世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

スキーリフトの降り方のコツ!慣れるまでは係員に一声掛けよう

2019.3.7

スキー初心者にとって緊張するのが、リフトの乗り降りです。
特に降り方に苦戦する方が多く、タイミングが合わずにそのまま降りれなかったり転んだりしてしまうようです。
リフトを降りる際は、どのような点に注意すべきなのでしょうか。
スキーリフトの降り方について詳しくご説明します。
回数を重ねれば必ず慣れますが、慣れるまでは係員に一声掛けておきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

卓球でドライブが入らない悩みはこれで解決!コツを教えます

卓球の国際試合などを見ていると、ドライブが決まってかっこいいなと思いますよね。 でも実際に卓球...

陸上スパイクの中距離の選び方や自分に合うスパイクの見つけ方

陸上の中距離用のスパイクを選ぶときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか? 上履きの...

足の遅い女子の悩み。早い子との違いや早く走る為に出来る事

足が遅いので体育や運動会が苦手という女子も実は案外多いのです。 特にイヤなのが、体育の授業の5...

水泳のキックを強化するには?家でできるトレーニング方法

水泳のタイムを速くしたいならキックを強化することが近道と言えるでしょう。 クロールのキックを強...

大相撲の場所の年間開催回数や会場、チケットについて解説

テレビで大相撲の中継を見ていると、実際に目の前で生の相撲を見たいと感じる人も多いでしょう。 そ...

水泳でビート板のバタ足が上手く出来ない方へ!コツとは

子供が水泳を習っていたり、健康や運動のために水泳をやっている人もいますね。 なかなか上達しない...

ボウリングのボールの寿命とその判断基準について解説します

ボウリングを始めて購入したマイボール。しかし、ボールにも寿命があることを知らない人も多いと言います。...

スマッシュ【バドミントン】の打ち方とは?コツやポイント

バドミントンのスマッシュはどんな打ち方をしたら速く打てるようになるのでしょうか? スマッシュを...

前衛後衛があるソフトテニスそれぞれの適正や迷った時の選び方

前衛と後衛のダブルスが基本のソフトテニス。中学生から始めた方も多いのでは? 前衛になるか後衛に...

合気道と空手、子供にどっちを習わせるかで迷っている方へ

強い子になって欲しい!そんな願いから、子供に合気道か空手を習わせようと考えている親御さんも多いのでは...

ソフトテニスを高校から初める初心者は意外と多い!練習のコツ

高校や中学ではソフトテニスも人気がありますね。 高校からソフトテニスを始めようと考えている人も...

スノーボード初心者の上手な板選びのポイント!チェックする項目

スノーボード初心者にとって、まず悩むのが板選びです。店頭には多くの種類のスノーボードが並び、どれを選...

短距離を速く走るトレーニング方法とは?おすすめ筋トレを紹介

短距離を速く走るにはどんなトレーニング方法が必要なのでしょうか? 意外にも、足のトレーニングだ...

バレーのレシーブを受けると痛い!ボールが痛くない受け方とは

バレーのレシーブがめちゃくちゃ痛い!体育の授業でバレーをしたら腕があざだらけになってしまった。そんな...

バレーボールのサーブの打ち方とは?フローターサーブのポイント

バレーボールで一番使われることの多いフローターサーブの打ち方とは?試合の展開や流れを大きく変えるフロ...

スポンサーリンク

スキーリフトの降り方の手順

さっそくですが、まずはリフトの降り方を説明していきます。

スキー初心者や子ども連れのときには不安になってしまうリフトの降り方ですが、手順にすれば、ほんの3ステップです。

落ち着いて行動できるように、手順を頭に叩き込んでおきましょう。

リフトの降り方の手順

  1. セーフティーバーがあるリフトの場合、リフト降り場が見えたら同乗者に声をかけてから、バーを上げておきます。
  2. スキーのトップを持ち上げて降り口に入ります。
  3. 目印まで来たら、立ち上がって真っ直ぐ滑って降ります。

降りる直前にバタバタと焦ってしまうと失敗してしまいますので、事前に準備をしておきましょう。
あとから来る人の邪魔になってしまうので、リフトを降りたら真っ直ぐ滑って、コースまで出ましょう。

リフトの降り方、スキー板をまっすぐ平行に揃えるのがコツ

リフトを降りる時の手順はわかっていても、事前に万全の準備をしていても、スムーズにリフトから降りられないという時には、もう少し慎重に直前の準備をしておく必要があるかもしれません。

いくつかの方法を紹介するので、試せそうなものがあったら、リフトを降りる時の参考にしてください。

リフトの座面を押して立ち上がる

リフトの座面や、肘掛けなどで体を支えるようにして立つと、立ち上がりやすいです。
ストックが巻き込まれないように、片手にまとめておけば、空いている方の手が使えるので安心です。

