世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

高校で書いたノートや教科書は捨てる?捨てない?正解は〇〇!

2018.6.13

高校時代、色々なことを一生懸命に勉強して、頑張ってノートを取っていましたよね。高校生の頃は後々ノートを捨てるかどうか悩むときが来るなんて、考えなかったと思います。

でも、いざ高校を卒業した時、今までのノートをどうしたらよいか悩むこともあるでしょう。高校時代のノートは取っておいたほうが良いのでしょうか。教科書はどうするべき?

そこで今回は、学校のノートや教科書の処分方法についてお伝えします!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

勉強中に眠くなる理由。あなたに当てはまるのはどれですか

勉強中に眠くなる理由を、いろいろと考えてみました。 単純に、勉強が楽しくないというのが一番の理...

高校受験の面接マナー控え室から退室までの基本マナーを解説

高校受験では筆記試験の他に面接試験もありますが、面接で最も重視したいのが「マナー」です。 そこ...

勉強の集中力がアップするカフェ勉強のメリット・デメリット

高校生や大学生になると、カフェで勉強をするという方もいると思います。 人の出入りがあり、ザワザ...

本を読めないのは集中力のせい?本を読めない人が増えている現代

昔は本が好きだったのに最近は本を読まなくなった、集中力が続かづに最後まで本を読めないというお悩みを抱...

家での勉強はどうして眠くなるのかな?眠気を感じない勉強法

家で勉強すると眠くなるのは、みんなの悩み! どうして、眠たくなるのでしょうか? それは『...

受験に失敗して立ち直れない時の対処法と失敗を引きずらない方法

一生懸命に勉強して挑んだ受験。自分のできるだけの力を振り絞って受験をしたけれど、志望校に合格できなか...

江戸時代の結婚は身分優先!身分が高いほど結婚が不自由な時代

江戸時代の人たちはどのような方法で結婚相手を見つけていたのでしょうか。この頃の結婚は、身分が高い人ほ...

受験直前の不安対策!アナタだけじゃない!誰でも不安を感じます

受験直前に不安な気持ちに襲われて、頭が真っ白になったり、焦ったり落ち込んだりするのは、みんな同じです...

大学を首席で卒業する方法とは?首席のメリットや勉強法

大学を首席で卒業したというと、とても頭がいいんだなという印象ですよね。 では、大学を首席で卒業...

勉強の仕方はノートの自分流の使い方ひとつで効率アップする

勉強の正しい仕方とは、ノートをどのように使うことで効率アップさせることができるのでしょうか? ...

高校のテストでの赤点は何点?赤点の基準と留年・欠点・青点とは

高校のテストでの赤点の基準が知りたいという人もいますよね。テストで赤点を採ってしまったら、この先の自...

江戸時代の農民は年貢を納めていた!年貢と税の仕組み

江戸時代の農民は年貢を収めることで現在で言う【税金】を支払っていました。農民は収穫した米を年貢として...

高校のテストがやばいときに直前でもなんとかする勉強法とは

高校のテスト直前でやばいとき、全然勉強していないし、もう時間もないしで余計に焦ってしまいますよね。 ...

鎌倉時代の武士の生活・家や結婚・食事・仕事・幕府について解説

鎌倉時代の武士がどのような生活をしていたのか知りたいという人もいますよね。学校で歴史の勉強をする時に...

ショパンのポロネーズの中で難易度が高いものは?徹底解説!

数々の名曲を残したショパン。その中でもポロネーズは18曲ありますが、どの曲が一番難易度が高いのか気に...

スポンサーリンク

高校のノートは捨てる?受験までは捨てずにとっておいて!

高校入学時から今までのノートを捨てずに持っているのであれば、それはあなたの勉強の貴重な歴史です。きっと結構な量になっているのでは無いでしょうか?

