世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

ソフトテニスのボレーが怖い理由と克服するための練習方法

2018.11.15

ソフトテニスにはボレーという技術がありますが、これが初心者にとってはとても怖いものでなかなか打てないものです。

ソフトテニスのボレーが怖いと感じてしまう理由とは?どうすれば克服できるのでしょうか。

ソフトテニスのボレーが怖い理由、怖いボレーを克服するための練習方法などご紹介します。
恐怖心があると上達できません。コツを掴んで怖い気持ちに打ち勝ちましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スキーリフトの降り方のコツ!慣れるまでは係員に一声掛けよう

スキー初心者にとって緊張するのが、リフトの乗り降りです。 特に降り方に苦戦する方が多く、タイミング...

バドミントンは身長が高いと有利?低い人の攻め方や戦術方法とは

スポーツ選手は身長が高いと有利なものがたくさんありますが、その中でもバドミントンは、背が高いと有利な...

卓球でドライブが入らない悩みはこれで解決!コツを教えます

卓球の国際試合などを見ていると、ドライブが決まってかっこいいなと思いますよね。 でも実際に卓球...

バドミントンのコツを徹底解説!ダブルスは戦術が大切です!

バドミントンを始めたばかりの人にとって、ダブルスを組んだ場合どんな動きをすればいいのかもよくわかりま...

バスケのシュート練習は自宅でも出来る。色々な方法と効果とは

バスケのシュートを簡単そうに入れる人を見て、羨ましいと思ったことはありませんか? バスケのシュ...

卓球の練習方法!家でもできる卓球上達の練習アドバイス

卓球初心者の中には、家でも卓球の練習をして早く上達したいと思う方も多いでしょう。しかし、自宅に卓球台...

水泳の平泳ぎ練習方法・平泳ぎが上達するにはキックの練習が大事

水泳の平泳ぎが上達したいという人は、どうやって練習すれば上達するのか、練習方法が知りたいという人もい...

トスの基本。バレーでアタックを活かすトスのコツと練習方法

バレーの攻撃の際の基本となるのが、アタッカーにつながるトス。 セッターのあげた打ちやすいトスが...

ポスターの書き方【低学年】ポスターを描くときのポイント

低学年だからポスターは好きにかかせてあげたほうがいいのでしょうか?低学年でもきちんとポスターの書き方...

水彩色鉛筆の使い方!簡単に水彩画タッチが楽しめる大人の画材

水彩色鉛筆は色鉛筆でありながら、水彩絵の具のような雰囲気の出る色鉛筆です。色鉛筆だけでは表現できない...

サッカーのキーパーグローブのお手入れ方法と選び方のポイント

サッカーでキーパーをしている人は、キーパーグローブをどんなふうにお手入れしたら良いのか知りたいですよ...

バンドのギターの音作りのコツは?音作りが上手くなるには

バンドのギターの音作りでは、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか? また、バンドのギターの...

チケットを譲りたくない!と感じた時の上手な断り方

友達から「○○のコンサートチケットお願いできる?」と言われる事もあります。でも相手によってはどうして...

幼稚園の運動会でPTA競技が盛り上がる法則やオススメと注意点

幼稚園の運動会ではPTA競技も定番ですが、子供と一緒に盛り上がれる競技がいいですね。 幼稚園の運動...

空手は女子にもおすすめのメリットがたくさん!【子供の習い事】

子供の習い事はいろいろとありますが、空手は男子が多く習っているイメージを持っている方が多いと思います...

スポンサーリンク

ソフトテニスのボレーが怖いと感じてしまう理由とは

ソフトテニスのボレーの練習をしていて怖いと感じてしまうには色々な理由があります。初心者の場合はとても恐怖に感じますよね。その理由は目線の高さが関係あります。速いボールをボレーする時に、まず低い姿勢になっているのかしっかり確認するようにしましょう。膝を曲げ背筋を伸ばし、しっかりと目線を落とします。そうするとネットと同じくらいの高さになるはずです。この姿勢がポイントです。

