世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

サッカーの練習着は冬でも動ける準備で寒さも風邪も負けない対策

2019.3.24

サッカーの練習着について、冬の寒い日の練習にはどんな服装を準備したらいいのでしょうか?冬の練習は寒さで体が動かなくなってしまうこともあります。そうなると、風邪や怪我も心配になりますよね。ですから、冬の寒さにも負けないための服装の工夫をすることが大切です。

そこで、冬にサッカーの練習をするときの服装について、冬のサッカーの練習着に必要なインナーやインナーの上に着る長袖の練習着、練習着の上にもピステやウィンドブレーカーを着ること、セーターを着ることで温かさもアップすることや手袋とネックウォーマーを着用すること、風邪を予防するための着替えの用意などお伝えしていきましょう。

これを読めば、冬のサッカーの練習での服装について必要な物がわかり、どんな寒さ対策が有効なのかもわかるでしょう。冬の練習では服装の工夫や風邪の予防の準備をしっかり行って、サッカーを楽しみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スライディング【サッカー】の仕方とは?コツとポイント

サッカーのスライディングが上達するにはどんな仕方が必要なのでしょうか? ファウルをとられないス...

バスケの選抜になりたい!練習するときはココがポイント

バスケの選抜に選ばれるための練習とは?選ばれた人と自分にはどのくらいの差があるのか気になりますよね。...

サッカー選手がファウルの演技をするのはなぜなのか

サッカーの試合を見ていると、ペナルティエリアで大げさに倒れてファウルの演技をしている光景をよく目にし...

ダンスができない理由やNGな練習方法、上達するためのポイント

同じダンススクールに通っていても、上達の速い子とそうではない子がいますよね。 もともと持っている運...

バレー部のマネージャーの仕事の内容とキッカケややりがいとは

バレーが好きなので、バレー部のマネージャーになりたいけれどどんな仕事をするのか不安に感じてませんか?...

バレエに必要な柔軟性は厳しいレッスンだけでは得られない

バレエには柔軟性が必要ですが、厳しい柔軟ストレッチが嫌で挫折してしまう方も多いようです。 バレエは...

カホンの楽器の演奏方法を基本の叩き方から指先使いまで解説

一見椅子のような形をしている楽器「カホン」。その演奏方法も独特で、叩く場所や叩き方によって音色が全く...

ブリッジ【やり方のコツ】意識するポイントや注意点と練習方法

ブリッジのやり方にはコツがあります。一般的に言われるブリッジとは、仰向けになって両手と両足を地面につ...

バスケのシュート練習メニューで意識したいポイントについて

バスケのシュート練習のメニューでは、どんなことが上達につながるポイントになるのでしょうか?いつもシュ...

サッカー部のマネージャーの仕事の内容や魅力ややりがいを紹介

サッカー部のマネージャーになりたいと思っているあなた。 サッカー部のマネージャーにはどんな仕事があ...

テニスのラケット破壊。協会やスポンサーへペナルティとその背景

テニスの試合中、選手がラケット破壊する場面がありますね。 ラケットに当たるなんて…と思いますが、選...

部活は上下関係を学ぶことができる大切な場所面接で活かす方法

部活は上下関係を学ぶには、とても良い環境と言えるでしょう。 もちろん、その部活によって違いはあ...

空手は女子にもおすすめのメリットがたくさん!【子供の習い事】

子供の習い事はいろいろとありますが、空手は男子が多く習っているイメージを持っている方が多いと思います...

鳥かご【サッカー】のコツとは?顔をあげてやってみよう

鳥かごはサッカーのアップなどで行われるボール回しですがこのボールをパスする、カットするちょっとした動...

サッカーのキーパーグローブのお手入れ方法と選び方のポイント

サッカーでキーパーをしている人は、キーパーグローブをどんなふうにお手入れしたら良いのか知りたいですよ...

