世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

グローブの手入れをして柔らかくしよう!オイルの塗り方のコツ

2018.10.4

買ったばかりのグローブは硬いので柔らかくする必要があります。

まずは買ってからすぐに出来る、柔らかくする手入れ方法についてみていきましょう。

柔らかくするにはオイルが必要ですが、その他に準備するものや塗り方を紹介します。

他にはスチーム型付け・オイル型付け・湯もみ型付けなどがありますが、それぞれに特徴があります。

ボールポケットの作り方・形の保持についても解説していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

バレーのレシーブを受けると痛い!ボールが痛くない受け方とは

バレーのレシーブがめちゃくちゃ痛い!体育の授業でバレーをしたら腕があざだらけになってしまった。そんな...

日本代表のサッカーユニフォームはなぜ青?その理由について

サッカーのユニフォームといえば、他の国を見てみると国旗のカラーがそのまま使われている場合が、多いです...

水泳の平泳ぎ練習方法・平泳ぎが上達するにはキックの練習が大事

水泳の平泳ぎが上達したいという人は、どうやって練習すれば上達するのか、練習方法が知りたいという人もい...

水泳初心者の息継ぎ方法【クロール編】正しいやり方を解説

水泳を始めたばかりの初心者の人の中には、クロールをした時に上手に息継ぎができずに体が沈んでしまう・口...

野球の練習メニューを紹介。低学年には楽しい練習で野球好きに

少年野球に入っている低学年の少年たちは、まだまだ野球を始めたばかりでしょう。 低学年でもしっかりを...

合気道と空手、子供にどっちを習わせるかで迷っている方へ

強い子になって欲しい!そんな願いから、子供に合気道か空手を習わせようと考えている親御さんも多いのでは...

バレエの先生が無視?怖い先生との違いと無視と感じてしまう理由

バレエの先生から無視をされることほど辛いものがありません。 なぜ自分にだけ注意をしてくれないのか、...

肩を柔らかくする方法とは?バレー上達のためのストレッチ方法

バレーをやっている人は「もう少し肩が柔らかかったら」と思うことが多いのではないでしょうか? 肩...

バレーボールのサーブの打ち方とは?フローターサーブのポイント

バレーボールで一番使われることの多いフローターサーブの打ち方とは?試合の展開や流れを大きく変えるフロ...

空手は女子にもおすすめのメリットがたくさん!【子供の習い事】

子供の習い事はいろいろとありますが、空手は男子が多く習っているイメージを持っている方が多いと思います...

バンドのギターの音作りのコツは?音作りが上手くなるには

バンドのギターの音作りでは、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか? また、バンドのギターの...

バレエの練習の髪型はまとめる理由と上手な作り方やヘアアレンジ

バレエの練習での髪型といえば、きっちりと髪をまとめたシニヨンヘアが思い浮かぶのではないでしょうか。で...

ラケットのグリップ臭いが気になる!卓球グリップの臭い解消方法

卓球をしている人の中には、ラケットのグリップの臭いが気になる人もいるのではないでしょうか。 自...

テニス初心者の打ち方についてストロークの基本や上達のコツ

テニス初心者の打ち方において、最も多く打つショットといえばストロークです。このストロークが上達すれば...

部活は上下関係を学ぶことができる大切な場所面接で活かす方法

部活は上下関係を学ぶには、とても良い環境と言えるでしょう。 もちろん、その部活によって違いはあ...

スポンサーリンク

最初は硬いグローブを柔らかくする手入れ方法

新品のグローブはとっても嬉しいものですが、使い勝手が良いグローブにするためには、柔らかくする必要があります。

段々と使い込むうちに柔らかく手に馴染むグローブになりますが、最初にする手入れも肝心です。

まずはグローブ用のオイルと柔らかい布を用意します。革用のクロスがある場合は、そちらを使いましょう。

クロスにオイルを付けたら、グローブに薄く伸ばして染み込ませます。そしてボールの補給を繰り返し硬いグローブを柔らかく、そしてボールの型をつけていきます。

オイルは段々と乾いていきますので、数日たちグローブが乾いたと感じたら、同じようにしてグローブにオイルを塗ってなじませてください。

グローブを柔らかくする手入れは3つ

グローブを柔らかくする手入れには3つの代表的な方法があります。

まず1つ目は上記したオイルを使った方法です。そしてスチームで柔らかくする方法、お湯でグローブを柔らかくする方法の3つです。

スチームを使用する方法は、グローブ専用の蒸し器を使います。スポーツ店で行いますが、大型スポーツ店では知識のない方が、ただグローブを蒸し器に入れる場合もありますので、信頼できるスポーツ店に頼んで行いましょう。

