世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

面接の志望動機【高校受験】組み立て方や正しい答え方のポイント

2018.10.3

面接では必ずというほど聞かれるのが志望動機ですよね。もちろん、高校受験の面接においても志望動機はほぼ確実に聞かれるでしょう。

では、高校受験の面接で聞かれる志望動機とはどのように答えたらいいのでしょうか?志望動機の組み立て方とは?

また、面接官から高校に来て欲しいと思われる志望動機とはどのような答え方でしょうか?

そこで、高校受験の面接で聞かれる志望動機の組み立て方や正しい答え方のポイントなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

AO入試面接で失敗しがちな言動と失敗しないための面接対策

AO入試でもっとも重視されるのは入学意欲です。 そのためAO入試では、面接時にどう自分をアピー...

勉強にやる気でない時の対処法【高校編】勉強への取り組み方

高校生の皆さんの中には、どうしても勉強にやる気が出ないこともありますよね。勉強をしなくてはならないの...

北極と南極の違いは?気温や住んでいる生き物・色々な違いを解説

「北極と南極の違いは何ですか?」と聞かれて「違いはコレです!」と答えられる人は意外と少ないかもしれま...

ショパンのポロネーズの中で難易度が高いものは?徹底解説!

数々の名曲を残したショパン。その中でもポロネーズは18曲ありますが、どの曲が一番難易度が高いのか気に...

教習所の卒業検定での流れや卒業後の流れや傾向と対策

教習所に入校して卒業検定まで、どんな流れなのか気になることが多いかと思いますが免許をもらうまでに、ド...

勉強のやる気が出ない時には、気合を入れる掛け声をかける!

勉強のやる気の出ない時にやる気を出す方法って、色々あります。 簡単な問題をひたすら解くとか、窓...

夜に勉強した方がはかどる?夜にするべき勉強とその方法について

夜に勉強した方がはかどる?朝には朝の勉強法。夜には夜の勉強法があります。 夜にするべき勉強や、...

日本史と世界史どっちを選択するか迷った時の判断ポイント

大学受験の文系で迷うのが、日本史と世界史どっちにするかという問題です。 ある程度知っている日本...

大学受験があるのに夏休みを失敗した人が逆転するための方法とは

「大学受験に向けて夏休みが勝負だ。」と学校や塾でうるさいくらい言われたことでしょう。 しかし、...

宿題が終わらないときの徹夜のコツや間に合わせるための対処法

明日は始業式なのに宿題が終わらないときは徹夜を覚悟で終わらせなくてはなりませんよね。 どうして...

大学受験に向けて教科を絞るリスクと勉強のコツ

大学受験を目指し日々勉強に励んでいる学生も多いと思います。 受験する科目が国語、英語、世界史の...

中一の国語の中間テスト対策!まずは漢字から勉強を始めよう

小学校とは違い、中学生になると勉強内容も難しくなり、テストで高得点を取るためにはどんな勉強をすればい...

受験が不安!メンタルが弱い人の克服方法と受験を乗り切る方法

これから受験を控えている受験生の皆さんは、志望校に合格することができるのか、不安な毎日を過ごしている...

英検の受験用の写真を用意する期限は?英検面接の流れも紹介!

英検の受験用の写真を用意する期限って・・・? まずは、申し込みをして一次受験票に写真を貼付しなくて...

テスト前日の睡眠時間はどのくらい必要?ベストな睡眠時間とは

「テスト前日なんて睡眠を取ってる場合じゃない!」という声も上がりそうですが、テスト前日だからこそ睡眠...

スポンサーリンク

高校受験の面接で聞かれる志望動機の組み立て方とは

中学生ともなると、高校受験を意識し始めて、面接であったり、志望動機はどんなものが良いのか?そんな事を考える時期に入るのではないでしょうか。

ここで少し、一緒に高校受験の面接で聞かれる志望動機について考えてみませんか?どんな志望動機が、面接官の目に光るのでしょうか。

志望動機って悩みますよね。行きたい高校に一つの特色があると、それを当てはめようとして、ライバルである他の生徒と似たような文章になってしまったりもしますよね。

そんな時ですが、自分の過去の経験や体験を振り返って、研究することが大切だと思います。

また、自分が行きたい高校の教育理念を調べて、自分の言葉で説明する、自分らしさをアピールするのが鍵になってくると思います。自分らしさは何か?考えてみても良いのかもしれませんね。

面接官から高校に来て欲しいと思われる志望動機は?

