世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

ダンスができない理由やNGな練習方法、上達するためのポイント

2018.10.21

同じダンススクールに通っていても、上達の速い子とそうではない子がいますよね。
もともと持っている運動神経やリズム感が関係しているということ以外にも、理由があると言います。

同じ先生に同じように習っても、できない理由とはどこにあるのでしょうか。

ダンスがなかなか上達しない人にありがちな練習法や、ダンスの上達に必要なポイントについてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

バスケのシュート練習メニューで意識したいポイントについて

バスケのシュート練習のメニューでは、どんなことが上達につながるポイントになるのでしょうか?いつもシュ...

ピアスの穴を隠す方法!学校にバレないように隠す方法をご紹介

学校の服装チェックなどを控えている人の中には、ピアスの穴を上手に隠す方法ないかと頭を悩ませている人も...

ポスターの書き方【低学年】ポスターを描くときのポイント

低学年だからポスターは好きにかかせてあげたほうがいいのでしょうか?低学年でもきちんとポスターの書き方...

部活を休む事で感じる罪悪感の対処法!部活を休みたくなる理由

部活を休むことに罪悪感を感じ、休まなければ良かったと後悔している人もいますよね。部活を休むのには人そ...

ソフトテニスを高校から初める初心者は意外と多い!練習のコツ

高校や中学ではソフトテニスも人気がありますね。 高校からソフトテニスを始めようと考えている人も...

ダンスが下手な理由とは?ダンスの見栄えをよくする方法もご紹介

中学校の必須科目となっているダンス。 習い事でダンスを習っている子にとっては楽しい授業でも、ダンス...

【バレエ】男性はメイクで彫りの深さを!男性メイクの手順

バレエの発表会では男性もメイクをします。遠目に見てもくっきりと立体的な彫りの深い顔立ちをメイクで演出...

バスケ部のマネージャーの仕事とは?マネージャーになりたい

部活動でマネージャーという仕事に興味を持っている女子は多くいると思います。 マネージャーという役割...

太ももに隙間ができない人は足が太い?太ももが太い原因と対処法

太ももに隙間ができないことで悩んでいる女性もいますよね。ほっそりとしたキレイな足にあこがれている女性...

バスケ合宿の持ち物、定番以外であると便利な持ち物をご紹介

バスケ部で毎年夏に合宿を行うところもあると思います。泊まりなので、どんな持ち物が必要なのかと悩んでし...

バレーのレシーブを受けると痛い!ボールが痛くない受け方とは

バレーのレシーブがめちゃくちゃ痛い!体育の授業でバレーをしたら腕があざだらけになってしまった。そんな...

小学校の運動会のリレー選手に選ばれる子どもとは?速く走る方法

小学校の運動会でリレー代表に選ばれるのはどんな子どもなのでしょうか?また、速く走るにはどんな練習をし...

ダンスを簡単に子どもに教えて上達させるコツと楽しむメリット

ダンスを簡単に子どもに教えるには、子ども達がどうすればダンスに興味を持ってくれるかを考えなければなり...

夏休みの部活がきつい、しんどいときはこうして乗り切ろう

夏休みの部活がきついから行きたくない。こう暑かったら誰でも一度はそう思うのではないでしょうか? ...

部活は上下関係を学ぶことができる大切な場所面接で活かす方法

部活は上下関係を学ぶには、とても良い環境と言えるでしょう。 もちろん、その部活によって違いはあ...

スポンサーリンク

ダンスができない理由…基本の練習をきちんとしていない

ダンスが上手な人を見ると、いとも簡単にかっこよく動いていて自分もあんな風にかっこよく踊るぞ!と意気込みますが、実際は全然近づけていないということってよくありますよね。

そんなに頑張っているようには見えないのに、ダンスが上手な人はなぜ簡単に踊れるのでしょうか。

答えは、「基礎の練習をしっかりこなしているから」ということに尽きます。

ダンスの上手い人を見て、小手先を真似してもそれはただのモノマネの動きです。

ダンスの基礎を自分の体にしっかり叩き込まない限り、ダンスの上達は難しいでしょう

ダンスに欠かせないことは、基礎はもちろんアイソレ(アイソレーション=体の部位を単独で動かすパントマイムのような動きのトレーニング)、柔軟性、リズム感など色々なものがあります。

