世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

大学受験の漢字の勉強法!始める時期とコツ・効果的な勉強方法

2018.10.19

大学受験を控え、毎日勉強を頑張っている人もいますよね。大学受験では、漢字の勉強は大切なのでしょうか?効果的な勉強法がわからずに、漢字の勉強を苦痛に思っている人もいるのではありませんか?

漢字の勉強をする時は、効果的な勉強方法やコツを掴めば、勉強がスムーズにできるようになります。点数をアップさせる勉強法を確認して、毎日の勉強に役立てましょう。

今回は、大学受験の漢字の勉強法についてお伝えします!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

最近読んだ本はと面接で聞かれた時に看護系だとどう答えるべきか

面接で「最近読んだ本は何ですか?」と質問されることがあります。 看護学校の場合だと、看護や看護師と...

テスト前は睡眠時間が2時間でもOK?最低限必要な睡眠時間とは

テスト前は少しでも頭に詰め込もうと、睡眠時間を削って勉強する人がほとんどでしょう。中には2時間しか寝...

過去問は何年分前までするべき?大学受験の赤本の使い方

大学の過去問は何年分まで遡ってしたらいいのでしょうか?平均的には、このくらいの過去問を解いているよう...

現代社会を攻略しよう!高校生のための効率よい勉強法とは

高校の社会の科目の中でも現代社会で点数が取れない場合、どのように勉強していいのかわからなくなってしま...

勉強の集中力をアップさせる音楽の効果と活用するポイント

音楽を聴きながら勉強することで、集中力が長く保たれるといいます。 音楽を聴くと逆に気が散りそうに感...

鎌倉時代の武士の生活・家や結婚・食事・仕事・幕府について解説

鎌倉時代の武士がどのような生活をしていたのか知りたいという人もいますよね。学校で歴史の勉強をする時に...

教習所の卒業検定での流れや卒業後の流れや傾向と対策

教習所に入校して卒業検定まで、どんな流れなのか気になることが多いかと思いますが免許をもらうまでに、ド...

明日のテストノー勉だ。まだ時間はあります!できる事について

明日、テストなのにノー勉だ!なんて言いながらこれを読んでいないで早く勉強しましょう! 明日の試験科...

勉強の仕方はノートの自分流の使い方ひとつで効率アップする

勉強の正しい仕方とは、ノートをどのように使うことで効率アップさせることができるのでしょうか? ...

テスト前日なのに勉強にやる気が出ない人に試してほしい方法

テスト前日なのに、全然勉強のやる気が出ない。 そんなことはありませんか? やらなきゃいけないこと...

大学へ行きたい!社会人から大学へ進学を考える方へのアドバイス

一度社会に出てから、やっぱりもう少し勉強したいとか、キャリアを上げるために大卒の資格が欲しい場合など...

家庭科の宿題にもおすすめ!着なくなった服で簡単リメイク

学校ではいろいろな宿題が出ますが、家庭科では着られなくなった服を使ってリメイクをするという宿題が出る...

航空学生二次試験の内容とは?注意したいのが身体検査

航空学生の一次試験を突破した後、10月下旬頃に行われるのが二次試験です。 二次試験は筆記試験に...

センター試験一ヶ月前でも間に合う勉強法とやるべきこと

センター試験の一ヶ月前にもなると、できることも限られてきているのでこのままで間に合うのかと不安になり...

中学生の勉強時間、理想は何時間?時間よりも効率が大切

中学生の子供がいる親の悩み、それが子供の勉強時間です。 部活に忙しく、勉強時間が確保できないようだ...

スポンサーリンク

大学受験で漢字を勉強するのはいつから?勉強法は?

