世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

ダンスを簡単に子どもに教えて上達させるコツと楽しむメリット

2019.2.28

ダンスを簡単に子どもに教えるには、子ども達がどうすればダンスに興味を持ってくれるかを考えなければなりません。子どもがダンスを楽しいと感じることができれば、きっと上達することでしょう。

そこで、子どもがダンスを上手になる教え方の簡単な方法について、子どもにダンスを教えて上達させるコツや簡単なダンスを子どもに教えるために大切なこと、さらに子どもがダンスを楽しむことの効果やメリットなどお伝えしていきましょう。

これを読めば、子どもへのダンスの教え方のコツもわかりますし、きっと子どもたちの目線で考えてダンスを教えることができるでしょう。自分の教えた子どもがどんどん上達していく姿を見るのもきっと嬉しいですよ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

水泳の平泳ぎ練習方法・平泳ぎが上達するにはキックの練習が大事

水泳の平泳ぎが上達したいという人は、どうやって練習すれば上達するのか、練習方法が知りたいという人もい...

日本代表のサッカーユニフォームはなぜ青?その理由について

サッカーのユニフォームといえば、他の国を見てみると国旗のカラーがそのまま使われている場合が、多いです...

バレエを大人から始めても上達しない?そんなことはありません

バレエを大人から始めた方は、2年も3年も経つのに上達しないと感じる方が多くいらっしゃるように思われま...

バドミントンのレシーブが奥まで飛ばないときの対処方法やポイント

バドミントンのレシーブが飛ばない、届かない原因にはどんなものがあるのでしょうか? 力いっぱい打って...

水泳でビート板のバタ足が上手く出来ない方へ!コツとは

子供が水泳を習っていたり、健康や運動のために水泳をやっている人もいますね。 なかなか上達しない...

太ももに隙間ができない人は足が太い?太ももが太い原因と対処法

太ももに隙間ができないことで悩んでいる女性もいますよね。ほっそりとしたキレイな足にあこがれている女性...

テニスの練習メニューについて。部活練習で試合を意識するコツ

テニスの部活の練習メニューは、いつも同じ様な流れで行うことが多いと思います。 しかし、いつも同じ様...

バレーのレシーブを受けると痛い!ボールが痛くない受け方とは

バレーのレシーブがめちゃくちゃ痛い!体育の授業でバレーをしたら腕があざだらけになってしまった。そんな...

【社交ダンス上達のコツ】タンゴに挑戦する初心者が覚えること

社交ダンスのスタンダード種目の一つであるタンゴ。初心者でこれから始める人にとっては、どうやってステッ...

三点倒立のコツとは?子供に教えるときにはココがポイント

子供に三点倒立のコツを教えるときにはどんなことに気をつけてあげるといいのでしょうか。 逆立ちの...

彫刻刀の彫り方。コツや刃の種類についてご紹介します

彫刻刀の彫り方にコツはありますか? 刻刀は主に4種類あります。 切り出し刀・丸刀・三角刀・平...

テニスのラケット破壊。協会やスポンサーへペナルティとその背景

テニスの試合中、選手がラケット破壊する場面がありますね。 ラケットに当たるなんて…と思いますが、選...

太ももを太くする方法とは?女性らしい体を手に入れよう

太ももを太くする方法はあるのでしょうか?ダイエット情報は世の中にあふれているのに太る方法はあまりあり...

バスケ部のマネージャーの仕事とは?マネージャーになりたい

部活動でマネージャーという仕事に興味を持っている女子は多くいると思います。 マネージャーという役割...

テニス初心者の打ち方についてストロークの基本や上達のコツ

テニス初心者の打ち方において、最も多く打つショットといえばストロークです。このストロークが上達すれば...

スポンサーリンク

子どもがダンスを上手になる教え方の簡単な方法とは

小さな子どもに物事を教えることはとても難しいです。
なぜならまだ年齢的に「みんなと合わせられない」「言われたことを全てできるわけではない」「集中力が乏しい」からです。
年齢を考慮してダンスを教えないと先生がお手上げ状態で疲れ果ててしまいます。小さな子どもにダンスを教える時はまず楽しむということから教えていきましょう。

子どもにダンスを教える簡単な方法

子どもにとって「遊び」の延長のようなレッスンで構いません。
遊びの延長でダンスを楽しむことを通して年齢がついてくるとリズム感、音や周りと合わせること、集中力、ダンスと遊びは違うもの、ということを学びます。

