世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

バスケ初心者の自主練におすすめのメニューと上達のポイント

2018.10.25

バスケを始めたばかりのバスケ初心者には、どのような練習方法がいいのでしょうか?
試合形式の練習ももちろん重要ですが、スポーツはやはり自主練も欠かせないものです。普段からボールに慣れて、ボールも体の一部のようにコントロールできると良いですね。
バスケ初心者におすすめの毎日の自主練に取り入れたいメニューや、練習方法をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

持久力をつけるトレーニングでバスケのスタミナをアップさせよう

バスケは常に走っているスポーツなので、持久力の増強が欠かせません。 トレーニングによって持久力...

野球とサッカー・子供にやらせるならどっち?両者を徹底比較

これから子供にスポーツを習わせたいと考えている親御さんの中には、野球とサッカーのどっちを習わせたら良...

相撲を見ていると気になる力士の怪我。怪我が多い訳を考える

海外でも関心を集める相撲。多くの人気力士が登場する一方で、怪我が多いことが話題になることも。 ...

ダブルスの試合で勝ちたいテニス女子のためのコツと練習方法

女子テニス部に入ってダブルスの試合に出ることになると、どうすれば勝てるのか、またそのためにはどんな練...

卓球の練習方法!上達のための一人でもできる自宅練習メニュー

中学生になり、部活で卓球を始めたという方も多いですよね。 早く上達するために、自宅でも一人で練習を...

トスの基本。バレーでアタックを活かすトスのコツと練習方法

バレーの攻撃の際の基本となるのが、アタッカーにつながるトス。 セッターのあげた打ちやすいトスが...

【部活を休む理由】さぼりたい時に使える理由を教えます

本当はだめだけど、今日だけは部活をさぼりたい、毎日練習を頑張っている人であれば、そんな日もあるのでは...

バスケのシュート練習メニューで意識したいポイントについて

バスケのシュート練習のメニューでは、どんなことが上達につながるポイントになるのでしょうか?いつもシュ...

スキーリフトの降り方のコツ!慣れるまでは係員に一声掛けよう

スキー初心者にとって緊張するのが、リフトの乗り降りです。 特に降り方に苦戦する方が多く、タイミング...

スライディング【サッカー】の仕方とは?コツとポイント

サッカーのスライディングが上達するにはどんな仕方が必要なのでしょうか? ファウルをとられないス...

リレーで速く走るコツとは?カーブはこうして駆け抜けよう

リレーのカーブはどのように走ればいいのでしょうか?リレーで速く走るコツとは? 誰もがスピードの...

ピアノを習う男子は中学からが分かれ道!目指せピアノ男子

ピアノを習っているのは圧倒的に女子が多いですよね。 クラスの中でピアノを習っている女子は、どのクラ...

ホラーとサスペンスの違い!似ているようで違った2つの特徴

ホラー、サスペンスと聞いて、皆さんは何をイメージしますか?この2つの言葉、似ているようで少し違った意...

スキーのパラレルターンのコツとは?ポイントは大回り

スキーのパラレルターンにはどのようなコツがいるのでしょうか?なかなかパラレルターンが上手くできないと...

バスケのシュート練習は自宅でも出来る。色々な方法と効果とは

バスケのシュートを簡単そうに入れる人を見て、羨ましいと思ったことはありませんか? バスケのシュ...

スポンサーリンク

バスケの自主練メニュー~一人でできる練習

バスケの自主練。一人でも出来る練習はどのような練習方法があるのでしょうか。まずイメージトレーニングがから初めてみましょう。自分が仲間にパスを出す所をイメージします。イメージするパターンは速攻やセットオフエンスなど色々イメージをしてみましょう。イメージトレーニングが終わったら、壁に向かいパスします。壁に目標を立てて目標にパスを出します。狙った所に正確にパスを出せるようにします。ボールの回転によっても跳ねる方向も変わってきますのでその変も意識してパスを出すようにしましょう。

