世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

後輩にイライラッ!部活で生意気な後輩への接し方について

2018.11.5

後輩にイライラする!
部活に必ずと言っていいほど存在する『生意気な後輩』

このタイプは自分以外の人に対して『なめている』ので、こちらの価値観で接するように言っても、伝わらないと諦めましょう。

誰からも尊敬される人って居ますよね?

後輩になめた態度を取られないようにするには、そんな人格者になるしかないのです。

相手にイライラしていないで、自分の精神を高いところへ持っていけるようにがんばりましょう!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

前腕の太さでモテる!?男性の平均や腕を太くする方法

前腕の太さは男の象徴とも言われますが、男性の前腕の太さの平均とはどのくらいなのでしょうか? ま...

バレエに必要な柔軟性は厳しいレッスンだけでは得られない

バレエには柔軟性が必要ですが、厳しい柔軟ストレッチが嫌で挫折してしまう方も多いようです。 バレエは...

前衛後衛があるソフトテニスそれぞれの適正や迷った時の選び方

前衛と後衛のダブルスが基本のソフトテニス。中学生から始めた方も多いのでは? 前衛になるか後衛に...

持久力をつけるトレーニングでバスケのスタミナをアップさせよう

バスケは常に走っているスポーツなので、持久力の増強が欠かせません。 トレーニングによって持久力...

卓球の練習方法!家でもできる卓球上達の練習アドバイス

卓球初心者の中には、家でも卓球の練習をして早く上達したいと思う方も多いでしょう。しかし、自宅に卓球台...

陸上の走り方【長距離編】長距離の走り方で重要なポイントを解説

陸上で長距離を走っている人の中には、どのような走り方をすれば長距離のタイムを上げることができるのか知...

バスケのシュートの飛距離を伸ばすために今からできること

バスケをしていてシュートの飛距離が伸びず、3Pシュートが上手くできない・・・と悩んでいませんか? ...

卓球でドライブが入らない悩みはこれで解決!コツを教えます

卓球の国際試合などを見ていると、ドライブが決まってかっこいいなと思いますよね。 でも実際に卓球...

スマッシュ【バドミントン】の打ち方とは?コツやポイント

バドミントンのスマッシュはどんな打ち方をしたら速く打てるようになるのでしょうか? スマッシュを...

バスケのシュートで回転かからないのはなぜ?原因と対処法

バスケのシュート練習をしても、回転かからないボールばかりでシュート率も悪い。 回転が上手くかか...

彫刻刀の彫り方。コツや刃の種類についてご紹介します

彫刻刀の彫り方にコツはありますか? 刻刀は主に4種類あります。 切り出し刀・丸刀・三角刀・平...

バスケの練習を家でする方法は?ボールなしでもできる練習法

当たり前のことですが、バスケの練習はすればするほど上達します。 でも、ボールはないし、広い庭が...

サッカーの練習メニュー【中学校】上達するには基本を見直す

サッカーの練習メニュー。 体力強化の筋トレや、ボールテクニックを上げる練習など、いろいろなアプロー...

バク転の練習!自宅での練習方法と注意点・恐怖心を取り除く方法

バク転ができるようになりたいと思っている人もいますよね。自宅でできる練習方法が知りたいという人もいる...

野球とサッカー・子供にやらせるならどっち?両者を徹底比較

これから子供にスポーツを習わせたいと考えている親御さんの中には、野球とサッカーのどっちを習わせたら良...

スポンサーリンク

後輩にイライラ!部活に居るこんな後輩がムカつく!

後輩が先輩のことをなめているとなれば、イライラしてしまうのも当然です。

例えば先輩に対してタメ口で話してしまう後輩なんかもいます。先輩に対して「マジっすか!?」「そうっすね~」なんて言葉遣いをする後輩がいますが、もしかすると本人は敬語を使っているつもりなのかもしれません…。この場合、きちんとした言葉遣いをするように指導してあげると良いでしょう。

また、部活を簡単にサボる後輩なんかもいますよね。みんな一生懸命に部活に取り組んでいる中でサボる後輩がいれば、部活全体の士気が下がってしまう可能性もあります。普段の練習でもすぐに手を抜いたり、ラクをしたりなど…。そういった姿を見ると、イライラしてしまうのも仕方がないことでしょう。

そして、完全に先輩のことをなめている後輩もいます。皮肉なことにも、先輩よりも実力のある後輩というのもいるんですよね…。そういった後輩の中には、先輩に挨拶をしなかったり、注意をしても聞かなかったりという人がいるのです。

こういった後輩の態度に、イライラしている先輩はあなただけではありませんよ。

後輩にイライラするのは、生意気だから?部活をまとめるためには厳しい態度も必要

自分が後輩だった時のことを考えると、厳しい先輩よりも優しい先輩の方が好きだったという人は多いのでは無いでしょうか?

