世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

ダンスが下手な理由とは?ダンスの見栄えをよくする方法もご紹介

2018.10.21

中学校の必須科目となっているダンス。
習い事でダンスを習っている子にとっては楽しい授業でも、ダンスが下手で上手くならない子にとってはとても大変です。

ダンスが下手なのはなぜなのでしょうか。その理由とは?

ちょっとダンスが下手でも見栄えをよくする方法もあります!ぜひお試しください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

卓球の練習メニュー。遊びを取り入れつつ楽しいと感じる方法

卓球の練習メニューに、遊び心を少し取り入れてみませんか? 練習が楽しいと感じられるような時間を少し...

サッカーのフェイントが上達するポイントや練習方法とは

サッカーのフェイントが上手くなりたい!そんなときにはこの練習方法がおすすめです。 最初から難しいも...

バスケのシュートフォームを矯正すればシュート率はアップする

バスケのシュート練習をしてもボールが入らない。それは、シュートフォームの矯正が必要なのかもしれません...

乗馬の4級ライセンスに挑戦してみよう!●日間で合格できます

「趣味は乗馬」そんなふうに言えたらカッコいいですよね。 実は乗馬にはライセンスがあり、初心者で...

小学校の運動会のリレー選手に選ばれる子どもとは?速く走る方法

小学校の運動会でリレー代表に選ばれるのはどんな子どもなのでしょうか?また、速く走るにはどんな練習をし...

ソフトテニスのボレーが怖い理由と克服するための練習方法

ソフトテニスにはボレーという技術がありますが、これが初心者にとってはとても怖いものでなかなか打てない...

ボウリングフォームが安定しない原因と投球フォーム・練習方法

ボウリングをしている人の中にはフォームが安定せずになかなかスコアが伸びない事に頭を抱えている人もいる...

バレエに必要な柔軟性は厳しいレッスンだけでは得られない

バレエには柔軟性が必要ですが、厳しい柔軟ストレッチが嫌で挫折してしまう方も多いようです。 バレエは...

剣道を女子が中学から始めても大丈夫?中学から始めるメリット

剣道に興味を持っている女子中学生もいるのでは? でも中学から始めて、小学生から始めている子達には到...

バスケ合宿の持ち物、定番以外であると便利な持ち物をご紹介

バスケ部で毎年夏に合宿を行うところもあると思います。泊まりなので、どんな持ち物が必要なのかと悩んでし...

卓球の練習方法!上達のための一人でもできる自宅練習メニュー

中学生になり、部活で卓球を始めたという方も多いですよね。 早く上達するために、自宅でも一人で練習を...

幼稚園の運動会でPTA競技が盛り上がる法則やオススメと注意点

幼稚園の運動会ではPTA競技も定番ですが、子供と一緒に盛り上がれる競技がいいですね。 幼稚園の運動...

部活は上下関係を学ぶことができる大切な場所面接で活かす方法

部活は上下関係を学ぶには、とても良い環境と言えるでしょう。 もちろん、その部活によって違いはあ...

バレーのレシーブを受けると痛い!ボールが痛くない受け方とは

バレーのレシーブがめちゃくちゃ痛い!体育の授業でバレーをしたら腕があざだらけになってしまった。そんな...

陸上の走り方【長距離編】長距離の走り方で重要なポイントを解説

陸上で長距離を走っている人の中には、どのような走り方をすれば長距離のタイムを上げることができるのか知...

スポンサーリンク

ダンスが下手なのはなぜ?その理由とは

ダンスが下手な人、上達しない人に共通することは、レッスン中に習ったことをレッスンの時だけしかやらない、自主練をしないということです。
ダンスの得意不得意、センスの問題はもちろんありますが、それを関係なくしても、上達しない人の原因はここにあります。

レッスンを受けある程度インプットしただけで、やれる気になっている、満足している状態にあります。
インプットをしたらアウトプットもしないとなかなか体は覚えません。
学校で習った事を家でも復習し、テストに挑み点数につながるパターンはダンスでも一緒です。
レッスンで習ったダンスを家でも復習することにより、改めてダンスの楽しさに気がつく人、上達する人がもっと増えることでしょう。
そうする事でダンスの苦手意識を取り除くことだってあるでしょう。

やれることをやらないで自分の才能をうちに秘めてるかもしれません。
そうだとすると非常にもったいないです。

近年、中学校ではダンスの授業が必須になっていますので、楽しくレッスンできるようになるといいですね。

ダンスが下手なのは理由がある!