ボレーは低姿勢が基本

低い姿勢にすることで速いボールも怖くなくなります。速いボールでもしっかりボレーが出来るようになるからです。ボールは少しだけ下から見ることで速度が気にならなくなるのです。目線を低くしてラケットは上にしてボールに弾かれないようにしましょう。このバランスは大切です。

速いボールが高い所に来た場合はどのようにしたらいいのでしょうか。速度が早く高いボールはアウトです。低い姿勢が保たれていると、しっかりボールを見分けることが出来るようになるので、無駄な失点を防げるようになるのです。

ソフトテニスでどうしても怖いボレー、ポイントはラケットの位置

ソフトテニスのボレーがどうしても怖いと感じる人多いですよね。ボレーする時ネットの近くにいることは当たり前ですが、試合中は相手の殺気をヒシヒシと感じることもあります。

ボレーのラケットは高めに構える

ボレーは相手のボールがネットの下から飛んでくることがありません。ネットよりも上にラケットを構えるようにしましょう。しっかりこのことが出来ているとラケットに当てるだけで返すことが出来ます。相手は強く打ってくることが多いので、ラケットに当てることだけを考えるようにしましょう。当てるだけでそれなりに強いボールになります。
そしてボレーでは正面のボールはバックハンドで返すように意識しましょう。確実にバックの方がラケットを出しやすいです。

ソフトテニスのボレーが怖い、恐怖心を克服するために必要な練習とは

ボレーへの恐怖心なくす練習法

まず一番最初はベースラインから球を出してもらい、それを正面でボレーするという練習をします。何球か出してもらいます。次にベースラインから1m程度ネットに近づきそこから同じように球を出してもらいボレーの練習をします。このように徐々に近づいて行くようにしてボレーの練習をすることで恐怖心を克服することが出来るようになります。ボレーの時怖いと感じるのが顔に当たったらと考えることだと思います。しかし顔の前にはラケットがあるのでまず顔に当たることがないです。

レベルアップした方法も紹介します。最初のベースラインから球出しのボールのスピードを速くします。思いっきり打ちます。そのように徐々にネットに近づいて練習をします。ボールの速度が速くなってもラケットをしっかり持っているとボレーは確実に出来ます。この練習の目的は恐怖心の克服です。慣れると近くから打たれてもボールに対応できるようになります。

ソフトテニスで怖いのはスピードと角度、この恐怖心を取らなくては試合に勝つのは難しい

初心者がボレーが怖いと感じるのはスピードと角度

スピードは距離と関係します。1番最悪なやり方は近くから速いボールを出して逃げるなという指導方法です。初心者にはボールのスピードは遅く、出来るだけ距離を取るという方法にすると恐怖心はなくなるのです。そしてもう1つは角度です。正面はミスをすると自分に当たることがありますが、少し角度があることで、ミスをしても自分に当たらないので恐怖心がなくなるのです。しかし斜めにボール出しをして、ゆるいボールだけ打っていると次第にラケットを振るようになります。そうなるといざ正面ボレーで角度のない所から来たボールに恐怖心を持ってしまい、ボレーが出来なくなってしまうこともあるのです。

ソフトテニスのボレーが上達する練習のコツ

ボレーが格段に上達する練習方法

打ち方のポイントはボールの力で跳ね返すようにすることです。初心者はラケットを振らないとボールが飛ばないと思い、強く打ってしまいますが、実際は飛んできたボールの力を利用して跳ね返すのでラケットを振る必要はないのです。もしラケットを振ってしまうとタイミングがズレたり、思わぬ方向に飛んでいくこともあります。そして左右に打ち分けるにはラケットの面の角度を少し変えるだけです。

ボレーが詰まる時は肘の位置をチェックしましょう。ボレーが詰まる原因は打点が身体から近くなるためです。打点と身体の距離を保つためには、肘の位置を身体の前に取ることがポイントです。肘が目にあることで打点が前になるのでボールを弾きやすくなるのです。

ボレーを打つコツは、ラケットを後ろに引かないでそのまま当てる、ラケットを振らない、顔にラケットを近づけてボールをよく見ることです。このことをしっかり意識することが出来るとボレーは上達します。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - スポーツやアートに関する疑問