世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

手作りピザレシピでおすすめの具材やトッピングをご紹介

2018.5.11

ピザを手作りした時には、トッピングを考えるのも楽しいものですよね。

定番の具材から、いつもとはちょっと違う具材を入れて楽しんだり、季節の旬の食材を入れてみたり。

お子様向けの甘辛な味や、大人にはちょっと辛めの味も美味しいものです。

ピザにおすすめの具材や、美味しいピザレシピ、定番ピザの特徴などご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

袋麺の簡単アレンジ。家にあるもので美味しい汁なしラーメン

インスタントラーメンは保存がきき、常にいくつかストックしてあるというご家庭も多いと思います。 ...

休日の夜ご飯におすすめ!時短で美味しい簡単ボリュームおかず

休日の夜ご飯は簡単に済ませたいという方も多いですよね。 せっかくのお休みは家事の手を少しゆるめ...

天ぷらをサクサクにする方法、いつもの倍美味しくなる裏技を伝授

お家で天ぷらを作る時、皆さんはどのような方法で揚げていますか? 天ぷらはサクサクッという食感が美味...

部活弁当の食べやすい工夫やボリュームと傷めない詰め方のコツ

部活の弁当はすぐに食べやすいメニューだと、時間がないときでも早く食べることができるのでオススメです。...

鶏肉を蒸す。しっとりした仕上がりにするのにベストな時間とは

鶏肉って、うっかりするとパサパサな食感に仕上がってしまいますよね? 食べた時に口の中でモサモサ...

ご飯炊くの失敗した。べちゃべちゃご飯を救え!

ご飯支度における砂糖と塩の入れ間違えと、お米の水分を間違えてべちゃべちゃにご飯を炊き上げてしまう。 ...

お弁当のメインにはご飯によく合う豚肉で決まり!

お弁当のメインにはやっぱり豚肉でしょう! その理由は『ご飯に合う』から。 お弁当は少し冷たい...

肉じゃがで作ったコロッケがゆるい時はある物を加えると大丈夫

肉じゃがをたくさん作ったら残ってしまうこともありますね。 二日目の肉じゃがも味が染みて美味しい...

食事中に水分を摂取しすぎると太る?正しい水分の摂り方について

食事中に水分を摂りすぎると太ると言われていますが、どうしてでしょうか? 一日に最低でも水を2リ...

鶏の丸焼きをバーベキューで作ろう!レシピをご紹介

バーベキューといえば、豪快な料理ですよね。そこでおすすめなのが鶏の丸焼きです。 なんだか作るの...

【簡単パン作り】パン作り初心者OK!炊飯器で作る美味しいパン

家でパン作りをしてみたいけど、パン作りはちょっと難しそうでと感じる方は多いと思います。 パンは1次...

納豆の常温保存夏は絶対にNG!納豆菌がなくなり腐敗します

夏に納豆を買ってきて、冷蔵庫の中にしまい忘れてうっかり常温のまま放置してしまった経験、ありませんか?...

枝豆の食べ方について。女子力高く枝豆を食べる?それとも豪快に

枝豆の食べ方について考えたことなんて、ありませんでした! でも、居酒屋で枝豆を4さや分くらいお...

トマトの糖度を上げる方法に挑戦!美味しいトマトを収穫しよう

トマトは初心者でも実を付けやすい家庭菜園にオススメの野菜ですね。私も毎年トマトを栽培しますが、実はつ...

パンの耳を冷凍してラスクに。定番レシピからご馳走スイーツまで

サンドイッチを作るときにパンの耳をカットしますが、その耳はどうしていますか。 パンの耳といえばやは...

スポンサーリンク

ピザのレシピにおすすめの具材

ピザに使われる野菜の定番はやはりトマト、玉ねぎ、ピーマンあたりでしょうか。
他にもナスやアスパラ、ジャガイモ、コーンなどどんな野菜でものせられます。

野菜は見た目を重視して選ぶのもおすすめです。
トマトソースにはピーマンの緑やナスの紫がはえますし、ホワイトソースもコーンの黄色やトマトの赤など、ソースとは違う色の野菜を選ぶと、コントラストが綺麗で、見た目も食欲もアップすることでしょう。

野菜の他にはお肉もおいしいですね。

オーブンだけで調理する際にはサラミやベーコンなどの火のとおりが早いものを選ぶようにしましょう。

フライパンなどで先に火を通してからピザにのせると、どんなものでも具材として使えるので大変便利です。
鶏肉・豚肉・牛肉と、どんなお肉でも組み合わせられるので、バリエーションも広がります。

