世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

バレエの先生が無視?怖い先生との違いと無視と感じてしまう理由

2018.10.26

バレエの先生から無視をされることほど辛いものがありません。
なぜ自分にだけ注意をしてくれないのか、自分には関心がないの?と悩んでしまうでしょう。

意地悪なバレエの先生ほど無視をする?怖いバレエの先生との違いとは?意地悪じゃないならなぜ無視をするの?

バレエの世界にはいわゆる「ひいき」が存在するとか。その理由についてもまとめました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

日本代表のサッカーユニフォームはなぜ青?その理由について

サッカーのユニフォームといえば、他の国を見てみると国旗のカラーがそのまま使われている場合が、多いです...

乗馬の4級ライセンスに挑戦してみよう!●日間で合格できます

「趣味は乗馬」そんなふうに言えたらカッコいいですよね。 実は乗馬にはライセンスがあり、初心者で...

【部活を休む理由】さぼりたい時に使える理由を教えます

本当はだめだけど、今日だけは部活をさぼりたい、毎日練習を頑張っている人であれば、そんな日もあるのでは...

バレーのアタックのタイミングをつかむためのコツと練習方法とは

バレーの試合で得点するために必要なアタックですが、タイミングをつかむことが難しいと悩んでいる人が多い...

野球の練習メニューを紹介。低学年には楽しい練習で野球好きに

少年野球に入っている低学年の少年たちは、まだまだ野球を始めたばかりでしょう。 低学年でもしっかりを...

小学校の運動会のリレー選手に選ばれる子どもとは?速く走る方法

小学校の運動会でリレー代表に選ばれるのはどんな子どもなのでしょうか?また、速く走るにはどんな練習をし...

スキーのパラレルターンのコツとは?ポイントは大回り

スキーのパラレルターンにはどのようなコツがいるのでしょうか?なかなかパラレルターンが上手くできないと...

ダンスができない理由やNGな練習方法、上達するためのポイント

同じダンススクールに通っていても、上達の速い子とそうではない子がいますよね。 もともと持っている運...

バスケのシュート練習方法、女子が悩む飛距離を伸ばすコツも!

バスケで一番身に付けたい技術がシュートです。特に女子は飛距離が伸びないため、シュート練習が重要になり...

合唱のピアノ伴奏をするコツとは?上手く弾くために必要なこと

中学校で行われる合唱コンクールでピアノ伴奏に選ばれ、さあ!練習しなきゃ!と思っても、いつも通りの練習...

スライディング【サッカー】の仕方とは?コツとポイント

サッカーのスライディングが上達するにはどんな仕方が必要なのでしょうか? ファウルをとられないス...

バク転の練習!自宅での練習方法と注意点・恐怖心を取り除く方法

バク転ができるようになりたいと思っている人もいますよね。自宅でできる練習方法が知りたいという人もいる...

バスケのシュート練習メニューで意識したいポイントについて

バスケのシュート練習のメニューでは、どんなことが上達につながるポイントになるのでしょうか?いつもシュ...

弓道で弓手がぶれる原因とは?的中率を上げるために必要なこと

弓道で弓手がぶれると的中率も低下します。弓手のぶれをなくして安定すれば、的中率も上がり上達もします。...

バレエに必要な柔軟性は厳しいレッスンだけでは得られない

バレエには柔軟性が必要ですが、厳しい柔軟ストレッチが嫌で挫折してしまう方も多いようです。 バレエは...

スポンサーリンク

意地悪なバレエの先生ほど無視をする?怖いバレエの先生との違い

バレエの先生をしている人の中には「怖い先生」という先生も存在します。

教え子にバレエを上手に踊れるようになってもらいたい・バレエを通して色々なことを知ってもらいたなど、教え子のことを想って厳しい指導をしているのでしょう。

ですが、中には意地悪で子供に怖いと思われている先生もいます。このような先生がいることはとても悲しいことなのですが、仕方のないことなのかもしれません。

意地悪な先生というのは、バレエだけに限って存在するわけではありません。色々な習い事において、自分の事を指導してくださる「指導者」との出会いはとても大切になってきます。

怖い先生・厳しい先生であれば、レッスンのあとや最中に泣いてしまう事もあるでしょう。
でも、先生はあなたのことを考えて厳しく指導をしてくださっているのかもしれません。
そうでないと感じる場合は、その先生との関係を見直してみるのも一つの方法です。

本当に辛いと感じる時は、親に相談して解決策を考えてみましょう。

バレエの先生に無視をされているのは勘違い?

