世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

社会の勉強法、実力テストで高得点を取るために必要な勉強法

2018.11.8

社会がとにかく苦手で、範囲の広い実力テストの勉強法に悩んでいる中学生も多いのではないでしょうか。

暗記が必要な社会ですが、とにかく範囲が広いためにそれら全てを暗記するのも一苦労です。では、どのような勉強法が必要なのでしょうか。

社会の実力テストで高得点を取るために必要な勉強法やポイントについてご説明します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

高校受験は冬休みの勉強で逆転!冬休みの勉強で目指せ志望校合格

高校受験受験を控えている中学生の皆さん、高校受験のことで頭がいっぱいになっているのではないでしょうか...

【願書の書き方】高校受験のための入学願書はこうやって書こう

高校受験のために初めて入学願書を書く場合、どんなふうに書けばいいのか全くわからない中学生の方が多いで...

トルコが親日国である理由とは?そこにはこんな歴史があった!

親日国と言われているトルコですが、その理由を考えたことはありますか? 遠く離れた国なのに、どう...

薬学部の研究室は忙しいって本当?研究室選びは大切です!

「薬学部の研究室は忙しい!」という噂を聞いたことがある人もいますよね。こんなうわさを聞くと、薬学部に...

志願理由書【高校入試】の書き方とは?コツやポイントをご紹介

志願理由書を高校に出すときにはどんな書き方が正解なのでしょうか?中身や内容は、違えども書き方はこのよ...

英単語の単語帳の作り方のコツ!書き込むポイントや覚え方

英単語を覚える勉強法としてメジャーな単語帳。 単語帳に英単語を書いてひたすら覚えていくのですが、単...

授業中寝るのがばれない方法・席は?眠気を解消する方法もご紹介

午後の授業はなぜだか睡魔が突然襲ってくるもの。我慢できずに寝るなら、先生にばれないようにしたいもので...

受験に失敗して立ち直れない時の対処法と失敗を引きずらない方法

一生懸命に勉強して挑んだ受験。自分のできるだけの力を振り絞って受験をしたけれど、志望校に合格できなか...

現代社会を攻略しよう!高校生のための効率よい勉強法とは

高校の社会の科目の中でも現代社会で点数が取れない場合、どのように勉強していいのかわからなくなってしま...

集中して勉強をするために音楽はNG?音楽のメリットデメリット

部屋で音楽を聞きながら勉強をしていると、親からは必ず「音楽を聞きながら勉強しても集中できないでしょ!...

勉強中に眠くなる理由。あなたに当てはまるのはどれですか

勉強中に眠くなる理由を、いろいろと考えてみました。 単純に、勉強が楽しくないというのが一番の理...

夜に勉強した方がはかどる?夜にするべき勉強とその方法について

夜に勉強した方がはかどる?朝には朝の勉強法。夜には夜の勉強法があります。 夜にするべき勉強や、...

音楽を上手に取り入れると集中力がアップ!勉強への効果について

子供の頃に「勉強をする時に音楽を聴くのは集中力がなくなるからダメだ」と言われた経験がある方も多いと思...

テスト勉強やる気しないまま前日を迎えてしまったキミへ

テスト勉強、結局やる気が起きないままテスト前日を迎えてしまった。 このまま何もしないで明日に臨...

江戸時代の結婚は身分優先!身分が高いほど結婚が不自由な時代

江戸時代の人たちはどのような方法で結婚相手を見つけていたのでしょうか。この頃の結婚は、身分が高い人ほ...

スポンサーリンク

社会の勉強法、実力テストの成績を上げるには?

範囲の広い実力テスト。
そのなかでも特に社会が苦手で勉強法に悩んでいる人はいませんか?

社会の成績を上げたいですよね!

そのためにはどんな勉強法がいいのでしょうか?

