世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

スポンジケーキの簡単レシピをご紹介!ふわふわになるポイント

2018.10.2

スポンジケーキがちゃんと膨らまなかったり、パサパサになってしまったり、レシピ通りに作っているのに失敗してしまう原因には、どんなものがあるのでしょうか?

スポンジケーキをふわふわに仕上げるコツやポイントのひとつひとつは、とっても簡単なことだった!

美味しくできる失敗しないふわふわスポンジケーキのレシピを紹介します!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

おでんの大根が固い!柔らかくする方法と美味しく作るポイント

寒い季節になると、あったかいおでんが食べたくなりますよね。味が染み込んだおでんの大根や卵はとっても美...

休日の夜ご飯におすすめ!時短で美味しい簡単ボリュームおかず

休日の夜ご飯は簡単に済ませたいという方も多いですよね。 せっかくのお休みは家事の手を少しゆるめ...

鯖の水煮缶の食べ方!そのまま食べても美味しい鯖缶のレシピ

そのまま食べたりアレンジしたり、色々な食べ方ができる鯖の水煮缶ですが、もっと美味しい食べ方を知りたい...

鶏の丸焼きをバーベキューで作ろう!レシピをご紹介

バーベキューといえば、豪快な料理ですよね。そこでおすすめなのが鶏の丸焼きです。 なんだか作るの...

スクイーズの作り方~簡単食パンとスクイーズの楽しみ方

最近話題のスクイーズですが、お店で見たことがある方は多いでしょう。ゲームセンターの景品としてもよく見...

ロールキャベツの巻き方のコツ。葉の上手なはがし方と巻き方

柔らかく甘味のあるキャベツに、お肉に美味しい味がしみ込んだロールキャベツは体も温まりますよね。 し...

どちらがイイの?和食と洋食の違いや特徴について

和食と洋食、今は私たちにとってどちらも馴染み深いものとなっています。日常的に洋食も食しているため違い...

明太子の美味しい食べ方!生でそのまま食べても絶品明太子レシピ

生の明太子をそのままアツアツの白いご飯に乗せて食べることを想像してみてください。よだれが出てしまいそ...

豚肉をお弁当に入れると油が固まるのを防ぐ方法やレシピを紹介

お弁当に豚肉を入れると油が固まるのが気になる・・・。そんなときにはこのような方法で下処理をしたり調理...

お弁当のメインにはご飯によく合う豚肉で決まり!

お弁当のメインにはやっぱり豚肉でしょう! その理由は『ご飯に合う』から。 お弁当は少し冷たい...

タルタルソースの賞味期限が知りたい。手作りの場合と保存の仕方

フライにはタルタルソースが欠かせないという方も多いでしょう。 市販のタルタルソースも美味しいで...

手作りピザレシピでおすすめの具材やトッピングをご紹介

ピザを手作りした時には、トッピングを考えるのも楽しいものですよね。 定番の具材から、いつもとは...

カレーにヨーグルトは相性抜群!酸っぱい感なしの本格カレー

カレーにヨーグルトを入れるレシピを見かけることがあると思いますが、「カレーにヨーグルトを入れるなんて...

朝におすすめ食パンを使った簡単美味しいレシピ

朝はパン派という方も多いと思いますが、忙しい朝は食パンをトースターで焼いてバターを付けるか、ジャムを...

すき焼きの残りをお弁当のおかずにリメイク!汁もれなしレシピ

前日の夜に食べたすき焼きの残りをお弁当に入れたいと思うことはありませんか? たっぷりと味のしみたお...

スポンサーリンク

ふわふわなスポンジケーキの簡単レシピとは?

簡単に、しかもふわふわなスポンジケーキの作り方をご紹介します。

ふわふわなスポンジケーキの【作り方(18cm丸型)】

ふわふわなスポンジケーキの材料

  • 卵 3個
  • 砂糖 70〜80g
  • 牛乳 20g
  • 油 10g
  • 小麦粉 80g

ふわふわなスポンジケーキの【作り方】

  1. オーブンは180℃で予熱しておきます。型にオーブンシートを敷きます。
  2. 卵は卵黄と卵白に分けます。卵白を少し泡立ててから砂糖を加えて、ハンドミキサーでメレンゲを作って下さい。
    この時、塩(ひとつまみ。約小さじ1/5)を入れると作りやすくなります。
  3. 2に卵黄(2個分)を1つずつ加えますが、1ついれるごとにハンドミキサーでよく混ぜて下さい。
  4. 残り1個の卵黄に牛乳と油を加えてスプーンなどで混ぜて下さい。それを3の中に少しずつ加えてハンドミキサーで混ぜます。
  5. 4に小麦粉をふるいながら加えていきます(高い位置でふるうようにするとダマになりにくくなります)4~5回に分けて入れるようにしましょう。
  6. 型に5を入れますが、この時高い位置から落とすように入れて下さい。180℃で予熱したオーブンを170℃に下げて30分焼きます。
  7. 焼き揚がったら、高い位置から一気に落とすようにします。保存する場合は、粗熱が取れてからにして下さい。

