世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

アメリカの離乳食はパウチが人気!手軽なだけじゃない人気の理由

2018.4.7

アメリカの最近の離乳食事情はパウチが主流のようです。どうしてパウチが人気なのか?その理由は手軽さだけではないようです。

パウチを上手に利用する方法や人気の理由、海外での離乳食の進め方もご紹介します。

実はアメリカでも日本の○○が離乳食に使われているんですって!オーガニックのベビーフードのパウチは種類も豊富!使いたくなってしまいますね~。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

トマトの糖度を上げる方法に挑戦!美味しいトマトを収穫しよう

トマトは初心者でも実を付けやすい家庭菜園にオススメの野菜ですね。私も毎年トマトを栽培しますが、実はつ...

ネギの青い部分も食べよう。切り方と合うメニューとレシピの紹介

ネギの青い部分はどうしていますか?捨てているという人もいるようですが、青い部分の特徴を活かした活用法...

バーベキューにはピザを餃子の皮で作るのが簡単オススメ

バーベキューでピザが楽しめる、餃子の皮を使って簡単に美味しいピザが作れます。 餃子の皮を使った...

落花生の収穫後の食べ方色々。生タイプと乾燥タイプの食べ方

実りの秋には、落花生も収穫期を迎えます。 収穫後の落花生にはどんな食べ方があるのでしょう。 ...

すき焼きの残りをお弁当のおかずにリメイク!汁もれなしレシピ

前日の夜に食べたすき焼きの残りをお弁当に入れたいと思うことはありませんか? たっぷりと味のしみたお...

ピザの歴史について~古代発祥から日本に定着するまで

ピザはイタリア発祥の食べ物ですが、もっとさかのぼると古代にはもう誕生していたと言います。 実は...

納豆の常温保存夏は絶対にNG!納豆菌がなくなり腐敗します

夏に納豆を買ってきて、冷蔵庫の中にしまい忘れてうっかり常温のまま放置してしまった経験、ありませんか?...

ラーメン屋のチャーハンの作り方を知りたい!レシピをご紹介

ラーメン屋のチャーハンはどうしてあんなに美味しいのでしょうか? 何度か家で挑戦してみましたが、...

すき焼きで春菊をおいしく食べるための切り方とコツを解説します

すき焼きに入れる野菜として春菊は欠かせないという人も多いと思いますが、苦味が気になるという人もいるの...

鍋の材料を入れる順番や材料を入れる場所をご紹介!

鍋の材料はどんな順番で入れるのが正しいのでしょうか? お店のように、見た目も美味しそうに見せる...

枝豆の食べ方について。女子力高く枝豆を食べる?それとも豪快に

枝豆の食べ方について考えたことなんて、ありませんでした! でも、居酒屋で枝豆を4さや分くらいお...

オクラの収穫はいつまでできるか時期やベストなタイミング

オクラの収穫はいつまでできるのかご存知でしょうか。 実は、オクラの収穫時期は長く、初心者でも簡...

クッキーが簡単に焼ける!トースターで作れるクッキーレシピ

クッキーを作りたいけれどオーブンがない…。そんなときにはトースターでも簡単にクッキーを焼くことができ...

中国の朝食と言えば定番は揚げパン!中国の朝食文化について

日本の朝食というと、白いご飯にお味噌汁、焼き魚や卵焼きというのが一般的です。 では、中国ではど...

小麦粉を使ったやわらかクッキーをレンジで作ってみよう

小麦粉でクッキーを作る時、オーブンがないと作れないと思ってしまいますが、実はレンジでも作れるクッキー...

スポンサーリンク

アメリカでの離乳食はパウチが主流!?そのメリットとは

最近よく見かけるようになったパウチ製のベビーフードですが、実はまだその歴史は浅いです。

パウチ製のベビーフードが誕生したのは2009年頃でアメリカで最初に販売されました。

販売されると、あっという間に売り場の半分がパウチ製のベビーフードになるほど人気が出ました。

人気の背景には、軽量で携帯に便利なことがあり、子供の年齢が進むとスプーンが無くても、そのままパウチに口を付けて食べることが出来るようになるという利点もあるからです。

