世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

センター試験一ヶ月前でも間に合う勉強法とやるべきこと

2018.10.10

センター試験の一ヶ月前にもなると、できることも限られてきているのでこのままで間に合うのかと不安になりますよね。

では、センター試験一ヶ月前からでも間に合う勉強法とは、どんな勉強なのでしょうか?まず考えるべきこととは?

また、センター試験一ヶ月前でも間に合う人ってどんな人なのでしょう?間に合うためにやるべきことは?

そこで、センター試験一ヶ月前でも間に合う勉強法とやるべきことなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自己推薦書の書き方【高校進学】合格へ導くコツと注意点

自己推薦書の書き方に悩む高校受験生もいるでしょう。 でも、自己推薦書によって自分をしっかりアピ...

勉強にやる気でない時の対処法【高校編】勉強への取り組み方

高校生の皆さんの中には、どうしても勉強にやる気が出ないこともありますよね。勉強をしなくてはならないの...

志願理由書【高校入試】の書き方とは?コツやポイントをご紹介

志願理由書を高校に出すときにはどんな書き方が正解なのでしょうか?中身や内容は、違えども書き方はこのよ...

テスト勉強のやり方!苦手科目の勉強方法や進め方のコツ

高校受験に向けて日々勉強に励んでいる中学生は多いと思いますが、そのテスト勉強のやり方で本当に大丈夫で...

勉強すると眠気が。なぜ勉強しようとすると眠気が襲うのか

勉強を始めよう!と気合を入れて机に向かうのに、いざ始めると猛烈な眠気が…。 勉強しようとするとなぜ...

集中して勉強をするために音楽はNG?音楽のメリットデメリット

部屋で音楽を聞きながら勉強をしていると、親からは必ず「音楽を聞きながら勉強しても集中できないでしょ!...

志望理由書の書き方【高校編】高校受験の志望理由の書き方と例文

高校受験を控えている人の中には、その高校をどうして志望したのか、志望理由書の書き方について頭を悩ませ...

大学受験に向けて教科を絞るリスクと勉強のコツ

大学受験を目指し日々勉強に励んでいる学生も多いと思います。 受験する科目が国語、英語、世界史の...

夏休みの宿題がやばい!まずはドリルから取り掛かろう!

夏休みの宿題、やばい! わかるよ、わかる。 でも、やばいと言っていてもドリルや家庭学習、...

北極と南極の違いは?気温や住んでいる生き物・色々な違いを解説

「北極と南極の違いは何ですか?」と聞かれて「違いはコレです!」と答えられる人は意外と少ないかもしれま...

本のジャンルの種類とそれぞれの特徴について解説します

本と言えば主に小説を読んでいる人が多いかもしれませんが、小説がジャンルの一つだと思っているのではない...

家での勉強はどうして眠くなるのかな?眠気を感じない勉強法

家で勉強すると眠くなるのは、みんなの悩み! どうして、眠たくなるのでしょうか? それは『...

塾の宿題の量が一番多い中学受験塾、宿題との向き合い方について

塾の宿題の中で一番量が多いと言われているのが、中学受験塾だと言います。 勉強の習慣を身に付ける...

航空学生二次試験の内容とは?注意したいのが身体検査

航空学生の一次試験を突破した後、10月下旬頃に行われるのが二次試験です。 二次試験は筆記試験に...

勉強の仕方はノートの自分流の使い方ひとつで効率アップする

勉強の正しい仕方とは、ノートをどのように使うことで効率アップさせることができるのでしょうか? ...

スポンサーリンク

センター試験一ヶ月前からでも間に合う勉強法とは

センター試験が1ヶ月前に迫っている。そんな緊迫した時期であっても、合格に向けて勉強できることってあるのでしょうか?

