世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

ししとうが赤いものは辛いのか。捨てないで美味しく食べる方法

2018.12.14

収穫し忘れたししとうが赤くなってしまったけれど、赤いししとうは食べることが出来るのでしょうか?

赤いししとうは辛い?
ししとうが赤くなるのは熟しているからなのですが、赤い色から赤唐辛子を連想するのではないでしょうか。

赤いししとうはそれほど辛くはないようです。ここでは実際に食べた感想をご紹介します。

家庭菜園で人気のししとうですが、中には辛いししとうが出来る場合もあります。
赤いししとう、辛いししとうは捨てないで。美味しい活用方法を紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

クッキーが簡単に焼ける!トースターで作れるクッキーレシピ

クッキーを作りたいけれどオーブンがない…。そんなときにはトースターでも簡単にクッキーを焼くことができ...

ピザの歴史について~古代発祥から日本に定着するまで

ピザはイタリア発祥の食べ物ですが、もっとさかのぼると古代にはもう誕生していたと言います。 実は...

刺身には寄生虫がいる?寄生虫対策をして美味しく食べよう!

お刺身を食べる時は、寄生虫対策を行って食べることが大切です。お刺身には「アニサキス」などという寄生虫...

明太子の美味しい食べ方!生でそのまま食べても絶品明太子レシピ

生の明太子をそのままアツアツの白いご飯に乗せて食べることを想像してみてください。よだれが出てしまいそ...

面白い質問をしよう!飲み会が盛り上がるためにできる事!

面白い質問をして飲み会の場を楽しいものにしたいと考える人も多くいると思います。しかし、どんな質問をす...

部活のお弁当で食べやすいものといえば?お手軽レシピをご紹介

部活のお弁当で食べやすいものといえば、片手でも食べることのできるものではないでしょうか? いつ...

中国の朝食と言えば定番は揚げパン!中国の朝食文化について

日本の朝食というと、白いご飯にお味噌汁、焼き魚や卵焼きというのが一般的です。 では、中国ではど...

唐揚げはフライパンで作る簡単サクサク揚げ焼きがおすすめ

唐揚げを作る時にはたっぷりの油を使って作りますが、この油、もったいないと思いませんか? 揚げ鍋にト...

どちらがイイの?和食と洋食の違いや特徴について

和食と洋食、今は私たちにとってどちらも馴染み深いものとなっています。日常的に洋食も食しているため違い...

ラーメン屋のチャーハンの作り方を知りたい!レシピをご紹介

ラーメン屋のチャーハンはどうしてあんなに美味しいのでしょうか? 何度か家で挑戦してみましたが、...

食べ物の意外な組み合わせでこんな美味しい味に!おもしろレシピ

子供の頃には、食べ物にちょっと意外なものを合わせて食べた記憶はありませんか? 特にバイキングなどに...

鶏肉を蒸す。しっとりした仕上がりにするのにベストな時間とは

鶏肉って、うっかりするとパサパサな食感に仕上がってしまいますよね? 食べた時に口の中でモサモサ...

納豆の常温保存夏は絶対にNG!納豆菌がなくなり腐敗します

夏に納豆を買ってきて、冷蔵庫の中にしまい忘れてうっかり常温のまま放置してしまった経験、ありませんか?...

おでんの大根が固い!柔らかくする方法と美味しく作るポイント

寒い季節になると、あったかいおでんが食べたくなりますよね。味が染み込んだおでんの大根や卵はとっても美...

真鯛の刺身は寝かせると旨味が増すってどういうこと?熟成魚とは

真鯛のお刺身はなんと言ってもコリコリとした歯ごたえと、あっさりとした白身の味わいですよね? で...

スポンサーリンク

赤いししとうは食べられる。辛いか甘いか

「ししとう」といえば唐辛子と同じような細い緑の姿を思い浮かべますが、実は未熟の状態で収穫しているからなのです。

家庭菜園で作っていたししとうが赤くなってしまったという場合は、収穫が遅れて完熟してしまったからでしょう。熟して赤くなったのですから、もちろん食べられます。

あえて赤いししとうが「甘とうがらし」として販売されていることもあります。

辛い物が苦手な人でも食べられるししとうですが、中には辛味のあるものができてしまうこともあります。

通常ししとうには、とうがらしに含まれるカプサイシンという辛味成分がほとんどありません。しかし、天候や肥料の状態によってストレスがかかるとカプサイシンが生成されることがあり、辛いものが混じってしまうことがあるのです。

