世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

インターホンをカメラ付きにすると防犯対策になります

2018.4.11

「ピンポン♪」とインターホンが鳴っても誰が来たのかわからないと不安ですよね。

そんな時にインターホンにカメラが付いてると安心です。自宅のインターホンをカメラ付きに交換して防犯対策や不審者対策をしてみませんか?

インターホンをカメラ付きにして玄関からセキュリティをしっかりして防犯対策をするようにしましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

電車の優先席が必要性があるのか?メリット・デメリットについて

電車に必ずある優先席ですが、必要性はあるのでしょうか?優先席があってもお年寄りは普通に席に座っている...

失業保険の延長解除や受給手続きをする際のポイントをご紹介

失業保険をもらう時に、いろいろな手続きをふんでから受給できることになりますが、妊娠・出産や病気などで...

結婚式での主賓挨拶とは?上司の挨拶のポイントと注意点

結婚式では、主賓挨拶というものがありますが、基本的には新郎新婦のいずれかの上司が頼まれることが多いで...

箸の持ち方【子供】輪ゴムを使った箸の持ち方の練習方法

箸の持ち方って気をつけないと、自分が持ちやすくて使いやすく使ってしまうので、変な使い方になってしまう...

開会式の挨拶が長いのは不評!コツを知って上手に挨拶しよう

小学校や中学校の行事で校長先生やPTA会長が挨拶をするとき「開会式の挨拶ってどうしてこんなに長いの?...

保証人や印鑑証明は就職する時に何故必要?求められる理由とは!

就職する際に、雇用契約する時に保証人や印鑑証明をもらうようにといわれる場合がありますが、どうしてなの...

靴を試着する際に素足はNG!靴下を持参しないと合わないことも

靴を試着する時、素足で履くなんてことしてませんか?ついつい面倒だからといって靴下を履かずに、素足のま...

子供を無視!母親が子供に与える影響を教えます

子育てをしていると、イライラしたりすることもありますよね。自分のイライラや怒りを子供にぶつけてしまっ...

江戸時代の女性はどんな生活をしていたのかを覗き見!

江戸時代ともなると様々な書籍や資料があるため、ある程度どんな生活をしているかを知ることができます。 ...

塾の先生にお礼の手紙を書こう!気持ちを素直に伝えて!

志望校に見事合格できたのは塾の先生のおかげ!と感じている生徒さんや親御さんは結構います。 感謝...

49日法要の引き出物は消え物やカタログギフトがおすすめ!

忌中の最後の日でもある49日法要はとても重要な儀式です。 49日法要にはマナーがあり、参列して頂い...

お盆にくるお坊さんにお茶菓子を出すタイミングや出し方

お盆に来てくれるお坊さんにお茶菓子を出す場合、どのようなお菓子を選べばいいのでしょうか? お茶...

女性がスカートを履くのはなぜ?スカートの疑問について

女性だけがスカートを履くのはなぜ?素朴な疑問です。 しかし子供に聞かれても、答えられない方は多...

社交ダンスパーティーに行くときの服装は?会場に合わせた服装を

社交ダンスパーティーに招待された時、一体どんな服装で行けばよいのかわからないこともありますよね。特に...

自転車が車道を通行するのは邪魔!でもお互い理解しよう!

自転車は軽車両のため、車道を走ることになっています。しかし、車を運転するドライバーにとっては邪魔だと...

スポンサーリンク

インターホンのカメラ付き機能を利用すると防犯になる?

家の玄関はとても大切な防犯ポイントになります。玄関はそこに住んでいる人が出入りに使いますし、宅配業者や郵便の受け取りにも使います。なので不特定多数の人と接点を持つ場所になるのです。

多くの住宅には、玄関の近くにチャイムがあります。最近ではカメラ付きインターホンが多くなってきました。例えば対応が面倒そうな訪問販売などの場合は、訪問者の映像を見て、チャイムには応じないないこともあります。このことは自分の時間や生活のペースを守るということでとても大切なことです。