大学受験で特に漢字の勉強法がわからない。日頃から漢字が苦手だと感じている人は多いと思います。

そんな悩みを抱えている人の為に、大学受験で漢字はいつ頃から勉強したら良いのか、効果的な勉強法は何なのか、ここでみていきたいと思います。

答えからいいますと、漢字の勉強法は、早いうちから始めた方が良い。いつからか?と聞かれたら今から始めて下さいというのが答えになってきます。

理由は、漢字の勉強を怠っていると、受験直前に偉い目にあうからです。受験直前は、自分の弱点であったり、行きたい大学の問題の傾向を見なくていけない時期に入ります。その為、漢字に関して、なるべく早く始めて、早めに対応しておきたいのです。

過去問などを解いて、傾向をみて、漢字帳を作ってみると良いと思います。そうすることで、日頃から受験対策が可能になってきます。

大学受験に効果的な漢字の勉強法!「書き」問題

大学受験の為の漢字の効果的な勉強方法は、過去問から出題されそうな漢字の漢字帳を作って、日頃から漢字を覚えていくことが大切なことを上記ではみてきました。

次に、大学受験に効果的な漢字の勉強、特に、「書く」問題の場合は、どのように対策を練ったら良いのか、ここで良い対処法を紹介していきたいと思います。

とにかく、書いていきましょう。でも、ただ書いて行くのではなく、問題集で解けなかった問題を重点的に何度も書いていくと良いと思います。

日頃から書けている漢字に関しては、それほどの練習はいりませんが、パソコンを使う時代ですし、パソコンの変換だったらすぐわかるのに、いざ書けと言われたら書けない漢字も沢山あると思います。そのような漢字を日頃から練習しておくと、受験対策にもなると思います。

今は大学受験を意識していますが、就職活動でも一般常識で漢字のテストがあることもありますから、ここでマスターしておきたいですね。受験の為に頑張っていることが、将来的にも就職活動にも役立ってきます。

大学受験に強い漢字の勉強法!「意味を考える」

大学受験の漢字の効率的な勉強法、問題集を解いて、間違えた漢字を何回か書くことで正しい漢字を覚えていく方法を先程は紹介してきました。

次に、大学受験によく出題されそうな漢字ですが、意味を考えながら覚えるとより効果的に覚えることができます。その勉強法をここではみていきたいと思います。

漢字は、似ている漢字も多い為、一つ一つの漢字の意味も考えながら覚えていくことで大学受験で勝利を得ることができます。

覚え方ですが、次の方法があります。

「その漢字を含んだ熟語を覚えていく」

  • 純粋(じゅんすい)
  • 純一無雑(じゅんいつむざつ)

「似たような漢字は、セットで覚える

  • 精算:詳しく計算すること
  • 清算:互いの貸し借りを計算して、かたをつけること

漢字覚える時の勉強法のコツ

大学受験によく出題される傾向のある漢字ですが、その漢字の意味を考えて覚えていくことが効果的な勉強法であることを、先程はみてきました。

次に、漢字を覚える時の勉強法のコツをここで紹介したいと思います。

  • 部首を意識する
    漢字は、部首で構成されていますよね、その部首を理解することで、漢字を覚えやすくなると思います。例えばですが、「池」はさんずいの部首なので、水関連なことがわかります。
    そうやって、漢字の意味であったり、部首を意識することによって、一つ一つの漢字が覚えやすくなってきます。
  • 読書を上手く利用する
    漢字も、漢字だけ覚えようとすると中々覚えられません。でも、読むこと、文章にするとより簡単に覚えることができると思います。
    その為、覚えたい漢字であったり、日頃から漢字を意識したい時ですが、読書を上手く利用すると、漢字も覚えられます。

間違えた漢字は繰り返し手で書いて覚える

先程は、大学受験の漢字、効率よく覚えるには、部首を意識すること、また読書を利用して漢字を覚えていくことが大切なことをみてきました。

最後に、問題集などで、間違う漢字があると思います。そういった漢字ですが、繰り返して書くことによって、手でその漢字を覚えていくと覚えることができます。

漢字についても言えますし、英語でいうアルファベットに対しても言えますが、見ているだけでは覚えることができません。やはり、練習の積み重ねが大切になってきます。

その為、問題集などで間違えた漢字を集中的に5回、10回と書いていった方がその漢字を覚えることができます。

それだけ練習をすると、その漢字を忘れることもないと思うので、大変だと感じたとしても、ここはテストで高得点を取るために、その努力を惜しまないで下さい。

あなたが苦手な漢字を克服していくことができると良いですね。

 - 勉強や学問に関する疑問