世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

食べることへの罪悪感をなくす方法とは?苦しまないで!

2018.5.30

食べることへの罪悪感。

駄目だ駄目だと思っていても、食べちゃうことへの罪悪感。
こんな気持をなくすことってできますか?

あなたは今、ダイエット中ですか?
だったら、ダイエットは中断して、心と身体の健康ってどういう状態のことなのかを考えてみましょう。

人間は、食べ物から栄養を摂取しなければ生命を維持していくことができません。
食べることは、体に必要な栄養を取り入れることと、美味しいと感じ幸せを得ることができる、素敵な行為なのです。

そんな幸せタイムを過ごしたあとに、罪悪感なんて感じる必要はありません。

食べることへの罪悪感ではなく、本当に埋めるべき心の隙間をしっかりと認識するようにしましょう。

食べることは、生きることです。生きることに罪悪感は抱く必要ありません。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

鶏肉を蒸す。しっとりした仕上がりにするのにベストな時間とは

鶏肉って、うっかりするとパサパサな食感に仕上がってしまいますよね? 食べた時に口の中でモサモサ...

豚汁には隠し味が必要?コクを出す方法と使う豚肉の部位について

豚汁は味噌汁ではありません! ですから、味噌だけで調味してしまうと、なんだか抜けたような味の汁...

パンの耳を冷凍してラスクに。定番レシピからご馳走スイーツまで

サンドイッチを作るときにパンの耳をカットしますが、その耳はどうしていますか。 パンの耳といえばやは...

メロンとスイカは同じウリ科で仲間同士!その違いや特徴について

メロンとスイカは同じ仲間だと知っていますか?どちらもウリ科の野菜、甘くて美味しい旬の時期が待ち遠しい...

アメリカの離乳食はパウチが人気!手軽なだけじゃない人気の理由

アメリカの最近の離乳食事情はパウチが主流のようです。どうしてパウチが人気なのか?その理由は手軽さだけ...

初心者向けの高菜の漬物の簡単な漬け方とアレンジレシピをご紹介

高菜の漬物を自分で漬けてみようと思って漬け方を調べて見ると、いろいろな方法があって迷ってしまいますよ...

鍋の材料を入れる順番や材料を入れる場所をご紹介!

鍋の材料はどんな順番で入れるのが正しいのでしょうか? お店のように、見た目も美味しそうに見せる...

唐揚げはフライパンで作る簡単サクサク揚げ焼きがおすすめ

唐揚げを作る時にはたっぷりの油を使って作りますが、この油、もったいないと思いませんか? 揚げ鍋にト...

袋麺の簡単アレンジ。家にあるもので美味しい汁なしラーメン

インスタントラーメンは保存がきき、常にいくつかストックしてあるというご家庭も多いと思います。 ...

ししとうが赤いものは辛いのか。捨てないで美味しく食べる方法

収穫し忘れたししとうが赤くなってしまったけれど、赤いししとうは食べることが出来るのでしょうか? ...

真鯛の刺身は寝かせると旨味が増すってどういうこと?熟成魚とは

真鯛のお刺身はなんと言ってもコリコリとした歯ごたえと、あっさりとした白身の味わいですよね? で...

おでんの大根が固い!柔らかくする方法と美味しく作るポイント

寒い季節になると、あったかいおでんが食べたくなりますよね。味が染み込んだおでんの大根や卵はとっても美...

食事中に水分を摂取しすぎると太る?正しい水分の摂り方について

食事中に水分を摂りすぎると太ると言われていますが、どうしてでしょうか? 一日に最低でも水を2リ...

チルドの餃子を水餃子にする場合の注意点とプリプリにする方法

市販のチルドの餃子は価格も安くて、時間のないときのメニューに大活躍してくれます。 いつも焼くだけの...

ケーキは自分で作る。簡単すぎるレシピと美味しいレシピの集合

お子様のバースデーやお祝い事に手作りのケーキを作ってみませんか? ケーキを作ったことがなくても...

