世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

スライディング【サッカー】の仕方とは?コツとポイント

2018.11.1

サッカーのスライディングが上達するにはどんな仕方が必要なのでしょうか?

ファウルをとられないスライディングの方法とは?スライディングは危険を伴うため、怖くてなかなかできない子供も多いのではないでしょうか。

しかし、スライディングを理解してきちんと練習をしておけばケガの防止につながります。いざというときに、使えるように知っておけるといいですね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

サッカーのキーパーグローブのお手入れ方法と選び方のポイント

サッカーでキーパーをしている人は、キーパーグローブをどんなふうにお手入れしたら良いのか知りたいですよ...

陸上スパイクの中距離の選び方や自分に合うスパイクの見つけ方

陸上の中距離用のスパイクを選ぶときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか? 上履きの...

バスケ合宿の持ち物、定番以外であると便利な持ち物をご紹介

バスケ部で毎年夏に合宿を行うところもあると思います。泊まりなので、どんな持ち物が必要なのかと悩んでし...

合気道と空手、子供にどっちを習わせるかで迷っている方へ

強い子になって欲しい!そんな願いから、子供に合気道か空手を習わせようと考えている親御さんも多いのでは...

陸上の長距離の理想的なフォームとは?自分の走り方を見直そう

陸上の長距離を走る場合、タイムにも影響が出るためフォームが大切となりますよね。 でも、どんな自...

前腕の太さでモテる!?男性の平均や腕を太くする方法

前腕の太さは男の象徴とも言われますが、男性の前腕の太さの平均とはどのくらいなのでしょうか? ま...

バレエに必要な柔軟性は厳しいレッスンだけでは得られない

バレエには柔軟性が必要ですが、厳しい柔軟ストレッチが嫌で挫折してしまう方も多いようです。 バレエは...

卓球のサーブのコツ!初心者でも上達する回転をかける練習方法

卓球のサーブのコツとは、どんなことに気をつけて練習するべきなのでしょうか。卓球初心者は、まず何より練...

スマッシュ【バドミントン】の打ち方とは?コツやポイント

バドミントンのスマッシュはどんな打ち方をしたら速く打てるようになるのでしょうか? スマッシュを...

女性のための背筋を鍛える簡単な方法と注意点について解説します

デスクワークをしている女性は「猫背」が悩みだという人も多いでしょう。背筋を鍛えることによって猫背を解...

野球のエースの条件とは?技術・メンタル・そして最も大切な要素

少年野球チームに入って投手になったからには、やっぱりエースと呼ばれる人になりたいですよね。 チ...

ダンスの振り付けの考え方とコツがわかれば悩みは解決できます

創作ダンスの振り付けが全く思いつかない…。ダンス初心者の悩みの中でも一番多いのがこの「振り付け」です...

ソフトテニスのストロークを安定させるためのコツは打ち方!

ソフトテニス部に入ったもののストロークが安定しないと悩んでいませんか? 硬式とは違ってボールを...

卓球でドライブが入らない悩みはこれで解決!コツを教えます

卓球の国際試合などを見ていると、ドライブが決まってかっこいいなと思いますよね。 でも実際に卓球...

相撲は神事かスポーツか・相撲の歴史や起源、しきたりについて

相撲といえば昔から日本人に親しまれている伝統的な神事・スポーツです。相撲はスポーツだと思っている人も...

スポンサーリンク

サッカーのスライディングはどんな仕方だとファウルになる?

サッカーの守備のテクニックといえば

「スライディング」です。

これは、滑りながら相手の足元にあるボールを奪うテクニックで、直接ボールに触れるのであればファウルを取られることはありません。

スライディングが上手な人ほど、正確にボールに向かって滑っていく技術があります。

スライディングでファウルになる時

相手の選手がそれによって転倒してしまったとしても、画像判定などをみてみると、上手にボールに向かっていく様子がみられます。

相手が転倒してしまったとしても、スライディングの先がボールであればファウルになることはありません。

スライディングをして相手選手が倒れたかどうかがファウルの判断基準になるのではなく、スライディングした選手の足がどこに向かっているのかがファウルの判断基準になるのです。

相手選手の足にスライディングをしているとファウルを取られます。また、後ろからスライディングをしていると、悪質だと捉えられてイエローカード・もしくはレッドカードを出されてしまうこともあります。

スライディングの時に足裏を見せても、カードが出てしまうことになります。

サッカーのスライディングの仕方で大切なのは?

