世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

スマッシュ【バドミントン】の打ち方とは?コツやポイント

2018.10.15

バドミントンのスマッシュはどんな打ち方をしたら速く打てるようになるのでしょうか?

スマッシュを打つときには、インパクト(当たる)瞬間以外にも様々なことを意識する必要があります。

その意識するのは、どんなことなのでしょうか?スマッシュを打つ時のコツやポイントを紹介します。
ひとつひとつ、確認してみるといいでしょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

剣道を女子が中学から始めても大丈夫?中学から始めるメリット

剣道に興味を持っている女子中学生もいるのでは? でも中学から始めて、小学生から始めている子達には到...

相撲観戦の服装についてオススメや注意点とより楽しめるアイテム

相撲観戦の服装について、初めて行くならどんな服装を着ていくべきか悩む人も多いでしょう。テレビで中継し...

競泳平泳ぎを速く泳ぐコツ!速く泳ぐために大切なポイントを解説

競泳で平泳ぎをしている人の中には、今よりももっと速く泳げるようになりたいと思う人もいますよね。平泳ぎ...

前衛後衛があるソフトテニスそれぞれの適正や迷った時の選び方

前衛と後衛のダブルスが基本のソフトテニス。中学生から始めた方も多いのでは? 前衛になるか後衛に...

テニスのラケット破壊。協会やスポンサーへペナルティとその背景

テニスの試合中、選手がラケット破壊する場面がありますね。 ラケットに当たるなんて…と思いますが、選...

バレエの先生が無視?怖い先生との違いと無視と感じてしまう理由

バレエの先生から無視をされることほど辛いものがありません。 なぜ自分にだけ注意をしてくれないのか、...

スキーのパラレルターンのコツとは?ポイントは大回り

スキーのパラレルターンにはどのようなコツがいるのでしょうか?なかなかパラレルターンが上手くできないと...

テニスの練習メニューについて。部活練習で試合を意識するコツ

テニスの部活の練習メニューは、いつも同じ様な流れで行うことが多いと思います。 しかし、いつも同じ様...

バドミントンは身長が高いと有利?低い人の攻め方や戦術方法とは

スポーツ選手は身長が高いと有利なものがたくさんありますが、その中でもバドミントンは、背が高いと有利な...

スキーリフトの降り方のコツ!慣れるまでは係員に一声掛けよう

スキー初心者にとって緊張するのが、リフトの乗り降りです。 特に降り方に苦戦する方が多く、タイミング...

ソフトテニスのストロークを安定させるためのコツは打ち方!

ソフトテニス部に入ったもののストロークが安定しないと悩んでいませんか? 硬式とは違ってボールを...

ピアノを習う男子は中学からが分かれ道!目指せピアノ男子

ピアノを習っているのは圧倒的に女子が多いですよね。 クラスの中でピアノを習っている女子は、どのクラ...

チケットを譲りたくない!と感じた時の上手な断り方

友達から「○○のコンサートチケットお願いできる?」と言われる事もあります。でも相手によってはどうして...

バク転の練習!自宅での練習方法と注意点・恐怖心を取り除く方法

バク転ができるようになりたいと思っている人もいますよね。自宅でできる練習方法が知りたいという人もいる...

バスケのシュートの飛距離を伸ばすために今からできること

バスケをしていてシュートの飛距離が伸びず、3Pシュートが上手くできない・・・と悩んでいませんか? ...

スポンサーリンク

バドミントンのスマッシュの打ち方のコツとは?

バドミントンを始めると、上手にスマッシュを打ちたくなりますよね。
試合でスマッシュが決まった時の爽快感はたまらないものがあります。

スマッシュはバドミントンの中ではとても攻撃的な打ち方です。
角度のついたスマッシュが打てると、試合で優位にたつことができます。

早い角度のついたスマッシュを打つ為にはフォームや打点の確認を

  • バドミントンのスマッシュは、体の真上ではなく、少し前の打点でシャトルを捉えるように意識しましょう。
  • シャトルをラケットの面で捉えたら、上から下へ振り下げるように打ち抜きます。
  • 初心者の場合には、ラケット面を真っ直ぐ当てるように練習しましょう。
  • それから、角度やスピードの課題をクリアするようにします。
  • スマッシュは高い打点の方が角度をつけることが出来ますが、高さを意識するあまり腕を伸ばしきってはいけません。

