世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

バスケのシュートフォームを矯正すればシュート率はアップする

2019.3.5

バスケのシュート練習をしてもボールが入らない。それは、シュートフォームの矯正が必要なのかもしれません。
シュートフォームを矯正することでフォーム自体が綺麗になるだけでなく、シュート率も上がり、上達スピードもアップします。
それだけシュートフォームは重要だということです。

練習方法を見直して、シュートフォームの矯正から始めませんか?

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

右脳を鍛えるメリットとは?右脳が持つ役割やトレーニング

人間の脳は、右脳と左脳で分かれていますが、右脳にはどんな役割があるのでしょうか? では、右脳を...

スマッシュ【バドミントン】の打ち方とは?コツやポイント

バドミントンのスマッシュはどんな打ち方をしたら速く打てるようになるのでしょうか? スマッシュを...

ソフトテニスのボレーが怖い理由と克服するための練習方法

ソフトテニスにはボレーという技術がありますが、これが初心者にとってはとても怖いものでなかなか打てない...

彫刻刀の彫り方。コツや刃の種類についてご紹介します

彫刻刀の彫り方にコツはありますか? 刻刀は主に4種類あります。 切り出し刀・丸刀・三角刀・平...

スキーリフトの降り方のコツ!慣れるまでは係員に一声掛けよう

スキー初心者にとって緊張するのが、リフトの乗り降りです。 特に降り方に苦戦する方が多く、タイミング...

フットサルが上達する練習方法・ボールキープや上手な抜き方

一生懸命フットサルに取り組んでいるという皆さん、どんなふうに練習をしたらフットサルが上達するのか悩む...

卓球でドライブが入らない悩みはこれで解決!コツを教えます

卓球の国際試合などを見ていると、ドライブが決まってかっこいいなと思いますよね。 でも実際に卓球...

陸上の長距離の理想的なフォームとは?自分の走り方を見直そう

陸上の長距離を走る場合、タイムにも影響が出るためフォームが大切となりますよね。 でも、どんな自...

バレーボールのサーブの打ち方とは?フローターサーブのポイント

バレーボールで一番使われることの多いフローターサーブの打ち方とは?試合の展開や流れを大きく変えるフロ...

相撲観戦でのお土産のオススメや初心者でも簡単な購入方法

相撲観戦ではお土産は何を購入したらいいのか悩むところ。家族や職場の友達などにせっかく相撲観戦に行った...

野球のエースの条件とは?技術・メンタル・そして最も大切な要素

少年野球チームに入って投手になったからには、やっぱりエースと呼ばれる人になりたいですよね。 チ...

部活のキャプテンに向いてる人って?今日からキミがキャプテンだ!

部活のキャプテン。 どんな性格の子がキャプテンに向いてる人って言えるのかな? 運動部でも...

幼稚園の運動会でPTA競技が盛り上がる法則やオススメと注意点

幼稚園の運動会ではPTA競技も定番ですが、子供と一緒に盛り上がれる競技がいいですね。 幼稚園の運動...

スノーボード初心者の上手な板選びのポイント!チェックする項目

スノーボード初心者にとって、まず悩むのが板選びです。店頭には多くの種類のスノーボードが並び、どれを選...

バスケのシュートで回転かからないのはなぜ?原因と対処法

バスケのシュート練習をしても、回転かからないボールばかりでシュート率も悪い。 回転が上手くかか...

スポンサーリンク

なぜバスケのシュートフォームの矯正が必要なの?シュートフォームの重要性

バスケなどのスポーツでは、良いシュートフォームを打てるようにするために、矯正が必要なことに気づくこともあると思います。

当たり前ですが、バスケをするとなると、シュートを決めなくてはいけませんよね。そのシュートですが、シュートフォームを矯正していくと、シュートが入る確率が高くなります。

バスケのシュートフォームを矯正することで無駄な力を抜く

ずばり、どのスポーツにも言えることですが、練習なしでは、スポーツは強くなることができません。シュートフォームの矯正をするということは、動きに矯正が入るといくことです。イコール無駄な動きがなくなります。フォームが整えば、シュート率が高くなり、また、体に対する負担も軽くなってきます。

