世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

音楽の感想の書き方や表現方法とは?感想文のポイント

2018.12.15

音楽の感想表現は読書の感想や自分が経験したことの感想とは違って、思ったことや感じたことを書くのが難しいですよね。

感動したことを伝えたくても、その気持ちを文字にすることができない、そもそも何を書いたらいいのかわからないという悩みも多いのではないでしょうか?

そんなときには、他の感想文と同じように書くための下準備をすることで音楽の感想も書くことができるようになるでしょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

洗濯物の部屋干しはエアコンを上手に使おう!洗濯物を乾かすコツ

洗濯をしたけど外に干すことができないときは部屋干しをしますよね。 でも、部屋の中に洗濯物を干すと、...

顔を小さくするにはどんな方法がある?姿勢が悪いと顔デカに

顔を小さくするにはどんな方法があるのでしょうか?家でできる簡単なマッサージやエクササイズ方法を紹介し...

台風でマンションが揺れた場合を想定してしっかりと備えよう

日本は台風の通り道になっているせいか、毎年たくさんの台風被害が報告されていますよね。 マンショ...

夜オムツの外し方はいつから?そのタイミングをご紹介します。

お子さんが3歳くらいになると、トイレトレーニングを始めるママも多いかと思います。 そのタイミングと...

BGMにはオルゴールの音色で癒される。その癒しパワーとは

オルゴールの優しい音色はそれだけで十分癒し効果を感じられますが、科学的にもその効果が認められているこ...

物を捨てたい心理とは?捨てられないときは?捨てるコツ

人が物を捨てたいと感じるときってどんな心理状態なのでしょうか? 最近では、断捨離なんて言葉も流...

自分で作るスカートに必要な生地の長さと注意点について

可愛い生地を見つけると、何かを作りたくなってしまいますよね。ちょっと難しそうな洋服もスカートなら簡単...

オリジナルの話を創作したいけど、ネタと世界観に困ってる

マンガや小説などを読んでいるうちに自分もオリジナルの話を創作したいと考える人もいるのではないでしょう...

お茶を美味しく淹れるにはお湯を沸かす時間も気をつけて

お茶を美味しく飲みたい!そんな時はお湯を沸かす時間や方法にも注意をしてみてください。 お茶の淹...

足が長い基準はどこから?日本人の足の長さの平均値

足が長い基準は何センチから?身長が違うため、足が長いかどうかの基準は、このような計算方法で出すことが...

手帳型スマホケースの作り方。初心者でもできる簡単な作り方

スマホケースを自分だけのオリジナルで手作りしている方もいますが、手帳型のケースは自分では作れないので...

洗車後、拭き取りしないのはNG?理由と洗車のコツとは

洗車をしたあとで、拭き取りしないという人は意外と多いかもしれません。 洗車後、拭き取りしないと...

ハーブティー、ハイビスカスには女性に嬉しい効能がたっぷり!

ハイビスカスと言えば南国に咲く真っ赤な色鮮やかな花を思い浮かべますよね?ハーブティーに使われるハイビ...

洗面所のドアを開けっ放しにするメリット・デメリット

洗面所や浴室のドアを開けっ放しにしていますか?意外と意見は分かれ、それぞれのご家庭のルールがあるよう...

タンパク質とアミノ酸とペプチドの違いや特徴を理解しよう

サプリメントの成分によく書かれているタンパク質、アミノ酸、ペプチド。どれも体に良いと言われていますが...

スポンサーリンク

音楽の感想表現は単調になりやすい

音楽の感想表現は単調になりやすいので、豊かな表現力が必要です。

音楽の感想を発言したり、文章などに書く際に、「明るい感じで良かった」、「暗い雰囲気が伝わってすごかった」などという簡素過ぎるものでしたら、感想を聞いた側からしても、「それだけ?」となってしまいます。
ですので、出来るだけ思いつく限りの言葉を使って、感想を表現しましょう。

仮に明るい雰囲気の曲の感想を伝える時は、「柔らかな日差しの下で湖のほとりを散歩しているような、明るく爽やかな雰囲気が伝わりました」と答えると、その場面をイメージできますよね。
ただ、その曲のテーマが舞踏会の様子を描くものでしたら、「ちょっとズレているかな」となります。
ですので、感想を伝える前に、その曲は作曲家がどういった状況をイメージして作ったのかも知っておくと、作曲家の意図とズレない感想を言うことが出来ます。