次にお湯を使って柔らかくする方法ですが、こちらも専門店で無ければ行うことができません。

お湯の中に付けて柔らかくするだけなのでは?と素人判断で行わず、必ずスポーツ店などの専門店にお願いをしてください。

ちなみに唯一、自分でできるオイルを使ったグローブを柔らかくする方法ですが、オイルはスプレータイプもありますので、自分にあった使いやすものを選んでみてくださいね。

グローブを柔らかくすることができたら、その他やっておきたい手入れ方法

自分でできるオイルを使ったグローブを柔らかくする方法ですが、オイルを薄く塗り込んだ後は折り目をつけることで、ポケットの位置を適切な場所に作ることが出来ます。

またポケットの位置が決まるだけではなく、他の場所にシワができにくくなる効果もあります。

折り目をどこにつけるかをしっかりと確認して行いましょう。また折り目の位置がわからない場合は、やはり専門店に相談をしてみるのがいちばんです。

オイルを塗って折り目を付けたら、ボールの補給を繰り返し自分の作りたい場所にポケットを作ってくださいね。

これらは作業はグローブを買ったらすぐにやっておきたいお手入れの方法です。手入れをしたら形を崩さないように保管の仕方も重要!その方法については次でご紹介いたしますね。

グローブのボールポケットや形保持のために

どうしてポケットが必要なのか?野球をすでにやっている方ならご存知ですよね。ボールを補給するためには、ボールがグローブの中に収まりやすい場所を作ることが必要で、それがボールポケットなのです。

ボールポケットの位置は、誰もが一緒というものではなく守備位置によっても違いがありますし、自分のプレースタイルによっても変わってきます。

グローブにオイルを塗って、折り目をつけ、ボールポケットを作ったら、その形が崩れないように保管方法や持ち運びにも注意をしましょう。

野球選手がグローブを置くシーンをテレビ等てみていると、指の部分を床に付けてグローブを立たせるようにしていますよね。

これは型くずれしないよう、ボールポケットが潰れないようにしているからです。

また持ち運ぶときも、型が崩れないようにボールをグローブに挟んでベルトで固定しましょう。せっかく作ったボールポケットが、台無しになってしまわないようにしてくださいね。

野球をする上での大事なことや【グローブ】の置き方にも注意が必要

野球で大事なこと、それは何でしょうか?もちろん練習を頑張ることは大切です。スポーツの礼儀も大事ですよね。

しかし野球は道具が無ければ、練習をすることも試合をすることも出来ません。日頃から道具を大切に扱うことも大事なのです。

そして、野球に対して愛があればあるほど、道具を大切にしているのが伺えます。

上記したようにプロ野球の選手ならそれはなおさらです。数分グローブを置くだけのときにも、その置き方に注意をします。自分の手に馴染む道具はどれほど大切なものかを知っているからです。

今は沢山のものが溢れている世の中です。ネットでグローブやバットなどを一瞬で手に入れることもできます。

しかしどんなに価格が高くて良い道具でも、手入れをしなければ自分の手に馴染むことはありません。また手になじまない道具を使っていては、最高のプレーをすることも出来ないでしょう。

プロになって契約金などを手にしても、学生の頃から大事にしているグローブを今でも使用しているという選手がいますよね。簡単に買い換えることが出来るのに、それをせずに大切に使用しているということは、もはや道具ではなく体の一部のようになり自分にとっては欠くことのできない存在になっているという証拠です。

自分の道具を大切に愛情を持って使ってくださいね。きっとあなたの体の一部のように馴染む日がきますよ。

 - スポーツやアートに関する疑問