世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

車のホーンが鳴らない原因と、その場合の車検や修理について!

2018.4.3

車のホーンが鳴らない・・・。その原因にはどんな事があるのでしょうか?

ホーンが鳴らない場合、車検はどうなるの・・・?
修理にはいくらぐらいかかるの・・・?

クラクションが鳴らない車を売りたい時はどうしたらいいのか、また、ホーンを持ち込んで交換する費用と、車にホーンを取り付ける意味などについてもまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

帽子のマナーとして室内では脱ぐべき?昨今の帽子事情について

帽子を室内でも脱がずに被り続けるのはマナー違反?少し前でしたら、室内に入るときはコートなどと一緒に帽...

保証人や印鑑証明は就職する時に何故必要?求められる理由とは!

就職する際に、雇用契約する時に保証人や印鑑証明をもらうようにといわれる場合がありますが、どうしてなの...

新幹線にある障害者用の個室【多目的室】利用や予約方法とは

新幹線には障害者のための個室である「多目的室」があるのです。 この多目的室の利用は、障害者が最...

飲み会に行かない?参加しない?ゆとり世代

ゆとり世代と団塊世代の人たちの飲み会の考えかたに違いかあることに気がついていますか? ゆとり世...

高校や大学などの合格祝いと入学祝いの違いや相場について

高校や大学に入るとき合格祝いや入学祝いを贈りますよね。コレって別々に渡すもの?そもそも明確な違いはあ...

スカートで階段を上るときの対策についてや気をつける事!

可愛いのでミニスカートを履く女性も多くいると思います。ですが、スカートをはいているときに気になるのが...

知っておきたい豆知識!失業保険を受給するには6ヶ月の加入条件

失業保険を受給するには、雇用保険を6ヶ月加入していることが条件となります。 初めて受給される方...

職業欄の書き方について。パートの場合の記入の仕方と書けない事

申告書や履歴書など色々な書類を記入する場合に、パートの場合は職業の欄になんと書いていいのか悩んでしま...

返信する際のマナー!「行」は「御中」に訂正しましょう

書類などを返信する際は、「行」となっているものは二重線で消して「御中」に訂正するのがマナーとなってい...

インターホンをカメラ付きにすると防犯対策になります

「ピンポン♪」とインターホンが鳴っても誰が来たのかわからないと不安ですよね。 そんな時にインタ...

台風が強い場所はどこ?基礎知識とメカニズム・雨や風が強い場所

台風で雨や風が強い場所があるってご存知ですか?一言に「台風」と言っても、台風の場所によってその強さが...

タクシーに車椅子で乗る時トランクに入る?タクシーの種類と注意

車椅子でタクシーを利用する時、トランクに入るかどうか心配になりますよね。最近の車椅子はタクシーのトラ...

結婚式での心付けの封筒へのお金の入れ方や書き方のマナー

結婚式では、心付けといわれるお礼の気持ちを渡すことがマナーとされています。 この場合のお金を封筒に...

入院の付き添いの差し入れは何がいい?喜ばれる差し入れと注意点

お子さんが入院をして付き添いをしているママに、何か差し入れをしようと考えている人もいますよね。でも、...

心付けを結婚式で渡す場合の相場と渡し方!

結婚式当日に感謝の気持ちを表すお礼として、会場スタッフに渡す心付け。心付けとはスタッフへの「チップ」...

スポンサーリンク

車のホーンが鳴らない原因はどんな事があるの?

車のホーンが壊れた?鳴らない原因はどんな事があるの?

ホーンはステアリングの中心にあるスイッチを押すことで鳴るのですが・・・、ホーンが鳴らないのは、スイッチの接点がサビやホコリで汚れて接触不良を起こしている事が原因かもしれません。

この場合は、接点を掃除したり、通電性の高いグリスを塗れば直ることが多いですよ。

また、他にはこのような場合もあります。

 

断線

配線がどこかで断線している事が原因の場合も・・・。これは、1本1本辿って、断線箇所をバイパスさせるか、つなぎ直す必要がありますよ。修理は簡単ですが、修理箇所を探すのがとても大変です。

 

リレー

ホーン本体への通電をコントロールしているリレーですが、これはボンネット内のヒューズボックス内か、室内のヒューズボックス内にあります。
これが故障している事が原因の場合もあります。
これはリレーを交換したら治ります。

  • スイッチの接点がサビやホコリで汚れて接触不良を起こしている
  • 断線
  • リレー

これがホーンが鳴らない原因だと思われます。

車のホーンが鳴らない原因は?色々調べてみました!