思っていた以上に字を書いていたんだな・・・と驚くことかと思います。

人間は忘れっぽい生き物です。その為、どんなに勉強してきても後から「そんなにやってない」なんて悲観的に思ってしまうこともあります。

でもあなたのノートを見てみてください。かなり勉強してきたことが、目に見えてわかることでしょう。

その為、大学に合格するまではその貴重な「勉強の歴史」の証を捨ててはいけません。

現在高校1年生、2年生という人は、ノートを使い終わっても捨てないで取っておくようにしてください。

使い終わったノートを腰の高さになるまで積み上げる!これくらいの目標を持っていると頑張れるかもしれませんね。

ノートが大量にあれば邪魔だと感じてしまう人もいるかもしれませんが、そこは我慢です。

大学合格後に全て捨ててやれば良いのです!この爽快感は最高ですよ。

高校の頃のノートやプリントを捨てることができません

大学生になっても、高校の頃に使っていたテキストや、頑張って作ったノートが捨てられない・・・なんて人もいますよね。

今後使う予定は一切無いものの、評判の良い予備校の先生からの教えを書き込んでいたりするため、なんだか貴重な感じがして捨てるのがもったいない。

そう感じてしまうのもよくわかります。

私の場合は、全てのテキストやノートを取っておいているというわけでは無く、特に頑張ったと思うような思い出のノートやプリントなどは残すようにしています。「受験思い出ボックス」という入れ物を作って、その中に大切にしまっています。当時の日記やお守りなども一緒に入れています。

自分が取っておきたいと思うのであれば、無理して捨てる必要は全く無いかと思います。

少しでも減らしたいというのであれば私のように、自分が特に頑張った、苦労したと思う科目のノートやテキストだけ残しておくことをおすすめします!

高校のノートは捨てる?教科書を処分するタイミングは?

まず、中学校の教科書を処分するタイミングについてです。中学校の場合は、学年が上がってもひとまず2ヶ月くらいは置いておいた方が良いと思います。

授業によっては、下の学年の教科書を使うこともあるようですので、とりあえず2ヶ月くらいは様子を見ておいた方が良いでしょう。特に英語の場合は前の学年の教科書を使うことが多いみたいです。

ただプリントを使うということは無いみたいですので、捨ててしまっても大丈夫です。

次に高校生になった場合ですが、もし中学校の頃の教科書を使うことがあったとしても中3の英語の教科書くらいですので、それ以外は処分しても問題無いでしょう。

GWあたりに一気に教科書を処分するのもタイミング的には良いと思います。

そして高校を卒業した場合・・・。

その後、高校の教科書を使う機会というのはほとんど無いでしょう。大学受験の際にはあんなにお世話になった教科書や参考書も、もう必要ありません。その為、高校を卒業したタイミングで処分してしまってもOKです。

小学生の場合の子供の教科書やノートを処分するタイミングは?

教科書を捨てるタイミング・・・悩みますよね。

知り合いは卒業すると同時に処分するって言っていましたが、中学校に上がった時に復習テストがあったりもして、前の学年の教科書が必要になることもあります。

高校に入ってからの勉強というのも、英語などであれば特に中学で習ったことが基本となってきます。もし中学校の勉強は完璧というのであれば問題ないのですが、少しでも不安がある場合は復習をするのに必要になるのです。

そんな我が家も以前は、学年が変わると同時にすぐに教科書を捨ててしまっていました。春休み中に処分してしまえば、新学期には机の上もスッキリとして新鮮な気持ちになるからです。

しかし、授業によっては「前の学年で使っていたドリルを持ってきて」「テストがあるから復習してください」といったこともあったようで、子供に「なんで捨てちゃったの!」と怒られました・・・。

その為、学年が変わっても教科書はすぐに捨てず、数ヶ月間は様子を見るのが良いかと思います。それがベストタイミングと言えるでしょう。

中学の教科書は受験に役立つ?

中学校の教科書というのは、高校受験の勉強の際に役立つものなのでしょうか?

ハッキリと言ってしまうと、英語や国語の教科書に関しては「題材集」でしかありません。自習向けの説明などはあまり掲載されていませんので、受験対策の教材としてはほぼ使えません。

また、数学、理科、社会に関しても使おうと思えば使うことも出来ますが、あまり活用は出来ないかと思います。教科書を使って受験勉強をしようとすると、かなりの時間がかかりますからね。

やはり、高校受験をする際に教科書のみで挑むというのは難しいと言えるでしょう。

最近では、各教科ごとに3年間分の勉強内容をまとめられた教材を斡旋している中学校もあるようです。塾などに通っている子であれば、そちらの教材の方が受験向けとなっているのです。

しかし、だからと言って教科書が全く必要ないということではありません。実際に問題集などを解いてみて、わからない箇所があれば教科書を見て見直すことが可能です。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 勉強や学問に関する疑問