世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

御朱印帳の表紙の空白はナニ?短冊に記入する言葉とは

2018.6.13

御朱印帳の表紙の短冊が空白に・・・。ここには一体何を書き込むべき!?そう悩んでいる方もいるかと思います。

今人気の御朱印帳ですが、その使い方についてイマイチよくわからない事ありませんか?

そもそも御朱印とは?気になる表紙の空白の正しい使い方は?御朱印をもらう時のマナーなど、今更聞けないご朱印帳について調べてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

江戸時代の女性はどんな生活をしていたのかを覗き見!

江戸時代ともなると様々な書籍や資料があるため、ある程度どんな生活をしているかを知ることができます。 ...

友達から結婚の報告なしの場合は?結婚報告のタイミングはいつ?

あなたは友達へ結婚の報告はどのようにしていますか?直接会って報告したり、電話、メール、LINEなどの...

車のホーンが鳴らない原因と、その場合の車検や修理について!

車のホーンが鳴らない・・・。その原因にはどんな事があるのでしょうか? ホーンが鳴らない場合、車...

電車の優先席が必要性があるのか?メリット・デメリットについて

電車に必ずある優先席ですが、必要性はあるのでしょうか?優先席があってもお年寄りは普通に席に座っている...

アパートのエアコンの修理費は誰が負担!?損をしないためには

アパートのエアコンが壊れてしまったときに、その修理費は家主が負担するべきか借主が負担するべきか気にな...

結婚式での心付けの封筒へのお金の入れ方や書き方のマナー

結婚式では、心付けといわれるお礼の気持ちを渡すことがマナーとされています。 この場合のお金を封筒に...

知らないと恥をかく!?心付けの袋の選び方と書き方について

結婚式の時に用意する心付け、袋の種類や書き方って知っていますか? そこには意外と知らないルール...

新幹線にある障害者用の個室【多目的室】利用や予約方法とは

新幹線には障害者のための個室である「多目的室」があるのです。 この多目的室の利用は、障害者が最...

中国の文化は日本と違って面白い!考え方の違いについて

中国の人といえばどんなイメージを持っているでしょうか?日本とは文化が違うので感覚がぜんぜん違っていて...

帽子のマナーとして室内では脱ぐべき?昨今の帽子事情について

帽子を室内でも脱がずに被り続けるのはマナー違反?少し前でしたら、室内に入るときはコートなどと一緒に帽...

職業欄の書き方について。パートの場合の記入の仕方と書けない事

申告書や履歴書など色々な書類を記入する場合に、パートの場合は職業の欄になんと書いていいのか悩んでしま...

車の割り込みは違反行為!違反点数や反則金について

車の運転はいくら自分が安全を心掛けていても急な割り込みをしてきたり迷惑行為をされてしまう可能性があり...

タクシーに車椅子で乗る時トランクに入る?タクシーの種類と注意

車椅子でタクシーを利用する時、トランクに入るかどうか心配になりますよね。最近の車椅子はタクシーのトラ...

男子の前髪セットで毎日苦労してるなら必見!スタイリングの仕方

おでこを出す、前髪を分けるなど前髪だけで男子の印象はガラッと変わります。 男らしい性格?明るい...

結婚式での主賓挨拶とは?上司の挨拶のポイントと注意点

結婚式では、主賓挨拶というものがありますが、基本的には新郎新婦のいずれかの上司が頼まれることが多いで...

スポンサーリンク

御朱印帳表紙の表紙の空白は?そもそも御朱印とは

今は御朱印を御朱印帳に押してもらうのが流行していますよね。御朱印は各々に違いや味があり素敵です。

そして御朱印を押してもらう御朱印帳も、素敵なものがたくさんあるんですよね。

ではそもそも御朱印にはどのような意味があるのでしょうか。お寺に読経や写経を収めたさいにもらうのがしるしだったそうです。

四国遍路でもこのしるしをいただくことが出来、コレをお納経といい、またの言い方を御朱印というのです。

コレは仏様や神様と縁を結んだという証になるのです。そして仏教では徳をつむと極楽浄土にいけるといわれていて、そのときに見せるのが御朱印なのだそう。なので棺には御朱印帳を入れるのだとか。

だからせっかく集めた御朱印はちゃんとわかる場所、神棚や仏壇などに大切に保管しておきましょうね。

御朱印帳の表紙の空白には何を記入する?