多くの場合、玄関のインターホンに応対できるのはリビングにある親機だけになります。もし1階と2階に玄関のインターホンに対応できる親機があった場合でも、チャイムが鳴ると親機あるリビングまで行かないといけません。もしパソコンで仕事している場合は、その作業を中断して親機まで行くことになるので作業が中断されます。このようなことが多くある場合は、玄関の外側、インターホンの端末がある場所を映せることろにネットワークカメラなどをつけましょう。玄関にこのようなカメラがあると、チャイムが鳴ると、パソコン画面から訪問者を確認することが出来ます。映像を録画しておくと、留守の間にチャイムが押されると、誰が来たのかわかります。

泥棒はまずチャイムを押して留守を確かめる

空き巣犯罪はその家に誰もいない時間帯を狙います。泥棒が家に人がいるかどうかを確認する方法の1つとして使うのは玄関のチャイムです。これから犯罪をしようとしている人はかなりの確率で玄関のチャイムを押します。誰もいないことを確認すると、人目のつきにくいガラス戸や窓を割り室内に入り物色するのです。ですので玄関のチャイム周辺を録画しておくと、もし空き巣被害にあった場合犯人を特定しやくなります。

プロの場合は、玄関先に防犯カメラが設置されているような個人宅に侵入する事を避けます。玄関先に防犯カメラがあるとこのような防犯効果が期待できます。

最近のインターホンには録画機能がついたものがあります。しかし犯罪を犯す人はそのことを熟知しているので、インターホンカメラに顔が映らないような角度で押したり、レンズ部分を手で覆い撮影ができないような対策をする場合もあります。インターホンのカメラとは別に玄関に防犯カメラを備えつけると、訪問者の行動が全て管理できます。

インターホンをカメラ付きにすると防犯効果がある

インターホンのカメラで映る範囲を確認しましょう

最近のカメラ付きインターホンは、左右が広く映る広角なタイプがあり、身を隠している空き巣もしっかり移ります。上下も広いタイプなら背が低い子供の顔もわかります。交換する場合にはカメラが映す角度や範囲を確認して、防犯機能を高くしたい場合は、映る範囲が広いタイプを選びましょう。

カメラ付きへの交換リフォームは、現在インターホンが付いていれば、その配線を利用して取り付けが出来ます。工事は機器の交換だけなので簡単で1日以内で終わります。

インターホンのカメラ付きや画像録画付きは防犯になる

不審な来訪者対策として、画像付きインターホンに取り替えようとする人の中には居住形態が賃貸住宅や戸建て住宅など色々です。取り替る場合でも色々な問題があります。

賃貸住宅の場合は玄関ドア付近を加工してまでつけることが出来ません。又戸建て住宅の場合、取り付けることで家の門扉や面構えが陳腐に見える場合もあります。

そのよう場合はワイヤレスによる画像付きインターホンにしましょう。ほとんど加工の必要もないし、自分で取り付け、取り外しは簡単に出来ます。

 

カメラ付きインターホンの選び方

  • 訪問者の画像は部屋のどこにいても確認できるもの
  • わざわざ玄関先まで出向きたくない
  • 録画機能が付いているもの!
  • 留守中の訪問者と訪問回数が分かる録画機能付き
  • 電源の心配がいらないもの
  • コスパを考えながら安価なもの

インターホンをカメラ付きに交換したい!自分で出来る?

カメラ付きインターホンには自分で交換できる物と出来ない物があります。
・電源がコンセントになっているもの
・チャイムコードがあるもの

この2つの条件が揃っていると自分で交換が出来ます。

最近では配線工事不要のワイヤレスカメラ付きインターホンも販売されています。ワイヤレスカメラ付きインターホンのいい所はモニターを持ち運べるところです。しかし電池式なので電池交換が必要になります。

インターホンをカメラ付きにすると泥棒も近寄らない?

私達が空き巣や強盗を怖いと感じているように、空き巣犯もつかまることを恐れています。カメラ録画付きインターホンや防犯カメラのような対策がされているだけで、相当な抑止力になります。

空き巣犯にしてみると内情を知らないので「防犯設備をしっかりしているから、インターホンに録画機能がついている、防犯カメラ以外にも何か対策している」と思ってしまうのです。なのでこの家に入るのはやめておこうと思うようになるのです。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - マナーや一般常識に関する疑問