世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

中1の期末テスト【社会編】成績が上がる勉強法のコツとは

2018.10.13

中1の期末テストで社会の成績を上げるためには、どんな勉強をしたらいいのでしょう。

では、中1の社会ではどんな勉強が大切なのでしょうか?高得点を取るための勉強法とは。

また、無駄に時間を使わないために効率良く暗記するにはどうしたらいいのでしょう?

そこで、中1の期末テストで社会の成績が上がる勉強法のコツなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

頭が働かないと感じるのはナゼ?勉強が苦痛にならない方法とは

頭が働かないから勉強が進まない。 一度読んだり書いたり計算しただけで、脳が色々とインプットして...

自己推薦書の書き方【高校進学】合格へ導くコツと注意点

自己推薦書の書き方に悩む高校受験生もいるでしょう。 でも、自己推薦書によって自分をしっかりアピ...

【願書の書き方】高校受験のための入学願書はこうやって書こう

高校受験のために初めて入学願書を書く場合、どんなふうに書けばいいのか全くわからない中学生の方が多いで...

大学へ行きたい!社会人から大学へ進学を考える方へのアドバイス

一度社会に出てから、やっぱりもう少し勉強したいとか、キャリアを上げるために大卒の資格が欲しい場合など...

高校の願書は親が書く?自分が書く?入学願書を書く時のポイント

高校入試の時は、入学したい高校に願書を提出しますが、この「願書」は誰が書くものなのでしょうか?親が書...

大学受験のホテルは親も一緒に宿泊!親が付き添うことのメリット

お子さんの大学受験のとき、親も一緒に付き添ってホテルに宿泊したほうが良いのか悩んでいる人もいますよね...

受験勉強のやる気が出ない人へ!試してほしい方法を紹介します!

受験勉強をしなくてはいけないのに、なかなかやる気が出ない。 と、お悩みの受験生はいませんか? ...

試験に落ちた人への励まし方 言ってはいけない言葉とは

友達が試験に落ちたときにはどんな励まし方をしてあげたらいいのでしょうか? 言葉を選べば選ぶほど...

過去問は何年分前までするべき?大学受験の赤本の使い方

大学の過去問は何年分まで遡ってしたらいいのでしょうか?平均的には、このくらいの過去問を解いているよう...

英検の二次試験で緊張しないためには?合格する秘訣を教えます

英検の二次試験と言えば英語での面接。日本語での面接でも緊張するのに、英語となると誰でも緊張してしまい...

本を読めないのは集中力のせい?本を読めない人が増えている現代

昔は本が好きだったのに最近は本を読まなくなった、集中力が続かづに最後まで本を読めないというお悩みを抱...

授業中寝るのがばれない方法・席は?眠気を解消する方法もご紹介

午後の授業はなぜだか睡魔が突然襲ってくるもの。我慢できずに寝るなら、先生にばれないようにしたいもので...

夏休みの宿題がやばい!まずはドリルから取り掛かろう!

夏休みの宿題、やばい! わかるよ、わかる。 でも、やばいと言っていてもドリルや家庭学習、...

高校へ行きたくない理由が『勉強』なら対処法はいくらでもある!

高校へ行きたくないという心に湧き上がる違和感を、なかったことにしてはいけません。 頑張って入学した...

朝型の勉強スケジュールの効果やメリットと目覚めさせるコツとは

朝型に勉強をするスケジュールを組むことは、受験生にとても効果的でありオススメです。 では、受験...

スポンサーリンク

中1の期末テストでの社会の勉強法とは

中1の社会の期末テスト。社会が苦手なあなたにとって、不安以外の何者でも無いはずです。

中学入試では、社会の勉強に苦戦した人もいるでしょう。入試の社会は、文章を読みそれを理解する力、そして、年代を暗記できる力があるかどうかが、良い点を取れるかどうかのポイントでした。

しかし、期末テストにおいては、そこまでの力をつける勉強をする必要はありません。テストに出る範囲は決まっています。ですから、範囲の流れを理解し、社会の問題を解くために必要な単語を暗記する、それだけで良い点数を取ることが可能になります。

中学の社会に必要なことは歴史の流れを頭に入れること

歴史の流れを頭にいれることは、今後、中学や高校で社会を勉強する上でとても重要になってきます。これを頭に入れることができきれば、高校入試の際も苦労することは無いでしょう。

ですから、常日頃から、歴史漫画を読んだり、歴史小説などを読んだりして、流れを理解することが大切です。勿論、日本の歴史だけにとどまらず、海外の歴史に対しても同様のことが言えます。

歴史の流れを理解できれば、期末テストで70点程度は取ることが可能でしょう。ここから100点に向かうために必要な作業は、テスト前にしっかりとワークを解くことです。教科書をしっかりと読み、ワークを繰り返し解きましょう。そして、必要な単語や要点を確実に暗記してください。

中1の期末テストで成績が上がる社会の勉強法

中1の中間テストで社会がいまいちの成績だったあなた。期末テストは挽回のチャンスです。中1の今なら間に合います。期末テストで成績の上がる社会の勉強法をお教えします。

