世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

鶏の丸焼きをバーベキューで作ろう!レシピをご紹介

2018.6.12

バーベキューといえば、豪快な料理ですよね。そこでおすすめなのが鶏の丸焼きです。

なんだか作るのが難しそうな鶏の丸焼きですが、作り方は意外と簡単なようです。失敗しないポイントとは?美味しく焼くコツはあるのでしょうか?

お家のお庭で作っても楽しそうです。食べ切れなかったお肉のアレンジ方法のレシピとご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

手巻き寿司の具材の美味しい切り方と子供が喜ぶ具材や巻き方

家族が集った時やお祝いごとにお家で手巻き寿司をする家庭も多いですよね。 寿司といえばマグロやサ...

食事中に水分を摂取しすぎると太る?正しい水分の摂り方について

食事中に水分を摂りすぎると太ると言われていますが、どうしてでしょうか? 一日に最低でも水を2リ...

すき焼きで春菊をおいしく食べるための切り方とコツを解説します

すき焼きに入れる野菜として春菊は欠かせないという人も多いと思いますが、苦味が気になるという人もいるの...

袋麺の簡単アレンジ。家にあるもので美味しい汁なしラーメン

インスタントラーメンは保存がきき、常にいくつかストックしてあるというご家庭も多いと思います。 ...

クッキーが簡単に焼ける!トースターで作れるクッキーレシピ

クッキーを作りたいけれどオーブンがない…。そんなときにはトースターでも簡単にクッキーを焼くことができ...

ポップコーンは電子レンジで簡単。作り方とオススメなフレーバー

ポップコーンといえば子供のおやつや大人のおやつとしても人気ですね。 自宅で作る場合はフライパン...

すき焼きの残りをお弁当のおかずにリメイク!汁もれなしレシピ

前日の夜に食べたすき焼きの残りをお弁当に入れたいと思うことはありませんか? たっぷりと味のしみたお...

ピーマンの収穫はいつまでできる?収穫時期を伸ばす方法と育て方

ピーマンを栽培している人のなかには、一体いつまでピーマンの収穫ができるのか知りたい人もいますよね。 ...

豚汁には隠し味が必要?コクを出す方法と使う豚肉の部位について

豚汁は味噌汁ではありません! ですから、味噌だけで調味してしまうと、なんだか抜けたような味の汁...

落花生の収穫後の食べ方色々。生タイプと乾燥タイプの食べ方

実りの秋には、落花生も収穫期を迎えます。 収穫後の落花生にはどんな食べ方があるのでしょう。 ...

料理が苦手な嫁、毎日まずいものを食べる生活がツライと感じる時

料理が苦手な嫁。 料理が下手なの?それとも、料理をしたがらないのでしょうか? あなたの好みじゃな...

お弁当のメインにはご飯によく合う豚肉で決まり!

お弁当のメインにはやっぱり豚肉でしょう! その理由は『ご飯に合う』から。 お弁当は少し冷たい...

タコの吸盤は食べる?正しい処理方法で旬のタコを味わおう

海外ではあまり食べられることのない「タコ」ですが、日本では古くから食卓に登場してきた食材ですよね。し...

唐揚げはフライパンで作る簡単サクサク揚げ焼きがおすすめ

唐揚げを作る時にはたっぷりの油を使って作りますが、この油、もったいないと思いませんか? 揚げ鍋にト...

刺身には寄生虫がいる?寄生虫対策をして美味しく食べよう!

お刺身を食べる時は、寄生虫対策を行って食べることが大切です。お刺身には「アニサキス」などという寄生虫...

スポンサーリンク

バーベキューで鶏の丸焼きをしてみよう!準備するもの

バーベキューの本場アメリカで生まれたビア缶チキンは、中身の入った缶ビールを丸鶏に刺して、そのまま焼くというなんとも豪快な料理です。
皮はパリパリで、中のお肉はビール酵母で蒸し焼きされて、とってもジューシー。

丸鶏を使ったビア缶チキンレシピ

材料

  • 丸鶏…1kg
  • 植木鉢7号サイズ…2個
  • ビール(350ml缶)…1本
  • 塩コショウ
  • パプリカパウダー
  • ブラウンシュガー

調理は蓋付きグリルではなく、なんと素焼きの植木鉢を使った作り方をご紹介します。
ホームセンターなどでも手頃な値段で購入することができますし、使用後に洗うのも簡単です。

また、丸鶏を準備するときには、スーパーに頼むとほとんどのスーパーが取り寄せになるので、早めに頼んでおくことが必要です。
できれば1週間前くらいには頼んでおきましょう。

