世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

バドミントンのレシーブが奥まで飛ばないときの対処方法やポイント

2018.10.26

バドミントンのレシーブが飛ばない、届かない原因にはどんなものがあるのでしょうか?
力いっぱい打っているのに飛ばないのは、力の入れ方や姿勢が間違っている?上手い人との違いとは?

バドミントンのレシーブを返すときには、このことを意識するといいでしょう。鍛えるべきポイントやレシーブを返すときのコツを紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

バク転の練習!自宅での練習方法と注意点・恐怖心を取り除く方法

バク転ができるようになりたいと思っている人もいますよね。自宅でできる練習方法が知りたいという人もいる...

水泳のキックを強化するには?家でできるトレーニング方法

水泳のタイムを速くしたいならキックを強化することが近道と言えるでしょう。 クロールのキックを強...

日本代表のサッカーユニフォームはなぜ青?その理由について

サッカーのユニフォームといえば、他の国を見てみると国旗のカラーがそのまま使われている場合が、多いです...

バレーのレシーブを受けると痛い!ボールが痛くない受け方とは

バレーのレシーブがめちゃくちゃ痛い!体育の授業でバレーをしたら腕があざだらけになってしまった。そんな...

部活女子には色々なあるあるネタが存在。共感出来るネタまとめ

何か部活はやっていますか? 運動部からは女子テニス部・女子バスケ部・弓道部・水泳部・陸上部の「ある...

夏休みの部活がきつい、しんどいときはこうして乗り切ろう

夏休みの部活がきついから行きたくない。こう暑かったら誰でも一度はそう思うのではないでしょうか? ...

鳥かご【サッカー】のコツとは?顔をあげてやってみよう

鳥かごはサッカーのアップなどで行われるボール回しですがこのボールをパスする、カットするちょっとした動...

ダブルスの試合で勝ちたいテニス女子のためのコツと練習方法

女子テニス部に入ってダブルスの試合に出ることになると、どうすれば勝てるのか、またそのためにはどんな練...

水泳でビート板のバタ足が上手く出来ない方へ!コツとは

子供が水泳を習っていたり、健康や運動のために水泳をやっている人もいますね。 なかなか上達しない...

幼稚園の運動会でPTA競技が盛り上がる法則やオススメと注意点

幼稚園の運動会ではPTA競技も定番ですが、子供と一緒に盛り上がれる競技がいいですね。 幼稚園の運動...

バレエの先生が無視?怖い先生との違いと無視と感じてしまう理由

バレエの先生から無視をされることほど辛いものがありません。 なぜ自分にだけ注意をしてくれないのか、...

サッカーの練習メニュー【中学校】上達するには基本を見直す

サッカーの練習メニュー。 体力強化の筋トレや、ボールテクニックを上げる練習など、いろいろなアプロー...

バンドのギターの音作りのコツは?音作りが上手くなるには

バンドのギターの音作りでは、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか? また、バンドのギターの...

リレーで速く走るコツとは?カーブはこうして駆け抜けよう

リレーのカーブはどのように走ればいいのでしょうか?リレーで速く走るコツとは? 誰もがスピードの...

相撲を見ていると気になる力士の怪我。怪我が多い訳を考える

海外でも関心を集める相撲。多くの人気力士が登場する一方で、怪我が多いことが話題になることも。 ...

スポンサーリンク

バドミントンのレシーブが飛ばない原因とは?

