世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

アメリカの離乳食はパウチが人気!手軽なだけじゃない人気の理由

2018.4.7

アメリカの最近の離乳食事情はパウチが主流のようです。どうしてパウチが人気なのか?その理由は手軽さだけではないようです。

パウチを上手に利用する方法や人気の理由、海外での離乳食の進め方もご紹介します。

実はアメリカでも日本の○○が離乳食に使われているんですって!オーガニックのベビーフードのパウチは種類も豊富!使いたくなってしまいますね~。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

韓国料理があんなに辛いのはなぜか。唐辛子が多く使われた理由

韓国料理と言うと、辛いものが多いというのが一番に浮かびます。 私達日本人にもなじみの深いキムチを始...

タコの吸盤は食べる?正しい処理方法で旬のタコを味わおう

海外ではあまり食べられることのない「タコ」ですが、日本では古くから食卓に登場してきた食材ですよね。し...

メレンゲクッキーの作り方はとっても簡単!不器用さんでも大丈夫

「メレンゲクッキーって簡単に作れるよ~」とは言われても、お菓子作りがあまり得意ではない人だと「本当に...

刺身には寄生虫がいる?寄生虫対策をして美味しく食べよう!

お刺身を食べる時は、寄生虫対策を行って食べることが大切です。お刺身には「アニサキス」などという寄生虫...

メロンとスイカは同じウリ科で仲間同士!その違いや特徴について

メロンとスイカは同じ仲間だと知っていますか?どちらもウリ科の野菜、甘くて美味しい旬の時期が待ち遠しい...

ピザの歴史について~古代発祥から日本に定着するまで

ピザはイタリア発祥の食べ物ですが、もっとさかのぼると古代にはもう誕生していたと言います。 実は...

タルタルソースの賞味期限が知りたい。手作りの場合と保存の仕方

フライにはタルタルソースが欠かせないという方も多いでしょう。 市販のタルタルソースも美味しいで...

料理が苦手な嫁、毎日まずいものを食べる生活がツライと感じる時

料理が苦手な嫁。 料理が下手なの?それとも、料理をしたがらないのでしょうか? あなたの好みじゃな...

ネギの青い部分も食べよう。切り方と合うメニューとレシピの紹介

ネギの青い部分はどうしていますか?捨てているという人もいるようですが、青い部分の特徴を活かした活用法...

カレーの臭いが酸っぱい!カレーが腐ると発生する臭いと保存方法

前日に作ったカレーを食べようと思ったら、なんだか臭いがおかしい!こんな経験をしたことがある人もいます...

【簡単パン作り】パン作り初心者OK!炊飯器で作る美味しいパン

家でパン作りをしてみたいけど、パン作りはちょっと難しそうでと感じる方は多いと思います。 パンは1次...

チルドの餃子を水餃子にする場合の注意点とプリプリにする方法

市販のチルドの餃子は価格も安くて、時間のないときのメニューに大活躍してくれます。 いつも焼くだけの...

スポンジケーキの簡単レシピをご紹介!ふわふわになるポイント

スポンジケーキがちゃんと膨らまなかったり、パサパサになってしまったり、レシピ通りに作っているのに失敗...

枝豆の食べ方について。女子力高く枝豆を食べる?それとも豪快に

枝豆の食べ方について考えたことなんて、ありませんでした! でも、居酒屋で枝豆を4さや分くらいお...

朝におすすめ食パンを使った簡単美味しいレシピ

朝はパン派という方も多いと思いますが、忙しい朝は食パンをトースターで焼いてバターを付けるか、ジャムを...

スポンサーリンク

アメリカでの離乳食はパウチが主流!?そのメリットとは

最近よく見かけるようになったパウチ製のベビーフードですが、実はまだその歴史は浅いです。

パウチ製のベビーフードが誕生したのは2009年頃でアメリカで最初に販売されました。

販売されると、あっという間に売り場の半分がパウチ製のベビーフードになるほど人気が出ました。

人気の背景には、軽量で携帯に便利なことがあり、子供の年齢が進むとスプーンが無くても、そのままパウチに口を付けて食べることが出来るようになるという利点もあるからです。

