世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

電球が切れる原因は?長持ちさせる方法や白熱電球とLEDの違い

2018.4.6

「この前交換したばかりなのにまた電球が切れた」など、なぜかいつも同じ場所の電球だけ切れてしまうことってありますよね。何度も交換していると不思議に思うことでしょう。

電球が切れるは原因一体何なのでしょうか。使い方に問題があるの?

そこで今回は、電球が切れてしまう原因と白熱電球・LEDについての違い、長持ちさせる方法についてお伝えします!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

姿勢の良い女がモテるのは本当だった!?まずは姿勢を見直そう

姿勢が良い女性はスタイルよく見えて魅力的ですよね?姿勢が良いと男性にもモテやすいと言われています。 ...

風呂の手すりの水垢をキレイに落とすコツと日頃のお手入れ方法

風呂の手すりには水垢がつきやすく、気がつくとすぐに白く曇っていたりしませんか? 手すりについた...

初めてのメイクのやり方を紹介。キレイになる基本のメイクとは

初めてのメイクはワクワクしますね。ですが何が必要なのかよくわからなかったり、順番やメイクのやり方がわ...

長財布のカード入れがきつい!革財布を長く使うためには

新しく購入したばかりの長財布はカード入れがきついので、しばらくは使いにくいかもしれませんね。 ...

散髪の頻度。女性は髪型や長さによって大きな違いがある

あなたが前回美容室に行ったのはいつですか。 女性が散髪をする頻度はどのくらいだと思いますか。 ...

バラの消毒はローテーションしたほうがいい?消毒の方法とは

バラが咲いてる庭ってとても豪華に見えます。 それだけバラの存在感は大きいものです。 バラには...

ホテルに忘れ物をしてしまったらどうする?送料は誰が払うのか

ホテルの部屋を出る時に、急いでいたり慌てて片付けて帰ると洗面台や冷蔵庫の中など目の行き届かない場所に...

壁のシミ汚れの落とし方!汚れの種類や壁紙別のシミの掃除方法

自宅の壁にシミ汚れを発見したら、とってもショックですよね。壁紙のシミ汚れは、一体どんな落とし方をすれ...

肩こりの原因は姿勢にあり!デスクワークの人でも改善可能!

デスクワークの人に多い肩こり・・・。その原因として一番にあげられているのは「姿勢」です。しかし、長時...

スライムの作り方!ホウ砂なしでも作れるふわふわスライム

お子様が大好きなスライムは自分で作ることもできます。それほど難しい作業はないので、小学生の自由研究に...

車で500万かけるなら年収はいくら必要?車の購入目安

500万の車を買うなら、年収はいくら以上必要?車のローンを組むなら、支払っていけるかどうかのシミュレ...

車のエンジン警告灯が消えたら?放置せずに一度チェックを!

車のエンジン警告灯のランプが点灯した場合、それが消えたとしてもなぜ点灯したのかわからず不安が残ると思...

色無地の着物の着方・50代から着物を楽しみたいあなたへ

入学式や卒業式、結婚式や普段のときでも、素敵に着物を着こなすことができたらいいなと思っている人もいま...

音楽の感想の書き方や表現方法とは?感想文のポイント

音楽の感想表現は読書の感想や自分が経験したことの感想とは違って、思ったことや感じたことを書くのが難し...

一重まぶたのアイシャドウの塗り方・選び方など紹介します!

一重まぶたのアイシャドウの塗り方が知りたい! 一重まぶたの人は、アイシャドウをうまく塗れなかったり...

スポンサーリンク

同じ場所の電球ばかりが切れる原因は?

一緒に電球を取り替えたのに、一か所だけが電球が切れてしまう。そのような事が頻繁に起こる場合には何らかの原因があると考えてよいでしょう。

では電球が切れやすくなる原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

まず考えらえるのがスイッチのオンオフを頻繁に行っているという事。電球に一番負荷がかかるのはやはりこの時が一番です!オンオフを多く行えばそれだけ電球の寿命が短くなるという訳です。

子供部屋など電球のオンオフで子供が遊んでしまっている時などは要注意です!その他にもトイレなどはオンオフが激しい場所なので切れやすいと言えるでしょう。

また温度も電球の寿命に関係してきます。

部屋がとっても寒いところに電球をつけて熱を持つ、コレを繰り返すとやはり電球に大きな負荷がかかります。

寒い季節に電球が切れてしまうのは、このように温度差が関係しているのではないでしょうか。

LED電球が切れる原因は?

LEDが付かなくなったら、やっぱり球切れなのだと思ってしまいますよね。でもLEDの寿命はとっても長いはずです!では一体何が原因なのでしょう?

