世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

オクラの収穫はいつまでできるか時期やベストなタイミング

2018.12.5

オクラの収穫はいつまでできるのかご存知でしょうか。

実は、オクラの収穫時期は長く、初心者でも簡単に育てられるのです。

栄養も豊富なオクラを収穫するには、ベストのタイミングはいつになるのでしょうか。

そこで、オクラの収穫がいつまでできるか収穫時期の見分け方や収穫のベストなタイミングなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

カレーの具材の切り方とは?おすすめな具材の大きさをご紹介

カレーの具材の切り方はどのようにするのがいいのでしょうか? 同じカレーのルーでも、家庭によって...

休日の夜ご飯におすすめ!時短で美味しい簡単ボリュームおかず

休日の夜ご飯は簡単に済ませたいという方も多いですよね。 せっかくのお休みは家事の手を少しゆるめ...

カレーにヨーグルトは相性抜群!酸っぱい感なしの本格カレー

カレーにヨーグルトを入れるレシピを見かけることがあると思いますが、「カレーにヨーグルトを入れるなんて...

部活弁当の食べやすい工夫やボリュームと傷めない詰め方のコツ

部活の弁当はすぐに食べやすいメニューだと、時間がないときでも早く食べることができるのでオススメです。...

ししとうが赤いものは辛いのか。捨てないで美味しく食べる方法

収穫し忘れたししとうが赤くなってしまったけれど、赤いししとうは食べることが出来るのでしょうか? ...

【メレンゲの作り方】砂糖なしでも失敗しないコツ

お菓子作りに欠かせないメレンゲですが、作る時には砂糖が必要ですね。しかし、砂糖なしでも作れるやり方が...

マッシュルームアヒージョの簡単レシピでおしゃれなバーベキュー

「アヒージョ」という料理を耳にするようになったのはここ数年の話ですよね。 まだ一度も食べたことがな...

手巻き寿司の具材の美味しい切り方と子供が喜ぶ具材や巻き方

家族が集った時やお祝いごとにお家で手巻き寿司をする家庭も多いですよね。 寿司といえばマグロやサ...

ロールキャベツの巻き方のコツ。葉の上手なはがし方と巻き方

柔らかく甘味のあるキャベツに、お肉に美味しい味がしみ込んだロールキャベツは体も温まりますよね。 し...

刺身の献立の副菜に!夕食に食べたいコクあり野菜のおかず

夕食の献立でお刺身をメインにしたいという場合には、どのような副菜が合うのでしょうか。 お刺身はスー...

ピーマンの収穫はいつまでできる?収穫時期を伸ばす方法と育て方

ピーマンを栽培している人のなかには、一体いつまでピーマンの収穫ができるのか知りたい人もいますよね。 ...

鶏肉を蒸す。しっとりした仕上がりにするのにベストな時間とは

鶏肉って、うっかりするとパサパサな食感に仕上がってしまいますよね? 食べた時に口の中でモサモサ...

食べることへの罪悪感をなくす方法とは?苦しまないで!

食べることへの罪悪感。 駄目だ駄目だと思っていても、食べちゃうことへの罪悪感。 こんな気持を...

鯖の水煮缶の食べ方!そのまま食べても美味しい鯖缶のレシピ

そのまま食べたりアレンジしたり、色々な食べ方ができる鯖の水煮缶ですが、もっと美味しい食べ方を知りたい...

食事中に水分を摂取しすぎると太る?正しい水分の摂り方について

食事中に水分を摂りすぎると太ると言われていますが、どうしてでしょうか? 一日に最低でも水を2リ...

スポンサーリンク

オクラはいつまで収穫できるのか収穫時期とは

オクラは夏の野菜で、旬の時期は6~8月くらいです。

地域によって種まきの時期も違いますが、それに合わせた収穫時期の目安について説明します。

オクラの種まきの時期

  • 関東や東海地方は4月中旬から6月中旬
  • 北海道や東北地方は5月上旬から6月中旬
  • 沖縄や九州地方は4月上旬から5月下旬
    が目安となります。

    オクラの収穫時期

  • 関東や東海地方は7月上旬から10月上旬
  • 北海道や東北地方は8月上旬から9月下旬
  • 沖縄や九州地方は6月上旬~10月中旬
    になるでしょう。

