世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

社会の勉強法、実力テストで高得点を取るために必要な勉強法

2018.11.8

社会がとにかく苦手で、範囲の広い実力テストの勉強法に悩んでいる中学生も多いのではないでしょうか。

暗記が必要な社会ですが、とにかく範囲が広いためにそれら全てを暗記するのも一苦労です。では、どのような勉強法が必要なのでしょうか。

社会の実力テストで高得点を取るために必要な勉強法やポイントについてご説明します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

明日のテストノー勉だ。まだ時間はあります!できる事について

明日、テストなのにノー勉だ!なんて言いながらこれを読んでいないで早く勉強しましょう! 明日の試験科...

高校受験は冬休みの勉強で逆転!冬休みの勉強で目指せ志望校合格

高校受験受験を控えている中学生の皆さん、高校受験のことで頭がいっぱいになっているのではないでしょうか...

テスト前は睡眠時間が2時間でもOK?最低限必要な睡眠時間とは

テスト前は少しでも頭に詰め込もうと、睡眠時間を削って勉強する人がほとんどでしょう。中には2時間しか寝...

夜中に勉強していて空腹になった場合の対処法

夜中まで受験勉強をしていると、どうしても空腹になってしまいます。 何か食べたい!とは思っても、食べ...

本を読めないのは集中力のせい?本を読めない人が増えている現代

昔は本が好きだったのに最近は本を読まなくなった、集中力が続かづに最後まで本を読めないというお悩みを抱...

課題が終わらないから休むはアリ?嘘をついて休むことのリスク

課題が終わらないから学校に行きたくない!休むことにしたいと思っている人もいますよね。課題が終わってい...

滑り止めの大学なのに落ちたというケースが今増えてきている

滑り止めの大学なのに落ちた、というケースが今増えてきているそうです。 少子化の時代になぜ?と疑問に...

受験直前の不安対策!アナタだけじゃない!誰でも不安を感じます

受験直前に不安な気持ちに襲われて、頭が真っ白になったり、焦ったり落ち込んだりするのは、みんな同じです...

大学受験で滑り止めを受けないのは高リスク!覚悟があれば別です

大学受験では滑り止めを受けるのが当たり前となっていますが、滑り止めを受けないで本命一本でもいいのでは...

江戸時代の農民は年貢を納めていた!年貢と税の仕組み

江戸時代の農民は年貢を収めることで現在で言う【税金】を支払っていました。農民は収穫した米を年貢として...

面接の志望動機【高校受験】組み立て方や正しい答え方のポイント

面接では必ずというほど聞かれるのが志望動機ですよね。もちろん、高校受験の面接においても志望動機はほぼ...

大学受験のホテルは親も一緒に宿泊!親が付き添うことのメリット

お子さんの大学受験のとき、親も一緒に付き添ってホテルに宿泊したほうが良いのか悩んでいる人もいますよね...

頭が働かないと感じるのはナゼ?勉強が苦痛にならない方法とは

頭が働かないから勉強が進まない。 一度読んだり書いたり計算しただけで、脳が色々とインプットして...

家庭科の宿題にもおすすめ!着なくなった服で簡単リメイク

学校ではいろいろな宿題が出ますが、家庭科では着られなくなった服を使ってリメイクをするという宿題が出る...

過去問は何年分前までするべき?大学受験の赤本の使い方

大学の過去問は何年分まで遡ってしたらいいのでしょうか?平均的には、このくらいの過去問を解いているよう...

スポンサーリンク

社会の勉強法、実力テストの成績を上げるには?

範囲の広い実力テスト。
そのなかでも特に社会が苦手で勉強法に悩んでいる人はいませんか?

社会の成績を上げたいですよね!

そのためにはどんな勉強法がいいのでしょうか?