高校受験の面接で必要な志望動機、自分自身を振り返ったり、自分の言葉で高校の教育理念を説明できること、自分らしさをアピールすることがポイントなことをみてきました。具体的には、どんな志望動機が、面接官からみて「是非きて欲しい」と思われるのか、ここでみていきたいと思います。

面接官の目に光るのは、独自性のある回答、また他の学校ではなく、この高校に入りたいと思う、この2点だと思います。

二つ目のポイントの場合ですが、自分はOOになりたい、その為にはこの高校に入る必要があるなど、将来を見据えたものが良いのかもしれません。自分の夢であったり、ゴールがわかっている。それがこの高校で実現できる。それが説明できると良いのではないでしょうか。

プラスアルファで独自性があると良いと思います。中々この年齢で具体的に何になりたいのかはわからないと思いますが、呆然とした夢でもあると、それが良い志望動機に繋がると思います。自分の将来について考える良い機会かもしれませんね。

高校受験の面接で聞かれた志望動機の正しい答え方

高校受験の面接で聞かれる、志望動機ですが、独自性であったり、他の高校ではなく、この高校ではなくてはダメだという点をつかむことについてみてきました。
ここでは、受験の面接で聞かれる志望動機、正しい答え方を学んでいきたいと思います。

他の高校ではなく、この高校でしかできない特徴をつかむ

パンフレットを読めばわかるかもしれないですが、自分にいとって、魅力的と感じる部分をつかんでおきましょう。

自分の考えが、その学校の特徴に一致している

大抵の学生ですが、勉強と部活、どちらとも頑張りたいと思ってると思います。その要素が、この学校にはある。でも、それだけで「この高校に行きたい」では少しもの足りない可能性もあるので、「どんな点でそう感じたか」について答えれるようにできると良いと思います。

志望動機にあいまいな答えや嘘はやめましょう!

高校受験での面接、志望動機について、その高校でしかできない特徴をつかむことであったり、自分の考えと高校の考えが一致していること、この2点を抑えた方が良いということをみてきました。

ここでは、より具体的に、志望動機についてみていきたいと思います。まず、初めにいえることですが、志望動機にあいまいな答えであったり、嘘を書くのはやめましょう。

志望動機ですが、真実なことを書きましょう。誠意と熱意があれば、自然とその志望動機は良く見えてくると思います。

面接は、誰でも緊張すると思います。でも、事前に練習することで、面接になれることもできると思います。試験などで疲れているとは思いますが、ここは一つ、面接でも誠意と熱意を見せていきましょう。それにより、良い面接になり、合格が見えてくるとよいですね。良い姿勢を面接で見せる事ができますように。

高校受験の面接では答えを用意しておくべき!

高校受験での面接に必要な志望動機、あいまいな答えであったり、嘘は辞める事、また、面接では誠意と熱意を見せる事についてみてきました。

ここでは、高校受験での面接、練習を重ねて、答えを用意しておくべきだという点についてみていきたいと思います。

面接ですが、複数名の面接官で行われることもあると思います。また、その時までに、テストの結果がわかっていることもあるので、あなたがどの問題について難しかったか、聞かれることもあると思います。

また、あなたの趣味について聞かれることもあると思います。ここまで読んで、「色んな事を聞かれるのだな」と感じるかもしれませんが、先生と一緒に練習してみるのも良いかもしれませんね。

面接もその場その場で答えるものではないので。大体の答えが頭にあると、緊張感もとれてくるのではないでしょうか。そのために、先生やご両親の方と一緒に面接の練習をしておくと良いかもしれませんね。回数を重ねて、本番までに、自信を得る事ができますように。

 - 勉強や学問に関する疑問