子供は全て教えなくても、自然と団体行動の中で様々な事を大人が思う以上に学ぶのです。
小さな子どもにダンスを教える時は複雑な構成を考える必要はなく、「遊び」の一環としてダンスを取り入れているような感覚でダンスの楽しさを学ばせてあげましょう。

ダンスそのものというよりダンスは楽しい、楽しくダンスに通える、ダンスの先生が好き、この思いをいかに子ども達に教えるか、思ってもらうかが重要です。

子どもにダンスを簡単に教えて上達させるコツ

先生と子どもが踊る向きは大切です。

子どもにダンスを教える際、先生は子どもに向き合って教えることがあります。
それは子供を混乱させてしまうことになりますので、必ず同じ方向を向いて教えてくださいね。
なぜなら、子どもはまだ左右がわからず向き合っている先生と同じような動きをしてしまいますので左右反対に振り付けを覚えてしまいます。
また子どもは応用がまだ聞かないので1度覚えてしまった振り付けをなかなか直せないことがありますので、子供を混乱させなために同じ方向を向いてダンスを教えてください。

覚えやすいダンスの振り付け、構成を

子どもにダンスを上達させるためには、子どもが動きやすいダンスの振り付けを考えましょう。
子どもはできない振り付けばかり教えられても楽しくありません。
「ダンスは難しくてできない」「楽しくない」と嫌いにさせてしまう可能性があります。動物の面白い動きなどを真似て掛け声なども取り入れると覚えやすくなりますよ。
子どもをダンスに夢中にさせるためには楽しく簡単にできる振り付けや構成を考えて教えることをオススメします。

休憩時間を数回取り入れる

小さな子どもの集中力はまだ乏しかったり、同じことの繰り返しだとすぐに飽きてしまう年齢です。
ダンスレッスンが1時間だとしたら、休憩を数回取り入れて切り替える時間を作ってあげましょう。

簡単なダンスを子どもに教えるために大切なこと

簡単なダンスを子どもに教える時に大切なのは、ダンスを強要しないことです。

子どもにダンスを教えるのは幼稚園や保育園の先生だったり、ダンス教室の先生だったりします。

本来、子どもは先生がダンスを教えなくてもダンスができます

音楽に合わせて自己流の踊りを踊ってしまえばそれもダンスのうちの1つです。

まだ言葉がおぼつかない子どもにとってダンスは自己表現ができる方法でもあります。
その自己表現を通して運動能力やリズム感など様々な成長につながります。

またお友達と一緒にダンスすることで子供同士のコミュニケーションにもなります。
他人と何かを共有することなど友達とのやりとりで様々なコニュニケーションを覚えていきます。

このまま大きくなり続けてもずっとダンスが好き子であると、その子の1つのとりえとなり自信や大きな視野を持つことに繋がる可能性を秘めているのです。

子どもがダンスを楽しむことの効果やメリット

何を目的にお子さんにダンスを習わせたいですか?

子どもがダンスを楽しむ効果やメリット

他人(友達や先生)とのコミュニケーションを覚える

先生や友達と一緒に同じことをすることで、真似する、合わせることを学びます。
生活する上で時に真似する(お母さんのお片付けやお手伝いなどで)ことや、人に合わせることは大切になってきますのでダンスを通して子供たちは覚えます。。

自己表現ができる

小さな子供はまだ言葉がはっきりでなくて自己を表現することは上手くありません。
ダンスを通して喜びやストレスなどを自分なりに表現できるようになります。
ダンスができるのもまた個性の1つですね。

運動能力やリズム感

ダンスで様々な動きを学ぶことにより「こうすればこうなる」など体の動きのしくみがわかり運動能力やリズム感の向上にに効果があります。

ダンスが楽しめるように教える工夫が子どもにとって一番

子どもがダンスを学ぶことで最も重要なのは先生が子どもにダンスを教える時の工夫です。
小さな子どもはダンスという認識がなくても誰でも動くことが大好きです。
先生の指導次第ではダンス嫌いにさせてしまう可能性だってあるのです。

小さな子どもにダンスを教える時は、多くを求めるのではなく「楽しむ」ことを重視して振り付けや構成、レッスンに工夫しながら子供の年齢に合わせて指導にあたってください。

子供の才能を少しでも引き出して挙げてくださいね。
そうすると子どもはダンスを通して自己表現が上手くできる子になる可能性もあります。

 - スポーツやアートに関する疑問