LEDがつかなくなる原因のほとんどはLED自体に問題があるようです。

LEDは上記したように、とっても寿命が長いのがメリットですが弱点も存在します。熱や湿気、静電気に弱いと言ったところです。

そこが関係してLEDが故障をしてしまい、付かなくなる事があるんです。

なので寿命ではなく故障と考えてよいでしょう。

一番考えられる故障の原因は熱によるものです。LEDは白熱電球のように熱くならないと思いますが、LEDは構造上で大きな熱が発生するようになっています。

LEDチップがあり、この小さなたくさんのチップを一度に点灯させるために、この部分では熱が発生しているのです。

もちろん熱は外に放出されなければいけません。LEDや照明器具は熱を放出する設計になっていますが、熱がこもるような環境で使い続けている場合にはそれが原因となり基盤部分が壊れてしまったりと故障をしてしまいます。

LED自体が壊れてしまわないように、照明器具は熱がこもらないような環境で使うように心がけましょう。

電球が切れる原因を知って白熱電球を長持ちさせる方法

最初に電球が切れる原因についてお話ししましたが、その他にもまだ電球が切れる原因があります。

それは高い電圧がかかる事です。配線などの関係によってどうしても高い電圧がかかってしまう場合、電球が切れやすくなってしまいます。

元々電球が切れるのはフィラメントが劣化するからです。この劣化は熱と光によっておこるものなので仕方がありません。

では少しでも寿命を延ばす方法はないののでしょうか?高い電圧がかかると切れやすくなるのなら、なるべく電圧をかけずに電球に負荷をかけないようにしてみてはどうでしょう。

電圧をかけないとは、どのようにしたらよいのかというと、超高機能が付いている照明器具を使って光を落として使用するのです。

光を抑えるという事は電圧も低くなります。電圧が低くなればフィラメントにかかる負荷も下げる事が出来ます。

最初のうちは部屋が暗く感じますが、普通に過ごすのならすぐに慣れて全然問題はありません。

本を読んだり、お裁縫などの細かな作業をする時には電気を明るくするといいですよ。

白熱電球とLEDの違い

白熱電球

フィラメントに電気が流れる事で発光します。
寿命は約1000時間程度(1日10時間使用で約3~4か月使用可能)。

LED

発光ダイオードに電気が流れる事で発光します。
寿命は約4万時間(1日10時間使用で約11年使用可能)。

蛍光灯

蛍光管に電気を流す事で発光します。
寿命は約1万3000時間(1日10時間使用で約3年半使用可能)。

 

これらの事を踏まえたうえで、それぞれを10年間使った時の購入コストを考えてみます。白熱電球は1年間に3回交換をしたと考えて、価格が300円だったとしたら年間900円で10年間だと約9000円程度が購入コストがかかる見込みです。

そしてLEDだと2000円で購入した場合、買い替えはナシで購入コストは2000円という事になります。

蛍光灯はと言うと1000円で蛍光灯を購入した場合、10年間では3回の交換が必要だと考えると3000円の購入コストがかかる事になります。

最初の購入金額はLEDだと高いと感じますが、10年使用した事を考えると1番購入コストが低いと考えられます。

LEDのメリット・デメリット

10年間と長いスパンで考えた時にLEDは購入コストが1番低くなるというお話をしましたが、LEDのメリットやデメリットをもう一度確認していきましょう。

最大のメリットはやはり寿命の長さにあります。電球が急に切れるのは困ってしまいますし、高い場所についているので交換が面倒です。でもLEDならその手間が訪れるのは故障がない限り10年に1度です。

そして次に消費電力の低さ。電気代が抑えられるのも魅力の1つです。1か所だけをLEDに変えただけでは、実感できるほどの電気代の差はないかもしれませんが、家中の電球を全て変えるとどうでしょうか。それを10年単位で見ると?!ビルの照明などをLEDに変えて経費節減というのもわかりますよね。

その他にも電球の最大の寿命を短くする原因のスイッチのオンオフですが、LEDの場合通電の多さで寿命を短くする事はありません。

また紫外線が出ていないので、照明に虫がよってこなくなるというメリットもあります。
そこでデメリットですが、やはり価格の問題です。長い目で見ると決して購入コストが高いわけではありませんが、一気に家中の照明をLEDに取り換えるとなると結構な金額になりますよね。

まずは電球が切れた場所から徐々にLEDに変えていくといった方法もありますよ。

その他にも熱や湿気に弱いため、これらがこもってしまう浴室などには不向きといった点もあります。

場所によって使い分けをして賢く利用しましょう。

 - 生活を便利にするアイデア