世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

税務署で働きたい!パート面接をクリアするための方法

2018.6.20

確定申告の時期の短期のパートは主婦に人気の仕事です。未経験でも大丈夫と書かれていますが、どのような仕事をするのか気になりますよね。

税務署にパートで働きたいと面接に行くことになったけど、どのようなことを聞かれるの?

税務署の面接に受かるためのポイントについて、調べてまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

コンビニオーナーは儲かる?コンビニ経営のメリットデメリット

街中にはたくさんのコンビニが並びます。中には毎日のように通うという方もいるでしょう。 コンビニ...

個人面接の質問【高校受験対策】印象に残る答え方のポイントとは

高校受験の個人面接ではどのような質問をされるのか、事前にリサーチして準備しておくのも対策のひとつです...

タイピングが早い人のメリット!タッチタイピングの練習方法

パソコンのタイピングは早い方ですか?それとも遅い方ですか? パソコンのタイピングが遅くて…と悩んで...

アルバイトの面接の服装は?高校生は制服で行こう!

アルバイトの面接を受けに行く場合、高校生の服装は制服か私服かどちらで面接に行くべきか迷いますよね。 ...

お化け屋敷の仕掛けで廃病院をイメージする際の演出ポイント

文化祭の出し物の定番「お化け屋敷」。 廃病院をイメージし恐怖を味合わせるためには様々な仕掛けが必要...

面接をスーツの上着なしで行くのは失礼?夏の面接について

面接でスーツを着るときには、必ずジャケットが必要?クールビズや夏の面接は上着なしのほうがいいのでしょ...

巫女さんバイトはどんな志望動機がベスト?巫女さんの条件

装束を着ている巫女さんに憧れ、出来るならバイトをしてみたい!という方もいるのでは?応募方法は神社によ...

児童養護施設で実習する時の抱負は?実習に行くときに大切なこと

児童養護施設で実習をする時、しっかりと目標や抱負を持って実習に参加することが大切です。 児童養...

カフェバイトは学生にとってメリットがたくさんある!

オシャレなカフェでアルバイトをしたい。でもカフェはたくさんあってどこでバイトしたらいいのかわからない...

定年後に再就職。厳しい現実を受け入れることができない問題とは

定年後の再就職問題。 現実は厳しい。 では、どのように厳しいのかを具体的に想像することはできます...

面接の質問に対する好感度が高い回答方法は?簡潔に短い方が吉

就職での面接の際に、面接官の質問に対する回答は長いより短い方が良いと聞きますが本当なのでしょうか? ...

半休を取りたい!理由はどうする?午後だけ休むなどの半休とは!

半休を取りたい、その時に使える理由はどんな事があるのでしょうか? 午後から休みを取りたい、午前だけ...

【就活生必見】特技の書道をアピールする際のポイント

就活の時に趣味や特技の欄になんて書いていいのか、迷ってしまった経験ありませんか? いろいろな特...

施設の看護師!働く役割は施設によって異なる

高齢社会が進む中、看護師の資格をいかせる職場は病院だけではありません。安心して暮らすために「老人施設...

幼稚園と保育園で就職に迷ったら!2つの職場の違いを調査

幼稚園と保育園、どちらも小学校に入る前の小さな子供を保育するするお仕事ですが、就職するなら、どちらが...

スポンサーリンク

税務署でパートで働きたい!面接ではどのような質問される?

税務署でパートとして働きたい方はいると思いますが、面接ではどのようなことを聞かれるのでしょうか。

ある一例では、面接を受けた方の父親が金融関連の仕事を就いていたため、そのことを聞かれ、「お父様が金融関連の仕事をしているのなら、守秘義務のことを知ってますよね」と聞かれ、「はい、知っています」と答えるとそれで面接が終了、採用されたケースがありました。

このケースで後でわかったことですが、一緒に受けた方たちも、とにかく守秘義務について聞かれ、その理解度をしつこく聞かれたり、父親がどんな仕事をしていたかなど、父親の職業についてしつこく聞かれたようです。

各税務署や面接官によって質問内容は変わってくるとは思いますが、おそらく一番重視されてくるのは守秘義務をどれだけ理解しているかだと思います。
周りの方も父親が何の職業についていたか聞かれていたようですが、それがどんな仕事だったのかが問題だったのではなく、仕事することそのものをきちんと理解しているかの確認をされているようでした。