こうしてみると収穫時期が長いことがわかっていただけるのではないでしょうか。

オクラの穫のタイミング

オクラの長さが約6~7cmくらいになる頃、開花してから約1週間経過した頃になります。

若いさやが柔らかいうちに収穫するのがポイントです。また、長さが2~3cmくらいの時に収穫してもサラダや和え物に使えます。

オクラ収穫後の注意点ですが、オクラの下の葉はすべてはさみで切り取るようにしましょう。そうすると葉に栄養分が流れることもなく、害虫を予防することもできます。

オクラの収穫はいつまでできる?ベストなタイミングの見分け方

オクラは柔らかいうちに収穫するのが一番良いので、どのくらいの固さなのかは実際に触ってみて判断しましょう。

手で触ってみて柔らかく、弾力があるくらいがベストな状態です。開花後のオクラの成長は早いので、収穫のタイミングを見極めるように注意しましょう。

もし収穫が遅すぎると、実や繊維が固くなってしまいます。反対に早すぎても、種が入っていないためオクラ特有のねばねば感がありません。

オクラの実が成ったら、毎日状態をチェックするようにしましょう(オクラに種類によっては実が固くならないものもあります)。

それでも収穫時期を逃してしまった場合は、食べても美味しくないので、種をとって来年の種まきに使うようにしましょう。

オクラの実を完全に枯らしてから収穫し、ゴミを取り除いて涼しい日陰に置いて約2~3日間乾燥させます。その後種を取り出します。

種を取り出す時にはトゲが手に刺さらないようにゴム手袋を着けるようにしましょう。

取り出した種は5年くらい持ちます。ビンや封筒に乾燥剤と一緒に入れて冷蔵庫で保存するようにしましょう。

追肥を続けていつまでもオクラの収穫を楽しみたい

オクラは毎日収穫でき、その収穫期間も長いことが魅力の野菜です。追肥を続けることでより長く収穫することができます。

しかし、肥料を切らしてしまうと収穫期間が短くなるだけではなく、曲がった形のオクラができてしまうことがあるので注意しましょう。

また、オクラは株が元気であれば毎日1株で1個収穫できます。そのため、獲り忘れがないようにしなければなりません。

開花後のオクラの成長が早いということは先ほど説明しましたが、大きくなりすぎてしまうと食べることはできなくなってしまいます。

市民菜園のような場所を借りて週末しか畑に収穫に行けないという人には向かない野菜なので、そういう人はプランターで育ててみましょう。

収穫量は地植えに負けてしまいますが、十分楽しむことはできます。

オクラは初心者でも簡単に育てられる

オクラは暑さに強い野菜で、栽培方法も比較的簡単なので初心者にもおすすめです。

オクラの原産地はアフリカです。高温と強い日差しを好む野菜なので、日当たりの良い場所で育ててあげましょう。

栽培する株数によっては種から育てた方がよいのですが、初心者はポット売りされている苗から育てる方が簡単です。

また、オクラは害虫にも比較的強く、丈夫なことが魅力でしょう。育て方次第で収穫量も変わりますが、収穫のタイミングなどのコツがわかれば問題ありません。

5月頃にホームセンターなどでポット売りされている苗を買ってきて、育ててみましょう。たくさんの栄養素を含むオクラ、採りたてはとてもおいしいですよ。

オクラにも品種がいろいろありますが、初心者であれば切り口が五角形になるグリーンスターやアーリーファイブが良いでしょう。

オクラは長期収穫できるのでオススメです

オクラの花はハイビスカスにも似ていますが、早朝に咲き始め、午後にはしぼみ始めます。そして夕方になるともう小さなオクラができてきます。本当に開花後のオクラの成長は早いのです。

オクラに人差し指をあててみましょう。女性の人差し指の平均が6.6cmなので目安になるでしょう。何度も説明していますが、収穫が遅くなってしまうと味も落ちてしまいます。柔らかいうちに収穫するようにしましょう。

また、若いうちに収穫すれば、株も持ちます。たくさんのオクラを収穫することもできるでしょう。

オクラの魅力はなんといっても長期収穫できること。夏から秋にかけて収穫することができます。そのため、木も大きくなります。

土がたくさん入る容器で育てた方が株も疲れず、そしてよく成長します。

水も肥料の切らさないようにして、おいしいオクラを栽培しましょう。

 - 食事やグルメに関する疑問