パウチ製のベビーフードは、環境のことを考えてもエコな観点から支持されています。

また、今までの瓶製の物よりも軽いため輸送の面でも燃料が少なくて済み、排出される二酸化炭素量も少ないという、環境に優しい側面もあります。

パウチ製の離乳食を食べるのは赤ちゃんです。

赤ちゃんの健康に配慮して、パウチにはBPAが使用されていません。

BPAは環境ホルモンとの関連性を疑われていて、容器から溶け出してしまったBPAが健康に悪い影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

アメリカの離乳食にパウチなどのベビーフードが多い理由

アメリカ人の人と結婚をしてアメリカに住んでいるママさんは、アメリカの離乳食事情にびっくりしたことがあるようです。

「日本では親が赤ちゃんの離乳食を手作りするのが当たり前になっていますが、アメリカでは乳児検診の時にも『離乳食を手作りしてください』と言われたことはありません。

不思議に思って義理の母にも効いてみましたが、アメリカでは仕事をしている母親がほとんどだから離乳食を手作りする時間がないそうです。

市販されているものでも良いものがたくさん売られているので、そういったものを積極的に利用しているのだとか。

作っても子供が好きかどうかもわからないし、せっかく作ったのに食べないのは時間も手間ももったいないので市販のベビーフードを利用しているそうです。

離乳食についてどうしようか悩んでいたので、義理の母からこんな意見を聞くことが出来て心が楽になりました。」

アメリカの離乳食のパウチはドリンクホルダーにいれてもOK

実際にアメリカに住んでいた先輩ママさんに、子供の離乳食はどうしていたのか質問してみました。

「アメリカの離乳食は日本の物とは違ってほとんどが野菜や果物でピューレ状になっています。

お肉が入った離乳食もありましたが、味がちょっと問題でしたね。

我が家の子供たちは、果物入りのピューレ上の物が好きでよく食べていましたよ。

私は果物入りの物は甘すぎるのではないかと心配していましたが、今では野菜の成分を摂取する時に便利に取り入れています。

娘が3歳くらいになったころも、それが好きでよく飲んでいました。

チューチュー吸うだけで口に入れることが出来るので便利に活用出来て良かったです。

娘は野菜が好きではないので、野菜を食べてくれない時のお助け食品として食事やおやつの時間に取り入れていました。」

気になるアメリカなど海外での離乳食の進め方

アメリカなどの海外での離乳食事情はどのようになっているのでしょうか。典型的な例をご紹介します。

4ヶ月頃からのアメリカの離乳食

フルーツやカスタードのピューレを食べ始めます。パウチ製のものが主流になっていて、「ライスシリアル」と呼ばれている粉状のものは、母乳や粉ミルクに溶いて混ぜ合わせて食べるようになります。
ライスシリアルには鉄分が含まれているので、鉄分を補給する目的もあります。

6ヶ月頃からのアメリカの離乳食

野菜やお肉をピューレにしたものを食べるようになります。パウチ入りの物と瓶入りの物があり、パウダー状のミューズリーもよく使用されています。

8ヶ月頃からのアメリカの離乳食

お肉や野菜の入ったパスタをトマトソースやクリームソースで和えたものなど、食べる種類も豊富になっていきます。

離乳食にこだわっているママさんは、手作りの物を食べさせてるのではなく、オーガニックなベビーフードを選んで赤ちゃんに食べさせています。

アメリカでも最近は離乳食で豆腐が使われています

近年のアメリカでは健康志向がブームになっています。

このため、日本食の人気がとても高まっているのです。その中でも特に人気が高いのが「お豆腐」で、調理も簡単で栄養価も高いということから、日本でも離乳食の定番になっています。

離乳食を始めたころは、トロトロの状態にして野菜ペーストを加えて混ぜ合わせたり、デザートに使うこともあります。

でも、日本では色々な離乳食に使用されていますが、アメリカでは1歳まで食べることを控えていて、これはアレルギー対策でもあります。

国が変われば離乳食も変わります。離乳食の進め方や調理法、推進されている食材などにも違いが出てきますので、海外で子育てをしているママたちは文化の違いに悩むこともあるでしょう。

心配な場合は、日本人の先輩ママさんや小児科のお医者様の意見を取り入れて子育てするのも良いですね。

 - 食事やグルメに関する疑問