つまり、面接で重要なのは、守秘義務が何かわかっており、責任をもってきちんと仕事ができることを示すことです。それができれいれば、面接で落とされることはありません。

ただし、採用人数がありますので、定員オーバーで落とされる可能性があります。面接では質問にはしっかりと答える心がけをしましょう。

税務署のパートで面接した方の体験談を紹介します

確定申告は短期という短い期間ですが、短期の仕事の方が都合や良い主婦の方には人気の仕事です。

実際に税務署の仕事に応募した方の面接の一例、主婦の方ですが、

履歴書を手書きではなく、パソコンで作成して面接に持っていった。

他の職場では違う可能性もありますが、先方が税務署となるとある程度のパソコンスキルがある人の方が採用には有利です。
確定申告は、入力の作業も含むため、パソコンを触ったこともないような初心者では、実際の業務に影響が出てしまう可能性もあります。
そのためか、この主婦の方は、履歴書でパソコンを作成し、面接にもって行きました。

パソコンで作成することによって、面接官にある程度の入力ができることが伝わります。

パソコンの次に悩むのが、面接にきて行く服ですが、「どれでも大丈夫」といわれますが、スーツが無難でしょう。
持ってない場合は、私服でも大丈夫です。
ただ、状況に応じて変えていくことが必要です。

税務署のパート面接で好印象をもってもらう方法とは?

面接で好印象を与えるには、笑顔でいること、また丁寧な言葉遣いが必要です。
どの面接でも、第一印象が鍵になります。話し方も、緊張しすぎず、落ち着いて話しことが大切です。

面接官に自分の名前を伝えてから席に座りますが、質問を受けたら、面接官の目をみて、ハキハキとスラングなどを使わずに、社会人らしい言葉で答えることが大切です。

税務署の面接で好印象を持ってもらうための自己紹介

自己紹介の基本は、始めの挨拶、職歴の説明、志望動機の説明、終わりの挨拶になります。

特に始めの挨拶は基本となる大事な場面なので、自信をもって堂々するのが好印象を与えます。

挨拶ポイント

自信を持った挨拶をすることにより、評価が左右するので、好印象をもたれる挨拶をしましょう。
内容ですが、自分の名前、その後に話すことですが、あやふやな表現や自分の戸惑いは言わないようにしましょう。

パートの面接に受かるためのポイントはコレ!

履歴書で間違いをなくす

先方に提出する履歴書に過ちがあっては、当然受かりません。特に、面接官が履歴書を見る特に左右する点が2つありますので、それを注意して意識してください。

文字に関すること
文字は読む側が読みやすく、丁寧に、書ける場所は全て書いて記入します。特に志望動機や自己PRですが、シンプルで済ませるのではなく、どれだけその仕事がしたいのか、感情が相手に伝わるように欄を埋めましょう。
字に自信が無い人は、パソコンで作成する方法もあります。

写真について
写真を貼ることは必修です。はがれてしまうこともありえるので、写真の裏には自分の名前を書いておくほうが良いでしょう。
写真を撮るときは、明るい表情になるように気をつけて下さい。笑顔になるように、口角を少し上げて撮影すると良い表情になります。

時間内に着く
指定された時間を必ず守りましょう。10分前には面接にたどり着くようにし、5分前には受付を終了させます。迷ってしまったり、交通機関の関係で遅れるときは、応募先に必ず連絡を入れましょう。
遅刻をすることはもってのほかですが、早く着きすぎるのも、相手に迷惑をかけることになるので、指定の時間になるまで、どこかで時間をつぶしましょう。

服装の身だしなみを整える
家を出る前に、身だしなみをチェックし、受付を済ませる前に、トイレで再確認すれば、さらに安心になります。

髪の毛はしっかりブラッシングをして、すっきりまとめるのが好印象です。いつもは目立つメークをしていても、面接の時には控えましょう。
服にアイロンがかかっていなかったり、汚れが目立つ、だらしなく見える服装はマイナスになります。
においに関しても、人を不快にさせる可能性があるので、スタイリング剤や香水には気をつけましょう。

税務署のパートは専門知識がなくても大丈夫!

税務署のバイトのパートの仕事ですが、専門知識がないと内定がしないのではないかと、心配になります。
しかし、研修があるところもあれば、ないところもあるようです。
配属先によっては、確定申告の処理にあまり関わらないところもあるようで、そのような配属先では、研修はないようです。

面接でも、「総務関連で働いた経験はありますか」と聞かれたので、その関連で働かれた方は有利かもしれません。
初めて税務署で働く人にとっては、研修がないまま働くのか?と悩む方もいらっしゃると思います。
しかし実践の中から得られることはたくさんあるので、わからないことは率先して聞くことが大事です。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 仕事に関わる疑問