「バレエの先生に無視されているかもしれない」こんなふうに感じながらレッスンに通うのは、心の状態が疲れてしまいますよね。

「今日は何も指導してくれなかった」「今日は何度も怒られた」「今日は目だけは合った」こんなふうに考えながらレッスンを受けているかもしれません。

自分に対してだけ無視をしているのでは?と感じてしまうと、このような被害妄想に陥ってしまうことがありますが、大抵の先生は生徒のことを無視しようとしてしているわけではないでしょう。

実際、レッスンを台無しにする・真面目にレッスンに取り組まないという子供だというのであれば、話は変わってくるかもしれません。

でも、大概の場合は自分の大事な時間を割いてレッスンを受けに来ている子供です。
そのような子供を、「嫌いだから」という理由で無視することはないと思います。

先生は、子どもたちにバレエの楽しさを知ってもらいたいと思っています。本格的にプロを育成するような教室であれば、故意的に無視することもあるかもしれませんが、あまり考えすぎないようにして教室に通い、バレエの楽しさを体で感じてください。

バレエの先生が無視をするのは「ひいき」が原因?

習い事の世界には、「先生にひいきされてずるい」というマイナスの感情が起こることがあります。これはバレエの世界でも同じことです。

バレエの世界では、先生に注意してもらうことは目をかけてもらっているという認識をされることがあります。

「あの子はいつも注意されているから、先生にひいきされている」と思うかもしれません。実際にそのような子はバレエが上手だという特徴もあります。

そうすると「ひいき」と思ってしまうかもしれません。でもそれはほとんどの場合が違います。

バレエの踊りの覚えのスピードには個人差があります。覚えが早い子は、家でも頑張って練習しているのだろうと認識する先生は多いです。

先生にしてみれば「この子は覚えが早いから努力をしているのだろう」と思うものです。
バレエの先生は、振りを覚えていない子には注意はしません。

不公平に見えるかもしれませんが、その影には頑張って努力をする姿というものが見え隠れしているのも事実です。

努力に合わせた指導をしているのだと考えるようにしましょう。

バレエの先生が無視をすると悩むなら実力をつけるしかない?

バレエは決められた振りの中で、色々なことを表現する必要があります。

一週間に2回しか教室に通っていない子供よりも、5回、6回のとレッスンに通っている子供の方が、大きな役がもらえるのは当然かもしれません。

でも、自分と同じ頻度でしかレッスンに通っていないのに、自分ではない別の子が大きな役をもらえたら、「ひいき」と思ってしまうかもしれませんね。

そんなふうに考えたくないのであれば、自分で一生懸命に練習に励むことです。

妬んでいる時間があるのであれば、その時間を有効活用してみませんか?自分で頑張って練習をする時間を設ければ、ライバルの子よりもバレエが上達するかもしれません。

先生も、一生懸命に努力をしている子供を放っておくことはしないはずです。

実力が足りない自分で感じるのであれば、なおさら毎日の練習が大切です。

大きな役をもらいたいという心があるのであれば、誰よりも努力をすること。人の事を妬んでいる時間が一番無駄な時間です。

その時間を自分のために有効活用しましょう。

バレエ教室の選び方で重要なのは先生との相性

バレエの世界では、レッスンをしてもらう先生と子供の相性というものがとても大切になってきます。

相性が良くない先生であれば、どんなに有名な先生であっても、バレエ自体を楽しいと思えなくなってしまいます。

バレエのレッスンを受ける場合、言葉での指導というものはとても大切です。言葉をきちんと理解できない場合は、せっかく受けたレッスンが無駄になってしまいます。

バレエは基礎が大切になりますので、手の位置や足の位置、ポジションのことなど、レッスンを受けていることの内容が理解できなかったら、なかなか基礎を覚える事もできないのです。

バレエは踊りで表現するもの。

ですが、それに至るまでのレッスンというものは、言葉で伝えてコミニュケーションを取っていくものです。

バレエ教室に通いたいと思っている人がいるのであれば、レッスンを受ける教室の様子や雰囲気をしっかりと確認してくださいね。

先生との相性はその先のレッスンを左右します。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - スポーツやアートに関する疑問