どんなスポーツもそうですが、基礎を怠ってテクニックばかり磨いても上達は出来ません。

基礎は、基本的に地味なので嫌がる人も多いです。

でも、地道に基礎練習を続けることで、応用が効く体になるので、新しい動きができたり、動きの組み合わせも出来るようになります。

ダンスが上手な人というのは、基礎練習をしっかりしている人ということが言えるでしょう。

初心者でダンスができない理由は?カウントをきちんと取ることが必要

どんな人にも、やりにくい動きや覚えられない苦手な動きもあります。

こればかりは、繰り返し地道に練習するという方法しかないでしょう。

通しで振り付けを覚えることの他に、苦手な動きの箇所は入念にそこだけ練習するということも効果的です。

手と足を同時に動かす振り付けの場合は、まずはステップだけをやってみて、確実に出来るようになったら、今度は手の振りも加えてみるなど、段階的に振りを覚えていきます。
難しい振りでは、リズムもワンテンポ違っていたりするので、頭がこんがらがってしまうこともありますが、確実に繰り返して練習するうちに体が覚えていきます。

自主練習では、自分の姿を見ながら練習できるように、鏡を見ながら行うのが良いです。
ダンスが上手な人がいれば、自分の動きとはどこが違うのかを知るために、動画を撮って見直すこともわかりやすいのでおすすめです。

できれば、自分も一緒に並んで踊っている動画であれば違いがわかりやすいのではないでしょうか。

ダンスができない理由は間違えたままで練習している

練習自体は他の人よりも頑張っているのに、なかなか上達しないということはないでしょうか。

その場合、基礎が間違っていて、そのままの状態で練習していることが考えられます。

体のバランスがどちらかに重心がかかっている状態であったり、姿勢が悪かったりなど、振り付けそのものは合っていても、基礎が中途半端な状態であれば上達は難しいでしょう。

特にダンスは、言ってみれば自分との戦いです。

自分にダメ出しをしてくれる人がいればいいですが、何も言われないと、特に間違いに気づかないまま練習を続けている場合もあります。

ダンスの場合、動きの確認も重要な作業です。

自分の動きを見るのが恥ずかしいからという理由で、ダンス練習の動画を撮らないという人もいますが、ダンスを上達したいのであれば、動画をチェックすることはとても大切です。

客観的に自分を見ることで、練習している時には気づかなかったことに気づくこともあります。

また、ダンスの練習では鏡を見ながらの練習が欠かせませんが、常に鏡を見ながら練習していると、その状態に慣れきってしまい鏡がないと踊れないということにもなりかねません。

自分の動きをチェックしたり、フォームを確認するのには鏡は重要ですが、あまり鏡に頼りすぎも注意しましょう。

ダンスの上達に必要なこととは?

プロダンサーなどの話では、「とにかくダンスが好き」「好きなダンスが仕事で幸せ」「踊っている時が一番自分自身を表現できる」など、誰からもダンスにかける情熱が伝わってきます。

踊ることが嫌いだな、早く終わりたいと思いながらダンスしていても絶対に上手くなることは出来ないでしょう。

ダンスが上達するためには、「踊ることが好き」という気持ちが大切ということが言えます。

また、一人ひとり体型や性格も違います。

憧れの人と自分を比べて、「あの人みたいになりたい」と思い、目標にして頑張るのは良いですが、「あの人に比べて自分はスタイルが良くないからダメだ」など自分を否定するのはNGです。

自分の長所も短所も全部受け入れて、自分に合う練習を取り入れるということで体もそれなりに変わってきます。

また、練習量が多いことが必ずしもダンスの上達にはなりません。

練習は、基礎がしっかりしているということが前提です。

基礎が間違ったまま何度練習をしても上手くなることはないでしょう。

ダンスをやると身体面だけでなく社会性も育つ

ダンサーには、身体能力はもちろん表現力も必要です。

それは、相手に自分の踊りを表現するというダンスの特性に関係があります。

またダンスをすることで、身体能力や表現力が高まるだけではなく、協調性も身につくことが考えられます。

よくキッズダンサーの子どもたちが踊る場面を見ますが、どの子どもたちもみんな笑顔で、心から楽しそうにダンスしています。

ダンス=音楽・リズムというのは、赤ちゃんの頃から自然と私達人間の身近にあるもので、音楽を聴くことでリラックスしたり、時には感情を揺さぶられることもあるものです。
音楽を聴いていると体が自然に動くということも、人間の本能としてダンスの能力が元々備わっているからと考えられますよね。

心と体を使うダンスが、子どもにとっても心の成育という面で良いということは言えるでしょう。

 - スポーツやアートに関する疑問