スポンサーリンク

食べる、食べてしまったと後悔する気持ちや罪悪感をなくす方法について。

美味しいものは、思いっきり食べた時に、幸せを感じる方は多くいらっしゃるでしょう。
それと同時に、食べ終わった後に「なんでこんなに食べてしまったのか」と後悔する人もたくさんいるはずです。

でも、人間は食べ物を食べないと、生きていけませんし、倒れる事だってあります。

しかしなぜ、多くの人は食べることに罪悪感を抱いてしまうのでしょう。

それには、「太ってしまう」「食べ過ぎによって、健康を害してしまう」などの気持ちがあるからです。

ただ、クッキーや、焼肉など1度食べただけで、急に体重が5キロも太ったり、成人病などの病気にかかるでしょうか。

体が太るのも、成人病などにかかることも、日々の積み重ねによって起きるものです。

ですので、1度食べてしまったことで、クヨクヨするよりは、「おやつをたくさん食べてしまったから、夜は控えめにしよう」「明日は普段の倍動くようにしよう」と気持ちを前向きに切り替えることで、心の罪悪感もなくなっていきます。

食べることは幸せなこと!罪悪感なんて感じなくていい。食べることへの後悔をなくすには?

美味しいものを美味しいと感じて食べられることは、心も体も健康であることの証です。
なので思いつめるほど、気にしなくていいのです。

食べることへの罪悪感を強く抱き、無理に自分を抑えこむと、かえって日常生活に悪い影響が出てしまいます。

食べたいものを食べている人を見る時に恨むような目で見てしまったり、美味しいものを食べるたびに、後悔してイライラする生活なんて楽しいはずがありません。

ですので、食べ物を食べた後は後悔するのではなく「美味しい食べ物を食べられて良かったね」と自分を褒めるくらいの気持ちでいるくらいが幸せに繋がるのです。

ただ、無性に食べ物が食べたくなった時、本当にあなたはその食べ物が必要ですか?

無理してでも食べたいものですか?

もしかして、「食べてはいけない」という気持ちの反動で食べたくなっただけかも知れませんよ。

食べる後悔をなくすためには、まずは「食べてはいけない」という鎖を心から外してあげてください。

食べることへの罪悪感をなくすには、気持ちの隙間をなくしてみよう。

大量にものを食べては、罪悪感を抱く日々、これは気持ちに隙間があるからかもしれません。

心に潜む、気持ちの隙間をなくしてみましょう。

まずはなぜ、必要以上に食べてしまうのか、それを自分に問いかけてみましょう。

「美味しいものを食べている時が一番幸せだから。」

「美味しいものを食べる自分を想像して買い物をするのが楽しいから。」

「特に理由はないけど、ヒマだと食べてしまう。」

などなど、これ以外にも心に浮かんでくる言葉はたくさんあると思います。

他にも、嫌な事を忘れるためにたくさん食べてしまう人もいるでしょう。

それは、お酒に溺れる人にも似てますね。

食べることに後悔するより、「なぜ必要な分より多く食べ物を欲するのか」その気持ちを自分で考えてみてください。

とある大学の調査では、食べることに罪悪感を感じると体重が増えていくとの結果が!

実は、食べることに罪悪感を感じることは、心だけではなく、体重にも影響してしまうのはご存知だったでしょうか。

とある大学の調査によって、それが明らかにされています。

10代から80代までの多数の男女を対象に、甘い物を間食してもらって、それによって罪悪感を感じたかどうかを調査し、それと同時にそれぞれの被験者の体重の推移も観察しました。

調査の期間は1年半ほどだったそうですが、罪悪感を感じた人は、感じていなかった人より体重の増加が多い傾向にあったことがわかったそうです。

人間は、駄目と言われたことが気になって逆にそれをしたくてしょうがなくなることがあります。

罪悪感を感じる人は、「食べ物を食べてはいけない」という気持ちに囚われ、いざ食べ物を食べる時に反動で必要以上に食べてしまうのです。

食べたいのは、身体が栄養を欲しているからです!

では、太ることや、健康を損ねてしまうかもしれないのに、食べ物を欲してしまうのはなぜなのでしょう。

それは、身体が栄養を欲しているサインなのかも知れません。

たとえば、氷を無性に食べたくなってしまうという人を時々見かけると思いますが、実はこれ身体の栄養が不足して起こる症状なのです。

ただ、飲み物を飲んだ時に氷が食べたいという程度なら、問題ないと思いますが、毎日の生活の中で、常に氷を口にしていないと落ち着かないというレベルでしたら、それは身体からの異常のサインです。

このように、無性になにかが食べたい、飲みたいというのは、身体の中でなんらかの栄養が足りないために起こっていることなのかもしれません。

身体に足りない栄養によって食べたくなるものは様々ですので、食生活を見直して、自分に足りないものは何か考えてみるのも良いでしょう。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 食事やグルメに関する疑問