そして、お肉とは違ったボリュームを出してくれる魚介も人気です。

ツナやエビ、イカあたりが定番でしょうか。
魚介からでるダシはソースに染み込み、旨みたっぷりに仕上がります。

ツナ缶や冷凍シーフードミックスなどを使うと、下処理の面倒もなく簡単にゴージャスに作ることが出来ます。
また、お刺身になっているものも、のせるだけで良いので、手軽にピザが作れます。

じゃがいもが生地&具材のじゃがいもピザレシピ

「普通のピザには飽きたよ。」という方はじゃがいもピザはいかがでしょうか?

普通のピザとは違い、ピザ生地の変わりにじゃがいもをスライスしたものを使います。
ピザよりヘルシーに仕上がるかもしれません。
子供も大好きな味だと思います。

では、材料と作り方です。

材料はじゃがいも数個と具材(ウィンナーや玉ねぎなど)とピザ用チーズです。

じゃがいもはよく洗って、皮をむきます。
3mm程度にスライスして、水にさらしたあと、ザルにあげておきます。

具材をじゃがいもにのるサイズにカットします。

加熱の必要な具材は、ここで先に炒めておきます。

じゃがいもをフライパンで焼き、焦げ目がついたら裏返します。

フライパンに重ならないように並べて、具材とチーズをのせて、おいしそうにとけてきたら完成です。

とっても外せるタイプのフライパンだと、そのまま食卓へ運ぶことができて便利です。

簡単にできるので、あと一品というときや小腹がすいたときにもお勧めです。

具材の王道!照り焼きチキンピザレシピ

ピザの具材の王道といえば、照り焼きチキンピザではないでしょうか?

では、こちらも作り方を紹介しましょう。

まずは材料です。

  • ピザ生地(手作りはもちろん、市販のものでも十分です。)
  • 照り焼きチキン
  • その他具材(玉ねぎやコーンなど)
  • マヨネーズ

お好みの照り焼きチキンレシピがあれば、そちらで作りましょう。
お惣菜でもOKです。

照り焼きチキンをお好みの大きさにきります。

次にピザ生地です。

マヨネーズをぬって、たまねぎなどのお好きな具材と照り焼きチキンをのせます。
チーズをのせて、オーブンで焼きます。

250℃で15分くらいが目安です。
焼け具合を確認ながら時間は調節してください。

チーズが美味しそうにとろけたら完成です。

定番のイタリアンピザの特徴

イタリアの定番ピザと言えば、マルゲリータでしょう。

バジリコの「緑」、モッツァレラチーズの「白」、そしてトマトソースの「赤」
イタリアカラーの美しいピザです。

最もシンプルで食べやすく、日本人でも好きな方は多いでしょう。
最近ではこの基本のマルゲリータに生ハムやトマトなどのトッピングをしている商品も見かけます。

マルゲリータよりもシンプルなピザにマリナーラがあります。

オリーブオイル、オレガノ、ニンニクのきいたピザです。
こちらは、男性の人気を集めるピザですが、小さなお子様は好まないかもしれません。

チーズ好きにお勧めなのはたくさんのチーズがのっているクアトロフォルマッジです。

トッピングはほぼなく、ゴルゴンゾーラなどの4種のチーズがのっています。
お店によって使われるチーズの種類が違うのが魅力のひとつです。
しかし、クセのつよいチーズが使われることも多いので、好みが別れるところでしょう。

今日はどんなピザ?組み合わせも楽しめます

日本でのピザの鉄板と言えば、トマト、ピーマン、サラミから作られるミックスピザでしょう。
チーズのまろやかな風味と、トマトソースの酸味は、とても食欲をそそられます。

カニとコーンのトッピングでカニマヨコーンピザ。
照り焼きチキンと海苔、マヨネーズなどのトッピングで照り焼きチキンピザ。
ホワイトソースとシーフードでシーフードミックスピザ。

シンプルなピザクラフトはどんな食材ともマッチします。

ソースひとつとっても、トマトソース、ホワイトソース、マヨネーズやカレー味など多彩にあります。

のせる具材とソースの組み合わせによって、無限のバリエーションが生まれるのがピザです。

ぜひ、自分好みの組み合わせを探して欲しいと思います。

 - 食事やグルメに関する疑問