世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

【シチューレシピ】牛肉を使ってホワイトシチューを作ってみよう

2018.12.5

シチューの中でもホワイトシチューに使う肉と言えば鶏肉や豚肉ですが、牛肉を使ってみたいとも思いますよね。

ホワイトシチューに牛肉を使う場合でも作り方は同じなのでしょうか?牛肉の中でもホワイトシチューに合うのはどの部位なのでしょうか?

牛肉を使ったホワイトシチューのレシピとおすすめの牛肉の部位について説明します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

お弁当にも便利な唐揚げを冷凍保存する方法と解凍方法・賞味期限

お弁当のおかずとして喜ばれるものの一つが唐揚げですよね。大人から子供まで、みんなが大好きな唐揚げです...

ネギの青い部分も食べよう。切り方と合うメニューとレシピの紹介

ネギの青い部分はどうしていますか?捨てているという人もいるようですが、青い部分の特徴を活かした活用法...

食べ物の意外な組み合わせでこんな美味しい味に!おもしろレシピ

子供の頃には、食べ物にちょっと意外なものを合わせて食べた記憶はありませんか? 特にバイキングなどに...

鍋の材料を入れる順番や材料を入れる場所をご紹介!

鍋の材料はどんな順番で入れるのが正しいのでしょうか? お店のように、見た目も美味しそうに見せる...

袋麺の簡単アレンジ。家にあるもので美味しい汁なしラーメン

インスタントラーメンは保存がきき、常にいくつかストックしてあるというご家庭も多いと思います。 ...

スポンジケーキの簡単レシピをご紹介!ふわふわになるポイント

スポンジケーキがちゃんと膨らまなかったり、パサパサになってしまったり、レシピ通りに作っているのに失敗...

ししとうが赤いものは辛いのか。捨てないで美味しく食べる方法

収穫し忘れたししとうが赤くなってしまったけれど、赤いししとうは食べることが出来るのでしょうか? ...

手巻き寿司の具材の美味しい切り方と子供が喜ぶ具材や巻き方

家族が集った時やお祝いごとにお家で手巻き寿司をする家庭も多いですよね。 寿司といえばマグロやサ...

刺身の献立の副菜に!夕食に食べたいコクあり野菜のおかず

夕食の献立でお刺身をメインにしたいという場合には、どのような副菜が合うのでしょうか。 お刺身はスー...

ビーフシチューに入れる赤ワインのタイミングで美味しさアップ

ビーフシチューは長時間煮込まなければいけないイメージがあり、お料理初心者には難しいと思っている人も多...

食べることへの罪悪感をなくす方法とは?苦しまないで!

食べることへの罪悪感。 駄目だ駄目だと思っていても、食べちゃうことへの罪悪感。 こんな気持を...

真鯛の刺身は寝かせると旨味が増すってどういうこと?熟成魚とは

真鯛のお刺身はなんと言ってもコリコリとした歯ごたえと、あっさりとした白身の味わいですよね? で...

ラーメン屋のチャーハンの作り方を知りたい!レシピをご紹介

ラーメン屋のチャーハンはどうしてあんなに美味しいのでしょうか? 何度か家で挑戦してみましたが、...

休日の夜ご飯におすすめ!時短で美味しい簡単ボリュームおかず

休日の夜ご飯は簡単に済ませたいという方も多いですよね。 せっかくのお休みは家事の手を少しゆるめ...

ピザの歴史について~古代発祥から日本に定着するまで

ピザはイタリア発祥の食べ物ですが、もっとさかのぼると古代にはもう誕生していたと言います。 実は...

