世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

肩甲骨を下げるストレッチで肩こりを改善することが出来る!

2018.5.23

首や肩のコリが辛い人は肩甲骨が上がっているのかも知れません。肩甲骨が上がっていると猫背の姿勢になったり周りの筋肉がこり固まり血流が悪くなり痛みやだるさが抜けない慢性的な症状になってしまうのです。

そんな辛い症状を改善させるには肩を下げるストレッチでリフレッシュすると良いでしょう。肩を下げると良い理由やストレッチの方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

前腕の太さでモテる!?男性の平均や腕を太くする方法

前腕の太さは男の象徴とも言われますが、男性の前腕の太さの平均とはどのくらいなのでしょうか? ま...

サッカー初心者でも試合で活躍出来る!その方法とは・・・

サッカーを始めたばかりの初心者というのは、なかなか試合でも活躍出来ませんよね。 ボールに触るこ...

合気道と空手、子供にどっちを習わせるかで迷っている方へ

強い子になって欲しい!そんな願いから、子供に合気道か空手を習わせようと考えている親御さんも多いのでは...

部活を休む事で感じる罪悪感の対処法!部活を休みたくなる理由

部活を休むことに罪悪感を感じ、休まなければ良かったと後悔している人もいますよね。部活を休むのには人そ...

ホラーとサスペンスの違い!似ているようで違った2つの特徴

ホラー、サスペンスと聞いて、皆さんは何をイメージしますか?この2つの言葉、似ているようで少し違った意...

サッカーのフェイントが上達するポイントや練習方法とは

サッカーのフェイントが上手くなりたい!そんなときにはこの練習方法がおすすめです。 最初から難しいも...

バレエの先生が無視?怖い先生との違いと無視と感じてしまう理由

バレエの先生から無視をされることほど辛いものがありません。 なぜ自分にだけ注意をしてくれないのか、...

大相撲の場所の年間開催回数や会場、チケットについて解説

テレビで大相撲の中継を見ていると、実際に目の前で生の相撲を見たいと感じる人も多いでしょう。 そ...

卓球の練習方法!家でもできる卓球上達の練習アドバイス

卓球初心者の中には、家でも卓球の練習をして早く上達したいと思う方も多いでしょう。しかし、自宅に卓球台...

テニスのラケット破壊。協会やスポンサーへペナルティとその背景

テニスの試合中、選手がラケット破壊する場面がありますね。 ラケットに当たるなんて…と思いますが、選...

弓道で弓手がぶれる原因とは?的中率を上げるために必要なこと

弓道で弓手がぶれると的中率も低下します。弓手のぶれをなくして安定すれば、的中率も上がり上達もします。...

卓球でドライブが入らない悩みはこれで解決!コツを教えます

卓球の国際試合などを見ていると、ドライブが決まってかっこいいなと思いますよね。 でも実際に卓球...

スキーリフトの乗り方・降り方のコツとポイントを紹介します

初めてスキーのリフトに乗るときはとても緊張してしまいますよね。スキーリフトの乗り方や降り方にはどのよ...

体育のサッカーは初心者には難しい!コツやポイントを紹介

体育のサッカーではどんな動きをしたらいいのでしょうか?何をしたらいいのか、どこにいたらいいのかわから...

サッカーの練習着は冬でも動ける準備で寒さも風邪も負けない対策

サッカーの練習着について、冬の寒い日の練習にはどんな服装を準備したらいいのでしょうか?冬の練習は寒さ...

スポンサーリンク

肩甲骨を下げるストレッチが効果的?肩甲骨が上がる理由とは?

肩甲骨を下げて、肩周りを柔らかくすると、肩こりが楽になるというのは聞いたことがありますか?

まず、肩こりになる原因の姿勢でもある、肩甲骨が上がってしまう理由について考えてみましょう。

現代では、毎日の生活でパソコンやスマートフォンを見ることが欠かせなくなっています。
それによって、姿勢が悪くなってしまい、肩甲骨が上がり、肩こりを悪化させてしまうのです。

気をつけて背筋を伸ばして正しい姿勢にしようとしても、筋肉が衰えていると、それを保つのが辛く感じ、猫背になったり、足を組んでしまったりします。

また、仕事でパソコンに向かっていたり、スマホのゲームに夢中になっていると、無意識に緊張状態になり、眉間にシワが寄り、肩にも力が入って、肩甲骨を上げてしまいます。

肩甲骨を下げる(正しい位置に)簡単なストレッチの方法

肩甲骨を下げ正しい位置にするには、ストレッチが効果的です。

仕事の合間にできる簡単なストレッチの方法をいくつかご紹介します。

  1. 両手を上げ、バンザイの体勢にします。
  2. 両肘が90度になるように開きながら下ろし、肩甲骨を真ん中に寄せます。
    この時、手のひらは外側を向くようにしましょう。
  3. 身体が痛くない程度に力を込め、3~5秒経ったら、肩を脱力させ楽にします。

