世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

スノーボード初心者の上手な板選びのポイント!チェックする項目

2019.4.2

スノーボード初心者にとって、まず悩むのが板選びです。店頭には多くの種類のスノーボードが並び、どれを選んでいいかわからないという方も多いと思います。

そこで、スノーボード初心者が、板を選ぶ基準や、選ぶ際にチェックして欲しいポイントなどをご紹介します。

スノーボードは上達に合わせて買い替えていくというのも上手な使い方です。まずは、初心者に適したタイプから選んでみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ボウリングのボールの寿命とその判断基準について解説します

ボウリングを始めて購入したマイボール。しかし、ボールにも寿命があることを知らない人も多いと言います。...

バドミントンのレシーブが奥まで飛ばないときの対処方法やポイント

バドミントンのレシーブが飛ばない、届かない原因にはどんなものがあるのでしょうか? 力いっぱい打って...

ダンスの振り付けの考え方とコツがわかれば悩みは解決できます

創作ダンスの振り付けが全く思いつかない…。ダンス初心者の悩みの中でも一番多いのがこの「振り付け」です...

テニス初心者への教え方は?まずはボールとの距離間を掴む練習を

大学のテニスサークルに入ってきた初心者の後輩たちに、どんな教え方がいいのかと悩んでいませんか? ...

相撲を見ていると気になる力士の怪我。怪我が多い訳を考える

海外でも関心を集める相撲。多くの人気力士が登場する一方で、怪我が多いことが話題になることも。 ...

肩を柔らかくする方法とは?バレー上達のためのストレッチ方法

バレーをやっている人は「もう少し肩が柔らかかったら」と思うことが多いのではないでしょうか? 肩...

幼稚園の運動会でPTA競技が盛り上がる法則やオススメと注意点

幼稚園の運動会ではPTA競技も定番ですが、子供と一緒に盛り上がれる競技がいいですね。 幼稚園の運動...

バレエの練習の髪型はまとめる理由と上手な作り方やヘアアレンジ

バレエの練習での髪型といえば、きっちりと髪をまとめたシニヨンヘアが思い浮かぶのではないでしょうか。で...

右脳を鍛えるメリットとは?右脳が持つ役割やトレーニング

人間の脳は、右脳と左脳で分かれていますが、右脳にはどんな役割があるのでしょうか? では、右脳を...

卓球の練習方法!上達のための一人でもできる自宅練習メニュー

中学生になり、部活で卓球を始めたという方も多いですよね。 早く上達するために、自宅でも一人で練習を...

ソフトテニスを高校から初める初心者は意外と多い!練習のコツ

高校や中学ではソフトテニスも人気がありますね。 高校からソフトテニスを始めようと考えている人も...

大相撲の場所の年間開催回数や会場、チケットについて解説

テレビで大相撲の中継を見ていると、実際に目の前で生の相撲を見たいと感じる人も多いでしょう。 そ...

バスケのシュートで回転かからないのはなぜ?原因と対処法

バスケのシュート練習をしても、回転かからないボールばかりでシュート率も悪い。 回転が上手くかか...

トスの基本。バレーでアタックを活かすトスのコツと練習方法

バレーの攻撃の際の基本となるのが、アタッカーにつながるトス。 セッターのあげた打ちやすいトスが...

スキーのパラレルターンのコツとは?ポイントは大回り

スキーのパラレルターンにはどのようなコツがいるのでしょうか?なかなかパラレルターンが上手くできないと...

スポンサーリンク

スノーボード初心者が覚えておきたい板の種類

スノーボードを始めようと思ってもどんな板を購入すればいいのか迷いますよね。スノーボードの板にはなにか違いがあるのか気になると思います。

スノーボードの板には3種類あります。普通に滑るオーソドックスなタイプと、速さに特化したタイプとトリックするのに適したタイプがあります。

高速で滑走したい場合は高速で滑走しても安定するディレクショナル、スノーボードパークなどでトリックを楽しみたい場合はツインチップがおすすめになります。

ですが、初心者の場合はオーソドックスなタイプのディレクショナルツインがおすすめになります。

ノーズやテールの形状を変化させることによって板の特性が変わっていきます。自分の楽しみたい滑り方に合わせて選ぶべきですが、初心者の方はまずはディレクショナルツインにして滑れるようになってから、他の板を選ぶといいかもしれませんね。

