世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

前腕の太さでモテる!?男性の平均や腕を太くする方法

2018.6.21

前腕の太さは男の象徴とも言われますが、男性の前腕の太さの平均とはどのくらいなのでしょうか?

また、前腕の太い男性は女性からモテるそうですよ!

では、どうすれば前腕を太くすることができるのでしょうか?効果的な前腕の鍛え方とは?

そこで、男性の前腕の太さの平均や前腕の効果的な鍛え方、さらに上腕筋を鍛えるダンベルトレーニングなどについてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

競泳平泳ぎを速く泳ぐコツ!速く泳ぐために大切なポイントを解説

競泳で平泳ぎをしている人の中には、今よりももっと速く泳げるようになりたいと思う人もいますよね。平泳ぎ...

リレーで速く走るコツとは?カーブはこうして駆け抜けよう

リレーのカーブはどのように走ればいいのでしょうか?リレーで速く走るコツとは? 誰もがスピードの...

小学校の運動会のリレー選手に選ばれる子どもとは?速く走る方法

小学校の運動会でリレー代表に選ばれるのはどんな子どもなのでしょうか?また、速く走るにはどんな練習をし...

相撲を見ていると気になる力士の怪我。怪我が多い訳を考える

海外でも関心を集める相撲。多くの人気力士が登場する一方で、怪我が多いことが話題になることも。 ...

卓球の練習方法!家でもできる卓球上達の練習アドバイス

卓球初心者の中には、家でも卓球の練習をして早く上達したいと思う方も多いでしょう。しかし、自宅に卓球台...

バレーのレシーブを受けると痛い!ボールが痛くない受け方とは

バレーのレシーブがめちゃくちゃ痛い!体育の授業でバレーをしたら腕があざだらけになってしまった。そんな...

バスケのシュートフォームを矯正すればシュート率はアップする

バスケのシュート練習をしてもボールが入らない。それは、シュートフォームの矯正が必要なのかもしれません...

サッカーの練習メニュー【中学校】上達するには基本を見直す

サッカーの練習メニュー。 体力強化の筋トレや、ボールテクニックを上げる練習など、いろいろなアプロー...

テニス初心者の打ち方についてストロークの基本や上達のコツ

テニス初心者の打ち方において、最も多く打つショットといえばストロークです。このストロークが上達すれば...

ダンスが下手な理由とは?ダンスの見栄えをよくする方法もご紹介

中学校の必須科目となっているダンス。 習い事でダンスを習っている子にとっては楽しい授業でも、ダンス...

テニスのラケット破壊。協会やスポンサーへペナルティとその背景

テニスの試合中、選手がラケット破壊する場面がありますね。 ラケットに当たるなんて…と思いますが、選...

バレエの練習の髪型はまとめる理由と上手な作り方やヘアアレンジ

バレエの練習での髪型といえば、きっちりと髪をまとめたシニヨンヘアが思い浮かぶのではないでしょうか。で...

卓球でドライブが入らない悩みはこれで解決!コツを教えます

卓球の国際試合などを見ていると、ドライブが決まってかっこいいなと思いますよね。 でも実際に卓球...

バレーボールのサーブのルール!わかりやすいルール解説

これからバレーボールを始めたいという方は、まずルールを覚えることも大切です。 バレーボールにもさま...

部活は上下関係を学ぶことができる大切な場所面接で活かす方法

部活は上下関係を学ぶには、とても良い環境と言えるでしょう。 もちろん、その部活によって違いはあ...

スポンサーリンク

男性の前腕の太さの平均は?男性と女性の差や違い

男性が太い前腕や上腕を持っていると、女性にモテそうな印象がありませんか?

実は上腕の太さのはかり方には2種類あります。腕を伸ばして測定するか、腕を曲げて測定するかそれによって違うのです。

腕を伸ばした状態の上腕の周囲径のことを「上腕伸展囲」、腕を曲げた状態での上腕の周囲径のことは「上腕屈曲囲」と言います。

ではそれぞれの平均値はどうなっているのでしょうか?

年代によっても違いがありますが、1990年代前半の平均データによると

《男性》
上腕伸展囲 28.1cm
上腕屈曲囲 29.5cm

《女性》
上腕伸展囲 25.4cm
上腕屈曲囲 26.5cm

となっています。そして1990年代後半の平均データは

《男性》
上腕伸展囲 26.1cm
上腕屈曲囲 27.6cm

《女性》
上腕伸展囲 25.3cm
上腕屈曲囲 25.8cm

です。

身長や体重によっても平均値は変わると考えられますが、、1990年代前半の方が太かったのですね。参考までにご紹介します。

トレーニングをしている男性の前腕の太さはどれくらい?

