世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

大学に行かない人の理由!大学に行かないという生き方もある

2018.10.21

高校を卒業した後、大学に行かないという人もいます。大学に進学する人の中には、どうして進学をしないのか、その理由がわからないという人もいますよね。

大学は行かなくては行けない場所ではありませんので、大学に行かないという選択肢も人生の一つです。では、大学に行かない人はどうして進学をしなかったのでしょうか。

進学をしない理由と、行かないことで考えられること・体験談をお伝えします!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

お化け屋敷の仕掛けで廃病院をイメージする際の演出ポイント

文化祭の出し物の定番「お化け屋敷」。 廃病院をイメージし恐怖を味合わせるためには様々な仕掛けが必要...

試験に落ちた。そんな時の知り合いへの報告方法について

試験に落ちた報告を、会社や上司、同僚や家族にするのって、ものすごく…プライドが傷つきますよね? ...

定年後に再就職。厳しい現実を受け入れることができない問題とは

定年後の再就職問題。 現実は厳しい。 では、どのように厳しいのかを具体的に想像することはできます...

介護施設で働く看護師の悩みとは?やりがいや身につくスキル

介護施設で看護師として働くことは、普通に病院で看護師として働くよりもとても大変なようです。 で...

児童養護施設で実習する時の抱負は?実習に行くときに大切なこと

児童養護施設で実習をする時、しっかりと目標や抱負を持って実習に参加することが大切です。 児童養...

就活で第一志望と言えないと落とされる?内定を貰うには

就活の面接中に「当社は第一志望ですか?」なんて聞かれることがあります。 そんな時、正直な人ほど...

半休を取りたい!理由はどうする?午後だけ休むなどの半休とは!

半休を取りたい、その時に使える理由はどんな事があるのでしょうか? 午後から休みを取りたい、午前だけ...

タイピングが早い人のメリット!タッチタイピングの練習方法

パソコンのタイピングは早い方ですか?それとも遅い方ですか? パソコンのタイピングが遅くて…と悩んで...

休む連絡をメールで入れる時の例文とマナーについて

休む時の連絡をメールで行う場合の、例文やマナーについてご紹介いたします。 今の時代、電話で欠勤...

【就活生必見】特技の書道をアピールする際のポイント

就活の時に趣味や特技の欄になんて書いていいのか、迷ってしまった経験ありませんか? いろいろな特...

幼稚園と保育園で就職に迷ったら!2つの職場の違いを調査

幼稚園と保育園、どちらも小学校に入る前の小さな子供を保育するするお仕事ですが、就職するなら、どちらが...

面接をスーツの上着なしで行くのは失礼?夏の面接について

面接でスーツを着るときには、必ずジャケットが必要?クールビズや夏の面接は上着なしのほうがいいのでしょ...

施設の看護師!働く役割は施設によって異なる

高齢社会が進む中、看護師の資格をいかせる職場は病院だけではありません。安心して暮らすために「老人施設...

大学職員の仕事は大変?仕事のメリットやなるためには

大学職員の仕事って大変そうですが、主にどんな仕事をしているのか気になりますよね。 では、大学職...

中間管理職はストレスで気が狂いそう!そんな場合の対処法

中間管理職の仕事では上司にいいように使われ、部下は指示に従わず・・・その板挟みのストレスによって気が...

スポンサーリンク

大学に行かない理由は自分の可能性を狭めるから

高校を卒業した後ですが、大学に行かないという選択もあると思います。では、どういった理由で、大学に行かないのでしょうか。

人生には色んな選択肢があって、確かに大学に入ることも一つの選択肢ではありますが、もしかしたら、高校の延長戦であって、それほど大学に入学することに魅力を感じない人もいるかもしれません。

例えばですが、高校時代から英語に興味があったとしても、本格的に学びたいのであれば、日本の大学ではなく、海外の大学を視野にいれる人もいると思います。それはそれで、将来英語を使える仕事に就ける幅が広がってよいのではないのではないでしょうか。

また、やりたいことが決まっているのであれば、そちらの道に行くことも可能だと思います。なんとなく大学に行くよりも、実際自分が「これをしたい」と思うことをやっていくのであれば、その専門分野に進んで、就職ということもありますから。

人生、大学に進学することだけが選択肢ではないのかもしれません。他の選択肢をみて、自分の可能性を広げることも大切なのかもしれませんね。

大学に行かない理由は夢や意味がわからないから

大学に進学しても目的がない

学生によっては、高校時代から「大学に行くメリットがわからない」と感じる人もいると思います。どうして大学に行くのだろうか?しかも、高校を卒業したあとに、就職率も伸びているようですし、わざわざ大学に行く必要がないと感じているのかもしれませんね。

具体的な自分の進路が決まっていない事が理由

長い人生の中、どの学科に行くべきなのかどんな仕事をしたいのか、具体的に決まっていない人もいると思います。また、一度は「この学科に行きたい」と思っていても、本当にその学科で学びたいのか、まだよくわかってない場合もあると思います。そんな場合もあるので、大学に入学することに躊躇しているのかもしれませんね。

大学に行かないことのデメリット・後悔する理由

大学に行かないと損をする?

デメリットのようなものを見て行きたいと思います。

大学の資格を持っていた方が良かったと思うのは、何気に30代40代に入ってからかもしれません。10代や20代の頃ですが、若さでどうにかなっているのかもしれませんが、それも年齢が上がるにつれて、企業側も応募条件として、「大学卒」と書かれているところも多くなってくると思います。

ある程度の社会人経験をすると、段々本当にやりたいことが出てくると思います。その時にですが、高校だけではなく、大学の資格が必要になってくることもあります。

今では、後から大学の資格をとれるところもあると思うので、20代や30代になってからでも、トライしてみるのも良いのかもしれませんね。

大学に行かなかったことを後悔している女性の体験談

大学に行っていたほうが後々役立つかもしれない、そんな理由についてみてきました。

大学に行かないという選択肢をした人が、後悔している体験談を紹介します。

「高校卒業後に、家庭の事情で大学には進みませんでした。その実力がなかったこともありますが、あとあと後悔しています。

奨学金や利用できる材料はあったので、高校卒業後ではなくても機会があれば卒業しておいたら、今でも大学で勉強したことが身になって、社会でも役立ったのになと感じています。

大学に行くことを迷っている方ですが、高校卒業後でもなくてもよいので、卒業するという選択肢を考えてみても良いと思います。大学でしか学べないこともあるので、その教育を大学で受けるのも一つの経験ではないでしょうか。」

大学に行くことは義務ではありません

「大学に行くことにあまり意味を感じていないけれど、周囲の話しを聞くと大学を卒業した方がよいのだろうか」

そう感じている高校生もいると思います。

社会がどう見るかというのもあると思いますが、大学の価値の見方について「大学も卒業しておいた方がよいのでは?」と感じている人も多いと思います。

一般的な意見としては「行きたい人は大学に行けばよいのではないか」ということではないでしょうか。色んな事情で行きたくても行けない人もいると思うので、大学卒業は選択なのかもしれませんね。長い人生でみると、大学の資格も必要になってくるかもしれないので、高校を卒業してすぐでなくても、後々、進むことも考えていけばよいのではないでしょうか。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 仕事に関わる疑問