自分もそんな優しい先輩でありたいと思っても、一歩間違えると生意気な後輩を生み出してしまう危険性もありますので注意しなければいけません。

後輩を調子に乗らせない為には、時には厳しい態度で接することも大切なのです。そして、一度生意気な後輩を作り出してしまうとその後が大変です。その為、早い段階から厳しくするところはするといった態度で後輩と向き合うようにしましょう。

後輩には、きちんと思っていることを伝えてください。先輩には生意気な態度をとるべきではないこと、自分が迷惑していること、後輩の態度のせいで部活全体の士気も下がってしまうこと…。

これらを冷静に伝えれば、きっと後輩も理解してくれるのではないでしょうか。

後輩がミスしたのを良いことに、そのタイミングでここぞとばかりに日頃の思いをぶつけるのはNGですよ。後輩からは感情的になる先輩だと思われるだけでしょう。

まずは後輩の意見も聞いたうえで、何が悪かったのか、今後はどうするべきなのかなどを落ち着いて話し合いましょう。

後輩にイライラさせられる!部活の後輩がウザいのは自分に実力がないから

後輩が生意気な態度をとってきてイライラしてしまう場合、悪いのは後輩!とばかり思ってしまいがちですが、もしかするとあなたにも多少原因はあるのかもしれません。

あなたは、自分が後輩に尊敬されるような先輩であるという自信はありますか?後輩からは「先輩面して偉そうにしている」なんて思われているかもしれませんよ。

口先だけで言っていても、行動で示さなければ後輩には伝わりません。まずは実力をつける為の努力をしっかりとしてください。

そして、後輩の手本になるような先輩を目指しましょう。例えば後輩に先輩のことをもっと尊敬して欲しいと思うのであれば、自分もその姿を後輩に見せる必要があります。言葉で伝えるよりも、行動で見せる方が効果があるのです。

上記のことを実行することで、きっと後輩も少しずつ変わってきてくれることでしょう。

後輩にイライラ。この状況を乗り越えるには?

後輩にいつもイライラしていると、段々とストレスが溜まってきてしまいますよね。本当はこうしたい、こうして欲しいという気持ちがあるのに、思い通りにならないことが続けばストレスは溜まっていく一方です。

そんな時、そのストレスをただの悪いものだとネガティブに捉える人もいれば、ポジティブに捉えて自分の力にする人もいます。つまり、同じストレスでも考え方によっては良くも悪くも働くのです。

ただ、ストレスをポジティブに捉えるというのが一体どういうことなのか、よくわからないですよね。具体的には何をしたら良いのでしょうか?

まず、今起きている現状に対して、今後どうなって欲しいのかを考えてください。それを具体的にイメージすることで、今自分は何をしなくてはいけないのかということが見えてくるはずです。

もし自分一人では解決策が見つからないという場合には、もちろん人に相談してみるのも良いでしょう。

こうしてストレスに前向きに向き合って改善策を見つけることで、この辛い状況を乗り越えることが出来るのです。

イライラするのは、相手にではなく自分に。怒りをコントロールして

後輩がミスなどをしてイライラすることがありますが、頭ごなしに怒るのはNGです。感情に任せて怒っても何も良いことはありません。

そもそも怒るのは、今後改善をしてもらってより良くしていきたいと思うからですよね?それなのに感情に任せて怒ってしまうと、ただの自己満足にしかならないのです。

まずは冷静になって、どうしてこういったミスが起きたのか?どうすればこのようなミスが起こらなかったのか?などを自分の中で整理してください。後輩に対して怒るのはそれからです。

むしろ、出来ることなら怒らないで後輩に伝えたいことを伝えるのが一番です。怒られると相手は萎縮してしまいますので、可能であれば普通の会話で思いを伝えるようにしましょう。そうすることで、後輩からも素直な意見が聞けることかと思います。

 - スポーツやアートに関する疑問