世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

体育のサッカーは初心者には難しい!コツやポイントを紹介

2018.11.10

体育のサッカーではどんな動きをしたらいいのでしょうか?何をしたらいいのか、どこにいたらいいのかわからないサッカー初心者はこのようなことを意識するといいでしょう。
ボールに近づかなくても触らなくてもいいんです。体育のサッカーをするときのコツは、どれだけ〇〇に徹するかです。

少しでもサッカーの授業が楽しいものになりますように。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

夏休みの部活がきつい、しんどいときはこうして乗り切ろう

夏休みの部活がきついから行きたくない。こう暑かったら誰でも一度はそう思うのではないでしょうか? ...

バレーのレシーブを受けると痛い!ボールが痛くない受け方とは

バレーのレシーブがめちゃくちゃ痛い!体育の授業でバレーをしたら腕があざだらけになってしまった。そんな...

ダンスが下手な理由とは?ダンスの見栄えをよくする方法もご紹介

中学校の必須科目となっているダンス。 習い事でダンスを習っている子にとっては楽しい授業でも、ダンス...

バスケのシュート練習方法、女子が悩む飛距離を伸ばすコツも!

バスケで一番身に付けたい技術がシュートです。特に女子は飛距離が伸びないため、シュート練習が重要になり...

バスケ初心者の自主練におすすめのメニューと上達のポイント

バスケを始めたばかりのバスケ初心者には、どのような練習方法がいいのでしょうか? 試合形式の練習もも...

持久力をつけるトレーニングでバスケのスタミナをアップさせよう

バスケは常に走っているスポーツなので、持久力の増強が欠かせません。 トレーニングによって持久力...

バレエに必要な柔軟性は厳しいレッスンだけでは得られない

バレエには柔軟性が必要ですが、厳しい柔軟ストレッチが嫌で挫折してしまう方も多いようです。 バレエは...

ダンスの振り付けの考え方とコツがわかれば悩みは解決できます

創作ダンスの振り付けが全く思いつかない…。ダンス初心者の悩みの中でも一番多いのがこの「振り付け」です...

ピアノを習う男子は中学からが分かれ道!目指せピアノ男子

ピアノを習っているのは圧倒的に女子が多いですよね。 クラスの中でピアノを習っている女子は、どのクラ...

部活は上下関係を学ぶことができる大切な場所面接で活かす方法

部活は上下関係を学ぶには、とても良い環境と言えるでしょう。 もちろん、その部活によって違いはあ...

足の遅い女子の悩み。早い子との違いや早く走る為に出来る事

足が遅いので体育や運動会が苦手という女子も実は案外多いのです。 特にイヤなのが、体育の授業の5...

卓球の練習方法!家でもできる卓球上達の練習アドバイス

卓球初心者の中には、家でも卓球の練習をして早く上達したいと思う方も多いでしょう。しかし、自宅に卓球台...

彫刻刀の彫り方。コツや刃の種類についてご紹介します

彫刻刀の彫り方にコツはありますか? 刻刀は主に4種類あります。 切り出し刀・丸刀・三角刀・平...

トスの基本。バレーでアタックを活かすトスのコツと練習方法

バレーの攻撃の際の基本となるのが、アタッカーにつながるトス。 セッターのあげた打ちやすいトスが...

部活のキャプテンに向いてる人って?今日からキミがキャプテンだ!

部活のキャプテン。 どんな性格の子がキャプテンに向いてる人って言えるのかな? 運動部でも...

