世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

テスト前は睡眠時間が2時間でもOK?最低限必要な睡眠時間とは

2018.11.2

テスト前は少しでも頭に詰め込もうと、睡眠時間を削って勉強する人がほとんどでしょう。中には2時間しか寝ないでテストに挑戦しようとしている人もいるのでは?

睡眠時間が2時間でも、勉強したことは頭に入っているのでしょうか?2時間しか寝ないくらいなら徹夜の方が効果あるのでしょうか?

2時間じゃ少ない?テスト前に必要な睡眠時間について説明します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

テスト勉強のやる気の出し方!やる気を引き出す簡単な方法

テストが迫ってきているのにテスト勉強にまったくやる気が起きないということはありませんか? 勉強しな...

高校の願書は親が書く?自分が書く?入学願書を書く時のポイント

高校入試の時は、入学したい高校に願書を提出しますが、この「願書」は誰が書くものなのでしょうか?親が書...

テストの前日にやる気を出すためには?方法あります!

テストの前日なのにやる気が出ない…。 ぐだぐだと勉強しても、同じ時間が過ぎていきます。 ...

日本史と世界史どっちを選択するか迷った時の判断ポイント

大学受験の文系で迷うのが、日本史と世界史どっちにするかという問題です。 ある程度知っている日本...

塾に行かないで大学受験をしてもいい人・よくない人の違い

塾に行かないで大学受験をして合格できる人とはどんな人なのでしょうか? もともと、頭が良いから?...

面接の志望動機【高校受験】組み立て方や正しい答え方のポイント

面接では必ずというほど聞かれるのが志望動機ですよね。もちろん、高校受験の面接においても志望動機はほぼ...

【願書の書き方】高校受験のための入学願書はこうやって書こう

高校受験のために初めて入学願書を書く場合、どんなふうに書けばいいのか全くわからない中学生の方が多いで...

勉強が頭に入らない原因とは?考えられることは環境と体力!

勉強が頭に入らない。 勉強しなきゃ行けないのに、何一つ頭に入ってこない。 焦る。 焦れば焦...

朝型の勉強スケジュールの効果やメリットと目覚めさせるコツとは

朝型に勉強をするスケジュールを組むことは、受験生にとても効果的でありオススメです。 では、受験...

江戸時代の結婚は身分優先!身分が高いほど結婚が不自由な時代

江戸時代の人たちはどのような方法で結婚相手を見つけていたのでしょうか。この頃の結婚は、身分が高い人ほ...

高校で書いたノートや教科書は捨てる?捨てない?正解は〇〇!

高校時代、色々なことを一生懸命に勉強して、頑張ってノートを取っていましたよね。高校生の頃は後々ノート...

高校のテストでの赤点は何点?赤点の基準と留年・欠点・青点とは

高校のテストでの赤点の基準が知りたいという人もいますよね。テストで赤点を採ってしまったら、この先の自...

模試の勉強法【中学生編】模試で高得点を取るためのコツや対策

中学の模試で高得点を取るためには、どんな勉強をしたらいいのでしょうか? 高校受験の対策にもなる...

自己推薦書の書き方【高校進学】合格へ導くコツと注意点

自己推薦書の書き方に悩む高校受験生もいるでしょう。 でも、自己推薦書によって自分をしっかりアピ...

受験直前の不安対策!アナタだけじゃない!誰でも不安を感じます

受験直前に不安な気持ちに襲われて、頭が真っ白になったり、焦ったり落ち込んだりするのは、みんな同じです...

スポンサーリンク

テスト前は睡眠時間がなくてもいい?2時間寝るよりも徹夜?

テスト前は皆さんテスト勉強に取り組みますよね?
テストで良い点を取るために、徹夜したり、睡眠時間が2時間、3時間という方も多いことでしょう。
実際そうして睡眠時間を削って勉強することで、点数を取ることが出来ていると思います。

睡眠時間を削って徹夜で勉強すると、一日の多くの時間を勉強に費やすことが出来ます。
学習時間が長くなりますから、その分多くのことを記憶することが出来るでしょう。
勉強以外のことをほとんど頭に入れませんから、勉強のことだけを記憶してテストに挑む事が出来ます。
その結果、勉強していた状態に近いので記憶した内容も思い出しやすく、良い点に繋がっていると思います。

ですから、テスト前に睡眠時間を削って徹夜で勉強する事は、成果を上げているように見えます。

しかし、この睡眠時間を削って徹夜でする勉強方法で暗記したものは、数日すると忘れてしまうものです。
そのテストの結果が良くても、自分の身にはなっていないのです。
受験などを考慮すると、決して良い学習方法とは言えないでしょう。

テスト前に必要な睡眠時間とは?2時間じゃ少ない?