作り方

  1. 丸鶏が冷凍されている場合には、前もって解凍しておきます。
  2. 解凍した丸鶏の水分を取って、調味料の味がしみやすいように、フォークで表面を刺しておきます。
  3. 調味料を表面にすりこみます。
  4. ビール半量ほどを缶のままお尻のほうへ入れ、立てて焼きます。

バーベキューで鶏の丸焼きをするときの下準備

スーパーで中抜きの丸鶏を注文しても、一度、外側と中側両方水洗いしておくと安心です。
丸鶏の味付けには、クレイジーソルトもおすすめです。
表面にたっぷりとすり込みましょう。
中側にも付けるとより味がしみやすくなります。

このビア缶チキンを作るときには、できればビア缶チキン用のホルダーがあると丸鶏が安定して便利です。

自作で作る方もいるそうですが、ネットなどでも購入できるのでバーベキュー好きな方なら一つ持っていても損はないでしょう。

バーベキューで鶏の丸焼きをするならダッチオーブンが便利!

バーベキュー好きな方やキャンプ好きな方に人気のダッチオーブンは鶏の丸焼きを作る時にも大活躍です。

バーベキューでの丸鶏のダッチオーブン焼き

材料(6人分)

  • 丸鶏…1羽
  • にんじん…1本
  • セロリ…1本
  • じゃがいも…2個
  • ローズマリー…適量
  • 塩コショウ…適量
  • オリーブオイル…適量

作り方

  1. にんじん、セロリ、じゃがいも、は大きめの乱切りにして、塩コショウなどのスパイスを混ぜ合わせておきます。
  2. 鶏のお腹の中に野菜を詰め込み、竹串で留めておきます。
  3. 鶏の足同士をタコ糸で縛っておくと身崩れ防止になります。
  4. ボウルに3を入れて、ローズマリー、塩コショウを揉み込みます。その後オリーブオイルを塗り、2~3時間ラップして馴染ませます。
  5. ダッチオーブンにアルミホイル、キャベツの外葉などのクズ野菜を敷きます。
  6. 鶏を入れ、ローズマリーを乗せて蓋をして1時間ほど焼きます。鶏肉に竹串を刺して肉汁が透明になっていれば火が通っている証拠です。

鶏の丸焼きをするときのコツや失敗しないポイント

丸鶏を焼く時のコツは、は必ず解凍してから

丸鶏の解凍はなかなか時間がかかり、中までしっかり解凍するには余裕を持って1日ぐらいと考えておきましょう。
解凍したら、流水で洗い、キッチンペーパーでしっかりと水分を拭き取ります。
その後調味料を擦り込みましょう。

形を整える

鶏の首を落とし、手羽先を背中に引っ掛け、外れないように固定しましょう。足は揃えてタコ糸で縛ります。形を整えておくと身崩れも起きにくくなります。

家庭のオーブンで約場合には

家庭のオーブンを使って焼く場合には、天板の上にクッキングシートを敷いて、鶏肉と野菜を乗せます。菜種油を塗り、220℃のオーブンで75分焼きます。途中で2~3回くらい天板ごと取り出し、鶏肉から出た油を表面に塗りましょう。油を塗ることで表面がこんがりと美味しく焼けます。

鶏の丸焼きは2日目も楽しめる♪アレンジ料理をご紹介

鶏の丸焼きが食べきれなかった場合、翌日にはアレンジを加えてさらに美味しくいただきましょう。

チキサラダサンド

鶏の丸焼きが残った場合には、身をほぐしサンドイッチの具材にしましょう。サンドイッチ用のパンにマヨネーズを塗り、鶏肉、レタス、きゅうりを挟みめば、美味しいチキンサラダサンドの完成です。

チキンスープ

市販のスープの元にほぐした鶏肉と溶き卵を入れれば、スープの完成です。鶏のダシがきいて食欲がない時にも食べられそうなメニューです。野菜を入れると栄養バランスも良くなります。

炭火焼きの香りがたまらないチャーハン

バーベキューで残った鶏肉や野菜には、炭火で焼いた香ばしさが染み込んでいます。これにご飯を入れてチャーハンにすると、香ばしさが美味しいチャーハンになります。味付けはシンプルに塩コショウだけでもいけちゃいます。

鶏肉のペペロンチーノ

残ったチキンをペペロンチーノの具材にしましょう。チキンやピーマンを入れて、ニンニクや唐辛子との相性も抜群です。

 - 食事やグルメに関する疑問