ちなみに、ししとうを料理する場合は加熱した時に実が破裂してしまうことがあります。切り込みを入れたり、爪楊枝などで穴をあけるなどしてから加熱して下さい。

赤いししとうは辛いのか甘いのか食べてみた

「ししとうは緑色のもの」と多くの人が思い込んでいるので、家庭菜園で実ったししとうが赤いと「食べられるの?」と疑問を感じる人は多いようです。

ネットで食べられるのか調べてみたという話もチラホラ。

食べられるという話を見つけて恐る恐る食べてみたら、色が違うだけで普通のししとうだったので拍子抜けしてしまったようです。

「甘とうがらし」として売られていることがあると言っても「甘い」というより「辛くない」というだけです。

また、見た目には赤くなったししとうの姿は、ビリっとからい赤唐辛子とそっくり。もしかして辛いのでは…と食べてみたら、時々あるちょっと辛いししとうだったり。

結論として、赤くなったししとうは緑のししとうと、まったく同じもの。たまたまピリ辛だったとしても、緑のししとうにもあることなので赤いものが辛くなるわけではありません。

ししとうが赤いのは熟しているから、辛いものもある

ししとうはビタミンなどの栄養価が高く、ぜひ食卓に取り入れたい野菜の一つ。ただ、辛いものが苦手な人にとっては、ときどきロシアンルーレットのように辛いししとうに当たってしまうのが気になることがあるかもしれませんね。

残念ながら、ししとうに突如現れる辛い個体を外見で確実に見分ける方法はありません。ただ、微妙な違いはあるので、辛いししとうに当たる確率を下げることは可能かも。

外見では次のようなものが辛味を帯びているかもしれないので参考に。

  • いびつな形になっている
  • 先端が尖っていて細い
  • 全体にツヤがない
  • 色が黒っぽい

ししとうはストレスがかかると辛味成分が増加すると言われており、健康的でできの良いものより不健康そうなししとうは辛い可能性が高くなります。

赤いししとうは熟すまで長い期間木から栄養を受け取っているため、辛味成分も蓄積しているので辛くなりやすいという可能性もあります。

また、外見ではわかりませんが割って中を見た時に種が少ないものには辛味成分が多くなります。

赤いししとうが辛い場合は食べるラー油にしてみよう

真っ赤に実ったししとう。なんとなく食べるのに抵抗を感じたり、もしかしたらとても辛いかもしれないと不安という場合はラー油にしてしまうという方法があります。

【材料】

(出来上がり時に300gほどになる分量)

  • ししとう…200グラム
  • 干しエビ…25グラム
  • 砂糖…小さじ1
  • しょうゆ…大さじ2
  • 甜麺醤…大さじ1
  • 干し貝柱スープの素…大さじ2
  • にんにく…1株
  • サラダ油…1カップ
  • 胡麻油…1/2カップ
  • フライドガーリック…30g
  • 長ねぎ…適量

【作り方】

  1. 干しエビは水で戻し、ししとう・ネギ・にんにくと一緒にフードプロセッサーでみじん切りにします。
  2. ごま油をひいたフライパンで1を炒め、さらにサラダ油・干し貝柱スープの素・しょうゆ・砂糖・甜麺醤を加えます。
  3. 最後にフライドガーリクックを加えます。

ししとうが辛い場合のみんなの対処法

天候が悪かったのか肥料が少なかったのか、ときどき辛いものが混じっているというレベルではなく、家庭菜園のししとうが辛くできてしまったら、見た目にはピカピカの美味しそうなししとうなのに捨てるのはもったいない。

同じような経験者がどうやって対処したのか経験談を聞いてみました。

  • 塩と一緒にペーストにしてオリーブオイルを加えて保存すると、パスタ料理に使ったりトーストにつけて食べられます。ピクルスにしてハラペーニョのように使いました。
  • 刻んで入れればなんでもOKとばかりにカレーに入れてしまいます。干せば赤唐辛子と同じように使えるし、佃煮などの保存食にしてもいいですよ。
  • いつも辛い青とうがらしを小口切りにしてしょうゆと酒に漬けています。おにぎりの具などご飯のお供になるので、辛いししとうも同じようにして食べられますよ。

赤いししとうが必ず辛いわけではない。加工・調理で楽しもう

ししとうは緑のものだと思っていたら人間の都合で熟す前に収穫・流通するのが定着しているからなのですね。

というわけで赤いししとうは問題なく食べられます。ただ、ししとうでときどきある辛いものになる可能性が高いという説もあるで辛いものが苦手な人は、食べるのを躊躇するかもしれません。

生育環境によっては、一株のほとんどが辛くなってしまうこともあります。こうなると辛いとうがらしと同じものと捉えて加工したり保存食にすることがいいようですね。

パスタなどちょっと辛味があると美味しいメニューにはピッタリ。

どうしても辛いものは一切食べられないというのなら、辛いもの好きな人におすそ分けしてみはいかがですか?

せっかく実ったししとう、そのまま捨ててしまうなんてもったいないですよ!

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 食事やグルメに関する疑問