まず初めにできることですが、「自分の現在の実力を知る」ことです。

そして「弱点を発見して、弱点を克服すること」です。

誰でもこの時期は焦っていると思います。その時に、これから受けるセンター試験、1点でも多くとるには、どんなことをしていけば良いかを考える必要がありますよね。

逆に考えると、100点を取る必要はなく、基準となる点数をとれれば問題なしです。その為に、今の自分の弱点を少しでも克服して、合格に繋げていきましょう。

今より少しでも良い状態に持っていくために、弱点を少しでも克服し最善を尽くしていきましょう。まだ望みはあります!最後まで諦めないで下さいね。

センター試験一ヶ月前でも間に合う人は?

迫っているセンター試験。あと1ヶ月。その期間、できるだけ自分の弱点を克服して、少しでもベターな環境にすることについてみてきました。

センター試験1ヶ月前、こんな短期間であっても、効率よく勉強してセンター試験に間に合わせている人ってどんな勉強法をしているのでしょうか?

いい方法なのは、センター本番で、高得点をとれるような時間配分、計画をたてることだと思います。

1ヶ月ともなると、自分がやれることにも限度がありますから、上記のような「計画性」が大切になってくると思います。

「頑張る」のではなく、「何にどれだけ時間を注ぐか」という空周りな勉強方法ではなく、「何をする必要があるのか」、そこに目を向けたほうが良いと思います。

具体的な対策を練る。それをできる人が、合格できる人なのではないでしょうか。自分の現状をみて、何をする必要があるのか?考えてみてはいかがでしょうか。

センター試験に一ヶ月前でも間に合うためにやるべきこと

センター試験1ヶ月前であっても、がむしゃらに勉強するのではなく、何を勉強する必要があるのか、具体的な対策をとっている人は、センター試験までに対策が間に合うことについてみてきました。

それでは、具体的に、どんなことをこの時期にこなしていけばよいのでしょうか。

センター試験一ヶ月前には過去問、模試、入試問題を解いていく

実戦形式の問題になれること。過去問に手を出すことはよいことだと思います。以前解けた問題も、もう一度解いてみたり、また似ている問題を解けるようにしておくことも大切になってきます。

新しい問題に挑戦するのではなく、学んできたことをいかに実践で適用できるか、それが鍵となってきます。

できるだけ問題に集中し、時間も計りましょう。時間の設定であったり、問題の解く順番にも気を使っていきましょう。まだ時間はあります。パターンがつかめると良いですね。

応用問題に対する思考回路のケアをすることも大切!

センターの一ヶ月前、過去問を解いて、本番でも実力を発揮できるように、時間を計って解いたり、解く順番についても配慮していく重要性をみてきました。

でも、センター試験だけが大切なのではありません。2次や私大のテストもありますから、その分も考慮して合格に繋げていく必要があります。

センターを基礎にして、2次試験科目に繋げていくことができると良いと思います。いってみれば、センターが基礎になり、二次や私大は応用になっていくと思います。

その為に何が必要かというと、応用問題を解いていくことになります。それができないと、センター試験が終った後に、応用への準備ができてないことになり、苦労します。

その為にも、センター試験だけにとどまらずに、2次や私大にむけた、応用問題に対する対策が必要になってきます。合格するために、2次や私大を見据えた勉強をしていきたいですね。

センター試験一ヶ月前の受験生へ

センター試験のみならず、2次試験や私大への試験のことも考え、基礎だけではなく、応用問題にも対応できる準備をしておくことについてみてきました。

今、センター試験1ヶ月前の受験生の皆さんに、最後にメッセージを残しておきたいと思います。

「頑張れる時に頑張っておきましょう」

その時が今だと思います。現役合格になるのか、それとも浪人をしての合格になるのか。
現状を見たら、「もうだめかもしれない」と諦めてしまう人もいると思います。でも、最後まで走るべきレースを走って欲しいと思います。

今どんな判定がでていたとしても、逆転で合格する人もいます。まだ、終わっていません。可能性があります。

弱点を克服することが嫌であったり、プレッシャーに落ちつぶされそうになっているかもしれません。でも、それは仕事をしても一緒です。

これが、人生で自分を成長する一つの試練だと思い、今自分ができることを精一杯やりこなして、合格を勝ち取っていきましょう。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 勉強や学問に関する疑問