スポンサーリンク

冬にサッカーの練習をするなら練習着の中にインナーが必要

お子さんがサッカーチームに入っていると、特に冬場は体調管理が心配になります。練習着など着るものでカバーをして、風邪などをひかないように注意したいですね。

冬の時期は練習をして汗をかくとはいえ、練習中は練習着の中に着るものでバランスをとるべきだと思います。

何を着たら良いのか迷う時には、インナータイツがおすすめです。

インナータイツの良さは保温効果です。

練習中も温かさを維持することができ、動きやすいのが特徴です。サッカーのプレーには何も支障がでませんので、お子さんも冬の寒さを気にせずにサッカーの練習に励むことができます。

値段の目安は上下合わせて、大体3000円位でしょう。安いものでは1000円位のものもあると思いますが、3000円位を目安にしておくと良いと思います。

練習着の中に着れるもので温かさをカバーしていきましょう。

冬のサッカーの練習着はもちろん長袖にしましょう

冬のサッカー。この時期に温かい状態で練習をするためにも長袖の練習着を用意しましょう。

インナーで温かさを保ちつつ、更に逃さない状態にするために長袖の練習着を着用します。

値段は上記のインナーで紹介した料金と同じものになります。インナーも保温が保てるものを選び、練習着も長袖のものを着れば、冬のサッカーの練習にもお子さんは風邪も引くことなく、安心してプレーすることができます。着るもので上手にカバーして冬のサッカーの練習を乗り越えましょう。

サッカーの練習着の上にも着れば冬の寒さには負けない

ピステというものをご存知ですか?サッカーの練習着の上に着れるものなのです。

寒い冬にはピステを着て、寒さを凌ぐこともできますよ。

値段は高いもので8000円程と少し高くつきますが、お子さんが冬のサッカーの練習の最中に、寒さで風邪をひかないようにするには、おすすめのアイテムです。

練習着を着たその上からピステを着ます。お子さんがインナーと長袖の練習着も着ているのに、まだ寒いと言うのであれば、ピステを着せてみても良いと思います。

必要であれば、お子さんが好きなものを買ってあげたら喜ぶと思います。

インナーシャツの上にセーターを着れば温かさもアップ

家にあるもので寒さに耐えれるものといえばセーターです。

サッカーの練習でも、インナーの上にセーターを着せてあげればより体が温まってきます。

これ以上、冬のサッカーの練習をするのに服など増やしたくないと感じている場合は、今家にある温かい衣類で対応すると良いでしょう。

お子さんもいつも着ているものを着るので、サッカーの練習をしている時も動きやすいと思います。

一枚着るのでは温かさが違ってくると思います。一着お子さんに着せてあげて下さい。

手袋とネックウォーマーがあれば寒い冬でもバッチリ動ける

冬のサッカーの練習では練習着の他に、手袋とネックウォーマーを加えると温かいです。

冬の時期のサッカーの練習を更に乗り切ることができる、アイテムになります。

全体的に着るものをカバーしたとしても、見落としがちなのが、手と首です。その箇所の保温をするために手袋とネックウォーマーは必要です。

特にサッカーは手の動きも大切ですので、温まっているのかどうかでサッカーのプレーにも影響が出てきます。

手袋で温かさをカバーしてあげて下さい。また首に関していえば、これはオプションになってくると思います。お子さんが、首の部分も寒いと感じるのであれば、ネックウォーマーで首の部分も温めるようにしてあげて下さい。

風邪を予防するためにも必ず着替えは持っていきましょう

どんなに着るもので風邪の予防をしたとしても、着替えがないとやっぱり風邪は引きやすくなってくると思います。冬の時期のサッカーの練習でも汗はかきますので、練習後の着替えも必要です。

お子さんがサッカーの練習で着ている練習着一式をもう1セット用意します。汗をかいたら体が冷えないうちに着替えます。

保護者からすると、洗濯物も増えてしまい面倒に感じる事もあるとは思いますが、お子さんのためには必要な事と割り切りましょう。

特にインナーとタイツは取り替えた方が良いと思います。最低2着必要なのかもしれませんね。

冬のサッカーで、練習着の中に何を着たら良いのか、また、練習着の上に着せれるアイテムの紹介してきました。「どうしたら良いのか」と感じている人にとって、参考になれば幸いです。最後のつめとしては、「着替え」になります。特にインナーは忘れずにもっていって、お子さんが風邪をひかないように、予防対策をしてあげて下さい。

 - スポーツやアートに関する疑問