空白になっているのだから、何かを記入する決まりがあるはず!そう思ってしまいますよね。

実はここにはナニを記入すればよいという決まりがないんです。ビックリしました?

なので御朱印帳と書いてもよし、もしすでに御朱印帳という文字が書かれているのであれば自分の名前を書き入れてもOKです。

また自分が好きな言葉を書き入れてもいいんです。まさに自由な空白欄だったというわけです。

自分の字はちょっと苦手、さらに筆字はもっと苦手、という方は御朱印を頂く際に忙しくないようであれば、一緒に書いてもらうという方法もあります。

その際には丁寧にお願いをしてくださいね。

その他にもわざと何も書かないという手もあります。そうすると御朱印をもらう際に一言そこに添えてくれる場合もあるのです。

コレはなんとも嬉しいですよね。こんなことを期待するのであれば、わざと空欄のままにしておいても良いのではないでしょうか。

御朱印帳の表紙に名前を書かない場合はどこに?1ページ目は空白にする?

表の白い空白をそのままにしておきたい場合には、どこに自分の名前を書いたらよいのか?それとも書かないのもありなのか?

いえいえ、大きな自社は多くの参拝者が来ていて、御朱印もたくさん頼まれている場合があります。そんな時に自分の御朱印帳が、どれかわからなくなってしまっては大変です。
表には名前を記入したくない場合は、御朱印帳を開いた最初のページに自分の名前を記入すると良いでしょう。

上記したように、自分の字に自身がない方は最初におしてもらう時に、一緒にお願いしてみてはいかがでしょうか。

そして御朱印帳は最初のページから、空白がないように押していかなければいけないのか?と悩む方もいらっしゃるようです。

最初の1枚目は空白にしても良いですし、もし順番で押して貰いたい寺社があるのであれば、わけを話して飛ばして御朱印を押してもらうことも可能です。

絶対といった決まりはありませんよ。

チョット待った!御朱印帳の前にするべき事とは

御朱印帳を御朱印でいっぱいにしたいあまり、とにかく押してもらいに行くのは失礼!事前にそのお寺や神社のことを勉強してから、訪れるようにしましょう。今はネットがありますから、短い時間でもしっかりと知識を取り入れることが可能ですよね。

着いたらまずは御朱印ではなく、ご本尊や本殿に参拝を済ますのが先です。御朱印は何のためにあるのか?というお話を最初にしましたよね。

仏様や神様と縁を結んだ証が御朱印、まずは縁を結びにいきましょう。

それから御朱印帳に御朱印をもらいにいきます。

ではどこで御朱印をもらうことが出来るのか?何度ももらっている方ならわかると思いますが、御朱印受付と書いているところがあれば、そこでお願いをします。

そのようなところが探してもない場合には、お守りを授与しているところで聞いてみると教えてくれるでしょう。またそこで御朱印をもらえる場合も少なくはありません。

マナー良く、そして言葉遣いにも気をつけて御朱印をお願いしてくださいね。

御朱印をもらう時のマナーとタイミング

上記したようにマナーとして参拝を終えた後に御朱印をもらいにいくこと。また御朱印が人気の寺社では先に御朱印を預かってくれ、参拝後にとりにいってもOKというような所もあるようです。

やはりインターネットで参拝場所の寺社を勉強するということは、こんなところも調べることが出来るので、必ずやっておくべきです。

もし御朱印帳を忘れてしまったら・・・。そんなときでも慌てず残念がらなくても大丈夫。わけを話すと半紙などの書いてくれます。それを大事に持ち帰り御朱印帳に貼ってください。

ちなみに御朱印を待つときのマナーとは?まずは当たり前ですが静かに待つ、時間があるからといってスマホで時間潰しをしない、できれば姿勢も正しく、凛とした空気が流れる場所ですから、その雰囲気に合った身のこなしをしたいものですね。

もちろんお礼も忘れずに!

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - マナーや一般常識に関する疑問