正しいシュートフォームでシュートすることによって、正しい位置でシュートをすることになりますから、繰り返しにはなりますが、シュート率が高くなってきます。

バスケで勝ちたいのであれば、シュート率は高くなくてはいけませんよね。是非、シュートフォームの矯正に入って下さい。

バスケのシュートフォームを矯正する際のポイント

バスケでシュートフォームを矯正すると、シュート率が高くなります。それじゃ、矯正したい。その際に、ポイントがあるので、ここで説明していきます。

バスケのシュートフォームを矯正するために必要なこと

足元のバランスがとれている

ボールは目の前にあり、目はゴールに向いています。

ボールをどう持つか

手首を返してボールを持つ

体全体のバランス

体全体に一本の棒が入っているイメージが、バランスが良い姿勢になります。

シュートをした後のフォーム

腕は伸ばした状態です。意識ですが、体全体に向けていきます。

ボールの持ち方もシュートフォームを左右する

シュートをする際、ボールの持ち方も、ゴールすることができるかどうかを左右してきます。

ボールの持ち方をマスターしていないと、シュートだけではなく、パスにも影響する

まず、とても大切なことですが、シュートをする時は、必ず指の腹でボールを持つことを意識して下さい。

いくら練習をしたとしても、間違った方法で練習をしていたら、シュート率も低くなりますし、シュートが中々入らないので落ち込むと思います。間違った方法ではなく、正しい方法、「指の腹」でボールを持って、シュートしていくことを心がけて下さい。

また、シュートをする前にパスを受ける時ですが、必ず自分の体の前で受けて下さい。そうではないと、またシュート率が低くなります。

シュートフォームだけではなく、ボールの持ち方はパスの受け方もシュート率に影響してきます。正しい練習方法で、試合で強くなって下さい。

手の伸ばし方、膝の使い方も綺麗なシュートフォームを作るためには大切

シュートフォームの矯正ですが、より正確に説明するとなると、手の伸ばし方、膝の使い方の矯正が含んできます。

ボールが自分の所に来て、ボールを持ったら、次に、自分のお腹、胸、おでこ、シュートの順番で、シュートをしていきます。

手がその動作の時に伸びてきます。シュートをする際ですが、利き手は伸びている形になります。

シュートフォームで肘を伸ばす時のポイント

肘を伸ばすようにして下さい。曲がってはいけません。

膝はどうなっているのか

ボールを受け取った時、軽く曲がっています。その理由ですが、曲がっていた方が、体のバランスが取れること、シュートへの力を強化することができることにあります。

「どの位曲がっていればよいのかな?」とあまり深く考える必要はありません。軽く曲がっていれば、シュートへの強化する力が得られます。感覚としては、縄跳びをしているような感覚になります。

あまり力まずに、リラックスして膝を曲げていけば良いと思います。

バスケの基本となるシュートフォームがわかったら、あとは矯正するまでとにかく打ち込むこと!

バスケでシュートが強くなるには、シュートフォームを正しく取得することが必要になります。そうすることで、体も楽になるし、シュート率も高くなります。

大体、こんな風にシュートしていくんだなと感覚がわかったら、あとは、そこシュートフォームを体に矯正することができるまで、とにかく練習していくことで試合に勝てると思います。

上記でも少し触れましたが、練習なし(正しい矯正なし)に、試合で強くはなれません。どの強い選手も、はじめから強い訳ではなく、様々な練習をこなして試合で勝つことができるのです。それは、あなたにも言えます。シュート率と高くするには、正しいシュートフォームを取得して、矯正していくこと、ひたすら練習、打ち込んで、試合でも実践していくことだと思います。

「面倒」と言われるプロセスかもしれませんが、オリンピック選手、プロ野球選手、皆さん練習を積み上げて強くなってきています。努力なしでは前進できません。さぁ、あなたも日々の練習で、試合でシュート率が高い選手だと周囲から高評判を得ていきましょう。

小中学生になると、様々なスポーツに興味を持ち、バスケで優勝したい、シュート率を上げたいと思い出すと思います。その為には、適切なシュートフォームを身に着けて、体を矯正させる必要があります。上記でそのポイントを数点説明してきました。ボールの持ち方、腕の伸ばし方、膝の方など、実践的なものを説明してきたので、これから練習して、シュート率を上げていって下さい。また、継続は力なりともいいますが、頭でわかっているだけでは強い選手にはなりません。練習と実践がものをいいますから、日々の練習を怠らないで下さいね。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - スポーツやアートに関する疑問