  • ルーズボール
    ルーズボールへの競り合いをする時は、スライディングをすることが有効になる場合があります。
    自分の位置取りが相手よりもいい場合は、スライディングをしなくてもボールを奪うことができますが、そうでない場合はスライディングをして滑り込むことでボールを奪えることがあります。自分の方が相手よりも一歩遅れている時は、スライディングをしてボールを奪うという方法です。
  • トラップ
    相手がトラップをした時に隙が生まれた場合も、スライディングをしてボールを蹴り出すことが有効なタイミングです。
    相手の強いパスや浮き玉に対するトラップは乱れることが多いです。この時を狙ってスライディングをすると、上手にボールを蹴り出すことができます。
  • ドリブル
    相手が勝負を仕掛けてきたときやタッチミスをした時など、ドリブルで生まれた隙を上手に利用してスライディングをすれば、ボールを奪うことができます。

サッカーのスライディングの練習の仕方

スライディングは、ディフェンスを行う時の最終手段

むやみにスライディングをしても、簡単に相手にかわされてしまうので、抜かれないことを一番に考えてスライディングをするようにします。

相手選手がフェイントをかけたときなどに生まれた一瞬の隙を見逃さないようにして、相手の選手とボールが離れたタイミングを狙ってスライディングをしましょう。

スライディングに向かう時は、少し腰を落として膝を曲げて構えます。仕掛けた時は、先にお尻から地面につくようにしてください。そうしないと、足を擦りむいてしまうこともあります。

スライディングを仕掛ける隙がないというとき

自分から相手に隙を作らせるのです。

相手に抜かれてしまわないように、中のコースを完全に切って、相手選手をサイドに追いやりましょう。相手と自分が並行して走る形ができあがったら、相手の肩に自分の方をぶつけて相手の体勢を崩します。

そうすることで、スライディングを仕掛ける隙を作り出すことができるのです。

ディフェンスの最終手段としてスライディングをする場合、確実に相手のプレイを止めることができなければ、失点に繋がってしまう可能性もあります。

タイミングや相手の動きをしっかりと見て、一番良いタイミングでスライディングを仕掛けましょう。

そうすると、チームのピンチを防ぐことができます。

サッカーのスライディングを上達させる方法と怪我の予防方法

スライディングをうまくできるようになるためには、以下のような練習を取り入れることがポイントになります。

  • 相手を追いかけながら最終的にはどのポジションでシュートを打つかを予測する
  • 相手がモーションに入った瞬間にボールを蹴り出す
  • 相手のコースに自分の足を投げ出す

スライディングというのは、上記でもお話しましたが、ディフェンスの最終手段として行うディフェンスになります。

練習をする時は、自分の100%の力で練習に取り組み、「絶対にボールを止めるんだ!」という強い気持ちがなければ、上手にボールを止めることができません。

また、スライディングをすると、怪我をする事も多くあります。

試合でスライディングをしてお尻を擦りむいた事がある人もいるのではないでしょうか?
怪我をして痛い思いをしているけど、試合でどうしてもスライディングをしなくてはならない時、思い切ったプレイができない事もありますよね。

それを予防するために、アンダースパッツを履いてプレイをすることも有効です。

試合のときだけではなく、練習を行うときもアンダースパッツを履くことによって、思い切った練習をすることができるようになります。

サッカーのスライディングは痛い!練習あるのみ

スライディングの役割

  1. ボールをクリアすることを目的にするスライディング
  2. ボールを自分の物にするスライディング

一般的には「1」の目的でスライディングを行うことが多いです。

スライディングははっきり言って痛いです。ですから、極力スライディングはしたくないという人もいるでしょう。

でも、自分のチームのゴールを守るためには、最終手段としてスライディングをしなくてはならない事もあります。

大きなタイトルがかかった試合であれば、なおさらゴール前でのディフェンスは大切になります。もしも自分が抜かれてしまったら、それが失点になって最終的に敗北してしまう事もあるのです。

「1」のスライディングは、相手のシュートを阻止して自分のチームのゴールを守る時に必要なプレイになります。

ファウルにならないスライディング方法や怪我をしない方法、上達する練習方法を確認して、是非チームのためにも練習に励んでください。

そうすれば、チームを勝利へと導く事ができるでしょう。

 - スポーツやアートに関する疑問