スポンサーリンク

体育のサッカーが難しいのは仕方ない?コツはチーム分け

学校の体育のサッカーが難しいと感じるのは仕方がない

多くの人がご存知の通り、サッカーは1チーム11人で行うスポーツです。対戦相手も入れると22人にもなります。

1チーム11人を多いと思うは少ないと思うかは別にして、11人全員がゲームにまんべんなく絡めるかというと難しい問題があります。

やはりサッカー経験者や能力の高い人ばかりがボールに多く絡んでいきがちです。
活躍の場がほとんどないという生徒もでて来るのです。

ボールにすれさわれないとなると、楽しくはないでしょう。立ったまま、または走っただけなので。

逆にできる人は出来ない人の気持ちがわからないもので、いつまでたってもお互いがわかりあえないのです。

その結果としてボールにからめない人は、サッカーが楽しくない、難しいとなってしまうのではないでしょうか。

さらには邪魔扱いされた日にはサッカーが嫌いになってしまうことも。

そこで、レベルに合わせてチーム分けをしたり、ゲーム形式ばかりを取り入れずに練習のパターンを増やすことを提案したいと思います。

体育のサッカーは動き方を知るのがコツ

サッカーをやっていたら、試合中にどう動いたらいいのかわからないという人もいます。やはり初心者に多いでしょう。

ではどう動けばいいのでしょうか。

体育のサッカー、ディフェンスの話

最初にやることは相手がせめてきたら、自分がゴールとボールの間にはいるようにします。
上手い人の見本を見ることも大切です。どこでどんな動きをしているのかをよく観察しましょう。

攻めている相手がいくら上手くても、何度がディフェンスされることでシュートを外したり、ボールを取られることがでてきます。

ディフェンスをしてプレッシャーをかけることで相手はミスをします。そのコツを掴むのです。

次に攻めているパターンをみてみましょう。

ボールを持っている人の前を自分が走るのがポイントです。
ドリブルをしている人の後ろを走っていたのでは、攻撃には参加出来ないことを知っておきましょう。

前を走ってボールをもらいゴールに近い位置ならシュートも打てます。
もし入らなくても、パスをもらう、シュートを打つというのは気持ちがいいものです。

体育のサッカーは守りに徹するのがコツ

サッカーの経験がない人

足でボールを操ることはなかなか難しいものです。

上手く蹴れないと攻撃するということはもっと難しいでしょう。そこでディフェンスから初めてみましょう。

相手チームの人がボールを持ったら、全力でディフェンスに戻ります。

ドリブルしている人の邪魔をする、前に立つだけでもいいのです。ここにもポイントがあります。

勢いにまかせて突っ込んではいけません。勢いにまかせて突っ込んでくる人はドリブラーにとって抜きやすいのです。立つだけでもドリブラーのスピードは落ちますのでそれだけでも効果はあります。

またトラップも重要です。ダイレクトシュートやパスはカッコいいですが、初心者にとってはとても難しい行為です。
ボールが来たらまずは確実にトラップしてボールを止めましょう。

体育でサッカーの試合をするときのコツ「ディフェンス」の方法

そしてディフェンスをする上で重要なことは失点をしないことです。
ボールをうばう事よりも、相手を止めることよりも大事なのが失点しないことなのです。
失点しないことを最優先に考えましょう。

ディフェンスをしている時に、自分の後ろにボールを運ばせないということも重要です。
ボールを運ばせないということはゴールには近づけないということです。
失点を防ぐことができます。

ディフェンスは個人個人ではなく、組織的なディフェンスを!
ディフェンスの数人の距離感や行き息の合ったポジショニングも大切です。

ゾーンディフェンスと言われる守備戦術もあります。チームの組織全体を使って守備をすることで、ディフェンス力があがります。

全体の中の自分のポジショニングを意識してプレイしてみてください。

体育のサッカーもボールではなく全体を見ることが大切

サッカーの指導者の話

ピッチの中で一番はやく動けるものはなんでしょう。もちろんボールです。

そこで味方の人がボールを持っている時にどうするかということを考えさせます。
またボールが離れてしまったらどうするかということも考えさせます。

次にサッカーコートも大きさは決まっていることも伝えます。

ここでのポイントは、ゴールからゴールまでの間は、守備側も警戒する部分という事です。
限られたスペースの中のなかでいかに相手ゴールまで近づくかということ。

そこで攻撃の場面ではスペースを作ることが重要になってきます。

攻守の切り替えが激しいサッカーでは、フェンスとオフェンスのバランスや切り替えのタイミングをいち早く察知して動くことが重要なポイントなのです。

 - スポーツやアートに関する疑問