パウチ製のベビーフードは、環境のことを考えてもエコな観点から支持されています。

また、今までの瓶製の物よりも軽いため輸送の面でも燃料が少なくて済み、排出される二酸化炭素量も少ないという、環境に優しい側面もあります。

パウチ製の離乳食を食べるのは赤ちゃんです。

赤ちゃんの健康に配慮して、パウチにはBPAが使用されていません。

BPAは環境ホルモンとの関連性を疑われていて、容器から溶け出してしまったBPAが健康に悪い影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

アメリカの離乳食にパウチなどのベビーフードが多い理由

アメリカ人の人と結婚をしてアメリカに住んでいるママさんは、アメリカの離乳食事情にびっくりしたことがあるようです。

「日本では親が赤ちゃんの離乳食を手作りするのが当たり前になっていますが、アメリカでは乳児検診の時にも『離乳食を手作りしてください』と言われたことはありません。

不思議に思って義理の母にも効いてみましたが、アメリカでは仕事をしている母親がほとんどだから離乳食を手作りする時間がないそうです。

市販されているものでも良いものがたくさん売られているので、そういったものを積極的に利用しているのだとか。

作っても子供が好きかどうかもわからないし、せっかく作ったのに食べないのは時間も手間ももったいないので市販のベビーフードを利用しているそうです。

離乳食についてどうしようか悩んでいたので、義理の母からこんな意見を聞くことが出来て心が楽になりました。」

アメリカの離乳食のパウチはドリンクホルダーにいれてもOK

実際にアメリカに住んでいた先輩ママさんに、子供の離乳食はどうしていたのか質問してみました。

「アメリカの離乳食は日本の物とは違ってほとんどが野菜や果物でピューレ状になっています。

お肉が入った離乳食もありましたが、味がちょっと問題でしたね。

我が家の子供たちは、果物入りのピューレ上の物が好きでよく食べていましたよ。

私は果物入りの物は甘すぎるのではないかと心配していましたが、今では野菜の成分を摂取する時に便利に取り入れています。

娘が3歳くらいになったころも、それが好きでよく飲んでいました。

チューチュー吸うだけで口に入れることが出来るので便利に活用出来て良かったです。

娘は野菜が好きではないので、野菜を食べてくれない時のお助け食品として食事やおやつの時間に取り入れていました。」

気になるアメリカなど海外での離乳食の進め方

アメリカなどの海外での離乳食事情はどのようになっているのでしょうか。典型的な例をご紹介します。

4ヶ月頃からのアメリカの離乳食

フルーツやカスタードのピューレを食べ始めます。パウチ製のものが主流になっていて、「ライスシリアル」と呼ばれている粉状のものは、母乳や粉ミルクに溶いて混ぜ合わせて食べるようになります。
ライスシリアルには鉄分が含まれているので、鉄分を補給する目的もあります。

6ヶ月頃からのアメリカの離乳食

野菜やお肉をピューレにしたものを食べるようになります。パウチ入りの物と瓶入りの物があり、パウダー状のミューズリーもよく使用されています。

8ヶ月頃からのアメリカの離乳食

お肉や野菜の入ったパスタをトマトソースやクリームソースで和えたものなど、食べる種類も豊富になっていきます。

離乳食にこだわっているママさんは、手作りの物を食べさせてるのではなく、オーガニックなベビーフードを選んで赤ちゃんに食べさせています。

アメリカでも最近は離乳食で豆腐が使われています

近年のアメリカでは健康志向がブームになっています。

このため、日本食の人気がとても高まっているのです。その中でも特に人気が高いのが「お豆腐」で、調理も簡単で栄養価も高いということから、日本でも離乳食の定番になっています。

離乳食を始めたころは、トロトロの状態にして野菜ペーストを加えて混ぜ合わせたり、デザートに使うこともあります。

でも、日本では色々な離乳食に使用されていますが、アメリカでは1歳まで食べることを控えていて、これはアレルギー対策でもあります。

国が変われば離乳食も変わります。離乳食の進め方や調理法、推進されている食材などにも違いが出てきますので、海外で子育てをしているママたちは文化の違いに悩むこともあるでしょう。

心配な場合は、日本人の先輩ママさんや小児科のお医者様の意見を取り入れて子育てするのも良いですね。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 食事やグルメに関する疑問