テスト前に睡眠をとらずに徹夜で勉強すると、テストの時には記憶していたものを思い出しやすいでしょう。
しかし、徹夜で暗記したものは数日で忘れてしまいます。

せっかく覚えたのに忘れてしまうなんてもったいないですよね。
そのまま覚えておく方法はないのでしょうか?

脳への記憶を行なっているのは睡眠時

人間は、寝ている間に記憶の整理をしています。
そして、必要なものは記憶して、そうではないものは削除されるのです。

人間は寝ている間、「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」を繰り返しています。ノンレム睡眠時には脳を休めて、レム睡眠時には脳に記憶をしています。
脳を休める時間のノンレム睡眠時には記憶の整理をして、記憶する場所の確保をしています。
そして、レム睡眠時には空いたスペースに記憶を残してゆく作業をしているのです。
それを何度も行なうことで記憶が定着します。
記憶の定着に必要な時間は最低6時間と言われています。

眠りの周期は約1時間半と言われていますから、それを考慮すると、記憶の定着のためには7時間半の睡眠時間がベストという事になります。

以上のことから、テスト前に2時間だけ寝るというのは、「記憶」という点ではあまり意味のないものかもしれませんね。

テスト前の睡眠時間が2時間しかなかったら、記憶の整理はできない?

テスト前に睡眠時間が2時間しかないと、勉強した内容を記憶するのは難しいでしょう。

先ほどもご説明したように、記憶は寝ている間に行なわれます。
そして、ノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返すことで記憶が定着するのです。

ノンレム睡眠は60分~80分、レム睡眠は10分~30分で、交互に行なわれています。
ですから睡眠周期は約1時間半です。
睡眠時間2時間ということは、脳への記憶の作業は1サイクルしか行なわれていないことになります。
それでは暗記した勉強内容を脳に定着させるのは難しいでしょう。

記憶の定着に必要な最低時間は6時間と言われていますから、1時間半の周期で考えると7時間半寝るのがベストです。

また、睡眠時間2時間では睡眠周期のタイミングと少しずれていますから、すっきり起きる事も出来ないかもしれません。

1時間半の周期ごとに目覚めやすいタイミングがやってきます。
1時間半、3時間、4時間半、6時間、7時間半という具合です。

テスト前は睡眠時間を削ってまで長時間勉強する必要はない?

テスト前に一夜漬けする学生はたくさんいることでしょう。
テスト前日だけではなく、テスト前の数日はずっと寝不足という学生もいるかもしれません。

では、毎日どれくらい勉強して、睡眠時間はどれくらいが良いのでしょうか。

難関大学を受験した高校生のうち、合格者の平均睡眠時間は6~7時間が最も多くて、それより少ないと答えたのは5%にも満たなかったとうデータがあります。
また、勉強時間は、合格者も不合格者も3~4時間が平均で、長期の休み期間中は6~7時間だったそうです。

難関大学の合格者は皆寝不足続きなのかと思ったら、そんな事は全くないようですね。
勉強の時間と睡眠の時間のバランスが良く取れているように感じます。

このデータからもわかるように、睡眠時間を削って長時間勉強するのが良いわけではないようです。
テスト前に焦って一夜漬けするよりも、しっかりと睡眠はとって、毎日少しずつ確実に記憶してゆくのが良いでしょう。

そうすることで、そのテストだけではなく、その先にある受験など大きな難関をクリアすることに繋がっていきます。

テスト前でも眠い時は寝て、朝早起きしよう!

「テスト前勉強をしていない!」と焦ってはじめても、夜になると眠くなってきますよね。
眠い状態では、いくら教科書を開いても、全く頭には入ってきません。
ノートにミミズを這わせているような状態では、いくら頑張っても意味はないでしょう。
そんな時には、思い切って寝てしまいましょう!
そして、凄く早起きしましょう!

どんなに睡眠時間を削っても最低3時間くらいはとるべきだと思います。
3時間は睡眠周期的にも起きやすい時間です。

12時~2時くらいの間には寝るようにしましょう。
そして、3時とか5時に起きればよいのです。

少し寝ることでスッキリしますから、眠気も覚めて勉強もはかどることでしょう。

もし、夜の12時前に既に眠気に襲われてしまうようなら、15分程度の仮眠をとる事もおすすめです。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 勉強や学問に関する疑問