それは、定期テストをまず完璧にする事!
定期テストの問題を見直ししてください。
どうして間違ったのかその原因を明確にしましょう。
考えてもわからないなら、先生に聞いてください。

実力テストは、結構定期テストと似たような問題が出ることがあります。
なので定期テストの見直しで点を押さえる事ができるのです。

実力テストが定期テストより難しいのは、応用問題があるからでしょう。
しかし、実力テストのすべてが応用問題ではないのです。
しっかりと取れる点を押さえるためにも、定期テストを見直すようにしましょう。

社会実力テストは勉強法によって点数に差が生まれる

社会の実力テストで点数に差が生まれるのは、勉強法に原因があります。

あなたはどんな方法で勉強をしていますか?

社会はほとんど暗記する科目ですよね。
覚えることでテストの点数をとる事ができるでしょう。

しかし、実力テストは範囲も広いので、暗記する時の勉強法によって点数に差が生まれてしまうのです。

内容を理解して暗記する人。
そして、内容を理解しないで用語だけを暗記している人がいます。

内容を理解して勉強している人は覚えた事を忘れにくいのです。
なので範囲の広い実力テストでも良い点数が取れるでしょう。

しかし、内容を理解しないで用語だけを暗記しているという人は、覚えた事をすぐに忘れてしまいます。
定期テストでは高得点を取れるに、実力テストでは点数が低くなるという人は、このような勉強法をしている人が多いでしょう。

実力テストは範囲が広いので、いつもの積み重ねが大事になってきます。
内容を理解して暗記するようにしましょう。

社会の実力テストで高得点を取るために必要な勉強法とは

社会の実力テストで高得点を取るには、内容を理解して暗記するようにすることとお伝えしました。

その方法の他に、もう1つあります!
社会の実力テストの勉強をする時は、1分野ずつの復習をしましょう。
授業では地理も歴史も平行して行いますが、復習は分野別にしてほしいのです。
学校の授業の順番で復習しないようにしてください。

その理由は、1分野ずつの復習をすると、この分野で良い点数が取れるようになるからです。
これは自信につながりますよね!

そして、自信がつくと勉強のやる気もアップしませんか?
自信とやる気があるまま、他の分野も復習しましょう。

なんども繰り返し言いますが、実力テストは範囲が広いですよね。
どこから復習したらいいのか悩んでいる3年生は、まず得意な分野から復習する事をおすすめします。

その勉強法で大丈夫?実力テストで実力を発揮できない理由

社会など、実力テストで自分の実力を発揮できていないと感じている人もいるでしょう。
定期テストでは高得点なのに、どうして実力テストでは点数が低いのか。

みんな同じで実力テストの点数が低いのなら、問題が難しかったと思えるかもしれませんが、ちゃんと実力テストでも高得点を取る人は取れるのです。

実力テストで点数が低くなるのは、自分の実力が発揮できていないからと感じているのであれば、やはり勉強法を見直さなくてはいけません。

先程もいいましたが、内容を理解しないで用語を暗記していませんか?
その場しのぎで記憶する勉強法だと、定期テストでは点数が取れても実力テストでは範囲が広いので全部記憶するなんてできませんよね?

自分はこんなもんじゃない!もっと点数を取れるんだ!と思っているのなら、まず勉強法について考えてほしいのです。

定期テストは、範囲も狭く一夜漬けで暗記することができるかもしれませんが、実力テストの場合はそうはいきませんよ。

過去問をひたすら解く勉強法で実力テストの点数は上がるの?

実力テストの日が近づいてくると、先生から過去問が配られる学校もありますよね。

実力テストは範囲が広いので点数も取りにくく、平均点も下がってしまいます。
なので先生は平均点を上げようと、過去問で勉強させようとしているのです。

でも、過去問を解くという勉強法で実力テストの点数は本当に上がるのでしょうか?

実は、高い確率で過去問と同じ問題が出題されます。
なので、過去問をひたすら解くという勉強法で、実力テストの点数をあげる可能性があるのです!

しかし、3年生の場合は受験が近いので、入試問題が出題される事もあります。
入試対策のテキストで勉強することで、似たような問題に慣れておくことができるでしょう。
この入試対策のテキストは、早い段階から勉強に活用することをおすすめします。

実力テスト前日は焦って過去問を解いて勉強するのではなく、たくさん睡眠時間をとって体調管理にも気を使うぐらい余裕があるといいですね。

 - 勉強や学問に関する疑問