トレーニングをしている男性の前腕で太いと感じられるのは、何cm以上なのでしょうか?

これも身長に関係してきますが、170cmで体重が60kgの男性であれば上腕屈曲囲35cm以上あれば太く見えるようです。

しかし、同じようにトレーニングしている人から見ると太くはないかもしれません。トレーニングをしていない人から見た参考の意見です。

筋肉の付き方によっても、前腕が太くみえる場合もあります。カットが出ているか出ていないかが分かれ目かもしれません。

カットというのは筋肉の凹凸がはっきりしていて境目が良く見えることを指します。脂肪ではなくくっきりと筋肉が見えた方が太く見えるということなのです。

そのため上腕屈曲囲35cm以下であっても、カットが出ていれば太く見えます。

また上腕屈曲囲40cmとなると筋トレ中級者以上となります。40cmともなると、普通の人から見るととても太いと感じられるレベルでしょう。

普通の長袖の洋服ならパンパンになります。

筋トレで前腕を太くしたいのであれば、このくらいを目標にしたいですね。

前腕が太さがモテる男性の分かれ目?前腕の鍛え方とは

腕の中で一番見えやすい筋肉といえば「前腕」でしょう。気温が高くなってきて腕まくりをした時に、筋肉がついた男性の前腕を見るとドキッとしてしまう女性も多いのではないでしょうか?

日常生活においても、腕は一番良く使う部位でしょう。そのため、周りの人からも見えやすく、筋肉がついているとかっこよく見せることができるのです。

これからでも遅くはありません!前腕を鍛えませんか?

しかし、前腕だけをすぐに太くするということはできません。まずは上腕を鍛えることが大切です。そして上腕を鍛えるためには、肩や大胸筋から鍛えなくてはいけません。

筋トレを始めるときは、大胸筋からスタートです。それから女性の視線を浴びるような前腕を手に入れましょう!

上腕筋を鍛えるダンベルトレーニングをご紹介!

ダンベルを使えば、腕のいろいろな部位の筋肉を鍛えることができます。

例えば普段あまり使わない上腕三頭筋。女性であれば一番贅肉がつきにくいところ。男性ならこの筋肉も鍛えて太くたくましい腕になりましょう。

そのために向いている運動は「ダンベルトライセプスプレス」「ダンベルトライセプスエクステンション」「ダンベルフレンチプレス」などです。

上腕三頭筋を鍛えるために注意してほしいのは、肘の位置と脇の開け閉めです。効かせる部分によって変えるようにしましょう。

長頭であれば、脇を閉めて肘を軽く内側に向けるようにしましょう。そして短頭であれば脇を少し開き、肘を軽く外側に向けるようにしましょう。実際にやってみれば違いがわかります。

人に見せれる力こぶを作りたいなら、上腕二頭筋を鍛えましょう。ダンベルを使う場合は「ダンベルスクリューカール」「ダンベルアームカール」などのトレーニングをしましょう。

上腕三頭筋と同じように、鍛える時のポイントがあります。長頭に効かせたいのであれば拳を立てるようにしましょう。そして短頭に効かせるためには手のひらを上にして行うようにしましょう。

なぜ女性は太い腕が好きなのか?鍛えて損ナシ!

女性は太い腕を持っている男性に憧れる人が多いのではないでしょうか?

腕が太いとそれだけで守ってもらえる・・・そう感じませんか?

たまに男性でも腕の細い人がいますが、それだとなんとなく頼りないし「もしかしたら私の方が太い?」なんて思ってしまったりしてしまいますよね。

細マッチョの男性もモテていますが、基本的に女性は男性の太い腕で抱きしめられたい、そう思っている人の方が多いでしょう。私もそのうちの一人です。

プヨプヨしたお肉の人に抱きしめられるよりも、筋肉質の人に抱きしめられたい・・・これが本音でしょう(たまにプヨプヨの男性が好きという女性もいますが)。

男性は鍛えておいて損はありません。私の周りには50歳になっても鍛えている人もいます。

太い前腕を手に入れるためにも、筋トレを始めてみましょう!

 - スポーツやアートに関する疑問