コツは簡単!ふわふわスポンジケーキを作るポイント

スポンジケーキをふわふわにさせるためのポイントは「卵」です。

卵は常温に戻してから入れた方が泡立てやすくなります。夏であれば使用する20分前、冬であれば1時間前には冷蔵庫から出しておくようにしましょう。

さらに、お湯で温めながら混ぜた方が泡立ちが良くなります。

また、泡立てる時には電動ハンドミキサーを使う人も多いと思いますが、弱モードでゆっくりと泡立てるようにすることがポイントです。一気にあわだててしまうと、卵に含まれる気泡が大きくなってしまいます。これにより、ふわふわではなくパサパサになってしまいます。

そして、卵だけでふんわりするくらいまでしっかりと泡立てるようにしましょう。生地が白っぽくなるまでしっかりと泡立てて、最後に大きく全体を1~2回混ぜておくことによって生地の中の気泡も均一になります。

これでふわふわできめの細かいスポンジケーキが完成します。

簡単にできる!スポンジケーキのふわふわ感はコレが重要

スポンジケーキを作る時には「薄力粉をふるって下さい。」とレシピには書いてありますが、この作業は必ずするようにしましょう。

クッキーなどであればふるわなくてもそれほど影響はありませんが、スポンジケーキの場合は薄力粉をふるわないで使うとふわふわにはなりません。最低でも1~2回はふるってから使うようにしましょう。できれば使う直前にもう1回ふるっておいた方がふわふわになります。

卵の泡立て方がうまくいっても、小麦粉がしっかりと混ざっていなければしっとりしません。

また、レシピには「混ぜすぎないように」と書いてありますが、反対に小麦粉のダマが残っている状態もNGです。注意しながら混ぜるようにしましょう。

デコレーションする場合は、冷蔵庫で一晩寝かせてからの方が良いでしょう。焼いた後はケーキクーラーで冷やすのがベストです。そのままにしておくと、パサパサにになってしまいますよ。

気をつけよう!スポンジケーキがふわふわにならない原因はコレ

卵や小麦粉についての注意点について説明しましたが、ケーキ作りには手際の良さも必要になります。

材料をすべて用意するだけではなく、レシピをしっかりと読んで頭に入れておくと、手際良く作ることができるでしょう。

また、使う調理器具に水滴などがついていないかどうかもチェックしておくようにして下さい。もし水滴がついていると、スポンジケーキが膨らまないこともあります。

さらに、オーブンの温度にも注意が必要です。温度が低いことも、スポンジケーキが膨らまない原因となることがあります。

予熱は実際に焼く温度よりも20~30℃高めにして、焼き始める時に戻すようにしましょう。

オーブンで焼いている間、膨らみ具合が気になりますが、扉を開けないようにしましょう。途中で開けてしまうと、オーブン内の温度が下がってしまって膨らんだスポンジがしぼんでしまうこともあります。

最低でも焼きはじめてから20分間は、オーブンの扉を開けないようにしましょう。

失敗してしまったスポンジケーキはどうアレンジしたらいい?

スポンジケーキはレシピ通りに作ったとしても、失敗してしまうこともあります。

その場合は別のスイーツにアレンジして食べましょう。

おすすめは【ラスク】です。スポンジを1cm弱にスライスしてオーブン(130~150℃)で焼けば、カリカリの焼きラスクができます。

また、【パンプディング】にアレンジすることも可能です。プリン液を作って、たべやすい大きさにカットしたスポンジを入れて焼いてみましょう。パンプディングもおいしいですよ。

簡単に食べたいのであれば、【パフェ】に使いましょう。スポンジを薄めに切って背の高いグラスに入れます。生クリームやコーンフレーク、アイスクリームやフルーツなど自分の好きなものを交互に入れてオリジナルのパフェを作ってみましょう。

固くなったスポンジでも、アイスの水分で気にならすに食べることができます。

 - 食事やグルメに関する疑問