なので、舞踏会をイメージした明るい曲の感想を表現するときは、「舞踏会の会場の中でたくさんの人達が楽しそうに踊ったり、それを眺めて微笑んでいる人達の姿が思う浮かんで、私もその場にいるような楽しい気持ちになりました」などと言えば、相手にもどのような楽しい気持ちになったのか伝わります。

音楽の感想文の書き方 ポイントは表現方法

音楽の感想文の書き方で、ポイントは表現方法です。

気持ちや感想を表現する時に、頭に浮かんだ情景を伝えると言うのも一つの手ですが、なかにはその曲のタイトルや内容を一切知らされずに聞かされて、感想を聞かれることもあります。
その時は、浮かんだ情景で表現するのも良いですが、「リズムはどのようなものだったか」、「色に例えると何色か」といった表現方法で伝えるのも一つの手です。

例えば、軽やかに早いリズムであれば、「子供や小動物が走っているような、軽やかなリズムでした」といえば良いですし、重厚で心臓に響くようなリズムでしたら、「胸がドキドキするような、勇ましいリズムでした」というようにすれば良いのです。

また、曲の雰囲気が情熱的だったら、「バラのように真っ赤なイメージの曲ですね」と言ったり、悲しい悲壮感の漂う曲でしたら、「悲しい青色の涙を思い起こさせるような曲でした」と言えば良いのです。

音楽の感想の表現で困ったときには他のものと比較するのもOK

音楽の感想の表現で困ったときには他のものと比較するのもOKです。

その音楽に対する感想が上手く出ない時もありますよね。
そんな時は以前に聞いたことがある曲や、見たことがある絵画などを例にあげて、それと比較するような感想を言いましょう。
例えば「あの曲よりもテンポがゆったりで、心地よく感じました」とか、「〇〇という絵画の雰囲気にピッタリの優雅な曲でした」などいうと、これといった感想はわずかでも、それなりの感想を言っているようにつくろえます。

また、「あの曲とこの曲は、雰囲気が近いですよね。私はどちらかというとこちらの方が好きです」など自分の好みの感想を言ってもOKです。
時々、「どういうところが好きなの?」とさらに突っ込まれることもありますが、そんな時は「明るい感じが好きです」とか「勇ましい雰囲気が格好良く感じました」など、簡単に答えましょう。

音楽の感想文の表現は音楽以外のものを加えるといい

音楽の感想文の表現は音楽以外のものを加えるといいですよ。

音楽の感想を言う時は、その曲の雰囲気や、その雰囲気から感じた感想を言うことが多いでしょう。

音楽の感想の表現にはその曲の作者の情報やその時の時代背景も盛り込むという手もあります。

その曲の作者が神経質なタイプであれば、「彼の繊細さがよく表れている曲ですね」と言えば良いですし、女性にやたらとモテたタイプの作曲家の曲には「この丁寧な曲作りが、その時代の多くの女性を虜にしたんですね」などと言えば良いのです。

また、クラシックにもその時代の背景や流行りが反映されているものも、また逆行しているものもあります。
ですので「貴族が贅沢の限りをつくしていた様子が曲からも表れていますね」や、「彼は時代に流されない曲作りに没頭してきたんですね」などと言えば、「この曲についてよく勉強していますね」といった評価をもらうことも出来ます。

音楽の感想文の書き方も普通の感想文と書き方は同じ

音楽の感想文の書き方も普通の感想文と書き方は同じです。
ただ、その情報を得る先が、音楽なのか本なのかの差だけなのです。

音楽は紙を必要としない文章だと考えましょう。
出だしは優しい雰囲気で、中盤はテンポがあがり、最後は豪華な雰囲気で締められる曲があるとして、それを文章に直して感想を書けば良いのです。

一言で「優しい」とっても、色んな言い方が出来ます。
「お母さんのように優しい」とか「優しい風を感じた」とか、「優しい」を言い換えて「温かな気持ちに包まれているようでした」と言っても良いのです。

あまり音楽の感想を聞かれることが無いと、いい表現に困りますが、何かに置き換えたり、言い換えたりすると、それなりの文章に出来ます。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 生活を便利にするアイデア