これを5回ほど繰り返します。

  1. 右腕を真っ直ぐ伸ばして肩の高さに上げ、肘を曲げずに左の肩に動かします。
  2. 左肩に寄せた右腕を左腕で下から引き寄せ、痛くない程度に、右の肩甲骨周りの筋肉を伸ばします。
  3. 反対の腕も同様にストレッチします。

これも、左右それぞれ5回ずつ行います。

  1. 両手の指を後ろで組んで、そのまま肩の高さくらいまで上げます。
    この時、痛みを感じるようでしたら、できる範囲での高さでかまいません。
  2. 自分の中で上げられる高さまで上げたら、3~5秒ほどキープさせて、手の指をほどき脱力します。
  3. 次に身体の前で、両手の指を組み、両手を前に出し、それと反対に身体が引っ張られているように後ろに下げ、肩甲骨が開くようにストレッチします。
  4. その体勢を3~5秒ほどキープしたら脱力します。

これもそれぞれ5回ずつ行いましょう。

これらすべてを一度に行わなくても、作業の隙間や、気が付いた時に行うと、身体の不調をある程度でしたら防げます。

誰でも出来る!肩を下げるストレッチの方法

肩を下げるストレッチはさまざまですが、誰でも簡単に出来る方法もご紹介します。

まず、両肩を締めるようにググッと上げます。

そのまま3~5秒キープさせたら、脱力します。

たったこれだけでも、肩こりを緩和させることができます。

他にも、両肩を後ろに下げ、左右の肩甲骨を締めるようにします。

そのまま3~5秒キープして、それから脱力します。

これらを時々するだけでも、肩周辺の筋肉をほぐし、血流の流れが悪くなるのを緩和してくれます。

ストレッチを行うときは、ついつい呼吸を忘れがちですが、力を込めたり、脱力するのに合わせて、深呼吸するとより効果的です。

また、首周りの筋肉が硬くなることで、肩こりにもつながりますから、肩のストレッチと合わせて、首を回すなどの動きも取り入れてください。

肩を下げるストレッチについて。肩甲骨を良く動かそう

肩を下げるストレッチでのポイントは「肩甲骨を良く動かすこと」です。

運動不足や、元々の体質で身体が硬くなっていると、ちょっとしたストレッチでも痛みを感じると思いますが、毎日少しずつ動かすことで、肩甲骨も柔らかくなり、身体の不調も楽になってくるはずです。

ですので、ストレッチ以外でも、「腕や肩を回す」「両腕を上げて伸びをする」といった日常の何気ない動作でも、肩甲骨を動かしてあげてください。

また、普段の姿勢で猫背になったり、頬杖をついたりしていませんか、それらのことで筋肉が弱ったり、骨がゆがんでしまったりします。

「足を組むと骨盤がゆがむ」なんていいますが、自分にとって楽な姿勢でも、骨や筋肉にとっては悪影響を及ぼす場合があります。

それに、身体はすべてが繋がっているので、どこかが痛いと、それをかばう為に他の筋肉や骨が無理をした動きをしてしまいます。

それとは逆に他の部分を動かしたり、ケアすることで、別の箇所の痛みが無くなる事もあります。

そういったこともありますので、日々の姿勢も見直して見ましょう。

肩を下げると女性には嬉しいこんな効果が得られる!

肩を下げると、肩こりが良くなるだけではなく、女性にはうれしいこんな効果も得られます。

肩を下げるとバストアップになる

肩を前に出して猫背にしていると、胸が隠れるようになってしまいます。
肩を後ろにさげて胸を張るだけでも、いつもよりバストが大きくなったような気がしませんか?

常日頃ストレッチをすると、肩だけではなく、胸周りの筋肉も良く動いて、「大きく見える」だけではなく、本当に「大きくなる」効果もあるんです。

肩が下がると二の腕がスッキリする

肩や肩甲骨を動かすストレッチをすると、二の腕も一緒に動かしますよね。
それによっても二の腕のシェイプに繋がります。

肩が下がるとおなか周りがスッキリする

肩とおなかは一見関係ないように見えますが、肩甲骨を動かして、姿勢を良くすると、それに伴い、骨盤の位置も正しくなり、正しい姿勢を保とうと、腹筋や背筋も鍛えられます。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - スポーツやアートに関する疑問