社会のテストに必要な能力はどのようなものでしょうか。教科によっては、その問題を理解し、考えて解くことが必要な場合もあると思います。そのような教科で高得点を狙うには、思考力を高めることが必要になり、そのために相当な努力をしなければなりません。場合によっては、才能、知能指数が高い人には到底、敵わないと感じることもあるでしょう。

社会のテスト高得点を取るのに必要なのは知識をつけること

知っているだけで、得点が取れる教科なのです。要は、暗記して覚えているかどうかです。クイズと同じで、知っていれば解けるのです。

ですから、試験前にはどうしたら暗記できるのか、どのように暗記するのかを工夫しなければなりません。効率よく暗記する必要があるのです。

社会の勉強、効率よく暗記する方法

ワークを使うことです。ワークは学校から配布されているはずです。学校の期末テストは、このワークから出されることが殆どです。
ワークで解けない問題が出てきた場合、あなたはどうしますか。教科書や参考書などを使って調べて解こうとはしていませんでしょうか。真面目に、全て自力で解こうとする事は、はっきり言って時間の無駄です。時間がかかりすぎて、テストまでに暗記が間に合わない可能性があります。

ですから、ワークを解く時は、はじめから答えを横おいて見ながら解きましょう。社会は沢山の問題を解いたり、自力で解くことで力がつくわけではありません。自力で解いたとしても、テストで答えられなければ意味がないのです。答えを見ながら解いたとしても、それを暗記できれば、期末テストでの得点に繋がります。成績も上がるはずです。

中1の期末テストで社会で高得点を取るには

では、中1の社会の期末テストで高得点を取るためには、ワークを使ってどのように勉強を進めれば良いのでしょうか。

社会のテストで重要な暗記事項は、ワークの中に全てある

全ての用語や語句が重要になってきます。テストには、この用語や語句が直接出るのです。

ですから、問題を見たと同時に、すぐに答えられる位に暗記する必要があります。はじめの頃は、即答は難しいかも知れません。ですから、横に解答を置いて、見ながら問題を解きましょう。鉛筆で記入する必要はありません。分からなければすぐに解答を見る、そしてすぐに次の問題に進みましょう。2ページ程度を繰り返し、8割程度答えられるようになるまで行ってください。

正解率が8割程度になったら、実際にワークに記入しながら解いていきます。記入出来た問題には○、答えに悩んだが合っていた問題には△、間違えたり、わからなかった問題には☓の印を付けましょう。

後は、ひたすら、△と☓の印がついた問題を、テストまで何度も解く事です。全てが○になるまで、解きましょう。勉強に時間をかける必要はありません。何度も、そしてまめに解きましょう。これが出来れば期末テストで7割程度は、得点することできるでしょう。

無駄に時間を使わないための効率の良い暗記方法

中1の社会の期末テストの勉強の際、効率よく暗記する方法がわかれば、無駄に時間を使わなくて済みます。

そのためには、何度も復習を行う事です。何度も復習を行えば、自然と、同じ情報が脳にインプットされます。効率よく暗記するためには、できる限り薄い問題集を使うことです。ですから、学校のワークなどは理想的と言えるでしょう。何度も繰り返すことで、全体の流れを掴み取ることも可能になります。

それが、脳に重要だと感じさせるためには、何度も復習するとともに、社会の重要な知識を流れで理解する必要があります。前後の背景を理解するだけでも、その用語に必要な知識を暗記しやすくなります。流れを一通り理解することが、それに関する重要な用語や知識を脳にインプットするために大切な要素となるのです。それこそが、最も効率のよい暗記方法と言えるでしょう。

流れを理解し、それに伴う知識や用語をしっかり暗記する。これができてこそ、期末テストで高得点を取ることができるのです。

社会の期末テストの勉強法は繰り返しが大事!

中1の期末テストの勉強法としては、繰り返しが復習することが大事な事だと理解頂いたのではないでしょうか。

先程も述べたように、ワークを繰り返し解く際、横に解答を置いて分からなければすぐに見るという方法をとる事は重要です。

しかし、解答を見る際に何も考えずに見るのと、一瞬ちょっと考えるというのとでは、頭への入り方が違います。人の脳にインプットさせるためには、問題を解こう考えることが重要なのです。

まるごと、写すという方法では、暗記することが難しくなります。ですから、まずは、横に解答を置いていても構わないので、問題を解いてみましょう。全てがわからないからといって、とりあえず写すという行為だけは避けてください。教科書を一通り読んで流れを掴んだら、まず解いてみることです。

ワークをそのまま暗記すれば、7割程度は得点可能になります。しかし、中には期末テストと言えども、応用問題を出す先生もいます。応用問題は年代に関わる問題が多いのが特徴です。なぜなら、年代に関わる問題は先生にとっても作りやすいからです。

重要な事項は、必ず年代も覚えることです。年代を覚えれば、高校入試のときにも役立ちます。なかなか年代が覚えられないという人は、語呂合わせで覚えると覚えやすいでしょう。

 - 勉強や学問に関する疑問