世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

バレーのアタックのタイミングをつかむためのコツと練習方法とは

2018.11.16

バレーの試合で得点するために必要なアタックですが、タイミングをつかむことが難しいと悩んでいる人が多いといいます。

タイミングをつかむためには、どんな練習を行えばよいのでしょうか?腕の使い方や効果的な助走の方法とは?

バレーのアタックのタイミングをつかむためのコツと練習方法について説明します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

前腕の太さでモテる!?男性の平均や腕を太くする方法

前腕の太さは男の象徴とも言われますが、男性の前腕の太さの平均とはどのくらいなのでしょうか? ま...

バスケの選抜になりたい!練習するときはココがポイント

バスケの選抜に選ばれるための練習とは?選ばれた人と自分にはどのくらいの差があるのか気になりますよね。...

バスケのシュートの飛距離を伸ばすために今からできること

バスケをしていてシュートの飛距離が伸びず、3Pシュートが上手くできない・・・と悩んでいませんか? ...

陸上の長距離の理想的なフォームとは?自分の走り方を見直そう

陸上の長距離を走る場合、タイムにも影響が出るためフォームが大切となりますよね。 でも、どんな自...

【バレエ】男性はメイクで彫りの深さを!男性メイクの手順

バレエの発表会では男性もメイクをします。遠目に見てもくっきりと立体的な彫りの深い顔立ちをメイクで演出...

バスケのシュートフォームを矯正すればシュート率はアップする

バスケのシュート練習をしてもボールが入らない。それは、シュートフォームの矯正が必要なのかもしれません...

右脳を鍛えるメリットとは?右脳が持つ役割やトレーニング

人間の脳は、右脳と左脳で分かれていますが、右脳にはどんな役割があるのでしょうか? では、右脳を...

部活女子には色々なあるあるネタが存在。共感出来るネタまとめ

何か部活はやっていますか? 運動部からは女子テニス部・女子バスケ部・弓道部・水泳部・陸上部の「ある...

卓球のサーブのコツ!初心者でも上達する回転をかける練習方法

卓球のサーブのコツとは、どんなことに気をつけて練習するべきなのでしょうか。卓球初心者は、まず何より練...

ダンスができない理由やNGな練習方法、上達するためのポイント

同じダンススクールに通っていても、上達の速い子とそうではない子がいますよね。 もともと持っている運...

バレー部のマネージャーの仕事の内容とキッカケややりがいとは

バレーが好きなので、バレー部のマネージャーになりたいけれどどんな仕事をするのか不安に感じてませんか?...

バレーのレシーブを受けると痛い!ボールが痛くない受け方とは

バレーのレシーブがめちゃくちゃ痛い!体育の授業でバレーをしたら腕があざだらけになってしまった。そんな...

太ももに隙間ができない人は足が太い?太ももが太い原因と対処法

太ももに隙間ができないことで悩んでいる女性もいますよね。ほっそりとしたキレイな足にあこがれている女性...

短距離を速く走るトレーニング方法とは?おすすめ筋トレを紹介

短距離を速く走るにはどんなトレーニング方法が必要なのでしょうか? 意外にも、足のトレーニングだ...

卓球でドライブが入らない悩みはこれで解決!コツを教えます

卓球の国際試合などを見ていると、ドライブが決まってかっこいいなと思いますよね。 でも実際に卓球...

スポンサーリンク

バレーのアタックのタイミングがつかめない場合、どんな練習をすればいい?

アタックはタイミングが大切。
ジャンプが早すぎても遅すぎてもいいアタックは打てません。理想はジャンプした時に最高到達点でボールが打てること。

自分の一番高いところでボールが打てるように練習するしかないのですが、おすすめはボールを打たずに、ジャンプして最高到達点に達した時にボールを掴む練習です。
ジャンプした時に精一杯腕を伸ばしてボールを掴むのです。

まずは一定の高さにトスを上げてもらい、早めに飛んだり遅めに飛んだりして、自分なりのタイミングを見つけていきましょう。
自分のタイミングがわかったら、今度はトスに高低差を付けてもらいます。
高めのトスなら自分の基準より高く飛ぶなど、変化に合わせていきます。

アタックは複雑な動作の合わせ技。
足の動きや腕の動き、そしてジャンプのタイミングやボールの打点など、色々な動作が必要です。
初めから全部を練習するのは大変なので、部分に分けて反復練習するほうが身に付くでしょう。

タイミングよくバレーのアタックを打つためのコツとは?