スキー板が平行になっているか確認する

リフトを降りる時に、スキー板がクロスしていて、転倒の原因になることがあります。
スキーのトップを持ち上げたら、同じタイミングでスキー板がしっかり真っ直ぐになっているかを確認しておきましょう。

ストックは雪面につかない

リフトを降りるときには、基本的にはストックは雪面につけません。
スキーのトップを持ち上げたらストックも前方に浮かせ、立ち上がる時に邪魔にならないようにしておきましょう。

リフトの動きを利用する

リフトを降りて、無理に前に出ようとすると真っ直ぐ滑り降りることができません。
リフトから立ち上がったら、リフトが膝の裏を自然と押してくれるので、その力を利用して前方に滑り出すようにしましょう。

同乗者に声をかけてもらう

立ち上がるタイミングを、同乗者に知らせてもらうとラクになる場合もあります。
「せーの」と声をかけてもらって、タイミングを合わせて立ち上がる練習をしてみましょう。

スキーリフトの降り方の練習と注意点

いきなりリフトに乗って練習するのが不安な方は、自宅などでリフトを想定した練習もすることができます。

リフトに恐怖心を持ってしまったり、リフトに乗るとどうしても焦って転倒してしまうなどの失敗を繰り返している時にも、平地での練習は有効です。
しっかり自信をつけて、リフトに挑みましょう。

まずは、スキー板を足にはめて真っ直ぐ立ち、そこから空気椅子のようにして90度膝を曲げます。
そこから、少しだけ前に出るようにして伸び上がり、まっすぐ前を見て立ち姿勢になります。

これで練習は終了です。
立ち上がれば、あとはリフトの座面が膝裏を押してくれるので、自然と前に動き出すことができます。

平地で練習をしたら、少しなだらかな坂に出て、同じ練習をしてみるとより実践に近くなります。
練習相手がいる人は、後ろから背中を軽く押してもらえば、滑り出しの部分も練習ができるので、より自信がつきますね。

リフトから降りるときには、立ち上がったら何もしないことがコツです。
急いでリフトから離れようとバタバタ動きすぎてしまったり、足元ばかりに目が行って進行方向が捉えられていなかったりすると危険です。
余計なことはせず、手順どおりに行動したら、後は流れに身をまかせましょう。

スキーリフトの乗り降りが心配な時はリフト係の人に声を掛けておこう

リフトの乗り降りに自信がない方は、事前に係の人に声を掛けておきましょう。
リフトは乗り口と降り口で連絡が取り合えるようになっているので、初心者が乗ったことを降り口にも連絡してくれます。

事前に「補助をお願いします」と言っておけば、リフトの速度をゆっくりにしてくれたり、立ち上がる時の介助をしてくれたりと、親切にしてくれるスキー場がほとんどです。

降り口で待っている係の人に手を上げて合図すれば、「手助けが必要な人」と認識してくれるので、乗り口で伝え忘れた場合でも安心です。

何も言わずに乗車して、降り口で大失敗をするよりは、係の人のお手伝いを受けて安全に乗り降りができる方が良いです。

リフトの乗り降りで感じる不安は、初心者であれば誰もが通ってきた道。
周りのスキーヤーの目を気にしたり、恥ずかしがったりする必要は全くありませんので、すすんで援助をお願いしましょう。

スキーのリフトの乗り降りがどうしても怖い時は

スキー初心者にとって、リフトの乗り降りは緊張の連続。
少しでも早くリフトの乗り降りに慣れ、不安なくスキーを楽しみたいですね。

最後に、リフトの乗り降りの際に不安をやわらげてくれる3つのポイントを紹介します。

リフトに乗る時の参考にしてください。

安全バーを使う

できるだけ落ち着いて行動したいがために、安全バーを使わない初心者の方は多いです。しかし、足元が安定しないと、余計にそわそわと落ち着きませんよ。
使えるものはしっかり使って、乗車中のストレスを少しでも軽減しましょう。

風の状態を見る

強風の時のリフトは、恐怖心がより一層強くなりますね。
落ちる心配はまずないにしろ、途中で停止したり、強い揺れを感じたりすることで、トラウマになってしまうこともあるようです。
強風の時には、乗車時間が長いものは利用しない、高い位置のリフトは使わないなど、対策を取りましょう。

座る位置を特定する

慣れるまでは、降りやすい位置をキープして座るのがおすすめです。
真ん中よりは肘掛けのある左右どちらかの端のほうが、つかまる場所があって安心感を得られます。
降りる際に、コースに出やすい位置があるのであれば、左右どちらかの端に座る位置を固定しておけば、慣れるのも早くなりますね。

 - スポーツやアートに関する疑問