スポンサーリンク

市販のルウを使った牛肉ホワイトシチューのレシピをご紹介します

市販のシチューのルウを使って美味しく作ることができます。簡単にできてオススメです。

材料

  1. シチューのルウ1箱
  2. 牛肉200g
  3. 玉ねぎ1個
  4. じゃがいも2個
  5. にんじん2本
  6. 牛乳300cc
  7. スキムミルク大さじ3

作り方

  1. じゃがいもと人参は一口大に切ります。玉ねぎは薄くスライスします。
  2. フライパンに油を熱して牛肉を炒めます。色が変わってきたら野菜を加えて更に炒めます。
  3. 野菜に火が通ってきたら、水500ccを加えて煮ます。じゃがいもに火が通ったら火をとめてルウを割って入れます。
  4. 再び火にかけ、かき混ぜながルウを溶かします。牛乳とスキムミルクを加えてひと煮立ちさせれば完成です。

牛乳の代わりに生クリームを使うとコクが出て更に美味しくできます。普通のシチューを作るときと同じように、ブイヨンで煮込んだり、マッシュルームやほうれん草などの野菜も加えるなどアレンジしてみてください。

ホワイトシチューに入れる牛肉を柔らかくするための方法とは

せっかく手間や時間をかけてシチューなどの煮込み料理を作ったのに、お肉が固くなって出来上がってしまうととても残念ですよね。煮込み料理を作るときは「ゆっくり」「じっくり」がポイントになってくるようです。

肉を炒める時は肉の表面だけを焼き固める感じにします。後から煮込むので中は生のまま、表面だけ焼く感じにします。

煮込む時はお湯は使わずに「水」から煮ます。水の代わりにチキンや野菜のストックを使うとコクが出ます。コンソメキューブなどを使うときも水から煮て熱くなってきた時に入れましょう。

煮込む時は高温にならないよう火加減が重要になってきます。鍋の中がボコボコとしている状態は火が強すぎます。弱火でゆらゆらした状態で煮込んでください。
また、オーブンに2~3時間かけるのもオススメです。

土鍋でじっくりと作るのもいいです。土鍋が冷たいうちから弱火でじっくりと煮込んでいきます。最低でも2時間位はかけてください。

あとは下準備で肉を叩いておく方法もあります。筋や繊維を壊すことでお肉が柔らかくなりますが、力強く叩きすぎると旨味が出ていきやすくなってしまいますので注意してください。

肉を無糖ヨーグルトに漬けておく方法もあります。ヨーグルトに含まれる乳酸菌にはお肉の筋や繊維をやわらかくする効果があるそうです。

ホワイトシチューを作る場合に向いている牛肉の部位や注意点について

肉を選ぶ時はシチューに向いている部位を選ぶことが大切です。
肉が固くなるのは筋や繊維が多いことが原因となっている場合があります。この筋や繊維は長時間煮込むことで「ゼラチン質」に変化するという性質をもっています。ゼラチン質はお肉をやわらかく感じさせてくれます。

バラ肉やスネ肉などには脂肪やゼラチン質を多く含みます。煮込み料理には長時間煮込むことでやわらかくなる筋肉質で筋の多い、かたい肉のほうが向いています。

  • 牛肉:スネ肉、肩肉、バラ肉、タン、テイル
  • 豚肉:肩肉、バラ肉
  • 鶏肉:もも肉、手羽先、骨付きもも肉

肉は煮込む前に炒めておくといいでしょう。表面を焼くことで生臭さを消し、香ばしさを出すことができます。また、表面を焼くことで旨味を逃さないためというのもありますが、長時間かけて煮込む料理の場合はあまり関係がないという説もあります。

牛肉薄切り肉が残っていたら、きのこと一緒にホワイトシチューを作ってみませんか

牛肉のホワイトシチューにはブロック肉を基本としてきましたが、薄切り肉でも美味しく作ることができるので、牛の薄切り肉が余ってしまった時などにぜひ試してみてください。きのこと合わせることで煮込む必要がなくパパっと出来上がり、きのこから出ただしでとても美味しいですよ。

材料

  • ホワイトシチューのルウ
  • 牛肉薄切り肉300g
  • えのき1パック
  • 椎茸2パック
  • しめじ1パック
  • 玉ねぎ1個
  • 牛乳800cc
  • 水200ml

作り方
鍋に油を熱して牛肉を炒めます。牛肉の色が変わったらきのこを加えてサッと炒めます。水を加えて、沸騰したら灰汁を取り、火を止めます。ルウを割り入れてから再び火にかけてルウを完全に溶かし、牛乳を加えてひと煮立ちさせたら出来上がりです。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 食事やグルメに関する疑問