スノーボードの長さの選び方

板の種類は3種類あるということを紹介しましたが、板を選ぶときには長さを選ぶ必要もあります。

スノーボードは両足を板につけて滑るのであまりにも長い板にしてしまうと、操作するのがとても難しくなります。

ですが、反対に短くしてしまうとコントロールするのは簡単になるかもしれませんが、バランスをとるのが難しくなります。

スノーボードの板を選ぶときは自分の身長に合った長さを選ぶ必要があるのです。

一般的に板の長さはスノーボードを立てて口よりも短いボードにするとコントロールしやすくなります。

ですが、身長の低い人や高い人は短く感じたり、長く感じたりすることもあります。そこでおすすめな計算方法があります。

一般的な身長170センチ程の人は身長ひく15センチが目安の長さになります。また、身長が高い人180センチ程の人は身長ひく20センチ、反対に身長が低い人150センチ程の人は身長ひく10センチが目安になります。

目安ではありますが、この計算方法を使い長さを選んでみてくださいね。

スノーボード初心者は軽めな板の方がコントロールしやすい

スノーボードには軽めな板と重めの板があります。重さでもどちらの板を選べばいいのか迷ってしまうと思います。

重い板の特徴は、スピードを出したときに安定すると言うことです。ですが、板が重いのでコントロールするのは難しくなります。

反対に軽い板は、スピードを出したときに安定はしませんが、コントロールするのは簡単になります。

初心者の方はスピードを出すこともできないですし、コントロールしやすい軽い板を購入した方がいいですよ。

重い板では思うように練習もできないので軽い板で練習し、基本を覚えてからスピードを出したいと思った時に重めの板を購入するようにしましょう。

他にもチェックしたい板選びのポイント

スノーボードの板には長さや重さの他にも、幅や硬さにも違いがあります。

板の幅は靴のサイズのマイナス1cmが目安とされています。長さが長い板の場合、幅が広くなるように作られていることが多いです。
身長は大きいけど足は小さい、反対に身長は低いけど足は大きいというような人の場合バランスが悪くなることがあるので注意してくださいね。

また、板の硬さには柔らかいものと硬いものがあります。柔らかいものはしなりやすいので扱いやすい板になっています。

ただ、スピードが出るとコントロールするのが難しくなるので、スピードを出したい場合は硬い板の方がおすすめになります。

初心者の方や女性の方は柔らかい板の方が扱いやすく練習になると思うので、まずは柔らかい板を購入し、練習するのがいいと思います。

他にも、板には形状の違いがあり、前側と後ろ側の長さや形に違いがあります。

初心者におすすめの形状は、前側の長さが長めに作られていて、後ろ側が前の形状とは違うものになります。

後ろ寄りに板に乗ることによって前側が沈みこまずに滑ることができます。形状が違うことによって滑りやすさが変わるのでここもしっかりチェックしてくださいね。

スノーボード初心者は3点セットもおすすめ

お店に行くとたくさんのボードが置いてあって、どれにしようかととても悩むと思います。

値段の高い板の場合、何か特別な違いがあることも多いので初心者の方には扱うことができない場合が多いです。なので、高い板を購入すれば上手になるというわけではありません。

板を選ぶ時には、値段の安い板だとしてもしっかり自分に合ったものを選ぶことが大切です。

また、初心者向けの3点セットというものが売られていると思うので、まずはこの3点セットを購入し基本を身につけるといいですよ。

ある程度の技術が身についてくると、ここを変えたいなどという思いが出てくると思うので、高価な板などはそれから揃えていくことがおすすめです。

最初から、高い板を購入して、なかなか上達しないようではスノーボードをすることが嫌になってしまうことも考えられます。

スノーボードの板にはブランドの違いや、長さの違い、硬さや形状などいろいろな違いがあり、この板がほしいというようなことも考えられますが、まずは初心者用のものから揃えて楽しく練習して基本も身に付けてくださいね。

たくさん練習してから自分の好みの板に変えていきましょう。

 - スポーツやアートに関する疑問