世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

テニス初心者の打ち方についてストロークの基本や上達のコツ

2019.3.15

テニス初心者の打ち方において、最も多く打つショットといえばストロークです。このストロークが上達すれば、テニスを楽しんでできるようになるでしょう。

そこで、テニス初心者のためのストロークの打ち方について、基本の打ち方やストロークが上達するコツ、振り方の意識やストロークのポイント、ラケットを握る強さの調整などお伝えしていきましょう。

これ読めば、テニスをはじめたばかりの初心者でもすぐにストロークの打ち方のコツがわかり、ポイントをおさえれば上達がかなり早くなるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

剣道を女子が中学から始めても大丈夫?中学から始めるメリット

剣道に興味を持っている女子中学生もいるのでは? でも中学から始めて、小学生から始めている子達には到...

スキーのパラレルターンのコツとは?ポイントは大回り

スキーのパラレルターンにはどのようなコツがいるのでしょうか?なかなかパラレルターンが上手くできないと...

バレーボールのサーブの打ち方とは?フローターサーブのポイント

バレーボールで一番使われることの多いフローターサーブの打ち方とは?試合の展開や流れを大きく変えるフロ...

美術のテスト問題はどうやって作られる?中学校のテスト対策

中学校の美術のテストの点数がいまいちだった・・・。絵が上手くないからと諦めてしまうのはもったいない!...

バドミントンは身長が高いと有利?低い人の攻め方や戦術方法とは

スポーツ選手は身長が高いと有利なものがたくさんありますが、その中でもバドミントンは、背が高いと有利な...

卓球の練習方法!上達のための一人でもできる自宅練習メニュー

中学生になり、部活で卓球を始めたという方も多いですよね。 早く上達するために、自宅でも一人で練習を...

水泳で肩幅広くなる?華奢な女子になりたい!狭くする改善方法

水泳をしたいけど肩幅が広くなるのが心配で悩んでいるという女子の皆さん! 実は、水泳で肩幅は広く...

部活を休む事で感じる罪悪感の対処法!部活を休みたくなる理由

部活を休むことに罪悪感を感じ、休まなければ良かったと後悔している人もいますよね。部活を休むのには人そ...

グローブの手入れをして柔らかくしよう!オイルの塗り方のコツ

買ったばかりのグローブは硬いので柔らかくする必要があります。 まずは買ってからすぐに出来る、柔...

水泳の平泳ぎ練習方法・平泳ぎが上達するにはキックの練習が大事

水泳の平泳ぎが上達したいという人は、どうやって練習すれば上達するのか、練習方法が知りたいという人もい...

ブリッジができないのは腕のせい?原因や効果について

ブリッジを子供の頃に一度はやったことのある人が多いのではないでしょうか?大人になってからはやる機会は...

ラケットのグリップ臭いが気になる!卓球グリップの臭い解消方法

卓球をしている人の中には、ラケットのグリップの臭いが気になる人もいるのではないでしょうか。 自...

乗馬の4級ライセンスに挑戦してみよう!●日間で合格できます

「趣味は乗馬」そんなふうに言えたらカッコいいですよね。 実は乗馬にはライセンスがあり、初心者で...

陸上の走り方【長距離編】長距離の走り方で重要なポイントを解説

陸上で長距離を走っている人の中には、どのような走り方をすれば長距離のタイムを上げることができるのか知...

テニス初心者への教え方は?まずはボールとの距離間を掴む練習を

大学のテニスサークルに入ってきた初心者の後輩たちに、どんな教え方がいいのかと悩んでいませんか? ...