車のホーンが鳴らないのは、どうしてなか調べてみた所、このような原因があるようです。

  • ホーン自体の故障
  • ヒューズが切れた
  • 配線の不良

など・・・

ディーラーに持っていくのが1番簡単な方法かもしれませんが、自分でもちょっと確認してみようと思います。

まずは、ハンドルのチルドレバーの状態を確認します。ちゃんとロックされていて問題がありませでした。

次は、ヒューズが切れていないかを確認します。どのヒューズが何の役割のヒューズかわかるように説明があっても、ホーンはどのヒューズなのかわかりません。なので、今回は自分で確認する事は諦めました。

そして次はホーンの配線の確認です。ボンネットを開けて、フロントグリルを取り外す必要があります。これは、コツを掴むまでが大変でしたよ。

私は自分で確認してホーンが鳴らない原因を調べよとしましたが、やっぱりディーラーに持っていくのが1番簡単な方法でしょうね。

車のホーンが鳴らない原因がわかったけど・・・車検や修理はどうなる?

車のホーンは、保安基準において定めがあり、音の大きさや、音が連続していて、大きさ及び音色が一定であること、そして音はサイレンまたは鐘ではないことなどの規制があります。

なのでホーンが鳴らないと、車検に通らないでしょう。
まれに、検査官によってはスルーされて、ホーンが鳴らなくても通ったなんて話も聞いた事があるかもしれませんが、それはとてもめずらしい事と思ってください。

 

ホーンの修理についてですが、ホーンが鳴らない原因は、ヒューズ関連が多いでしょう。
この修理は簡単にできる場合もありますよ。
また、ヒューズを交換しても費用は高くないです。

車検の時にヒューズを交換すると、工賃を入れて3,000円ぐらいではないでしょうか?

 

車検に出す時に、ホーンがならない事を伝えて修理してもらっても良いでしょう。

しかし、ディーラーに車検を出してそのままホーンの修理もした場合、高くなってしまいますよね?

修理代を安く済ませたいのなら、ディーラー以外の単価の安い車検業者で、車検と合わせてホーンを修理してもらうか、カー用品店などで車検の前にホーンの修理を安くしてもうのがいいと思いますよ!

クラクションが鳴らない車を売りたいんだけど・・・

クラクションが鳴らない車を売りたい場合、簡単に直せる場合でなければ何もしない方がいいでしょう。

クラクションがならない原因を確認するのはけっこう大変な事です。

もしパーツを取得してもムダになってしまったり、修理しようとしても、結局なおらなかったなんて事になったら、イヤですよね?

自分で直せても、それにかかった費用は車の査定額を上昇して回収する事はできないでしょう。

なので、クラクションが鳴らなくて、配線が外れているような場合以外は、なおす必要がないでしょう。

この故障は業者に任せたほうがいいのです。

業者は、修理を自社内の修理工場で行うか、業者間の横のつながりで安い価格で修理を依頼できます。なので、この安い価格や自社で修理できるときのコストによって、上昇する査定額が変わってくるのです。

クラクションが鳴らないからといって大幅に査定を減額をされるということはまずないと思います。
しかし、業者としては車を安く買いたいので、減額を大幅に取るケースがあるのも事実です。
減額の相場を見極めてくださいね。

ホーンを持ち込んで交換する費用と、車にホーンを取り付ける意味

ホーンを持ち込んで交換をする

ネットで安いホーンを買って、持込で取り付けてもらいたいなと考えている人はいませんか?

そんな人は注意してください。
持ち込みになると、工賃が割高になってしまう事が多いのだそうです。

ホーンを購入して取り付けてもらう場合と比較すると工賃が2倍にもなってしまう事が!
また、そもそも持ちこみでの交換を受け付けていない所もあります。

なので、自分で購入して自分で交換する場合はいいかもしれませんが、持ち込みでの交換したいと思っているいのなら、工賃が割増しになること、また持ち込みが断られる事があると忘れないでください。

そもそもホーンの取り付けの意味は、自分以外の他の車や歩行者に、自分が近づいたことを知らせる効果がある保安用具です。

故障したら、ちゃんと修理してくださいね。

 - マナーや一般常識に関する疑問