ラケットの一番高いところから少し前で打つのがコツです。
そうすることで角度がつき、打ち返しにくいスマッシュになります。

バドミントンのスマッシュ打ち方で大切なのはラケットを握るタイミング

バドミントンのスマッシュの打ち方で大切な事は、打点以外にもあります。

バドミントンのラケットをギュッとしっかり握ってはいませんか?
特にスマッシュの時には、力いっぱい打ちたい思いのあまり、手に力が入ってしまっている人が多いです。

バドミントンのすべてのショットに共通していますが、力を入れるのはラケットがシャトルを捉えた瞬間だけです。
それ以外の時にはラケットは緩く握るだけにします。

ラケットを緩く握ると余計な力が入らず、ラケットを早く振る事が出来ます。
ラケットスピードはスマッシュのスピードにも比例しますから、早いスマッシュを打ちたいのなら無駄な力はいれず、素早くラケットを振ることを意識しましょう。

ラケットスピードが上がれば、スマッシュの打球スピードも上がります。

バドミントンのスマッシュの打ち方を練習するときのポイント

バドミントンのスマッシュの打ち方を練習する時にはフォームを意識しましょう。

スマッシュは体より前で打つ事が大事です。

素振りを練習する時には、実際にシャトルが飛んできていることをイメージして、打点を意識しながら行ないます。
紐でシャトルを吊るして、打点を矯正するのも良いでしょう。

ノックを上げてもらう時には、半面からはじめましょう。
そのときにフットワークも一緒に行ないます。
ノックを上げてもらったら素早く移動して、スマッシュを打ち、また戻ります。

実はこの素早く移動するというのはとても大切です。
早く角度のついたスマッシュを打つためには、素早く打点まで移動しなくてはいけません。
無理な体勢でスマッシュを打っても、上手には打てないでしょう。

試合で良いスマッシュを打つためには、フットワークがとても重要になります。

バドミントンのスマッシュの打ち方がしっくりこない、その理由とは?

バドミントンでスマッシュを打つ時に、なんだかしっくり来ないという人は、ラケットの持ち方を確認してみましょう。

バドミントンにはラケットの持ち方が2種類ある

持ち方はイースタングリップとウエスタングリップです。

  • イースタングリップは握手する時のように手を出して、ラケットを握ります。
  • ウエスタングリップはラケットを地面に置いて、上から握った状態の握り方です。

バドミントン初心者でなかなかシャトルに当てられないと、ウエスタングリップで持ってしまう人がいます。
しかし、イースタングリップでなくては出来ない技術がたくさんあるので、バドミントンではイースタングリップを習得しなくては上達が難しいでしょう。

もし、ウエスタングリップになっているなら早めに修正しましょう。

イースタングリップで上手に打てない場合には、体の向きがネットに対して正面を向いていませんか?

イースタングリップでシャトルを上手に打ち返すには、体はネットに対して半身になっていなくてはいけません。
スイング動作時に体や手首の回転させながら打ちます。

体を回す正しいフォームの素振りを繰り返し練習して、身につける事が重要です。

バドミントンの打ち方の基本的な流れを復習しよう

バトミントンでスマッシュを打つ時の基本的な流れは以下になります。

  1. ネットに対して半身にる
    シャトルに体や手首の回転のパワーをのせるためです。
    正面を向いていては、腕のパワーしかつたわりません。
  2. 高い位置で打つ
    スマッシュの場合にはラケット側の少し前が打点になります。
    体の中心では肘が伸びてしまうためラケット側にやや寄せるのが良いでしょう。
    打点を高くすることで角度をつける事が出来きます。
    特にスマッシュの場合には角度がつくと、打ち返されるシャトルは下から来るので怖いショットは返ってきません。
  3. 打つ瞬間だけ力を入れる
    力を思いっきり入れるのは打つ瞬間だけです。
    それ以外の時は力を抜き、グリップを緩く握るようにしましょう。
    余計な力が入っているとスイングの時に肩から肘へ上手く力が伝わらず、スイングスピードが上がりません。
    スイングしスピードが遅いとスマッシュの速度も遅くなってしまいます。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - スポーツやアートに関する疑問