バドミントンをする時には、シャトルをよく見る事が大切です。

シャトルが、どこへ飛んでいくかの方向の予測と、自分との距離をよく知る事です。

そして、そのシャトルのところに、角度を考えてラケットを出して打つのです。

シャトルが飛んできても、自分とラケットから近すぎても、隙間がなくて打てないし、遠ければ届きません。

なので、シャトルの落下するであろうするところで、打ちやすい場所まで移動もいないといけません。

落ちてくる所まで移動しても、ラケットで打てなければ意味がないのです。

また、ラケットを持っている反対側に来たシャトルなら、ラケットをバックで打つなどの対応もしないといけません。

そのようにシャトルの方向などで打ち方も変わりますので、打つたびに、ラケットの持ち方を真ん中に戻すようにしましょう。

シャトルがくる速さに合わせられるようにしましょう。

バドミントンのレシーブが飛ばないなら握り方を見直してみよう

グリップの握り方が間違えていないか気をつけましょう。

握り方にクセがついて、間違えた持ち方をしている人がたまにいます。

自分のグリップの握り方を見て、もしも、親指と人差し指が、同じような位置にあるなら直しましょう。

親指と人差し指が、同じくらいなら、手首を使う事が難しくなってしまいます。

バドミントンのグリップの握り方

グリップは、ラケットの面を立ててラケットのグリップと握手をするようにして、人差し指が上にあれば、力も伝わりやすくなりますので、打ったときのシャトルに速さが出ます。

握り方だけでも全然違ってきて、特に上手になってきた時に間違えたクセが付いてしまっていれば、その後が大変になってきますので気をつけましょう。

バドミントンでレシーブが飛ばない姿勢とは?

バドミントンは、グリップの握り方はもちろん、姿勢も大切です。

レシーブを強化させたい時、姿勢について心がけること

バドミントンでは、相手の打球を待っている間の姿勢もしっかりと基本があります。

ちょっと、かかとを浮かせるようにしてヒザを少し曲げ、体を前に少しだけ傾けるように、体重をのせるように、重心を前にします。

前傾姿勢でいる事によって、打つ時に体重や力が乗りシャトルを速く打ちやすくなるのです。
まだバドミントンを始めてばかりの頃の試合などでは、とても早い速度でシャトルが飛んでくるので、怖くて体を後ろに引いてしまう事がありますが、もしも後傾になってしまうと、レシーブがちゃんと打てなくなってしまいます。

できるだけスキーのように前傾姿勢にして、怖がらずに重心を前にしましょう。

また、肩幅より少し足を広くとり、右足をちょっと(半歩分位)前におきます。

この姿勢によってどちらの方向にシャトルがきても、素早く動けます。

バドミントンのレシーブを強化したいならココを鍛えよう!

姿勢もグリップの握り方もしっかり正しくできるようになってから練習していきます。

バドミントンでのレーブを強化する為に筋肉をつける方法

バドミントンに使用する筋肉はいくつもありますが、特に早く遠くに飛ぶ事を考えれば、手首が重要です。

手首を鍛えるには、素振りがとても大切なので、正しい素振りのフォームを覚えてしっかりと繰り返しやりましょう。

手首などが疲れたというまで繰り返し素振りをやる事で、手首の筋肉を鍛える事や、打つ時の対応ができるようになってきます。

また、素振りも、上から下だけではなく、下から上、ラケットを持っている反対側からきたシャトルを打つバックの素振りなどもやっていきましょう。

とりあえずは、姿勢、グリップの握り方が出来ていて、正しい素振りの練習をしていれば、最初のうちは、こちらのネット側にきたシャトルに対して、ラケットの面を当てて打つという繰り返しでも大丈夫です。

また、スマッシュにも怖がらずに向かっていき打てるようになる事が大切です。

バドミントンのレシーブを打つときこそ平常心

バドミントンをある程度やっている人は、そんなに力を入れずに、動きもすくなくシャトルを遠くに速く飛ばせることができます。

逆にまた始めてばかりの人は、全力でやっていてシャトルがあまり飛ばないです。

始めてばかりの人は、シャトルがどのように向かってくるかの位置や角度などが分かりにくく、把握しにくいです。

また、シャトルと自分の距離、ラケットの面との距離感にも慣れていません。

速いシャトルがくると、怖くて体が思うように動かない事もあります。

自分ではちゃんとした動きが出来ているつもりでも、実は普段の練習とは違った動きになってしまっている人は多いです。

その時のシャトルの回転などによっても違ってきたりしますので、レシーブを怖がらずに、自分の想像よりも強いリストスタンドを心がけましょう。

リストスタンドはもちろん、基本の内旋と外旋をしっかりとできるようになりましょう。

 - スポーツやアートに関する疑問