そして1人パス、ミートキャッチをします。1人でボールを前の方に投げて地面から跳ね返ったボールをジャンプしてミートキャッチします。ボールを投げると近位回転をかけてするよ、自分の所に戻っくるようになるので練習がやりやすくなります。そして筋トレも大切です。

初心者のバスケの自主練メニューはまずはボールに慣れる

バスケ初心者はボールをコントロールする必要があります。そこでボールハンドリングの練習をするようにしましょう。ボールハンドリングの練習をするとドリブルやシュート、パスなどがイメージしている通りにプレー出来るようになります。練習は1人でも出来るので部活が始まる前に練習をするようにしましょう。

バスケ初心者におすすめのボールハンドリングの練習方法

まずボールを頭、お腹、足の順にぐるぐる回します。出来るだけ体を動かさないようにボールを回すようにします。次に又の下で足の回りを8の字を描くようにボールを回します。そしてボールを正面から頭上に投げ上げてリズミカルに背中で受け止める背面キャッチ、股下でボールを前後から挟むように両手で持って、その手を入れ替えてボールをキャッチする練習方法があります。

このようなボールハンドリングの練習をすることで、ボールコントロールのレベルが上がります。初心者のバスケの自主練習はまずボールの扱いに慣れることなので、毎日練習するようにしましょう。

バスケの自主練メニュー!ボールを見ないでドリブル

初心者はバスケの自主練メニューにボールを見ないでドリブルする練習を入れよう

バスケ初心者の場合、はじめのうちはボールを見てしまうのは仕方のないことです。慣れて来たら目線は別の場所を見るようにしましょう。方法は鏡を見ながらドリブルをしたり、コーンを使ってドリブルをするのもいいです。又練習中に他の人のプレーを見ながらドリブルの練習をするのもいいです。ボールを持ったまま、ただ立っているのはとても勿体無いことです。

そしてドリブルの練習をするときは、練習のときから顔を上げてドリブルの練習をすることです。下を見ながらドリブルをしてしまうと視野が狭くなってしまいます。そのためドリブルの練習をするときは意識して顔を上げるようにしましょう。

ドリブルの駆け引きはボールに緩急を付けるのがポイント

バスケで大事なことはスピードよりも緩急です。試合中ドリブルの駆け引きが上手な選手は緩急がとても上手です。やみくもにスピードで交わそうとしているのではなく、ゆっくり見せて速くしたり、大きなドリブルにみせかけて、小刻みなドリブルで相手を出し抜くというような技を持っています。

この技は練習を重ねて習得することが出来るのです。相手の反応を見てその瞬間にあうドリブルが出来るようになるには、たくさんの試合を経験しないといけません。練習や試合を経験することで相手ディフェンスの反応を見ながら適切なドリブルが出来るようになるのです。

ドリブルの技の中で一番シンプルな交わし方はフロントチェンジになります。相手ディフェンスの手前で、ドリブルチェンジをして目の前のディフェンスを交わしていく方法です。右から左に切り替えしたり、左から右に切り返す方法です。バスケ初心者はこの練習から始めると上達が早くなります。

バスケの動きに合わせた体力作りを

バスケットボールの動きに合わせた体力作りをするようにします。高校生、大学生、プロのバスケの試合は10分間1ピリオドで第4ピリオドまであり、計40分間行われます。そうなると試合に合わせた体力も必要になってくるのです。

体力トレーニングを紹介します。短い短距離での激しい切り返しのトレーニングのシャトルランです。スリースローラインまでの往復、ハーフラインまでの往復など臨機応変に行いましょう。シャトルランはバスケットボールに必要な切り返しの動きが多くあるトレーニングになります。ターンの素早さは次の動作へ移る動作に欠かせない大切なトレーニングになります。

そしてダッシュとストップ。短い時間を休憩を入れて全力で走るスピードトレーニングです。10秒間全力で走って止まり10秒間休憩する。このことを繰り返し練習します。とても負荷のかかるトレーニングなので、はじめのうちは走る時間を短く設定し慣れて来たら時間を長くすることをオススメします。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - スポーツやアートに関する疑問