それは、定期テストをまず完璧にする事!
定期テストの問題を見直ししてください。
どうして間違ったのかその原因を明確にしましょう。
考えてもわからないなら、先生に聞いてください。

実力テストは、結構定期テストと似たような問題が出ることがあります。
なので定期テストの見直しで点を押さえる事ができるのです。

実力テストが定期テストより難しいのは、応用問題があるからでしょう。
しかし、実力テストのすべてが応用問題ではないのです。
しっかりと取れる点を押さえるためにも、定期テストを見直すようにしましょう。

社会実力テストは勉強法によって点数に差が生まれる

社会の実力テストで点数に差が生まれるのは、勉強法に原因があります。

あなたはどんな方法で勉強をしていますか?

社会はほとんど暗記する科目ですよね。
覚えることでテストの点数をとる事ができるでしょう。

しかし、実力テストは範囲も広いので、暗記する時の勉強法によって点数に差が生まれてしまうのです。

内容を理解して暗記する人。
そして、内容を理解しないで用語だけを暗記している人がいます。

内容を理解して勉強している人は覚えた事を忘れにくいのです。
なので範囲の広い実力テストでも良い点数が取れるでしょう。

しかし、内容を理解しないで用語だけを暗記しているという人は、覚えた事をすぐに忘れてしまいます。
定期テストでは高得点を取れるに、実力テストでは点数が低くなるという人は、このような勉強法をしている人が多いでしょう。

実力テストは範囲が広いので、いつもの積み重ねが大事になってきます。
内容を理解して暗記するようにしましょう。

社会の実力テストで高得点を取るために必要な勉強法とは

社会の実力テストで高得点を取るには、内容を理解して暗記するようにすることとお伝えしました。

その方法の他に、もう1つあります!
社会の実力テストの勉強をする時は、1分野ずつの復習をしましょう。
授業では地理も歴史も平行して行いますが、復習は分野別にしてほしいのです。
学校の授業の順番で復習しないようにしてください。

その理由は、1分野ずつの復習をすると、この分野で良い点数が取れるようになるからです。
これは自信につながりますよね!

そして、自信がつくと勉強のやる気もアップしませんか?
自信とやる気があるまま、他の分野も復習しましょう。

なんども繰り返し言いますが、実力テストは範囲が広いですよね。
どこから復習したらいいのか悩んでいる3年生は、まず得意な分野から復習する事をおすすめします。

その勉強法で大丈夫?実力テストで実力を発揮できない理由

社会など、実力テストで自分の実力を発揮できていないと感じている人もいるでしょう。
定期テストでは高得点なのに、どうして実力テストでは点数が低いのか。

みんな同じで実力テストの点数が低いのなら、問題が難しかったと思えるかもしれませんが、ちゃんと実力テストでも高得点を取る人は取れるのです。

実力テストで点数が低くなるのは、自分の実力が発揮できていないからと感じているのであれば、やはり勉強法を見直さなくてはいけません。

先程もいいましたが、内容を理解しないで用語を暗記していませんか?
その場しのぎで記憶する勉強法だと、定期テストでは点数が取れても実力テストでは範囲が広いので全部記憶するなんてできませんよね?

自分はこんなもんじゃない!もっと点数を取れるんだ!と思っているのなら、まず勉強法について考えてほしいのです。

定期テストは、範囲も狭く一夜漬けで暗記することができるかもしれませんが、実力テストの場合はそうはいきませんよ。

過去問をひたすら解く勉強法で実力テストの点数は上がるの?

実力テストの日が近づいてくると、先生から過去問が配られる学校もありますよね。

実力テストは範囲が広いので点数も取りにくく、平均点も下がってしまいます。
なので先生は平均点を上げようと、過去問で勉強させようとしているのです。

でも、過去問を解くという勉強法で実力テストの点数は本当に上がるのでしょうか?

実は、高い確率で過去問と同じ問題が出題されます。
なので、過去問をひたすら解くという勉強法で、実力テストの点数をあげる可能性があるのです!

しかし、3年生の場合は受験が近いので、入試問題が出題される事もあります。
入試対策のテキストで勉強することで、似たような問題に慣れておくことができるでしょう。
この入試対策のテキストは、早い段階から勉強に活用することをおすすめします。

実力テスト前日は焦って過去問を解いて勉強するのではなく、たくさん睡眠時間をとって体調管理にも気を使うぐらい余裕があるといいですね。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 勉強や学問に関する疑問