スポンサーリンク

テニス初心者のためのストロークの基本の打ち方とは

ストロークの打ち方の基本は人によって違いがあります。
自分が打ちやすく、打ち方の基本を覚えやすいと思うものであれば、それが自分の打ち方の基本となります。

まずは自由に打って、自分が打ちやすいと思う打ち方を見つけましょう

どうしても上手に打てないと感じる方は「打点を前にする」「力を入れすぎない」「握り方を微調節する」ということを意識してみましょう。

この3つのことを意識して打ち方の練習をしていくと、打ちやすいと思う打ち方が発見できます。

自由に打って自分が打ちやすいと感じた打ち方が今後の基本となっていきます

なので、ストロークの打ち方の決まった基本というのは無く、それぞれ違うのです。

上記の3つのことを意識して、まずは自由に自分の思うように打つようにしましょう。

テニス初心者が上達するストロークの打ち方のコツ

ストロークの打ち方の基本を覚えたら、今度はストロークの打ち方の上達法が知りたくなりますよね。

ストロークの打ち方を上達させるためには、ルールに縛られすぎない気持ちを持つことが大切です

テニス初心者の方は自分が打ったボールを、コートに入れなくてはいけないと緊張してしまう方が多くいます。

緊張するとラケットを持っている腕が強張ってしまい、上手くラケットを振れなくなり、その場だけボールをコートに入れることができますが、結果的には上達しないのです。

コートに入らなくても良いという気持ちで、自分が一番気持ちが良いと感じる打ち方を見つけることが大切なのです。
ボールをコートに入れるというルールよりも、自分の打ちやすい打ち方を見つけるということを優先して考えていきましょう。

コートに入れるというルールはその後で良いのです。
そうすることでストロークの打ち方を上達させることができます。

テニス初心者のためのストロークの打ち方で意識すること

テニス初心者がストロークを打つときに意識することは一体何でしょうか。

テニス初心者がストロークを打つときは、上に振るという振り方を意識しましょう。

上に振ることを意識してラケットを振ったら、右手の甲が耳に来るはずです。
ラケットを上に振ったら、左手はラケットに添える形になります。

ラケットを振ってみて気持ちよく打てたなら問題ありませんが、そうで無い方は上記でもご説明しましたが打点を前にしましょう。
また、ラケットのスイングが小さくなっていることも原因になっていることがあるので、大きくスイングするように意識しましょう。

打点を前へ、ラケットを上に振り上げることを意識することで気持ちよくボールを打つことができます。
テニス初心者の方は、このことをしっかりと意識するようにしてストロークの打ち方を上達させていきましょう。

力を使わずに打つ打つことがストロークのポイント

ストロークを早く打つときのイメージといえば、力が必要と思われがちですが、実は違います。
力に自信が無いから上達しない…と思うことはありませんよ!

相手のボールの力を上手に利用することで、力に自信が無い方でも驚くようなショットを打つことができるのです。

力が無くても良いというわけではないので、日々の練習で力をつけていくことも忘れずにしていきましょう。
力が無くても大丈夫と思い込んで練習を怠ってしまうと、相手に力負けしてしまいます。

日々の練習をしっかりと行って力をつけ、ストロークの打ち方のポイントを理解して上達するように頑張っていきましょう

力を入れないで打つというポイントの中にはリラックスして打つというポイントもあります。
緊張すると腕が強張ってしまうので、リラックスすることで柔軟にボールを打ち返すことを意識しましょう。

ラケットを握る強さでもテニス上達に繋がります

ストロークを打つときのポイントは非常に簡単なことで、上半身をひねってコンパクトにスイングする・ボールが当たる瞬間にラケットを握るだけなのです。
無駄に大げさな動作をすることは必要ありません。
上半身をひねり、ひねりを戻すときにラケットを握るだけのスイングをするだけで力を使わずに素晴らしいショットを打つことができます。

ストロークの間違った打ち方をなおし、ポイントを意識して上達させていきましょう

ラケットを握る強さを調節すると、打ち返すボールの威力も調節することができ、テニスの上達に繋がるのです。

テニス初心者が上達する打ち方についてご紹介しましたがいかがでしたか?
自分の打ちやすいと思う打ち方が見つかるまでは難しいかと思うかもしれませんが、打ち方のコツを覚えてしまえばどんどん上達していきますよ!
テニスを上達させるためには毎日コツコツと練習を重ねていくことが大切なので、怠らずに欠かさず行いましょう。

テニスを楽しむ気持ちが上達への近道なので、楽しみながら練習を行うように心がけましょう。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - スポーツやアートに関する疑問