世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

カレーにヨーグルトは相性抜群!酸っぱい感なしの本格カレー

2018.12.3

カレーにヨーグルトを入れるレシピを見かけることがあると思いますが、「カレーにヨーグルトを入れるなんて酸っぱいんじゃない!?」と思う方も多いと思います。

しかし、カレーとヨーグルトは本来相性の良い食材で、ヨーグルトの使い方を間違わなければ美味しいカレーが完成します。

ヨーグルトを入れるタイミングはレシピによっても違いますが、あっさりとした味わいにしたり、肉の下味にと使えます。

カレーにプラスするヨーグルトの使い方についてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

キャンプでのレトルトご飯の温め方とおすすめレシピをご紹介

キャンプの時はレトルトご飯を利用するのが便利ですが、電子レンジのない屋外でどうやって温めればいいのか...

【メレンゲの作り方】砂糖なしでも失敗しないコツ

お菓子作りに欠かせないメレンゲですが、作る時には砂糖が必要ですね。しかし、砂糖なしでも作れるやり方が...

すき焼きで春菊をおいしく食べるための切り方とコツを解説します

すき焼きに入れる野菜として春菊は欠かせないという人も多いと思いますが、苦味が気になるという人もいるの...

クレームブリュレを上手に仕上げるためのバーナーのコツとは

クレームブリュレを作る時に、どうしても表面をバーナーで均一に焦がすことができなくてうまくできないこと...

すき焼きの残りをお弁当のおかずにリメイク!汁もれなしレシピ

前日の夜に食べたすき焼きの残りをお弁当に入れたいと思うことはありませんか? たっぷりと味のしみたお...

枝豆の食べ方について。女子力高く枝豆を食べる?それとも豪快に

枝豆の食べ方について考えたことなんて、ありませんでした! でも、居酒屋で枝豆を4さや分くらいお...

納豆の常温保存夏は絶対にNG!納豆菌がなくなり腐敗します

夏に納豆を買ってきて、冷蔵庫の中にしまい忘れてうっかり常温のまま放置してしまった経験、ありませんか?...

ビーフシチューに入れる赤ワインのタイミングで美味しさアップ

ビーフシチューは長時間煮込まなければいけないイメージがあり、お料理初心者には難しいと思っている人も多...

食べることへの罪悪感をなくす方法とは?苦しまないで!

食べることへの罪悪感。 駄目だ駄目だと思っていても、食べちゃうことへの罪悪感。 こんな気持を...

お弁当にも便利な唐揚げを冷凍保存する方法と解凍方法・賞味期限

お弁当のおかずとして喜ばれるものの一つが唐揚げですよね。大人から子供まで、みんなが大好きな唐揚げです...

メレンゲクッキーの作り方はとっても簡単!不器用さんでも大丈夫

「メレンゲクッキーって簡単に作れるよ~」とは言われても、お菓子作りがあまり得意ではない人だと「本当に...

中国の朝食と言えば定番は揚げパン!中国の朝食文化について

日本の朝食というと、白いご飯にお味噌汁、焼き魚や卵焼きというのが一般的です。 では、中国ではど...

休日の夜ご飯におすすめ!時短で美味しい簡単ボリュームおかず

休日の夜ご飯は簡単に済ませたいという方も多いですよね。 せっかくのお休みは家事の手を少しゆるめ...

鯖の水煮缶の食べ方!そのまま食べても美味しい鯖缶のレシピ

そのまま食べたりアレンジしたり、色々な食べ方ができる鯖の水煮缶ですが、もっと美味しい食べ方を知りたい...

食事中に水分を摂取しすぎると太る?正しい水分の摂り方について

食事中に水分を摂りすぎると太ると言われていますが、どうしてでしょうか? 一日に最低でも水を2リ...

スポンサーリンク

酸っぱいヨーグルトもカレーとの相性は抜群

カレー=インドというくらい、インドには様々なカレーの種類がありますが、その中でも共通して使われることが多いのが、ヨーグルトです。カレー以外の料理にもヨーグルトは頻繁に登場します。ヨーグルトはインド料理に多く使われるスパイスのバランスをほどよく整え、全体の味をマイルドにするだけでなく、さらにコク深さを増してくれると言った働きをしてくれるのだそうです。

日本ではカレーの隠し味としてヨーグルトを加える方もいるでしょうが、本場インドではカレーに入れるのではなく、カレーと一緒に混ぜながら食べるのが一般的なのだそうです。ナンを食べる時などは、ヨーグルトを混ぜずにカレーのみを食べる場合もあるようですが、1つのプレートにカレーとサフランライスとともにヨーグルトを乗せ、手で混ぜながら食べるのが一般的なのだとか。