ダンスが下手な理由には鏡に頼りすぎる

鏡の前で自分のフォームなどを確認しながら踊るのは悪い事ではありませんし、ほとんどのダンス教室でも鏡は必ずあります。
しかし、鏡ばかり意識していると、そっちに気を取られ上手に踊れていない可能性があります。
鏡でチェックも大事ですが、気を取られすぎないように、まず全体的に踊れるようになってから鏡を意識しましょう。

ダンスが下手だと感じるのは基礎が間違っている

基礎を間違って覚えると、練習を繰り返してもバランスやフォームがおかしかったりします。
練習してもあまりにもできない時は基礎を見直してみましょう。

自分のダンスの動きを動画でチェック

自分の動きは鏡でチェックできるからいいやと思っている人がいます。
鏡の前で踊った自分と実際に動画で確認する自分では、違って見える部分がたくさんあります。
見てくれるお客さんももちろん動画のようにあなたを見ていますので、必ずお客さんにはどう見えているのかという確認のためにも動画で自分の踊りを撮影して、すぐ消さずに何度も繰り返し見れるようにとっておきまましょう。
悪い部分などを改善することでより良い踊りをお客さんに提供することができますね。

ダンスが下手な人に共通するその意外な理由とは?

前述で述べたあるようなダンスの練習もしているのに、なかなか上達しないのはどうしてだろう。そんな人は必見!

  • もともと運動は不得意でしょうか?
  • 普段生活していてダンス以外に音楽を聴いたりしますか?

ダンスのレッスンでしか音楽を聴かない人も多くいると思いますが、そのような人こそダンスが苦手という傾向にあります。
確かに音楽を普段から聴く人よりは、音感やリズムの取り方など劣っているといってもいいでしょう。
本当にダンスが上手くなりたければ、普段の生活にも音楽を聴くことを取りいれてみましょう。
無理に興味のない音楽を聴くことは、ストレスになりかねますので自分の好きな音楽でけっこうです。

ダンスレッスンの先生のカウントでは踊れるのに、音楽をかけると体が動かない人などには音楽を取り入れた生活は効果的であるといえます。

また、運動音痴またはスポーツを全くしないという人もダンスが苦手な人が多く、スポーツに使う体幹や素早い動きなどは共通してダンスに活かすことができます。

ダンス下手から卒業したい!上手くリズムに乗るには?

ダンスを始めてする人、練習をしてもなかなか上達しない人、下手な人、どの人にも当てはまることですが、リズムに乗れていますか?

ダンスを始めたばかりの人は特にですが、慣れないフリを覚えるだけでも大変です。
体と心がなかなか一致せず、リズムに乗ることさえもままなりませんね。

最初にフリを覚えるということを前提にし、なかなかリズムに乗れない、音楽に合わせて踊れないという人は、リズム感を鍛えていきましょう。

リズム感を鍛えるトレーニングを行う

普段の生活から音楽を聴く習慣をつける

最初は自分の好きな曲~慣れると色々あジャンルを聞いてリズム感を身につけていきましょう。

ゲームなどで鍛えることも大切

ダンスレボリューションや太鼓の達人は、リズムがないと点数が取れませんよね。
ゲームでリズムを掴むのも手かもしれませんね。

メトロノームでリズム感を養う

学校の音楽の時間にメトロノームを使いますよね。
メトロノームで合わせていくのもいいですね。

ダンス下手でも大丈夫!?ダンスの見映えが変わる方法とは?

ダンスが下手な人は自信のない人が多いです、
自信のなさが更にダンスの見栄えも悪くさせてしまいます。

少しでもダンスの見栄えを良くする3つの方法

  • 大きく動く
    自信のない人はどうしても動きが小さくなってしまいます。
    フリを間違ってもいいんです。
    大きく踊ることで見栄えもだいぶ変わってきます。
  • 表情
    顔の表情にどれがいいという決まりはありませんが、お客さんも立場になって考えると、悲しい、下向き加減、自信のなさが顔に出ている人の踊りをみて楽しいですか?
    口角を上げ笑顔で踊る事で、下手であってもお客さんは楽しく見れます。
    笑顔の練習もお忘れなく。
  • リズム
    下手である自分を意識してしまい、リズムにも乗れないとなると見栄えもとても悪くなりますね。
    自信ないながらも大きな動作、笑顔でリズムに乗ることでダンスの見栄えもグンとあがります。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - スポーツやアートに関する疑問