽しい生活が始まると思いきや、「勉強がつらい…。」そう感じている人も多いのでは...

授業中寝るのがばれない方法・席は?眠気を解消する方法もご紹介

午後の授業はなぜだか睡魔が突然襲ってくるもの。我慢できずに寝るなら、先生にばれないようにしたいもので...

勉強中に眠くなる理由。あなたに当てはまるのはどれですか

勉強中に眠くなる理由を、いろいろと考えてみました。 単純に、勉強が楽しくないというのが一番の理...

勉強が頭に入らない原因とは?考えられることは環境と体力!

勉強が頭に入らない。 勉強しなきゃ行けないのに、何一つ頭に入ってこない。 焦る。 焦れば焦...

自己推薦書の書き方【高校進学】合格へ導くコツと注意点

自己推薦書の書き方に悩む高校受験生もいるでしょう。 でも、自己推薦書によって自分をしっかりアピ...

スマホが勉強の妨げになって集中できない!対処法と勉強方法

勉強に集中しなくてはいけないことはわかっているのに、「スマホが気になって勉強に集中できない」「スマホ...

テスト勉強のやる気の出し方!やる気を引き出す簡単な方法

テストが迫ってきているのにテスト勉強にまったくやる気が起きないということはありませんか? 勉強しな...

テスト勉強のやり方!苦手科目の勉強方法や進め方のコツ

高校受験に向けて日々勉強に励んでいる中学生は多いと思いますが、そのテスト勉強のやり方で本当に大丈夫で...

高校へ行きたくない理由が『勉強』なら対処法はいくらでもある!

高校へ行きたくないという心に湧き上がる違和感を、なかったことにしてはいけません。 頑張って入学した...

中1の期末テスト【社会編】成績が上がる勉強法のコツとは

中1の期末テストで社会の成績を上げるためには、どんな勉強をしたらいいのでしょう。 では、中1の...

スポンサーリンク

受験生にオススメな朝型勉強法!そのスケジュールとは

夜早く寝て朝勉強をするなら、3時間ほどは受験生として勉強時間に当てたいものです。

学校に行くまでの準備や朝ごはんの時間などを抜かして、3時間ほど前に起きて勉強をします。

夜はいろんな情報が頭の中に入ってきて疲れていますが、朝起きて目が覚めた時はスッキリした状態なので、勉強して得た新しい知識もどんどん頭の中に入ってきますよ。

そして重要なのは復習です。勉強をしても復習をしないと忘れてしまうのは当たり前!人は必ず忘れてしまうのです。

朝勉強をしたら、その日のうちの何処かで必ず復習をすること、そしてそれだけでは終わらずに1週間以内、1ヶ月以内というように、必ず3回は復習するようにしてください。

このようなスケジュールをたどることで、おぼえた勉強をしっかりとインプットすることができます。

勉強のスケジュールを朝型にするメリットとは

勉強のスケジュールを朝方にするメリットは、朝は集中力のゴールデンタイムと言われるほかにも、受験の時間帯にも関係してきます。

受験は当たり前ですが午前中から始まりますよね。それと同じ環境を作ることもメリットの一つです。

夜の方が頭が働く!そんな方は午前中から行われる試験は不利になってしまいます。エンジンがかかってやる気になる前に受験が終わってしまいます。

普段から午前中にベストな状態を維持できるようにすることで、受験の日も、いつもと同じようにベストなコンディションで挑む事が出来て、実力を発揮できる可能性が高くなります。

緊張してしまいがちな受験ですが、いつもと同じ時間に勉強をすることによってリラックスにも繋がります。

このようなことも朝勉強するメリットの一つです。

合格する受験生の一日の勉強時間や朝型スケジュール

受験生は毎日の勉強、受験まで終わりがない勉強に、どの位勉強すればよいのか?合格にはどの位の勉強が必要となるのか気になります。

合格できるかどうか?もちろん勉強をする事が必要条件ですが、どの位?と聞かれると困ってしまいますよね。そこで合格した先輩たちにどの位勉強をしていたのか聞いてみます。

そうすると個人差はありますが、難関校に合格した先輩たちの多くは、勉強に当てられる時間は全て。と答える人が多いのです。

寝る時間、ご飯を食べる時間、お風呂の時間などを抜かして、ほとんどの時間を勉強に当てていたというのです。

もちろん、朝方スケジュールにして勉強をしていた人は、朝早く起きて学校に行く前の時間も勉強時間にしていたはずです。

合格するためには、このようにできることは全てする!それくらいの強い気持ちが必要という事ですね。

朝型勉強法の効果と脳を目覚めさせるコツは?

朝方のほうが勉強が頭に入りやすい。と分かっていても、朝起きるのが苦手でギリギリまで寝てしまう方もいらっしゃいますよね。

これではせっかくの記憶のゴールデンタイムと言われる時間を、逃してしまうことになります。

では朝の目覚めを促すためにはどうしたらよいのか?というと、交感神経を活発にさせる事がポイントとなってきます。

寝ている間に活発に働いているのは副交感神経で、おきると交感神経が活発に働きます。

しかしこれが上手くいかないと、朝の目覚めが悪く頭がボーっとしてしまったり、もう一度寝たくなってしまったりすっきりと起きる事が出来ないのです。

そこで交感神経を活発にさせるためのコツをご紹介しますね。

まずはカーテンを開けましょう!光を浴びることで交感神経が活発になります。それに加えて動くことも活発に働く条件になりますので、ベッドから立ち上がってカーテンを開けることは、目覚めに大きく関係してくるのです。

そしてその後は水を飲んでくださいね!これでバッチリ交感神経が働きだします。

眠たいからといって布団でごろごろしていると、いつまでも交感神経が働かずに眠たいままの状態になってしまいますよ!

朝型スケジュールに生活習慣を安定させよう!

睡眠時間を削っての勉強!一見、すごく勉強しているように感じますが、集中力が途切れた状態で勉強をしても、内容が頭に入ってこないですよね。睡眠時間は大人だと5時間で十分。なんていわれますが、成長期の高校生、そして一番眠たい時期です。7時間は睡眠時間を欲しいところです。

そして睡眠時間をしっかりととった上で、朝方の勉強スケジュールに変えて見ましょう。

意外とすっきりと目が覚めて勉強がはかどりますよ!

また睡眠時間を少なくすると学校の授業中にそのしわ寄せがやってきます。学校の先生が受験勉強に必要なのは、学校の授業をしっかりと聞くこと!そして内容を復習すること。といいますよね。授業の内容は受験内容に直結しています。その時間に眠たくなってしまって、授業がわからなくなってしまっては本末転倒です。

授業をしっかりと受けるためにも、必要な睡眠をしっかりととること!効率の良い勉強方法を身に付けてください。

 - 勉強や学問に関する疑問