日本にあるカレー屋さんでも、食後にラッシーを提供しているお店がありますが、これもカレーにはヨーグルトが合うという考えのもとなのでしょうね。

酸っぱいカレーにならないようにヨーグルトの入れ方

日本では、インドと同じようにカレーとヨーグルトを混ぜながら食べるという感覚はなかなかないので、まずは隠し味として使ってみましょう。

カレーにヨーグルトを入れすぎると、当然のように酸っぱく感じます。酸味が好きな方であれば、スプーン2杯程からチャレンジしてみると良いでしょう。爽やかな酸味は、夏の暑い時期にはピッタリです。あまり酸味は得意ではないという方は、まずはスプーン1杯程度にしておきましょう。

もしも、隠し味程度のつもりが、ヨーグルトをうっかり入れすぎて酸っぱくなってしまった場合には、はちみつを入れて味をまろやかにして、酸っぱさをごまかします。この場合も、あくまでも少量ずつ試してみてくださいね。はちみつがない場合は、砂糖やチョコレートなども有効です。

酸っぱい感じなし!ヨーグルトに鶏肉を漬け込むバターチキンカレー

いつものカレーに飽きたら、たまにはこんなカレーはいかがですか?ここからは、ヨーグルトを使って簡単に出来る、バターチキンカレーの作り方をご紹介します。

用意する具材は鶏むね肉のみ!もちろん鶏もも肉でもOKです。あとは、トマト缶とご家庭にある調味料だけで、簡単に本格的な味が楽しめますよ。

まずは、鶏肉の皮を削ぎ落とし、食べやすいように一口サイズに切ります。シッパーバッグ等に切った鶏肉とカレー粉(大さじ1程度)、ヨーグルト(100g~)を入れて手で揉み込み、そのまま1時間以上冷蔵庫で寝かせます。ヨーグルトはプレーンタイプではなく、加糖タイプがオススメです。

鍋にバターを多めに溶かし、すりおろしたニンニクとショウガ(チューブでも可)を入れて香りが立つまで炒めたら、カレー粉(大さじ1程度)を入れ、さらに少し炒めます。トマト缶(1缶)を潰しながら入れ、少し沸騰してきたところで弱火にして、さらに2~3分煮たら、先ほどの鶏肉を冷蔵庫から取り出し、液ごと鍋に入れます。少し火を強めてそのまま4~5分煮たら、生クリーム(半カップほど)を混ぜ、塩コショウで味を整えたら完成です。

野菜もたっぷり取れるヨーグルトカレー

ここでもう一つ、夏野菜たっぷりのヨーグルトカレーの作り方をご紹介します。

使う夏野菜はナスやピーマン、トマトなど、お好きな材料を使ってOKです。玉ねぎやカボチャなど甘みの出る野菜を多めに入れると、トマトの酸味が中和されてより美味しく召し上がれますよ。

食べやすく一口サイズに切った鶏もも肉と、カレー粉(大さじ1程度)、ヨーグルト(50g~プレーンタイプがオススメ)をジッパーバッグ等に入れて、そこにケチャップ・ソース・すりおろしニンニクとしょうが・レモン汁・チリパウダー・塩をそれぞれ適量ずつ加え、よく揉み込んでから冷蔵庫で30分ほど寝かせます。時間に余裕がある場合は、そのまま1晩漬け込んでもOKです。

鍋か深くて大きめのフライパンでサラダ油を熱したら、食べやすい大きさに切った野菜をある程度炒め、先ほどの鶏肉と水(50CC程度)を加えて蓋をして、10分ほど煮込みます。
最後にピーマンを加えて少し煮込んだら完成です。

ヨーグルト以外にもカレーにおすすめの隠し味

カレーにヨーグルトを少し入れるのも美味しいのですが、それ以外にもこんな隠し味はいかがですか?

カレーの隠し味

チョコレート

辛いカレーにチョコレートをほんの少し入れるだけで、辛さがマイルドになり、辛さが苦手な方でも食べやすくなりますよ。使うのは板チョコレート2~3片程度で、優しい甘さのミルコチョコはお子様にもオススメ。また、カカオの使用量が多めなビターチョコを入れると、コクもあるより深い味わいのカレーになります。
チョコレートはカレール-が溶け切ってから、最後のタイミングで入れます。

インスタントコーヒー

インスタントコーヒーを入れることで、市販のカレール-を使ったカレーにも深いコクが生まれ、よりお店の味に近付きます。実際に試してみるとわかるかと思いますが、本格的にブイヨンを使ってじっくりと煮込んだような深い味わいになるのです。
こちらも、最後の仕上げのタイミングで入れてください。たくさん入れすぎるとさすがに苦味が強く出てしまうので、小さじ2~3杯から調節してみてくださいね。

 - 食事やグルメに関する疑問