まずはステップ。
アタックは、助走に合わせたステップによって打てるものなので、右利きの人で3歩助走なら「左・右・左」、5歩助走なら「左・右・左・右・左」といったようにステップを行います。
歩幅はジャンプしやすいようコンパクトにし、後はステップのみで練習してコツを掴んでいきましょう。

次にジャンプをする時の腕振りです。
ステップに合わせて腕を振り上げることで高く跳ぶことができるのですが、ポイントは腕をしっかりしめること。腕の振り方もチェックしましょう。

そしてアタックを打つ時のボールの打点です。
アタックを打つ瞬間は、肘を曲げずに真っすぐ伸ばし、最高到達点でボールを捉えるようにします。手のひら全体でボールを叩きつけるのですが、ここでのポイントは手首のスナップ。手首を返すように打つことで強いアタックを打つことができます。

バレーのアタックのタイミングを覚えるためには何回も練習しよう

アタックのタイミングを体に覚えさせるためには、反復練習が重要です。

何度も何度もアタックの練習をすることで、自分にとってのベストなタイミングを見つけることができるのです。
今日練習したからといって、明日同じようにタイミングが取れるとは限らないのです。

アタックの感覚は体に覚えさせるしかないということ。
そのためにも、何百回と繰り返して練習するしかないのです。
タイミングが合わずに焦ってしまうこともあると思いますが、そこを疎かにしてしまうと良いアタックを打つはできません。

アタックは、セッターがトスを上げたらそれに合わせてすぐに助走をはじめ、ジャンプをして高い打点を狙ってボールを打つのが基本です。
ただ理屈はわかっていても、なかなかセッターとのタイミング合わなかったり、助走や高い打点で打つことが難しいこともあると思います。
大切なのは自分なりのリズムです。
ボールが上がる速度、そして落ちてくる時を見て高い打点で打てるよう感覚を掴むしかありません。
タイミングがズレてしまうことはよくありますが、ポイントを意識して練習することで、ただ漠然と練習するよりもスキルは上がっていくことでしょう。

バレーのアタックを上達させるために必要な腕の使い方とミートとは?

アタックを上達させるために必要な腕の使い方

基本は両腕を真っ直ぐ上げ、手のひらを開きながら打つ方の腕を頭の後ろにもっていき、打つ方の腕や肘を上げないで肘から先を回してボールをミートさせること。
反対の腕は、胸の前に畳んでおきます。
アタックは正しいフォームによって強い珠が打てるので、強い珠が打てるまでは、素振りを行うといいでしょう。

アタックをしっかり打つために大切な珠をミートするポイントですが、手のひらの上の部分で打てるように練習しましょう。
ボールをどの位置で叩くといいのかを意識するためにも、まずは実際に打つよりも低い位置でボールを構えて打つと、強く打つ感覚がわかるでしょう。
打つ方の手はしっかり頭の後ろに引く、逆の手は脇を締めて胸の前に持っていくと意識することも大切です。

ボールを強く打つ感覚が掴めたら、ボールを軽く上に上げて実際に打つ打点の高さで練習を行っていきましょう。

バレーで強いアタックを打つために必要なこと

バレー初心者がアタックをすると、強い珠を打とうとするあまり力み過ぎてしまう人がほとんどです。これだと強いアタックを打つばかりか、逆にアタックが打ちにくくなってしまいます。
強いアタックを打つために筋トレをして筋肉をつけることも確かに大切ですが、それよりも有効なのがスイングの高速化です。
スインを打つためには適度な脱力が必要で、特に肩はリラックスさせる方が強いアタックを打てるようになります。
リラックスした状態でスイングすることで手首に一気に力を込めることができるのです。スイングが高速化し、結果強いアタックが打ち込めるというわけです。

とはいっても、最初は体の使い方がわかりにくいかと思います。
ただ、空中での脱力、外旋と内旋を上手く使うポイントさえ掴むことができれば、今よりもいいアタックが打てる事は間違いありません。
筋トレも確かに必要ですが、それよりもいかに脱力させるかといったリラックスも重要になるということを覚えておいてください。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - スポーツやアートに関する疑問